布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:高密度

よくいただくご質問の中で

「このお布団は防ダニの布団ですか?」

というものがあります。

防ダニ、、、
スザキーズのお布団は防ダニ加工というもの
例えば、ダニ禁忌剤を使っている、や
ダニを通さない、高密度生地を使って防ダニをしている
ということではございません。

ダニが住みにくい、清潔環境のお布団なのです。


しかし、実はスザキーズの布団の側生地も
高密度生地といえば、高密度生地なので、そういう意味では
高密度生地を使った防ダニ布団といっても間違いではありません。

過去記事で分かりやすいイラストがあったので
参考に、イメージしてください。


07062021neta


大事なのは『通気性』

このような目の無い、例えばビニールシートの上で寝ることを想像すると分かるかもしれませんが
あんなもの上に何時間も寝ていれば、蒸れるしペターっとなるし
不快になると思います。

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

最高気温が30度を超えたと、まだ4月の下旬なのに各地で言われています。

暑くなるのが早くなってきている気がします。。。
私は夏が苦手・・・というか暖かくなってくる時期から夏が苦手でして
この時期はけっこうつらいのです。

このまま夜も暖かくなってくると
気になるのが高密度生地で防ダニ対策をしている場合の蒸れ問題。

品質によって違いはあるかと思いますが
細かい隙間もないほどしっかりと高密度で作られたお布団や
布団カバーは、
確かにダニを通さないのでアレルギーでお困りの方にはいいかもしれませんが
物理的に通気性が落ちるために、蒸れやすくなってしまいます。


特に夏場の寝具でムレは大敵!
気持のいい睡眠を妨げます。

これからの時期は特に通気性の良い寝具を使いましょう。

04262021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

すでに何度も書いているのですが
私は高密度生地でダニを0にするというやり方は
オススメしておりません。

先日もお書きしましたが
http://blog.livedoor.jp/futoneye/archives/1865491.html
特にこの時期は寝汗をかきやすいので
敏感肌にもよくありません。

しかしこのようなことを書くと必ず
「このメーカーのものは通気性もいいです」
という声が聞こえてきます。

でもダニや、そのダニの死骸やフンが乾燥して粉末状になったものまで通さないほど
目が詰まった生地が
一般的な生地よりも通気性がいいわけなんて、ありえないんです。

確かい通気性が0ではないかもしれませんが
それで通気性がある、というのは語弊があります。

目が詰まったというのはこういう状態のことを言います。

07172020neta

見てもらえればわかる通り、単純に空気が通りにくくなります。
しっかりした生地のお布団であることは大事ですが
必要以上に目の詰まった生地は、通気性を損ねる原因となりえます。

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

このページのトップヘ