本日の大仁田厚&中野たむプロデュース興行をご観戦頂いた皆さん、応援してくれた皆さん、ありがとうじゃ!

image


image


image


夢は!願えば!叶う!

この言葉を俺はリングに上がる事で体現したんだ…

image


短時間で負けちまったが、それは俺がまだまだ未熟だから
逆に言えば伸び代があるってことだ…

邪道は長く険しい…
まだまだ一歩目よ……

image


そもそも、俺が大仁田さんの興行に出ること自体に賛否あるだろう

でもよ!
でもよ!

誰がなんと言おうと!
誰がなんと言おうと!
誰がなんと言おうと!
俺が歩むと決めた道じゃ!

歩んだ先に何があるのか?
どこまで続く道なのか?
最後まで歩けるのか?

何もわからんのじゃ…

それでも!
胸いっぱい!
胸いっぱい!
やりたいことやってんだ!
批判も応援も受け入れてやるさ……

image


そうそう、いつも通りTシャツを購入して2ショット撮影して頂いたんじゃ

選手として参戦しても、ちゃんとグッズを購入して撮影して頂く…
これが俺なりの礼儀じゃ!

image


みんなもズルとかしないで、ちゃんとグッズを購入するなどの条件をしっかり満たして撮影してもらおうな!

夢は!
願えば!
叶う!

1!2!3!ファイヤー!!
image

東北道の安達太良SA(上り)にて。

昨日はkoboパーク宮城(宮城球場、仙台市)にてデワプロさんの興行に出させて頂いた。

image


うん、俺は居ない!
2日目メインとはいえ草だからね(笑)

対戦カードはこちら

image


いやー、見事に雨模様

第二試合~第三試合(セミ)までの間が特に強くて少し様子見をする状況に。

でもね、さすが日頃の行いが良い俺だけあって、メインの時には太陽も雲の隙間から覗く程度に天候は回復

場外に設置した爆破ボードへのパワーボムも決まり、試合も勝って気分が良い

でもね、太っ太さんからフォールは取れんよ。
TFPBじゃ持ち上がらないし、他の技もなかなか通らない……
しょうがないから毒霧➡DDO(最新式)で暫く戦線離脱してもらったんじゃ。

image


image


image


image


ヤムチャー!!
image


試合後には恒例の太仁田劇場。

夢は!願えば!叶う!

この言葉を体現しているREINA女子プロレスの泰里選手に邪道水の洗礼を

泰里選手は、元々デワプロさんで音響スタッフをしてくれていたので俺も面識がある。

その頃からプロを目指してたけど、本当にプロになってデワプロに凱旋したんじゃ。

そんなろりちゃんだからこそ、邪道水を浴びてほしかった

image


image


さてさて、FMWさんといえば川崎球場なわけですよ。
なので俺も、いつか野球場でプロレスをしてみたいと思ってはいた。

ただ、俺が考えていたのは区民球場みたいな小さい球場だったんだよ。

でもまさか、koboパーク宮城(宮城球場、楽天ゴールデンイーグルスの本拠地)という大きな野球場でプロレスを出来るとは

この興行に呼んで下さったLOCK.鈴木さんは勿論だけど、楽天ゴールデンイーグルス関係者の皆さんにも心より御礼を申し上げたい。

image


さて、次はいよいよ6月24日の新木場1st RINGじゃ!

image


チケットはまだまだ太仁田が販売中!
blogのコメントや、Twitter(@DDOTFPB)へのDMやリプでも対応します。

また郵送や、場所によっては手渡しも可能です。

指定席5,000円の席はリング正面の見やすい席を確保してあります!!

お願い……どなたか買って下さい

6.24は新木場で俺とファイヤー!

遂に、俺の夢への大きな1歩を踏み出す試合が決まった。

6月24日(土)に新木場1st RINGで行われる、こちらの興行に参戦させて頂くことが決まったのだ。

image


そう!
俺が尊敬している、最高!最強!なプロレスラー大仁田厚選手(大将)の興行に参戦させて頂くのです!

しかも、大変光栄なことに、大仁田さんご本人から『太仁田』の名前が出たようで……本当に感動しています。

image


大仁田信者として、そして邪道魂を胸に闘う一人のレスラーとして。

胸いっぱいのプロレスをお見せします。



さて、このお話が決まって最初に思ったのは、感謝しなきゃいけない人が多くいるな。ってこと。

なんと数多くの人達に支えられ、協力してもらってここまで来たことか……

そもそも『あの日』、突然俺に電話をしてきて、数年ぶりのリングへ戻るキッカケを作ってくれた江崎には本当に感謝している。

あの電話がなかったら、俺はプロレスに戻ってきていないのだ。


旧カウパーの皆もそうだ。
俺はカウパーのリングじゃ使い辛かったろうに、それでもリングに上げてくれた。
数年離れていたプロレスを思い出すには充分だった。


高田馬場ゲーセンミカドの、イケダミノロック店長をはじめとする皆さんにも感謝なのだ。

俺がブレイクするきっかけは、間違いなくミカドなのだ。ミカドプロレスが無ければ、今のように多くの草プロレスの関係者と知り合うことも無かったかもしれない。

そして高山さん、大森さんと大物との対戦を実現して下さったことで、俺のレスラーとしての信用も上がったのだろう。

image


image


トーキョーライブ&イチゲンさんとテレビに出演したのもミカドだからこそ!
知名度も上がって、今でも『テレビで見てた人に会えるなんて』と言って貰えるのだ。

image




現在、豆腐プロレスに出演されているミスター村杉さんにも、どれだけ無理を聞いてもらったことか……

俺がミカドプロレスでVIPレスラーを呼ぶとき、本当に無理を聞いて頂いている。

恐らく、プロに関わっている方で最初に俺を評価して下さったのも村杉さんなのだ。



wondermanさんも、俺を評価して下さっている方の一人。ヒートアップの田村和宏選手との試合を実現して下さり、村杉さんと共に『おはようBKF』に上がるきっかけとなった。

つまり、wondermanと村杉さんのお二方が、俺を(セミ)プロにしてくれたのだ。



そして今の俺を作ってくれた、東北のロック鈴木さんをはじめとするデワプロの皆さんもだ。

俺は方向性に悩んでいた。
大仁田さんのコピーでありながら、邪道感がほぼ無かったのだ。

そんな俺の邪道魂を見出だしてくれたのは、他ならぬロックさんなのだ。

水を撒いての本格的な太仁田劇場、炭酸ガスによる時限爆破風、キラキラモールによる有刺鉄線風、観客参加型の電流爆破風……

今の太仁田というレスラーは、ロックさんが居たから形成出来たのだ。

菊地さんとの対戦も実現して、本物のプロを初めて知ったのもデワプロだった。

image




そして、多くの草プロレスラー達。

俺との試合は特殊なはずだ。
電流爆破風だからね(笑)
試合時間は短めなのにマイク長いし。

でも俺と暖かく接してくれる。

掛け換えのない、多くのレスラー達に感謝しているのだ。



もっともっと感謝を伝えたい人はいるんだけど、恐ろしく長くなったのでこの辺で。

俺は多くの人たちへの『感謝の気持ち』と『邪道魂』を胸に、リングへ上がります。

6月24日のチケットは太仁田から購入できます!
指定席➡5,000円
最前列➡7,000円

SNSでの連絡でも、このブログへのコメントでもチケット承りますので、どうぞご観戦下さい!

1!2!3!ファイヤー!!

↑このページのトップヘ