布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:毛布

まだまだ冬物のお布団に移行するには早いような気温ですが
(私だけでしょうか??)
真冬には絶対に必要な、当店の人気商品がございます。

それがマイクロマティークの敷き毛布パッド。

これがあるとないとでは、暖かさが全然違うという一品。

しかし、昨年まで扱っていた敷き毛布パッド(シングルサイズ)はすでに残りわずかとなっております。。。
また、今年はその商品が製造できないとのこと・・・。

代用品も10枚程度は用意していますが
シーズンに入ればとても足りる数ではありません。

現在、別工場にて同じようなアレルギーの方でも使える毛布パッドを探しています。
これにもまだ時間がかかりそうなので、ご注意くださいm(__)m

10052021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

当店はアレルギー対策専門店という観点から
一番困るのは毎年毛布の問題です。

やはり毛足のある毛布はホコリとかため込みがちになるし
アクリル毛布は静電気ばちばちでホコリを吸い寄せてしまうし
綿毛布は綿埃の原因になりやすい買ったり。。。

そんな中で毎年当店が扱うのが
『マイクロマティーク』というマイクロファイバーを使った毛布です。

マイクロファイバーとはその名の通り、超極細の繊維なのですが
そんなマイクロファイバーの中でも
インビスタ社が作っているマイクロマティークという繊維を使った毛布です。

綿切れも少なく、何といってもお洗濯に強いのです。
お洗濯で何が違うのかというのは以下をご覧ください。

10052021neta


また、極細繊維にもかかわらず、繊維には空洞があり軽くて保温性が抜群の毛布になります。

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

毛布の話になると必ずといって出る話題。
毛布は掛け布団の上にするのが正解か?
掛け布団の下にするのが正解か?
という話。

当ブログでも何度か、羽毛布団のようなフカフカタイプの掛け布団を使っているのであれば
毛布は上にした方がいいと書いてきましたが

もう一つ大切なことがありました。

その毛布の素材が何か?ということです。

毛布を上にした方がいいと書いた記事でも、
結局は好きにしてもらっていいといえばいいのですが

毛布の素材によっては
やっぱり毛布は掛け布団の上がいい!というものがあります。

それは
「化学繊維」の毛布!

化学繊維の毛布はどうしても吸湿性に劣るものが多くあります。
そういう毛布を掛け布団の下にしてしまうと
どうしても吸湿性が少ない為に、蒸れの原因となってしまいます。

寒い場合は、ある程度蒸れているのも暖かさに感じてしまいがちですが
それで汗をかいてしまって風邪をひいてしまう、ということもありますので
化学繊維の毛布の場合は、気持ちよくても掛け布団の上に掛ける方が
良いと言えるかもしれませんね〜

09142021neta


スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

今期分の毛布ができあがりました〜

今季ももちろん、当店では洗えて清潔なマイクロマティークを使った毛布を販売します。

しかし、例年と工場が変わったため
すこ〜し風合いが変わるかもしれません。

その確認の為、すぐに販売とはいきませんので
少々お待ちくださいm(__)m

ちなみに、見た感じ色の違いは
直接みくらべないと分からない感じです。

サイズは幅が140cmになっています。

写真がなかなかうまく取れない・・・。

09132021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

アレルギーっ子にとって毛布選びはすごく難しいことですよね。

基本的には、毛布はどうしても毛足がある分
ホコリやハウスダストなどをため込んでしまう危険性があります。

アクリルの毛布など、特にですし
しかも静電気が起きやすいので、空気中のホコリを吸い寄せてしまい
最悪です。

では綿の毛布を使えばいいのでしょうか?

綿の毛布もお手入れ次第ではお勧めしにくいです。。。

09062021neta

静電気を起こしにくく、簡単に洗えて、綿埃にもなりにくく
軽くて暖かい。
そんな毛布をお勧めします。

※今期分の毛布はもうそろそろ出来上がります


スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

まだたまに寒い日は残りますが
夜もだいぶ暖かくなってきたように思います。

私は現在、合い掛け布団が快適なのですが
気密性の高い家や寝室、
私よりも暑がりの方は、合い掛け布団では暑く感じられる人もいるでしょう。

そして、もっと暖かくなってきてもう掛け布団いらないな〜となってくるときに使われることがおおいのが
毛布ですよね〜

毛布くらいがちょうど気持ちがいいんですけど
ちょっとご注意ください。

毛布は吸湿性に乏しいものが多く、種類によっては
すごく蒸れやすいものもあります。

ご注意ください。
やっぱり薄手の肌掛け布団の方がお勧めです。

04092021neta


スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

昨日の記事の続き・・・

ざっくり天然繊維と化学繊維の良い点と悪い点を紹介しました。
もちろん、すべてがそうではないし
品質によっても違います。

ということで、両者の良い点が多く、悪い点が少ないものが
アレルギーっこにとって使いやすい毛布ですね。

それらを考えて選んだのが
マイクロマティークの毛布!

温かさを保ちやすく、肌触りもいい極細繊維を使った毛布で
お洗濯に強く、ダニの餌になりにくく、毛が抜けにくいので埃っぽくならず

そして、吸水性をアップさせて、静電気を抑制する加工も追加された毛布です。

01142021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

アレルギーっ子はホコリやハウスダストに弱い。。
そうなると、お布団もそうですが
毛布はやっぱり危険です。

しかし、毛布がないと真冬は寒すぎる・・・

では、どういう毛布ならば使えるのか・・・?

よく言われるのが
ホコリやハウスダストを吸い寄せてしまう静電気を
起こさないように天然繊維の毛布がいい!

であったり
簡単に洗濯できる化学繊維のものが良い!

という物。

しかし、天然繊維はダニの餌になりやすいものや
それ自体からホコリっぽくなりやすいものもありますし

化学繊維のものは、吸湿性が悪かったり、静電気でホコリやハウスダストを吸い寄せてしまう。

それぞれ、一長一短あるように見えます。

01132021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

アレルギーの方にとって
お布団や布団カバーの影響はけっこう大きいです。

この寒い時期は毛布などのような起毛タイプの
寝具が人気になりますが
アレルギーの方にはこの起毛タイプは使ってほしくないです。。。

寒さ対策の為に毛布はまだ仕方ないので
洗えて、静電気を起こさず、毛足が短めで
毛羽だたなく、抜けたりもしにくい毛布をお使いいただきたいのですが


起毛タイプの布団カバー。
これはやめてほしいです。


起毛タイプの布団カバーの良いところと言えば
最初のヒヤッと感がないことくらい。

その後の保温性などに与える影響はそんなに大きくはありません。

であれば、いわゆる起毛の無い一般的なつるっとした布団カバーの方が
ハウスダストや、皮脂やフケなどの汚れをため込みにくく
アレルギーの方にとっても安心です。

それでも、特に小さいお子様は
「最初のヒヤッとするのが嫌だ!!!」
という声が多いと思います。

そんな時は、布団乾燥機であらかじめ暖かくしておきましょう。
こういうことにも便利ですので
冬場はぜひ、一家に一台布団乾燥機を!(^^)b

01122021neta

※当店では布団乾燥機は扱っておりません笑

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

さて、寒い日が続いておりますね。。
今回は過去記事からのイラストを用いて
あらためて、お布団で暖かく寝るためのポイントをご紹介。

もちろんお布団の種類や品質によって暖かさは変わってきますが
最近のお布団の場合、
こうやると暖かくおやすみできるよ!っていうポイントをイラストでご紹介します。

12252020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

このページのトップヘ