なんしよんの?←姑の口癖

敷地内同居の今までの話、姑、旦那とのあれこれ 日々の雑談などなど書いてます

2013年01月

姑と初めての嘔吐下痢騒動その2

姑と初めての嘔吐下痢騒動>の記事の続きです

パニくってる姑に対して
すぐに旦那が切れました
「こら!ばばあ!(姑のこと)
 いろいろわからんから病院行くんじゃ!
 ごちゃごちゃ言わんと
 いいから、チビあねご見ていてくれ!!!!」


 そう怒鳴ると、チビあねごを舅に押し付け、さっさと車へ行く。

私もチビあにきをダッコしていたので
「すみません~お願いします~」と叫んで、すぐに車へ向かった。
このときの姑の顔は 見ていないけど
絶対にふくれていたのは 間違いない

救急で処置してもらい、嘔吐蹴りのときの対応を仕方を教えてもらい
家に帰ったのは3時間後・・・・・・・・
私も旦那もヘトヘトだった。

チビあにきの症状も落ち着き
旦那も仕事を休むことに決めたので
やっと寝れる~って思って車から降りたとたん・・・・・・


「よかった~やっとママたち帰ってきた」

弱りきった姑の声が響きました・・・・・・・

舅が弱りきった顔でチビあねごをだっこしてます。


「実はチビあねご、つい30分前に吐いたんじゃ」



姑の弾丸トークが始まりました
間髪炒れず、すさまじい勢いです

「あんな!もう、いきなり
苦しむことなくげ~って吐いてなあ~
寝らんけん、おかしいな~ってダッコしてたら いきなりよ!
まあ布団汚れんかったけん助かったけどな~
でも、じいちゃんのパジャマが汚れてしまったわ」


「俺のパジャマはどうでもいいんじゃ!!」

「そげ言い方せんでいいやんか!」

テンションあがりまくってます・・・・・

とにかく
すみませんすみません。
嘔吐下痢って風邪で、吐いたもの触ったら、
そこから病気がうつってしまうから
とにかくお義父さんもお義母さんもしっかり手をあらってください

と、早口で説明。
ぐっすり寝ているチビあにきを、母屋に寝かせてもらい
今度はチビあねごをつれて、再び病院へ・・・・・・・

さらに3時間後、無事に帰宅・・・・・・・・・・

旦那とフラフラの状態でチビあにきを受け取り
あとは、ひたすら親子で寝ていました。

後で知ったことですが
嘔吐下痢の時は
とにかく、吐き終わるまでは様子を見て
脱水症状が出たら病院へ連れて行くほうが良いけど
吐いてる間は 基本病院へ行っても
あまり意味がないらしい
朝、普通に病院が開いてから連れて行っても
全然大丈夫だったみたいです。

・・・・・・・姑そんなこと全然知らなかったみたい・・・・・・・

私達も初めてのことで アタフタしてたけど
姑はもっとアタフタしてたよね

ずっと、私の記憶に残ってる出来事です。

子育ての先輩を えらっそうに語るなら
こういうとき、どうしたらいいか、しっかり教えてほしかったよ・・・・・
知らないにしても、私を落ち着かせる言葉かけをしてほしかったよ・・・・・
なのに、姑のほうがパニックになってしまってたよね

日ごろの小さな不満がこれをきっかけに
自分の中にどんどん噴出し 
姑に対し かなり怒りが沸いた出来事でした。

この怒り どうしようもなく飲み込んだままなので
今でも鮮明に覚えています。

自分が年取ったとき、小さい子供の病気の時は
自分の経験が役に立たず
何も教えることができなくても
まず落ち着いた態度をとれる年寄りでいたい。

姑とのやり取りで反面教師としている部分です

とにかく、子供が小さい頃
子供が体調を崩すと すぐにオロオロする姑の姿。
そして、姑の発する言葉が 
たとえ孫を心配する言葉だったとしても 
風邪ひかせてからっていう
嫁批判
にしか聞こえなかった

っていう状況に陥っていた私。
ケ!風邪なんて
   どうやったって
     ひくときはひくんだよ!

と開き直ることができるまで
子供が咳しだしたり、鼻水が出だすと
憂鬱な気分になったことを思い出します・・・・・
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

姑と初めての嘔吐下痢騒動

現在二世帯別棟同居17年目ですが
この記事は結婚6~7年目くらい
第一子チビあにきが4~5歳と 第2子チビあねごが2~3歳の頃のお話になります
内職と姑と子育て
  ↑記事の続きです


チビあにきが保育園に行きだすと
風邪を引く頻度が高くなりました。

昔<バトル①の1>あたりの記事で書いたように
チビあにき、気管支が弱く、咳が止まらなくなるタイプ

相変わらず、チビあにきが風邪を引くたびにオロオロする姑に
イライラしながらも、もう、姑を頼りにするつもりもない私。

スルー技術をこの時期に磨き上げました(笑)

しかし、決定的に疲れ果てたのは
初めて嘔吐下痢をもらったときのこと。

夜10時ごろ、いきなり寝ていたチビ兄貴が吐きました。
最初、嘔吐下痢なんて病気を知らなかった私。
熱を測っても平熱だったので
食べ過ぎたんでしょ~
なんて、のんきに笑って 吐いたものを処理し
又寝たんです。

そしたら・・・・・・

30分後又吐いた~~


で、しばらく吐き続けるのが続き。。。。

このとき私、水飲ませたらダメって知らなかったんです
吐いたから水分補給で水飲ませていました

エンドレスに続く吐き地獄

どんどんぐったりして行くチビあにきに恐怖を感じ
とりあえず、夜間の救急病院に連れて行くことにし
チビあねごを見てもらうべく 母屋を起こしました

起きてきた姑に事情説明。

ここで、私の想像通りの反応をしてくれました
「チビあにき、死んじゃわない?大丈夫なの??」
ほぼ悲鳴に近い声で、顔色変えてパニクってます

本当なら、私がパニクりたいわ

姑をなだめなきゃいけない状況にイラついていたら
旦那がいきなり切れた

続きますいい所でごめんちゃい~
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

元凶の元 長男信仰その二

元凶の元 長男信仰>の記事の続きです

長男あにきが生まれたときは 
姑が自分のことは後回しにして
本当に長男あにきのことをかわいがる姿を見て。
目次1 姑と子育て偏 >←記事参照


この人はお世話することが生きがいなんだなって
素直に思っていたんです。

でも、長女あねごが生まれ、あねごを母屋に預けだしたとき。

ちょっと違うって思い始めました・・・・・・

本当にお世話好きで、孫をかわいがる人だったら
2番目の孫に対しても、自分のことは後回しにするはず。

でも。。。。。。
明らかに、違うんです。

まず、長男チビあにきの時は呼ばれたら
何をしていても後回しにして駆け寄っていたのに
2番目チビあねごに対しては
「今〇〇してるけん、ちょっと待ってな~」
って言葉がかなり多かったこと。

待たされるし、我慢させられるので
チビあねご 飽きてしまって母屋に長居することはありませんでした。

で、姑、自分のその姿勢に気がついていません。

実は今でも同じなんです
長男あにきが水って言ったら 即水が出てくるところか
    温かいお茶が出てきたりします。
第2子あねごが水って言っても かなりの確立で 水が出てきます
    下手したら「自分で入れれる?」と聞かれたりしてます

第3子いもうとも、姉を同じ扱いされています。

姑にとって、第一子の男の子は別扱いが普通なんです。

これに気がついたとき、私は絶対に
どの子供にも平等に接しよう!って
強く強く心に誓いました。

今の時代、長男だから家を継ぐなんてありえません。
長男だから特別扱い。大事にしなきゃいけない。
そんな考えはありえません。

今でもこの舅姑世代に根付いている
長男信仰という考え方と
静かに静かに戦っている最中です。

義両親が長男あにきに 何を言ってるかは知りませんが
私は ニュースを見たり 世界で活躍してる人の番組を見るたびに
あにきに対して
「これから いつ、どこで どんな出会いがあるかわからないよ 
 でも、その出会いやチャンスを逃すなよ。
 自分の人生、これだ!って思ったときは
 いろいろ考えず 自分の直感信じて
 ガンガン飛び込んで 切り開いていけよ」
こう伝え続けています。
あにきも、「わかっちょんっちゃ!」と
うるさそうに まるで うるさい虫を追い払うような返事をしていますが
自分の進む先を決める時が来たとき
なんの躊躇もなく 決めた道を進んでくれると信じています。

その時は、義両親が何を言おうと
母はでっかい壁となり 義両親の言葉をシャットアウト!
あにきの背中をおもいっきり押してあげ 
義両親と戦う覚悟はできてるからさ
たぶん、旦那もそのときは一緒に戦ってくれるはず
旦那の援護射撃期待してます。頼むぜ!旦那!!


長男信仰は、私の世代で終了だぜ!
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

元凶の元 長男信仰

現在二世帯別棟同居17年目ですが
この記事は結婚6~7年目くらい
第一子チビあにきが4~5歳と 第2子チビあねごが2~3歳の頃のお話になります
内職と姑と子育て
  ↑記事に関連した話になります

姑に対して??って思いが強くなった理由を書きます。

長男信仰。
私は妊娠したときから、漠然とこのプレッシャーを感じていました。

長男信仰の元は 
戦前の民法に示されてる通り

戦前の家督相続=長男子単独相続が原則であった

つまり 長男だけが大事な大事な跡取りであるという考え方!!
田舎の年寄りには、これが強く残っているから・・・・・・・

私は、次男である舅の長男に嫁いだ嫁って立場です。
バリバリの分家も分家です!!
なので、気楽な立場だ~って思っていたら
妊娠したとたん、周囲の年寄り連中から
「やっぱり、最初の子は男だといいなあ」
と言われ続けました。
理由は、旦那が長男だから。

で、いざ、息子が生まれると、舅から
「いいか~
 絶対に県外に出らんこと
 しっかり言い聞かせろよ~
 俺もこいつ(旦那)には、
 絶対に家出ることならんって言い続けたから
 こいつは外(県外)に出らんかったんじゃ」

と言われて 本当にぞっとしました。

旦那に、どうして県外に出ず、親元にずっと残っていたのか聞いてみたら
旦那いわく
「わからんけど
出ることは一度も考えたことなかった」

そうで・・・・・・・・・

親の強い思いと、小さい頃からの洗脳の恐ろしさをひしひしと感じたものです。

ちなみに、私は、関東地方育ちの父親と、北海道娘である母親から生まれた女。
北海道で生まれ、九州へ渡ってきました
親戚も近くにいなくて 核家族で
家という縛りからは開放された環境で育ったので
正直、結婚して知った田舎の環境には驚きました。

おじいちゃん、おばあちゃん世代は、同じ村の中で
道挟んだ家同士の結婚ばかり。
苗字は違っていても、実は親戚つながりだらけ。
ちょっとの失言も、一時間後には皆知っている
失敗話ほど広まるのは早い

感覚として、大正 昭和初期バリバリの世界へポンっと嫁に来た感覚で
最初はとまどいました。

その中で妊娠出産し、長男は家を継ぐものだから
そういう価値観を押し付けられ・・・・

表には出さなかったけど
オモイッキリ反感しまくり


幸い、旦那は、自分は長男信仰の中で何も不満もなく育ったけど
自分の子供には、自由にいろんな選択をさせたい。
ここから出て行くこともありだと思っている。
ここに縛り付けるつもりはない。
そう話してくれていたので とてもホっとしたのを覚えています。

とにかく 息子だけのときは それほど感じなかったけど
娘が生まれてから、この長男信仰を強く感じるようになりました。

長くなったので続きます。

↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

内職と姑と子育て

現在二世帯別棟同居17年目ですが
この記事は結婚6~7年目くらい
第一子チビあにきが4~5歳と 第2子チビあねごが2~3歳の頃のお話になります
ついに姑も私もギブアップ
  ↑記事の続きです

内職は、肌着の糸処理 シール張り 畳んで袋入れ
時給で考えたらあり得ないほど安い仕事だったけど
子供の熱などで休むことを考えずにすんだし
家まで運んでくれる仕事だったので
ガソリン代かからないし
化粧や服のことも考えずにすんだ。
ってことで、私には有難い仕事でした。

チビあにきの保育園の送り迎えがあるので
母屋にチビあねごを預ける時間も自然と決まってきた。
この頃の平日のスケジュール

AM8時半までに、チビあにきもチビあねごもご飯が終わり
しっかり着替え等準備OK!
チビあにきが保育園に出発するとき
チビあねごも母屋へ出動(笑)
私は保育園の送りから帰ってきてから
11時くらいまで ひたすら内職の仕事。

11時くらいに、チビあねご 母屋に飽きて帰ってくる
チビあにきと違ってたのは 
チビあねご2時間くらい母屋にいると
絶対に我が家に帰ってきて
母屋に行きっぱなしってことがなかったこと!

やはり、2歳まで、ほとんど母屋に一人で行かなかったからかなあ。。。
兄である チビあにきと 一緒に母屋に行き
姑が どうしても チビあにきに集中しちゃうんだろう・・・・・
30分もすると、我が家に帰ってきていたチビあねご

一人で母屋に行けるようになり
姑が全身全霊でチビあねごをかわいがっても
チビあねご、2時間以上母屋に長居することはなかった

姑寂しがっていたけど 
それだけ長男チビあにきにすべてを傾け
自分のことは後回しにしてかわいがってたけど
チビあねごには、そういう必死な姿勢見えないから
しょうがないでしょう~

と、冷たい目で見ていた私

で、お昼を我が家で食べ、お昼寝。
私は内職

4時半ごろ 保育園のお迎えがあるので
又チビあねご 母屋へ出動
保育園からチビあにき帰宅
そのまま、チビあにき 母屋へ直行!
二人とも母屋に行きっぱなしになってるのを
有難く思いつつ 夜ご飯準備
姑も、このパターンがわかってきたので
早めにご飯を作り 
夕方はがっつり子守ができる体制をとってくれていました


6時ごろ母屋から二人帰宅。
ご飯を食べ お風呂に入り
チビあにき 今度は舅と遊ぶべく8時に母屋へ出動!
チビあねご 気が向いたら一緒に母屋に行くけど
基本行ったり行かなかったり・・・・・・・
そして9時に母屋から帰宅 就寝。

こんな日々が約2年続きました。
早くもチビあにきの親離れを実感し
親なんて所詮 子供にとっては
都合のいい存在(都合のいい女)なのさ

そんな考えが私の中に定着した時期でもあります(笑)

この頃、ほとんど姑と問題は発生しなかった記憶があります。
ただ、姑は頼りないな~私がしっかりしなきゃっとか
姑に対して??って思うことはあったけど・・・・・

この話は次に書きますね
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ついに姑も私もギブアップ

現在二世帯別棟同居17年目ですが
この記事は結婚6~7年目くらい
第一子チビあにきが4~5歳と 第2子チビあねごが2~3歳の頃のお話になります
目次1 姑と子育て偏 
     ↑の記事にまとめた出来事を乗り越えて

子供の成長と共に
姑の頭に上った血も徐々に下がり
バトルも乗り越えたので
私と姑の関係は
ちょっと小康状態の時代に突入しました
この頃は 姑とのやり取りは 
今はほとんど覚えていないほど
なにもない、平和な時期だったんじゃないかなあ。。
(たぶん、当時は細かいごちゃごちゃはあったはずなんです
 でも、思い出せない~~
もちろん、少々のことはありましたよ
それは、そのうち書きますけど

うまいことできてますね・・・・・
その頃になると、子育ての本来の大変さ。
子供の成長で、振り回されることになってしまうんです。

チビあにき4歳
魔の3歳から始まった 第一次反抗期まっさかり。
そして、あふれんばかりのエネルギーを持て余してる
4歳男児 チビあにき
田舎の畑田んぼを駆け回ってるからか。。。。
とても元気が良すぎた。

正直、友達と遊びたがるようにもなっていたが
田舎の近所には、同じ年の子は少なく、
又、皆 保育園に通っていた
だから、昼間 誰も遊び相手がおらず・・・・・・・・

私も姑も、さすがに付き合うのが辛くなってきた・・・・・・

これが本音。

友達もいなくて、大人だけが相手するのもかわいそう

この頃姑の口からよく出ていた言葉。
私もそう感じていた。

その頃、地区内にある保育園が、内職でも子供を預かってくれる
そういう情報を得た。
ついでに、内職も紹介してくれる人がいた!!

仕事に出ることに抵抗があった私。
でも、内職だったら、まだ、2歳のチビあねごを母屋にお願いしつつ
保育園代くらいなら稼ぐことができる。

旦那もOKを出してくれたので、さっそく保育園に申し込み

舅の地元つながりを最大限に利用し
なんとか保育園に
預けることができた


まだまだ、いい時代でした。この頃は。。。。。
たぶん、今だったら無理だったかもしれません
この10年で 田んぼが次々に団地に変わり
人が増えてきてますから

とにかく、保育園に通うことになったチビあにき。
私も内職に必死になる毎日が始まりました。

今度は姑 
チビあねご(2歳)のお世話係り任命


この頃の姑の口癖だけ覚えています。

「やっぱり 女の子はおとなしくていいなあ~~」

私も同感でした(笑)

↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

どんなイメージ?

皆さん、自分の生き方のイメージって持ってますか??

独身時代、私は
自分の人生

水のようなイメージ

これを理想と掲げていました。

水って入れ物次第で どんな形にも合わせるし
冷えたら氷
常温で水
高温で気体
と、環境合わせて変化していくじゃないですか。

柔軟性を持ちたい
そんな思いでした。

あと汚れも何もかも受け入れる
そういう部分も持ちたいな~って思ってたんです。


で。結婚して二世帯で同居した今。

私の生きかたのイメージは

竹のようなイメージ

これに変化しました。

ここで、竹のマメ知識をちょっと披露(笑)
竹って草の扱いって知ってました??
私、木の仲間って思ってましたが、特徴は草らしいですよ
竹やぶは ある意味 草むらなんです

固い表面で守られてるけど
中は節で区切られた空洞。
強い風が吹いても しなって耐えて 
折れることなく元に戻る
足元はすっきりしてて、上のほうに葉が茂り
気持ちいい影を作り、風通しも良い

切られた後の使用用途が多い。

どこまでも根を張り、しぶとく生きている。

何でも受け入れる柔軟性よりも
ある程度の形ができあがり
それを大事にしつつ。。。。。。。
でも、やはり柔軟性には富んでいる

そんな竹の魅力に気がつきました。

今は 竹のように 強く しなやかに
自分らしさを壊すことなく
でも、なんでも受け入れる受け止める
その柔軟性は失うことなく 生きて生きたい。

今はそう思っています。

目指せ!悟りの境地!!!!
同居は、無限の修行道だあ~~
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

忘れたくないこと そのⅡ

ブログネタ
忘れたくないことはなんですか? に参加中!
昨日に引き続き 忘れたくないこと2

それは

やはりこのブログで書き綴ってきたこと
嫁姑舅との日々!!!でしょうか!!

 結婚してからの格闘の日々!!

 恨みつらみはございません
     ↑本当かな??胸を張って自信を持って言えない自分が悲しい。。。。

でも、義両親と向き合うって

自分自身の見たくない部分
しっかりと向き合う日々

だったりしたもんですから
そこから逃げなかった
自分自身をを褒めてあげたい 


ってことで、やっぱり忘れたくないことです。

嫌だったことも 17年たってみると
自分自身の成長に不可欠な出来事だった
そう思えることも多く

嫌気が差して 投げやりにしちゃったことって
時間がたった今 実はちょっとした
しこり
となって残ってたりします

後悔後に立たず

頑張ったことのほうが多いので
なんとかスルーできてますが
私自身、後ろめたさが残ってるので
やはり、同居生活 投げやり
いいことありませんねぇタメイキ

しっかり向き合った上での間違いは
爽やかに水に流せます(笑)
あくまで私と旦那が思ってるだけで、
舅姑はどう思ってるのかな?と思いますが
単純に私達と同じだろうと思い込むことでスルーしてます(笑)


これからの日々も
頑張りすぎず 肩肘張らず でも、気を抜かず。
絶妙なバランスを探りながら
時には 心から血を流し 涙を流し
それでも 最期には できるだけ 自分のために
いい経験だったと・・・・
忘れることのない記憶として留めておけるよう
大事に過ごして生きたいと思っています。

↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

忘れたくないこと

ブログネタ
忘れたくないことはなんですか? に参加中!
ブログネタでこの話題を見つけました。

人生40年以上生きてると
思ったよりも忘れたくないことありますね==


すっごい考え込んでしまいました。

でも、不思議なことに。。。。
過去のことを考えると
鮮明に思い出すのは
自分の子供時代のこと・・・・・・・

年をとると、最近のことは忘れても
昔のことは鮮明に覚えてる

ってよく聞きますが・・・・・・

いやん。実感しちゃったじゃないですかあ!!!

子供時代って、純粋に毎日を楽しんでいたので
キラキラした宝箱を開けるようです。

しかし、ここは一つ!
思い切って忘れたくない思い出を決定してみようではないか

ってことで、私の忘れたくないことは
ベタなお話ですが

子供を産んだ瞬間

かな。

3人産んだので、生まれ方は三人三様でしたが
生まれてきて始めてだっこした瞬間
このときは、3人とも同じ感動と
それから 覚悟を決めたものです

お疲れ様!そして、いらっしゃい!
私のところへ来てくれてありがとう!
これから一緒にいろんな経験をしていこうね
よろしくね!


3人とも、こんな風に話しかけました。

私がいないといけないんだ。
そう思わせてくれる存在は
何よりも 私を奮起させてくれたものです

陣痛から生まれるまで
一人目、二人目の時って忘れてたのに
3人目を産んだ瞬間に、急に思い出されてきました
今ではしっかり、3人とも覚えています。

とても、小さくて あたたかくて やわらかくて 
でも エネルギーにあふれていて
全身で生きているってことを
体感させてくれた瞬間

でした。

生きてるってすばらしい。
そう思わせてくれた思い出
忘れたくないなあ・・・・・・・・・

↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

妄想族の日々でごわす

ほんっとおに ほんっとおに

寒いですね(怒)
ごめんなさいごめんなさい。怒りで大文字で書くことではありませんよね

私、我がままなので、基本 春の陽気が大好きです
春生まれってことも関係してるのかな??
寒さや暑さに耐えることに ストレスを感じる

寒さのせいか 最近、すっごい早く眠たくなるし
グダグダとストーブの前でテレビを見て
そのままお布団へGO!!
なんて日々が続いております。。。。。

そんな今の私の楽しみ
それは・・・・・・・

妄想の世界に浸ること

今私がはまってる妄想は
季節柄
温泉旅行で上げ膳据え膳
エステなんかもあったりするぞ

だったり
南イタリアなんぞに旅行に行って
ピッツァやパスタ食べて
おいしいワイン飲みながら
ムール貝食べて
カンツォーネに酔いしれているわ
 
当然イタリアの伊達男たちとの楽しいバカンスもあるはず!
  イタリア語や英語が話せないのはこの際無視!

・・・・・・・・・・こりゃあ。完璧疲れてる 私・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、やめられません~~この妄想。

現実は 受験生がいて
子供の習い事があり
仕事やら 日々の生活があり

寒さがきついせいか
肩がこるわ~って言う
姑のお話聞きながら 
肩もんであげたり

 ↑いやいやじゃないんですよ(笑)
  たまに、気が向いたときや
  お世話になってるな~って
  感謝の気持ちが沸き起こったときに
  自ら進んでやってあげてます

そんな生活を過ごしている上に
この耐えるしかない寒さ。

冬って、太陽の光に当たる時間が少ないせいか
鬱の症状になりやすいらしいですね
一瞬 やばい?って思ったけど
よく考えたら
ごはんおいしいし
テレビ見て笑えるし
しっかり熟睡できてる

ので、ノープロブレム

ただの 怠け者病でしょう(笑)

まだまだ寒さが続くこの日々。
小さな楽しみを見つけながら
なんとか 心楽しく過ごしたいですね

楽しみなドラマも始まりました
『信長のシェフ』
はまってます
信長役のミッチーが結構いい味だしてる??
ちょっと楽しみなドラマ

『嘆きの美女』
森三中の黒沢かずこのつっこみには
何も考えずに笑えます(笑)

『サキ』
美しい隣人ってドラマにはまってました
これにも、完璧はまりそうです
いろいろと あやしすぎて 先が読めません。

この冬はここらへんで、なんとか乗り切りたいと思います!
頑張りましょう~
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ばあちゃんのカレー最高らしい(涙)

昨日の晩御飯、姑が急にカレー作ってあげるって言い出しました

どうしたのか?っと思ったら 一昨日の夜
長男あにきが 姑と話していて 何かの拍子に
ばあちゃんのカレーおいしいけんな~」
って一言 言ってみたらしい(笑)

 さっそく 即 作ってくださるのですね
さすが もっとも愛する長男孫の為なら
すばやい行動の姑!!!!
その愛の深さには 脱帽しちゃいます

手抜きができて ラッキーって思いつつ
今日の晩御飯はばあちゃんのカレーだよ~って言ったら
思ったよりも子供達 大喜び


あれれ・・・・・・・・・・・・


なあんか・・・・面白くなあい・・・・・・・


この感覚、いつまでたっても消えることがありません。。。。


大人気ないってわかってるけど
私がカレー作ったときって そんなに喜ぶ姿
見たことないかも・・・・

やはり、姑のカレーは
とってもおいしい高級牛肉


 を使ってるからですか?? 

どうせ、どうせ、私はグラム99円で手に入れた
庶民の味方 4ce8b57825a83


















豚バラスライス
でカレー作っております。。。。


ちょっとひねくれてしまいつつも・・・・

 ちっくしょお~~!
やっぱりおいしいぜ(涙) 


いつか、絶対に高級牛肉でカレー作ってやると
固く心に誓うのでした・・・・・・

ちょっと切ないある日の冬の晩御飯のお話でしたん

↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
  クリックしたら記事へ飛びます
<目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

私立高校受験

毎日毎日寒い日が続いてますね。。。
雪国の方々、大変な毎日を送られてると思います。

寒中お見舞い申し上げます

こちら九州の 我が家から見える山は
裾野に近いところまで真っ白の雪に覆われ
まるでそこだけ
よ!これぞ日本富士の山!
と叫びたくなるような
素晴らしく荘厳で
また寒々しい景色になってます(涙)

又、衝撃的なニュースが日本中を駆け巡りました
そう、アルジェリアの日本人を含む人質事件です

こんな 大騒ぎの雰囲気の中。。。。。

実は、長男あにき 
私立の高校受験日でした。

こちら田舎では、私立高校は
特別進学クラス以外は
まだまだ 公立高校に落ちたときの為の受験だったりしてます。

なので、本人も親も
度胸試し!って感じで
前の晩まで 余裕かましてました。

でも・・・・ いざ朝になって
お弁当作っていると・・・・・・・・・・・・

意外とドキドキしてくるもんですねえ

親が緊張すると その緊張が子供にうつってしまう。

そう思って、いつもどおり
普通に学校に行く朝と同じ朝を心がけました
まあ。多少は・・・・・
深呼吸しろよ~
問題文落ち着いて読めよ=

と口うるさかったかもしれませんが(笑)

本人は意外と平気で なんともないらしく
いつも通り家を出発。

帰宅したときも
「結局同じ中学の皆が同じ教室で
 いつもの実力テストと同じやったで~」
と のほほん顔

結果が楽しみですな
   ↑完璧嫌味

そんなこんなで、確実に 一歩一歩 受験が現実的になっております。

インフルエンザも猛威を振るっており
違う学年では 学級閉鎖も出てきてます。

いろいろと 神経使ってしまう日々が続きそうですが
あわてず、普段通り
これを心がけて、毎日過ごしていこう!!
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


妻と旦那と仕事・家庭と子育て③

妻と旦那と仕事・家庭と子育て ①
妻と旦那と仕事・家庭と子育て②
    ↑の記事の続きです

そこで、浮かんだのが三つ子の魂百まで。
3歳まで 人としての基本的なことは
私がしっかり見届けよう。
たとえ、どんな苦労(姑がそばにいるので予感はあった)があっても
子供に関しては納得いく子育てをしてみたい。
たとえ、子供がどんな風に成長しようとも
自分が育てた結果なら
後悔はすることもあるだろうけど
でも、納得のいく後悔だろう。
そう思ったんです。

3歳過ぎたら あとは、家庭だけでなく
環境の影響も成長にはでてくるだろうから
様子を見て、ぼちぼち社会復帰をしよう。

そう思い、気がついたら3人産んでて
専業主婦歴10年近くたっていました(途中内職しましたが)

仕事を始めたのは6年ほど前からです。
末っ子が3歳過ぎてから。

仕事を探すにあたって
旦那と二人で決めた約束事は
子供に支障のない仕事であること!
でした
(暗に家庭のことは 多少は許されるけど 
   基本おろそかにしないが含まれてる)
幸い、昔の職場関係で 午前中だけの仕事が運良く見つかりました
時給は低いですが 時間に都合がつく仕事で
旦那に負担を感じさせることもないので
私にとっては、一番やりやすい仕事で助かっています。

さまざまな事情で子育てに専念できない環境の方々も多いと思います。
でも、お母さんが腹くくって仕事している姿を見て育ったお子さんは
人として、とても素晴らしい育ち方をしてるなあって
いつも感心しています
ちなみに、こういう家庭の旦那様はとっても協力的

でも、子育てから逃げたくて 仕事を探し
保育園に預けてる人も結構多いのです(私の周りでは)
で・・・・残念なことに・・・・・・・・・
そういう環境で育ったお子さん達。。。。
目が寂しそうですし、何かしらの問題行動が多いのが事実です。
そして、不思議なことに こういう家庭の旦那様たち
 結構家庭のことは ほったらかし


そんなお子さん達を見てると。。。。

ちょっと贅沢な暮らしからは離れてしまうけど
ランチや買い物なんて夢の世界。
子供産んでも女でいたい。
そんな理想からは遠く離れてしまうけど・・・・・・

一人の人として 社会へお返しし 送り出すまでが子育て
子供が小さい時 その 最初の数年の基本的な部分は
仕事に逃げず
母としてしっかりと見守って
導いていくことをしてほしかったと

そんな思いがうずまいてしまいます。。。。

子供がいなかったら、大人同士の付き合いでもある結婚生活。
妻が家庭を守るって必要が ある ない は二人で決めればいいと思いますが

子供が関わる場合。。。。。。

私は子供が小さいうちは
妻は家庭を守るべきって表現はどうかと思いますが

でも、今の男性には
やはり亭主関白時代が当たり前だった人たちから育てられたからか
根底には、まだまだ家庭のことは
妻の領域って考えが深く根付いているのではと感じることが多々あります。

悲しいことに、日本の社会が  特に田舎の社会では
家庭を作るのは夫婦共同の作業という考え
その部分では未熟なのだと思います。

いろんな情報に惑わされ、平等って理想を見せ付けられるけど
現実は そんな理想なんて吹き飛ばすような 
まだまだ封建的な部分が 社会のしくみには たくさん残っていて。。。

妻が家庭を守るべき
今の社会の中では、この考え方は 条件付(旦那次第もある)でありかな。
そう思ってしまっています。。。。。

私達の子供が 大人になり 子育てをするときには
もう少し 社会や、私たち自身の考え方も変わってるかな??
そのときには 
仕事しながらも しっかりと夫婦単位で
子育てや家庭にかかわることができる。
そんな社会になっていてほしい。

そうすると、妻が家庭を守るべき
なんて、死語になるはずですから

すみません。。熱く語り、長文になってしまった。。。

私にも息子がいます
九州男児のいいところは残したいですが
基本 フェニミストに育ってほしい。
家のことに関しても いろいろと教えていきたい
そう思って頑張ってます。
どうなるかなあ。。。。
姑舅の存在が結構ネック。。。(涙)
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

妻と旦那と仕事・家庭と子育て②

この記事<妻と旦那と仕事・家庭と子育て ①>の続きです

三つ子の魂百まで。
この日本語が 頭から離れません(笑)
なんて冗談はさておいて
でも、子供が大きくなった今、
育った子供や 周りの子供の友達を見ていると
あながち嘘でもないと思います。

私が妊娠したとき 正直迷いました。
仕事をやめるべきかどうか。

ちなみに、旦那はできれば子育て一本でお願い派。
やはり、田舎の九州男児
妻に 家庭と子育て 任せたってやつです

私自身 つわりがひどく、仕事を休みがちで
迷惑かけてたのもあったし
自分が不器用ってわかっていたので
仕事と子育ての両立はたぶんできない。
私は仕事のほうを選び、旦那や子供に迷惑をかけてしまう。
一人の人間を産んで育てるってことに対して
そんな無責任はことはできない!
特に、この旦那を当てにすることは無理だろうって思った
結局自分の直感ってやつを信じ
旦那の収入でも なんとか 切り詰めれば生活できる
そんな状況だったのもあって
退職して 子育てに専念することにしました。

あと、同居で、舅姑がそばにいたのも
子育てに専念しようって決めた
きっかけの一つでもありました

保育園に預け、姑舅に子育てを手伝ってもらったとき
そして、数年後、子供が育ったときに
絶対に絶対に絶対に
舅姑に子育て任せるんじゃなかった
そう後悔するのが目に見えていました。

人のせいにしてしまうような そんな後悔 したくなかった。

長くなるので 続きます
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

妻と旦那と仕事・家庭と子育て ①

ブログネタ
「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」って考え、どう思う? に参加中!
「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」って考え、どう思う?
ブログネタですし、ちょっと前に話題になったネタでもありますよね。

実は気になっていたので、書きたいと思いまする。

妻は家庭を守るべき。
この考え方 私個人の意見ですが
子供が3歳まで  そして
社会のしくみ、周囲の価値観が今のまま
という条件下では 賛成派だったりします。

九州の田舎に住んでるので
地域の環境や 舅姑年代の人たちがまだまだ元気な現状を考えると。。。。
現実は  姑の年代の人たちには
家庭は妻任せ 旦那は上げ膳据え膳 旦那には逆らわない
まだまだ、この考えが根底に流れています。

でもって、この考え方の人達に育てられたのが
私達の年代です。

もちろん、テレビの情報などで 夫婦で協力し合うって考え方が浸透してて
旦那にも家庭の仕事に参加してもらってる人も増えてますが。。

まだまだ、田舎のこちらでは
あくまで 旦那達は 妻に言われたことだけすればよい お手伝い!
この感覚が抜けていません。

妻が仕事していようが 自分には家庭の仕事は関係ない
そう思ってる田舎の九州男児は まだまだ多いです。

仕事もして、家庭のこともして 育児もして。。。。

おまけに、九州男児は 外面がとてもよいのですが
家の中では、無愛想で 何もせず
妻が手のひらで転がす感覚で
おだて 褒め たまに叱咤激励しないと
なかなかやる気を起こしてくれません。
(我が旦那を含め、周りの旦那達もこんな感じです)

こんな状態なので、仕事しながら
子育てして 旦那のおもりもして 家庭を切り回して。。。。。

しんどいです!!


特に、子供が生まれたら見えてきたことが多くて
結果 私は
子供が3歳までは 妻は家庭を守るほうがよい(かも
という考えに肯定的になってしまいました。

続きます
 ↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

中3あにき合格祈願

いよいよ、年が明けて 受験のムードが盛り上がってきました

新年の誓いを守り
良い運気を招きいれるべく
毎朝玄関掃き続けております

 一度忘れたことあったけど、神様って懐大きいから許してくれるよね

もう、ここまできたら、
親としてできること
親ばか全開で
息子の力を信じ
神様を信じ、守ってくれる先祖を信じ

ってことで、今日太宰府天満宮へ
合格祈願へ行ってまいります!

 
受験で使うであろうシャーペンを3本ほど持っていくよう指令を出しました。
自分の力を思う存分発揮できるよう
菅原道真公のパワーを 
シャーペンへ分けていただく予定

ちなみに、一緒に行く中1あねごと小3いもうと
ミニ旅行気分です(笑)
何が楽しみって
肉まん と 梅が枝餅
大宰府の門前を歩いて横道にそれたところにある
『楊子江』
ここの肉まんは絶品です!
かなりのボリュームに、中からあふれ出る肉汁
かぶりつくと肉汁でやけどしちゃうから お箸でいただくほど
ジューシーですよ~~ん

梅が枝餅は もう定番ですね
しっかり、姑にもお土産として持ち帰ろうと思います。

参道に立ち並んでるお店をのぞいて歩くのも
お参り後の楽しみですよね~~

って、段々と本来の目的を忘れてしまいそうですが。。。。

気を引き締め、しっかりお参りしてきたいと思います。

行って来ます!!!
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
  クリックしたら記事へ飛びます
<目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

正月太り正月太り正月太り

あはは=まるで早口言葉っすね
この記事のタイトル

年末年始
すっかり頭から消え去っていたなあ・・・・・
 <ロングブレスダイエット
くびれ でてこ~い(笑)
      ↑記事参照

先月半ばまでは
一生懸命ちゃれんじしてました
が・・・・・
痩せた~って体重的には現れず。。。。
ちょっと落ち込んだけど、でもねでもね
ウエストは、確実に2センチ減って
ちょっとひきしまっていたんです!

年末までは!!!





現在2キロ増

すっかり、おなかは たるんたるん~~
顔丸くなったような(汗)
体重いです・・・・・・ちくしょ~~

又、一からやり直します。
食べずに痩せるのは 年齢的に無理
一発で 風邪 ひいてしまうのは確定事項

今日から、頑張って
  ロングブレスを10回×3セット
  引き締め体操を夜寝る前にする!!

また、始めたいと思います。

薄着になる春まで、約2ヶ月。
頑張るぞ=========

体重も減ってくれるとうれしいけど
それよりも、くびれ大作戦だい!!

とりあえず、次の最大の難関は
    バレンタインデー
それは誘惑の嵐 
チョコという 悪魔の暴風雨
果たして私は無事に避難して乗り切れるのか。

心を強く持って 立ち向かいたいと思います(涙)
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
  クリックしたら記事へ飛びます
<目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

今日は鏡開きですね

みなさ~ん 部屋に飾ってある鏡餅
おもちはどんな状態ですかあ???

真空パックを用意された方は きれいなままですよねえ。。

我が家は 去年の年末に< 餅つきだよ←記事参照にて作った
姑お手製の鏡餅を飾っております。

玄関の鏡もちは 今年は寒い日が続いてるので きれいなほうですが・・・・
居間に飾ってたのは、やはり暖房の影響で
見事にカビカビ。。。。。。
仕方なく、一昨日、ちょっと早いですが 早めに下げて
カビを落とした後、水につけてます。

年神が宿った鏡餅を頂く、
という事は「新しい生命をいただく」ということだそうで
その年を健やかに過ごす事ができると伝えられています。


ってことで 包丁で切ったらダメらしいですね(涙)
木槌で割るのがいいらしいですが
そんなものありましぇ~ん
頑張って手で割るつもりです

ぜんざいはレトルト買ったから大丈夫
私にはレトルトで十分

たぶん、姑がぜんざい作ってるはずだから
子供達は母屋で食べるでしょう(笑)
  ↑毎年のことなので、想定内
   毎回のことだけど、嫁の私の分はないのも想定内
   これくらい、当たり前なんだな~~
   そう思えるくらい強くなるのが同居嫁の道

今年も 健康で 皆 笑って過ごすことができますように。。。。。

年神様に感謝しながら
一人でおいしくいただくことにします~~

だんだん、何も感じなくなってるのも、年を取った証拠かしら~
平気な自分。。。。。
慣れって恐ろしいものです
↓現金な同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
  クリックしたら記事へ飛びます
<目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
 

人気ブログランキングへ

預けれていいねって大嫌いな言葉

今日は多少乱文があり
お目目を汚す箇所がありますが
ご了承くださいませ

同居していて
子供が小さい頃。

「いいな~
 子供預ける人がいて
 身軽になれていいなあ」



この言葉が本当に嫌でした。
聞くと吐き気がしたもんです

買い物に行ったとき。
PTAに出たとき。
下の子を連れて行かず、一人で行動しているときに
出合ったママ友たちから言われてる言葉。

確かに、小さな子供を連れて行かず
身軽に行動できるって助かります。

否定はしません。



姑に子供を預けるってすっごいストレスなんすよ!
姑に子供を預けるって
地獄道
って事実を 知らない人は多いです

実の親に気軽に預けるようにはいかないんです
預ける際に いろいろと気を使いますし・・・・・

しかも、姑が ガンガン預かってやると言い
断る理由もないので 仕方なく預けた場合
腹立つことは ほんとに多いです

姑にしてみたら 多分無意識。
でも、嫁にとってマックスで感じる波動

私が子供預かってやってるから
嫁 楽できて助かってるでしょ?


ビンビン感じてしまいます。

嫁の考えすぎ
敏感すぎる
被害妄想

そう言われてしまうから
皆黙ってるけど

でも、この押し付けありがたいでしょ~波動
見事にやられてる嫁は多いはず。

素直に孫と遊びたいから どうか、預けてくださいって言われたほうが
こっちも もんもんとしないですむ気がする

あと これも 姑は無意識に言ってると思う

あ~よかった~
やっとママ帰ってきた



連れて行くつもりだったのに
あんた(姑)が置いてけって言うから
置いていったのに
なんじゃ?その無責任な言い草は!!!!
私があんた(姑)にお願いします。見てくださいって
おねがいしたわけじゃねえんだよ!!!
お前が見たいって言ったんだろ!
やっと帰ってきたって 
たかが1時間ちょいで大変ぶるな!


張り付いた笑顔で「すみませ~ん助かりました~」と言っている胸の内では
思いっきり↑のことを毒づいていました。

川 ̄_ゝ ̄)ノ川 ̄_ゝ ̄)ノ川 ̄_ゝ ̄)ノ川 ̄_ゝ ̄)ノ

とまあ。一例二例をあげただけでも
こんな思いを乗り越えているわけで・・・・・

おまけに、私の都合ではなく
姑の都合と気分で預れるかどうか決定するから
当然、預けられず、小さい子を連れて行くこともあるわけで・・・・
だから、小さい子を連れて歩く大変さも知ってるんです。

そこへ、ママ友たちからの「いいな~」発言。

お前らも同居してから言ってみろ!
預けることの大変さを知ってみろ!
振り回される腹正しさを知ってみろ!


いつも のど仏まで出てくる言葉を一生懸命飲み込みながら

「ほんと、母屋のおかげで こういうとき 助かってるわ~」 

と大人の対応をしていました

胸の内はどろどろです。
笑顔の裏は 般若の顔

つい5年ほどまで この地獄道を歩んでいた私。
なんとなく今日思い出しました

今 歩んでるかもしれないあなた。。。。
頑張ってくじけずに前を向いて
顔を上げて堂々と歩いてください
その道はいつまでも続かないから
子供の成長と共に、別の道へ続きます。
(きっと素敵な道です)

大丈夫!おもっきり胸の中で毒づいてOK
すっきりリセットしちゃいましょう

過ぎ去ってみて 振り返ると
結構笑い話やネタになるもんです(笑)

すみません。。。
全然解決法はなく、結局 ただ頭を低くして
時が過ぎ去るのを待てってお話だったりもします
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
  クリックしたら記事へ飛びます
<目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

姑の豪華なモーニング でもって 手榴弾

先月12月22日から始まった18日間の冬休み。
やっと今日から学校です

年末年始を挟む冬休みはいっつもそうなんですが・・・・・

子供達 
朝ごはんは母屋に
食べに行き続け 
気がついたら
見事皆勤賞


きゃ~どうしましょ いいのかしら?この事態
と 毎年思ってますが なんとなく続く行事みたいなもの(笑)

姑は 冬休み中 毎日毎日
『明日 皆 食べに来るんかなあ?」
と聞いてきます。

はい正解の答え方
「子供達に聞いてみますね~

すると確実に
「明日も食べにきていいんで~って伝えてなあ~」
と言われます。

夏休みは さすがに40日もあるし
生活リズム崩したくないので
平日は母屋に行かず、我が家で食べるようにしてますが
冬休みって、
クリスマス
年末準備
正月
と、イベント目白押しで 皆浮き足立ってません?

私もすっかり気が緩み、おまけに朝ごはん準備しなくていいのって
助かりまする
というのが本音でもあり・・・・・

子供達は 母屋のご飯は豪華ですので
当然行きたがります。

参考に 母屋でのメニュー
ご飯(おにぎり) 目玉焼き ベーコン 
キャベツの千切り ハム ウインナー
おつけもの 梅干
ご飯が サンドイッチに変わることも多々あり

私も食べたいな~~って思います
喫茶
旦那とこっそり こう呼んでいる 母屋のモーニング
毎日、姑に明日食べに行くよ~って 
電話で子供が伝える日々が続きました

今日から学校が始まりました。
喫茶も 週末までしばらく休業です

今朝 姑から 久しぶりに 手榴弾が投げ込まれました
「はあ~やっと 学校始まったなあ~
  毎日朝作ってたから、ついつい昨日、
  ハムとかウインナーとか買ってしまって 
  冷蔵庫に余ってるわ~ 
  シルバちゃん、使うかえ???」

あっはっは~~やっぱ楽したら それなりに報復あるっす

もちろん、丁寧にお断りしました。
どうせ、週末には、姑が大好きな長男あにきが
当然のことのように 母屋に朝ごはんを食べに行くはず。
その時に使ってください。。。って。。。。

姑も、週末には孫が食べに来るから
ハムもウインナーも あって困るものではないんです
むしろ、私がいただいたら、週末の分がなくなって困るはず。
なのに、私に余ったからいる?って聞くなんて
昔は 私に対する嫌味かよ!なんて
むかついてたこともありましたが
今は
嫁に勝ってる姑の自慢披露
豪華なモーニング作らないと孫が寄ってこないのが事実だろそう思って
笑って受け流ししています

子育てが終わってしまった姑にとって
孫から必要とされている自分
そう思えることは、とても大事だと思うから。

姑に 意気揚々と
 勝利宣言をさせてあげる私って
 おとなじゃ~~ん


自画自賛することで乗り切ってます

孫のために毎日朝ごはんを作り続けた姑。
生き生きとしていて
少し若返ったように見えるのも不思議ですよん
子供や若者のパワーってやっぱりすごいんですねえ~シミジミ・・・・・
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
  クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

同居を望む人たちって・・・・・・

今日の記事は、結構毒舌が入るかもしれません。

もしも、お気を悪くされてしまった方がいたら
ごめんなさい

しかし、本音直球で書いていきたいと思います。

実は、私の周り。
同年代のママ知り合い(友達じゃないから)の中に
「将来は子供と一緒に住みたぁい

私が同居をしていて いろんな思いを抱えながらも
必死に乗り越えて 今の生活があるのを知ってるくせに
↑のセリフを目の前で
ぬけぬけと言う輩がいます!


彼女は同居してません。
アパートで のほほんと、楽しく それなりに大変な思いもしながら
  旦那様と子供だけの生活を楽しんでいます

私の同居のグチも、同じ同居嫁さんたちとの会話をそばで聞いて
一緒になって「うそ=」とか「大変やあ」とか言っていました。

でも、自分には別の世界と思っているみたいですね。
        そんな同居の苦労話は・・・・・

って話しは後につながるお話として・・・・・・

さて同居を望む姑世代の人たちについて
ブログ等で見ていたり、ご近所の方々を見ていたり、
先輩同居嫁さんたちのお話を聞いていたり。
 
つねづね思っていることがありました。

同居を望んでる親達って・・・・・・
子供に甘えて生きていくってこと前提にしてない??

どうしてもそう感じてしまうんです。

我が舅姑も最初はそうだったのではないかと・・・・・
でも、来た嫁が(私のことですね)あまりにも頼りないし
言うこと聞かないし
自分の道を行くし
息子も言うこと聞かないし。

ってな状況の中、子供に甘えてもつまらんって諦めてくれて
自分達は自分達でできることをしていく

そう方向転換してくれたので、私は一緒に住めています。

話ずれましたが、とにかく、同居を望む人って
子離れできていなくて、自分の人生 最期は子供にどうにかしてもらおう
そう考えてるんだろうなあ・・・・・・

そう感じてしまう姑舅が多い気がするんです。

でも、姑舅の年代だけじゃないみたい

最初に登場した、同年代の彼女。

実は、彼女も、いろんなこと、
基本 人任せ野郎です!!(汚いお言葉でごめんなさい・・・・)
正直、絶対に一緒に役員はしたくない!!
やるべきことも、絶対に人に任せてしまう人だから・・・・
子供同士が仲いいから、会ったとき一緒にお話してるだけの関係なの
でも、彼女はすっごい仲のいい友達気取り。

あまり、いい印象を持っていない人でした。
その人が、将来同居希望者。

別の同居希望のママ知り合いさん。

私も含め、皆同じく感じていること
   子離れできてないよね・・・あの人
そう言われています。
この人も、基本いろんな人に意見を聞きまくり
自分で考えることできないの?って疑問を感じてしまう人です。

二人とも子供世帯に甘えてしまい
      子供達から疎まれる姿を想像してしまいます・・・・

そういう人たちを見ているので
私の中で 
同居を望む人=自立の考え方ができていない人
こういう構図が出来上がってしまいました・・・・・・

どうしても同居しなくてはいけない状況で同居されてる方は
皆さん、もともと自立するつもりで生きてきたのだと思います。
だから、同居も それなりに問題抱えながらも、
問題のない生活なんてあるわけないですから
お互いを尊重しながら、うまく折り合いをつけて生活されてると思います。

実際、パーソナルスペース プライベート空間。
親しき仲にも礼儀あり
この言葉をよく口にされてる 尊敬できる同居姑さんも
知り合いにいらっしゃいます。
そのお年で、その考え方!!
とても、素敵です。
その方のお嫁さんとお話したことはないですが
たぶん、いいお話が聞けそうな気がしてます。

どんな状況でも自分のことは自分で責任を持つ
その上で お互い 
思いやりを持って 支えあいながら生活をしていく

それが家族となっていく基盤だと私は考えています。

なので、私の周りにいる
 子供と同居したい~って言ってる人たち。

自分の人生、誰かにおんぶにだっこで 楽して 生きたい~
って言ってるように聞こえてしまって
どうしても 受け入れることができません。。。

ちょっとここで吐き出したことで、客観的に考えることことができそうです。
長文 お付き合いありがとうございます。

今回の記事は、私個人の意見です
いろいろなご意見あるのでは・・・・・
忌憚のないご意見を聞けたら幸いです
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
  クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

巳年ってどんな年?おみくじどうでした?

今年は巳年ですね~
ちょっと調べてみました。

主に2点に要約されると私は解釈(笑)

再生の象徴
   「巳」という字は 胎児の形を現した象形文字で
   蛇が冬眠から目覚めて 地上に這い出す姿を表してるとも言われ
   「起こる 始まる 定まる」などの意味があります
   又 蛇は脱皮することからも再生を象徴しており
   新しい自分に生まれ変わる 
   人生の転機をすべき年なのです
   

実を結ぶ年
   巳年というのは 弁天様に象徴されるみたいですね
   弁天様は、弁財天って【財】を表すことが多いですが
   弁才天って 【才】 を表すという考え方もあります
   私はこっちの 【才】 が ストンって腑に落ちました
   私達には 才があるわけです
   自分の【才】を信じ
   今年は 何かさせていただくという
   徳を積む気持ちで 種をまきましょう
   きっと 来年につながる らしいです(笑)
   今年損をした気分でも
   めげずに、自分の信じて 徳を積んでる
   そう思って過ごしたら
   素晴らしい実につながると信じましょう


今年 おみくじ 引きました
だったので 良くも悪くもない一年です(たぶん・・・・)

ひたすらに 神を信じ
親のように敬いなさい

ってことが書かれてて
高校受験に関しても、もう、神頼みだ
神を信じるのだ!
と笑ったのだよな~
神様年の始めから
笑いをありがとお~


じたばたせず、流れに身を任せながら
周りをゆっくり見て
大きく構えて 一年を過ごそうと思います。

巳年って 結構いい年ですね
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
  クリックしたら記事へ飛びます
<目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ 

2013 今年の抱負

ブログネタ
2013年の抱負を発表! に参加中!
今年はこれを買いました
10年日記
2013年版 石原10年日記
和暦・西暦・六曜など

月日の過去10年分が1ページで確認できるので
ちょっと頑張ろうかと・・・・
たぶん、これから10年間は すさまじい変化があると思います。

子供もどんどん中学、高校、大学(行くのか?)、成人と
成長していく10年でしょう。
舅姑も、10年後どうなってるか・・・・・

私や夫婦関係だって 10年後どうなってるんでしょう?(笑)

ちょっと興味がわいたので、今年から始めてみることにしました。
なので まず
毎日一言日記を書く!
これが第一の抱負

そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年こそ、頑張ってみようと思っています。

毎日、朝一番で玄関を掃く 
トイレ掃除を毎日する
毎年思うんですよねえ。。これ・・・・
でも、今年は 文字にしてみました(笑)

ついつい、今日はいっかな。。。ってサボってしまうんですよ。。
意外と毎日続けるって 難しいところです
今年はがんばります!!!

そして、もう一つ
このブログ、年末のご挨拶するまで絶対に続ける!

どうか、お付き合いよろしくお願いいたします~~

母屋との付き合いは、今まで通り
笑顔と図太い神経
 これを武器に、今年も引き続き 
ダメ嫁路線まっしぐらで 
mukatukiikariも 最期は 楽しみに変えながら
過ごしていきたいと思ってます。

今年の抱負 掲げてみました!!
振り返ったときの反省事項が大量にならないように。。。
頑張れ!私
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
  クリックしたら記事へ飛びます
<目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

明けましておめでとうございます

蛇 年賀















↑<*ちょっと変わったおもしろ年賀状*さんよりお借りしています

いよいよ新年がはじまりました。
皆様いかがお過ごしでしたか??

年末は 我が家は、いつも通り
母屋にて舅姑と共に 今年最後のご飯(ごちそう)を食べ
片づけをしたあと
家に戻り 
ガキ使笑ってはいけないスペシャル2013と 
紅白と 
番組をいったりきたりしながら
途中年越しそばを食べ
ダラダラと11時半過ぎを待ちました

で、夜中12時前に舅姑を含む家族全員で家を出発
近所の神社へお参り

今年も無事に、何事もなく
新しい年を迎えることができました~
よかったよかった

元旦は舅姑抜きで初詣に行って 初売りに行って
子供達は それぞれ 大人買いを楽しんでおりました

2日は、私は仕事 あにきの弁当作り
     中3あにきは 塾にて特訓講座!
     旦那 あねご いもうと3人は
     空手の初稽古
今年も新年から活動的な日々が始まりそうです

3日は 私は あにきの弁当作り
     あにきは 引き続き塾の特訓講座
     私達は 舅姑を連れて
     もう一度初詣参り
     あねご と いもうと は ちょっと姑におねだりして
     高い福引をさせてもらってご機嫌でした~(笑)


今年も、日常とあまり変わらず
舅姑とも いい距離感を保ちながら
いい スタートをきれたと思います。
今年も 頑張りすぎず
 でも 

ピシャっとふんどしを締めながら

気を抜くことなく一年すごしたいです

今年もどうかよろしくお願いいたします
皆様 素敵な一年になりますように
まつこ 迎春↑<*ちょっと変わったおもしろ年賀状*さんよりお借りしています
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
  クリックしたら記事へ飛びます
<目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
楽天市場
プロフィール

シルヴァーナ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ