布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:羽毛

このブログを読まれる方には結構いるかもしれませんが
布団を洗ったことがあるという人はどのくらいいるのでしょう・・?

洗ったことがある人はいても、
定期的に洗っている人ってあんがい少ないかもしれません。

だってお布団って、洗いにくい(大物だから)し、洗えない布団も多いです。

まずご家庭の洗濯機で洗おうと思えば
薄い掛け布団や敷きパッドは洗えるでしょうが
敷き布団を洗おうとすると難しかったりしますよね。

しかし、じゃあコインランドリーのような大きな洗濯槽であれば洗えるのか??

それも分かりません。

洗ってしまったせいで、綿がボロボロになったり
生地が破れたり、綿が偏ったり、全然乾かなかったり・・・。

サイズ的に洗えるからといって、洗う前に
きちんと、そのお布団が洗えるものかどうか、確認しましょう。

07282021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

最近、広告で羽毛の肌掛け布団をよく見聞きします。

梅雨のこの時期、天然素材の羽毛は
湿度の調整を自分でしてくれるから
いつでも快適!

といったようなことが言われています。

確かに、羽毛や羊毛はそういった調整がされるといわれますが
(品質にもよるでしょうが)

その羽毛を包む、側生地はどうなのでしょうか?

一般的に羽毛布団の側生地には、ダウンプルーフ加工がされているので
目が詰まったような状態になっています。

羽毛が呼吸できたとしても、その側生地がを通過できなければ
羽毛は窒息してしまいますよね。

もちろん、窒息するという表現は極端な例。
でも実際のところ、どうなのでしょうか・・・?

06222021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

昨日も取り上げた羽毛布団を洗濯した際のリスクですが、
一つは以下の通り、十分に洗いにくく乾きにくいこと。↓
http://blog.livedoor.jp/futoneye/archives/1854944.html

そして、もう一つ、
これも工場で聞いた話ですが

羽毛布団には少なからず芯のある羽根(フェザー)が入っており
お洗濯や圧縮収納をすると、この芯の部分が生地を傷つけるリスクがあり
せっかくダウンプルーフ加工をしてあっても崩してしまったり
意味のないものになったりすることもあるそうです。

10292020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団



先日お客様からの問い合わせで
いろいろとお話させていただきました。

機能や特徴についていろいろと納得されていましたが
最後に、、、

「でも、ポリエステルの綿って寒いんでしょ?」

そうですね。
一般的な知識の上で、ポリエステル綿は保温性や吸湿性に乏しいものと言えます。

しかし、ポリエステル繊維は様々な進化を遂げ
今では、高機能なポリエステル綿なら一般的な羽毛レベルの暖かさがあるものも出てきています。

ちょっとご紹介になりますが
当店のデラックス掛け布団シリーズの綿も
一般的な羽毛布団に負けないような保温性があります。

吸湿性だって十分なものもございます。

ポリエステル綿=寒い

という固定概念は見直しましょう(^^)

08272020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

最近では洗える羽毛布団というものも増えてきましたが
以前まではドライクリーニングが基本のクリーニング方法でした。

※羽毛布団は洗えるものであっても、実はうまく洗えないものが多いです。家で洗うと羽毛の羽根部分の芯が生地を突き破ってしまったり、ダウンプルーフ加工により乾燥しづらいので、そういったものでも専門のクリーニングに出したほうが安全です。

しかしドライクリーニングというのは油汚れをよく落とす為
実は羽毛布団のクリーニングには向いていないのです。。。

羽毛には本来もつ油分があるのですが
ドライクリーニングすることによりこれが落ちてしまうのです。

そうなった羽毛は、パッサパサになった髪の毛のような状態。

そうすると、保温性や吸湿性などのおふとんの機能が落ちるだけでなく
もろくなり清潔さも失いやすくなる危険性もあります。

どうしても羽毛布団を洗いたいときには、やはり専門のクリーニング店に出すのをお勧めします。

08112020neta

しかし、やはりクリーニングに出すと何日もお布団がない状態になりますし
お家で洗える布団が便利ですよね〜(^^)b

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団


羽毛布団とアレルギー

当店のサイト等に度々出てくる話題ですが、
大事なことですのですので、
もう一度イメージ図で説明しておきます。

この件は、まだまだ誤解されている方が多く、
お医者様も「羽毛布団はやめなさい!」とおっしゃる先生が増えてきました。

※ただし、アレルギー体質の方についての話です。

仮に洗っても問題は解決しません。

参考ページ


このページのトップヘ