なんしよんの?←姑の口癖

敷地内同居の今までの話、姑、旦那とのあれこれ 日々の雑談などなど書いてます

2013年05月

嫁として知っておくと楽かもしれない考え方(私の独自理論)

最近結婚したばかりの若いお嫁ちゃまとお話する機会がありました。
彼女は今はちょっと離れたところで新婚生活送ってますが
いずれは この地域へ戻ってくる予定だとか・・・・・
(思わず止めとけって言いたい衝動にかられたけど
 グっと押さえました・・・・・・・・

でもね・・・・
とっても眩しかったです
だって、結婚して未来に希望を持ってるから
姑とも仲良くしたいって気持が 言葉の端々に現れていました。

その姑さん、悪い人じゃないけど・・・・・
うちの姑も悪い人ではありませんから

ってことで、言いたいことたくさんありました。

正直、こっちに戻るのなら絶対に二世帯に!!
水周りもすべて別にするべきだよ~~
お金をケチって一緒に住んだら
その後何十年も辛いよ!
などなど先走ったお話がたくさん。。。。。。。たくさんありました・・・・・・

でも・・・・・

面と向かって言えなかったです。
まだまだ先の話だから・・・・・・・

だから ここで叫びます
叫ばせてください
1 姑に期待しないほうがいい 

2 姑に気に入られようとして頑張っても
    その思いは報われないことが多いよ
    だから 頑張るだけ無駄
    そう思えて諦めることができたとき
    やっと頑張り方がわかるかも

3 姑に変わってもらおうって思うな
    絶対に変われないから

4 所詮嫁はいつまでも他人って
    心と頭に叩き込んだほうがいい

5 姑に受け入れてもらおうと思ったら
  まず 自分が先に 姑の嫌な所を
  受け入れる覚悟を決めよう
  覚悟して数年したら
  事態が好転することもある

6 黙っていろいろ受け入れてみて
  ダメだって思ったことは早めに
  「できません
とか嫌ですとかいらないです」を
  言う勇気を持ったら
  自分らしさを取り戻せる
  後々お互いが楽になるよ





はあ~~~すっきりした~~

次の記事で、何故こう思っているか
詳しく書いていきたいと思います。
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ

田舎で始まるたけのこ地獄

梅雨入りぞくぞく始まってますね==!!

湿気がすごく、蒸し暑いこの時期は
本当に憂鬱ですが
なんとか楽しく過ごしたいものだ!と
ヨガなぞやりながら汗かいております

ちなみにヨガは、番組でやってたものを録画
完全自己流だから、どこまで効果あるのやら?
ストレッチと思ってます(笑)

さて、そんな中・・・・
やってきました
たけのこ万歳大量お礼期間 

皆さん たけのこ食べれて
いいな~って言いますが・・・・・

すでにたけのこご飯3回
たけのこの煮物
   (姑担当作品。すっげ~おいしいのです
毎日食卓に上ってる

ごめんなさい
   飽きちゃいました



う~ん・・・・たけのこ 本当にレパートリー少ない・・・・

今朝も舅、張り切って たけのこ ほってきました。

近所に配り終わったので
今日は職場に持っていこうと思います。

いつまで続くのか????

そろそろビワ地獄も始まりそうです・・・・・・・・
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

親の思いが子どもをつぶしちゃう?

今日は初めての受験を終えて 一区切りってことで
T君の話をしたいと思う。

小学校時代からの知り合い。
T君は一人っ子

彼はまだ16歳なのに
すでに4回挫折を経験している


①小学校時代、サッカーのクラブチームに所属。
  中学校に上がるときは、振り分けられ
  能力でそのチームに残れるか落とされるか決まるシビアなチーム。
           落ちてしまい残れませんでした

②彼は同時に中学校受験もしています。
           受験失敗    
 
私たちと同じ地元の公立中学に進学

③中学に上がり サッカーに関して
  電車で1時間半近く離れた別のクラブチームに所属
  学校の後 通ってサッカーがんばっていました

  中学3年になり

  周りの部活生は引退 受験一色に染まる中
  T君は1月までサッカーの活動をしていた模様
  12月あたりにはサッカー推薦が来て進路が決まってるって噂がありました
          1月に膝故障
        推薦なくなったらしい


④3月受験
  偏差値62の県立高校受験
           受験失敗

・・・・・・・・過酷過ぎる結果ですよね・・・・・・・・・

しかし、本人いつもケロっとしていました
落ち込んだ様子なし。
その様子を見ると、いつも本人が希望したはずだけど
実は母親が 子どもに 
無意識に仕向けた進路だったのかしら?って

そう思わずにはいられないものがありました

今のT君は私立高校に通っています
サッカーもしていない

そんな彼の様子

今までのT君で一番楽しそうです

思えば、小学校の頃から
T君のお母さんは要求が高かった気がする。

クラブチームでのサッカーの練習。
そして、通信教材のお勉強。
この二つをノルマとしていた。
それに加えて、ピアノは本人の希望で習っていた。

だから、放課後や週末、友達と遊ぶ時間もあまりなくて
正直、小学校時代は、我がままで俺様だって
あまりいい評判を聞かない子だった。
T母も、T君がコミュニケーション下手なのは知っていて
そのことは気になっていた様子。
友達と遊ぶことも進めていたけど
さすがに5・6年男子は 
たまにしか遊ばない友達と楽しく遊ぶのは難しい
コミュニティー(群れ)が出来上がってるのが現実。。。。。。

コミュニケーション力を育てる為に遊ぶ時間ないでしょ・・・・・

この時点でいろいろ望みすぎだな~とは思っていた。

中学校に入り。
ほぼ毎日電車片道一時間以上かかる
ちょっと離れたサッカーのクラブチームへ通っていた。
でもT君母、そんな環境の中 テストの成績で上位に入ることを要求
当然 両立は難しく、中間位置の成績だったらしいが

会うたびに、私にそのことでグチを言っていた。


うんうんって聞いてあげながら
   両立は難しいと思うぞ~~
っと言いたくなる衝動をこらえるのが大変だった・・・・・・・

だって、学校の後、往復3時間通いながらのサッカーの練習。
それだけで、勉強なんてできないぞ・・・・・
よく、真ん中あたりの成績を維持してると思うぞ

私は いつも そう思っていた。

そして、膝の故障。

それを聞いた周囲の感想
やっぱり
T君  おかあさんの
期待に応えようって
無理しちゃったんだ。。


サッカー推薦の話が来るまで
受験する高校はお母さんの話では
偏差値62の学校から絶対に下げる様子なかったもんなあ。。。。

正直、部活終わって勉強に集中してる子達が狙う
偏差値62の高校。
サッカーしながらって難しいよね~~~

そう周りで話していたんです。

そして、故障しちゃってから、わずか2ヵ月後に受験。
周囲の人は、ギリギリまでサッカーしてたから
てっきり偏差値58~60の高校に変更して
受験すると思っていた。

でも、62の高校を受けた。
そして、落ちた・・・・・・・・・・・・

偏差値58~60の高校だったら必ず合格していたと思う。
正直、58~60の偏差値の高校をうけることすら簡単なことではない。
本当に よく頑張っていたと思う。

彼の話になると、皆

お母さんが高望みしてきたから
子どもが危ない橋を渡りかねない高望みの高校を受けるって言ったときに
止めることができなかったってことだよね・・・・・・・

って言葉で締めくくられていた。
他人のことになると厳しい言葉が続出なのも
受験を乗り越えた母たちの恐いところだと思う

T君自身、サッカーから開放され
高校も私立の進学コースに決定。

今かなり自由な時間を満喫しているのがわかる。

今後大学受験が待ってるけど・・・・・・・

これからの3年間、お母さんの意見よりも
彼自身が 自分で選んだ将来への道を
しっかりと歩んで欲しい。
そう思ってしまう私たちなのです。

お母さん、悪い人じゃないんだけど・・・・・
子どものことすごく考えていて
子どもともシッカリ話しあってるのもわかるけど。。。

でも、何かが違うんだろうなあ。。。。。

結局 親が子供に言って欲しい言葉を
無意識に誘導をしちゃってる会話なのかな?

なんとなく思うことです

子どもとの会話は 難しいものです
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

初PTA活動中の驚きの連続

初めて(呆れたり感動したり)のPTA活動>の記事関連です

学年で行ったPTA活動は
親子で体を使って遊んだり、クイズ(〇×問題など)したり
先生もとても頑張ってくれて
何も問題なく進みました

表面上はね
(ぎゃ~ブラック

ウラではひやひやものでしたよ~~
ジャバザハット!!!

なにせ、準備の話し合いに出ず
当然準備にも参加せず。

だから、流れがいまいち理解できてない様子。
でも、でしゃばって司会と挨拶を引き受けた。
正直、全員やりたくないことだったので
とっても助かったけどね

その司会をするとき・・・・
流れを把握していないもんだから
変なタイミングで何か言ったり
全然違う方向へ誘導してみたり・・・・・・・・

そのたびに、近くにいる私たち誰かが違うって教えてあげたけど
私たちも準備その他で動き回ってたので
先生が子ども達の様子を見ながら
司会のお手伝いをしてくれていました。

結局一人では何もできていないジャバザハットさん

見る人は見ています。
何人かの人にこそっと聞かれました。。。。
「ねえねえ、あの人、よくわからないまま司会してる?」
「うんそうだよよくわかったね
なあんて答えたかったよお======!!
でも、流石にそういうわけにも行かず
「あはは、きっと緊張しちゃってるんだよ」
としか誤魔化せませんでしたが
ばっちり皆わかってしまったみたい。

なんとか先生のおかげでスムーズに進行できて
本当に本当によかった・・と、皆で胸を撫で下ろしたものです。

後半、先生へバトンタッチして、私たちもお役ごめんになり
後ろのほうで 役員で集まって雑談していたとき。

またまた驚愕の行動をしたジャバザハットさん。

ジャバザハットさん
「ねえねえ 見てみて 私こんなに痩せたんや~~」
そう言いながら
上着をめくりあげ 
総ゴムのズボンのウエスト部分に手をかけ
パカパカっと
前後に揺らして見せたのです!!!
(ちなみに、体系的にはかなりぽっちゃりです!!)

確かにウエスト部分は
キャベツ一個分くらいの余裕はある!!!

でも、なぜ ズボンずり落ちない????

なんて疑問を抱えつつ、あまりにも突拍子もない
恥らいのない おばさん行動に全員絶句・・・・・・・・・・・

本人いわく この1ヶ月で10キロ痩せたといってたけど

ごめん・・・・・・
       痩せたなんてわからない・・・・・・

それ位ぽっちゃりさんのジャバザハットさん。

結局、「わ~すごいですね~」とか
当たり障りのない応答しかできない私たち

一気に疲れの出る瞬間だったなあ。

最後の最後まで、人の気持をかき乱してくれる人です
ジャバザハットさんは。。。。。。
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

目次8 ドラマ 映画 動画などなど

は人気記事です
   おすすめDVD
   強い女だぜぃ おすすめDVD 
   米米CLUB デビュー曲知ってる?
   2355LOVE
   目の保養 チ チャンウク君
   渋い人はいつまでも心に残るわ(CSIマイアミ)
   やるな~って素直に思う時(N〇Kのコメディ番組)
   ゆるキャラ海外へ飛び出し私は妄想する
   姑舅と月見そしてロンドン(ふなっしーについて)
   私の青春がドラマと共に帰ってくる
   地球はこんなに美しい!
 20代が知っておくべきことbyTED
   猫と巨人コラボに もだえ中
  時間稼ぎできる話題 犬猫診断
  絵本は永遠だ~バムとケロ
  愛するには技術が必要
  ドラえもん IN America 
  こぴっと 楽しんじゃう


ランキング参加しています 
ワンクリックで順位が上がると嬉しいです 
よかったら↓ポチっとお願いします

いまさら顔色伺っても遅いわ

職場でやっちまったよ泣
職場のおばさん おとなしい
職場のおばちゃん弱気になってるぜ
職場のおばちゃんが変化した
    今までの経緯は↑の記事を参考にしてください

使えないおばさんパート
以前よりは嫌味が減りましたが
それには訳があることに気がつきました。

最近ご時世の流れで
悲しいことに人員が一人へりまして。。。。(汗)
辞めた人の補充がないままなんです。

それまで、使えないおばさんパート の部門は
毎日二人体制で仕事していました。
が、今は一人体制です。(月に何度か二人体制になる)

昔は使えないおばさんパートが
嫌味言おうが 態度悪かろうが
一緒に仕事をする人が
我慢を続けていて
使えないおばさんパート が 
適当な仕事をしていても
黙ってフォローし続けていたので
皆 使えないおばさんパート の仕事っぷりが
どんなにひどいものかは
一部の人しか知りませんでした。

使えない
おばさんパートは
<私はとても仕事ができる人間なので
 何を言っても何をしてもいいのよ>
そんな振る舞いだったくらいです

なので、他の部署の人たちは
それに騙されていた感じもありました
(口は悪いけどね~って程度)

でも、一人で仕事するようになった今。
一緒に働いている私たちの手伝いが必要になってきています。

私たちに仕事を押し付けるべく
     機嫌を取る必要が出てきたんです


だから嫌味が減ったわけです。

でもね~ぷぷぷぷ

いまさらですよ~

機嫌取られたって もう遅い。

一緒に仕事をすることになってから見えてきた確定事項

使えないおばさんパート 仕事できねえ!

まったく怒りものです。
よく 今まで偉そうにいろいろ言ってくれたな!こら!

そんな思いを抱えつつ、まだ一緒に仕事をしなくてはいけないので
それなりに気を使いつつ。。。。。。

使えないおばさんパートが 何を言ってきても
今、それを急いですることか?
後でもいいか??
至急の仕事だったら
今やってるこの仕事とどっちが緊急性があるか?

そう質問返しをする余裕も出てきた今日このごろです。

このやり取りで、当然私は負ける喧嘩はしないので(笑)
自分の仕事のほうが急ぎってこともあり
使えないおばさんパートの 仕事は断りますよね。

で、使えないおばさんパート
その仕事をどうするのかというと・・・・・・・
自分 次の日休みなのに

そのまま放置

次の日に出勤すると、その仕事が手付かずで残っていること多々あり

今までの皆さん、黙ってそれをフォローしていました。

が・・・・・・

私は違います。
もう、ここでも5年働いたので
自分の立ち位置がわかった今。
元社員なめるなよ!
そんなに甘くねえぞ!


ほう・れん・そう
これは大事です。

何度か続いた時点で、店長へ相談。
他の人は決して放置せず、きちんとやってる仕事。
それを、無責任に次の日出勤の人へまわすとはどういうことか?
次の日は次の日で仕事があるわけで
結局、私たちが多く仕事をしなくてはいけない。

キチンと報告をさせていただいています。

たぶん、店長が何か言ってくれたのでしょう。

最近は放置も減ってきました。
ここで注目。
無くなったのではなく減ってきたです。

でも、まあ、以前よりはましなので
今は様子を見ている状態です。

やばいって流れを感じるのはするどいみたいで
最近は、こんなこともあり おとなしい感じの使えないおばさんパート

しかし・・・・・・
以前よりはましってだけで皆よろこんでるけど・・・・

仕事できない人の尻拭いの時間がもったいないわ・・・・・・・・

ちょっと今忙しいので、ここらへんのストレスたまっている私です
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ

中2女子のうわさ話

先日、中2娘の部活の車出し いってまいりました

ずばり感想

超楽しい

黙って聞いてるだけでニヤニヤしちゃいますね~~

実は、うちのあねご
まるで男子並みに噂話に興味ない奴
(ってか、周囲からは男子扱いされてる感じ??)
誰と誰が付き合ってるとか、ほんの数人しか聞かない。。。
長男あにきと比べると、学校のお話たくさんしてくれるけど
正直、浮いた話はほとんどなし(涙)

しかし。車出しして、同級生を乗せると
皆さんのお話は
うわさ話のみ!!
上級生の先輩のお付き合い情報から
同級生のダレとダレが・・・・・ってなお話てんこ盛り

ぶっとんだのが
中3の〇〇先輩
手をつないでキスまで済ませたらしい


だまって聞いてるの辛かったああ~~~~

我が子が蚊帳の外の噂話って
すっごい楽しく聞けますね

実は、あねごも、初めて聞くお話ばかりだったようで
親子でにやにやしながら、黙って後部座席で盛り上がる話に
耳をダンボにして 聞き入っておりました。

ちょっと悪口なんかもあったりしたけど

正直

懐かしい会話でしたわ

無邪気な会話
たま~に 悪意も満載
それをあっけらかんと、笑いながら話す女子達。

久しぶりに接した世界。

帰ってきたら異常に疲れてた自分は
やはりおばさんです(笑)
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

娘の目線上だわよ

今年の正月あたり
なにやら目線一緒だな~とは思っていました。

それから5ヶ月・・・・・・・

ついに!ついに!!!
163.5センチある 私を見下ろしてる???

中2なのに、164.5センチと
健康診断の紙に書いてある??????

きゃ~~
やっぱり背抜かされた~~~~

 フフフっと鼻で笑うあねご

高1 のあにきはすでに 180センチあります。

こうなってくると
なんてかわいいんでしょう
末っ子いもうと(小4)
 

まだまだ、私を見上げてくれるその目線
癒されます~~~~~

5人家族で、すでに3人から見下ろされることになってしまいました
ショックのあまりの記事です。。。。
何年後かには、私が一番家族でチビですって記事になるんだろうなあ・・・・

うし!その日まで、ブログ頑張って続けよう
と 新たに目標をもってみます(笑)

ちなみに姑 
あにきが背が高いのがうれしいらしく
「かっこよくなったな~」と
眩しそうにニコニコ笑って
見上げる姿が
何気にほほえましいこの頃(笑)

↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




 

初めて(呆れたり感動したり)のPTA活動

初顔合わせの役員会
             ↑の記事の続きです 

4月半ば 初顔合わせの役員会の時に
6月くらいに学年主催のPTA行事を
委員長副委員長(6人)と先生で
とりしきる事が決定。

これはすぐにでも話し合いを行わなくては!!ってことで
その話し合いを後日
先生の都合のいい日の放課後におこないました。

話し合いで使える時間は一時間ほど。
余計な話をする暇はないのですが・・・・・
ジャバザハットさん以外
全員、第一子のママで
右も左もわからない人だらけ!!

今回の企画の全体像をつかんでる人は
ジャバザハットさんと先生のみ!


どうなるのかな??って様子見ていたら。。。。

司会進行 行事についての説明
 すべて先生に丸投げした
 ジャバザハット!      
さん!!!
・・・・・・・・・・やっぱりな!!・・・・・・・・・・・・・・・

大体の内容がわかった私たち。
先生も説明が終わり、さあ、今年はどうしましょう??と
進行をこちらに戻しました。

とたんに張り切って
仕切り始めるジャバザハット 
さん

しかし、司会進行といっても
「じゃあ、今年は何しましょうか?」
のみ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆絶句です。

とりあえず私が
「過去どんな活動をしたのですか?」
先生に向かって聞いてみました。

が。

先生が答える前に
「あのね、うちのおねえちゃんの時はね」
と張り切って答えるジャバザハット 
さん

しかも、ダラダラと話すだけで、いまいち要領を得ない説明(涙)

ここで学年長の先生がすごかった
いい感じで補足説明をしてくれ
ついでに、過去数年の活動内容まで教えてくれるすばらしさ。
なにがすごいって、ジャバザハットさんの話にうまく合わせながら
大事なことをキチンと補足していること!!!

大まかなことがわかったとたん
今度は 小雪さんが先生から何の違和感もなく
自然と司会進行役を受け取りました

すげ~やっぱり会長までやった人は
流れのつかみ方がうまいぜ

話し合いは 幼稚園で役員をしていた
小雪さんとたんぽぽさんの経験が とても役に立ち
スムーズに話が進んでいきました。

途中 ジャバザハットさんが
所々 的外れなアドバイスをするものの
全員が 「そうですね~」 と
適当に言いながら聞き流すという事態になりながら
なんとかその日は 日程とおおまかな活動内容が決定。

後日、役員のみで集まり
活動について 内容を詰めて話し合うことになりました。

正直、一番大事な話し合いだと思います。
活動内容をしっかり詰めて
準備その他の役割分担まで決める話し合いですから。

いつ集まって話すか、その話を始めたとき
突然、ジャバザハットさんが爆弾発言してきました

「あのね~私仕事があって
  その話し合い参加できんわ~」



???????
お~~い!まだ日にち決まってないよ~~~~~~~

思いっきり突っ込みたかったのですが
すでに、ジャバザハットさんの本性を見抜いていたらしい小雪さん。
ニッコリ笑って
「わかりました~こちらで大体詰めておきます。
 最後にもう一回話し合いの場を持ちますので
 その時に最終確認でいいですよね??
 細かいことは私たちに
 一任させてもらっていいんですよね?」


ナイス!!

すかさず、私も援護射撃!!
いろいろ決定したあと、ごちゃごちゃ言われたらたまりませんからね!

ジャバザハットさん、最初に言い切っちゃったものだから
何も言えずに、「うん、ありがと~それでいいわ」としか言えず(プププ)

 その後 残り5人で 
 とても楽しくスムーズに
 活動内容の詰めや 
 準備その他が進んだことは
 いうまでもありません


結局当日、目立ちたがりやのジャバザハットさんに
挨拶と進行役のみしてもらい
(ちなみに、ジャバザハットさん自ら進んで引き受けた経緯あり
無事に活動を終わらせることができました。

最悪な人とあたった・・・・と思ったけど
救う神あり。
とても素敵な人たちとの出会いも同時にあって
私はついていたと思います。
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ





 

初顔合わせの役員会

役員って肩書き好きなだけだった>の続きです

初めての役員会。
全部で3クラスあるので
クラス委員長・副 合わせて6人が始めて顔をあわせる日です

私と一緒に役員をするジャバザハットさんは
期待できないことが確定してしまったので
後の4人に期待することにしました。

それぞれ自己紹介して 明らかになったこと

ジャバザハットさん以外
     全員第一子での初役員


皆 初めてのことで何をどうやっていいのやら?
質問しかない状態の5人。

一年全体の流れを把握しいるのは
ジャバザハットさんのみ・・・・・・・・・・・・・・

しかあし!神は見捨てなかった!!!!!

隣のクラスの長副の二人は
私立の幼稚園にて
PTA会長と副会長のコンビ
すっげ~しっかりしてます
  以後、会長してた方を 小雪さん
      副会長をしてた方を たんぽぽさん
      そう呼ばせていただきます

全員が確認したいことは
今年一年の大まかな活動内容。
でも
ジャバザハットさんの説明は
一つ一つの活動の細かい説明


いやいや・・・・細かいお話は後で良いから・・・・
とにかく全体像を教えておくれ・・・・
そんな話しっぷりだったら 何時間あっても終わらないよ・・・・・
明け方になり朝日を拝むことになるわよ!!
と、一人突っ込みを胸の内でしまくっていた私

とりあえず、黙って聞いていたけど
耐え切れず 話のこしを折ろうとしたとき。
時を同じくして、小雪さんが
とても柔らかい口調で
「あの~~」って発言してくれました
     あの~とても丁寧な説明ありがとうございます~
     でも、とりあえず、私たちが一年間
     やらなくてはいけない仕事って主に何があるんですか?
     次の役員会で集まるときに、何を話し合うかも知りたいです
ってな内容を、ジャバザハットさんが怒ることなく聞けるような
素晴らしい口調と言いまわしで 質問してくれました。

すげ~かっけ~~
どこまでもついていくわよ!!


基本、きつい口調の物言いしかできない私にとって
初めて目の当たりにする絶妙な言い回しに感動
ジャバザハットさん、小雪さんの的確な質問にサクサク答え
一気に時間短縮

大丈夫だ~~
その場にいた全員が抱えていた不安が解消されるのと同時に
小雪さんのために裏方の仕事を頑張ろう!
できるだけのことはするぜ!!!!
心に決めた初役員の私でした
次は始めての役員の活動について書きたいと思います。
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ


 

役員って肩書き好きなだけだった

役員好き でも困ったちゃん 
役員決めでごり押しされた(涙)
の記事の続きです。

後日、同じ地区に住む、違う学年なんだけど
いつもお世話になってる先輩ママから
こんなことを言われました

「ちょっとちょっと!!
 どうしてジャバザハットと
 一緒に役員することになったん??
 大変で~あの人!」
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぎゃおう!!
そうでなくても、旦那から
どうして断らなかった?
って言われ 凹んでいた私

ますます気分が落ち込んできました(滝涙)

傾向と対策を練りたいからって
かなり詳しくお話を聞いてみると・・・・

委員長という肩書きが好きらしく
人前で話すのは引き受けるけど
それ以外のことは一切やらない  

話し合いも出るけど文句ばかり 
その文句も的外れなことばかり
(イライラくるような非難系の発言が多いらしい)  

決断力がまったくなく責任逃れのような発言多々あり
ほとんど人任せなくせに
人のあら捜しは大得意  

皆で作り上げた大成功も
自分の手柄のように振舞う
(誰も相手にしてないが笑)



ゲロゲロ
  めんどくせえ!

初めての小学校生活 嫌になってきました・・・・・・・

正直、めんどくさい裏方仕事は
全部私に回ってくると覚悟したほうがよさそうです
(そして・・・・事実そのまんまでした

その先輩ママからの最後のアドバイス
「とにかく、あまり相手にせず
 話は聞き流して 
 でも、あの人に任せるとすべてが適当で
 こっちが振り回されるだけだから
 できるだけこっちで取り仕切ったほうが
 結果楽らしいわよ」


重たい・・・・重たすぎる事実だ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


すっごい落ち込んでしまったまま・・・・・・
丁度、その夜は、役員会の日でした。

同じ学年の他のクラスの役員さんとの顔合わせの日。

その人たち4人との出会いに期待することにしました
続く・・・・・・・・
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ

地獄の週末

今は曇り空で カエル大合唱ですが。。。。
今日は晴れて暑くなりそうですね

ってことで(どんなわけ??)
もやもやしてる心の叫びを吐き出します===!!!!

     注)意味不明なことあっても読み流してくださいませ・・・・・ 


子どもの部活の車出しで休みが休みじゃなくなるのは
いい加減飽きたぞォ===!!!!!
朝ゆっくりしたのって、何ヶ月前???
少なくとも、4月以降は毎日早起きしてる。

朝から晩までゆっくりダラダラ
旦那のように飲んで過ごしたいものだ!

  ↑結局不満の元はここら辺(笑)

義妹夫婦が来て焼肉する
肉代浮くから良いけど・・・・

ゴールデンウイーク、3日続けて焼肉だったからさ==
ちょっと、まだ胃が受け付けんよ

さすがの子どもも「又焼肉?」と言ってたぞ
義妹夫婦も食べ飽きたんじゃね???

姑、バカの一つ覚えで焼肉焼肉って・・・・・・・・・・・・・・・
確かに、庭で焼くだけだからラクチンだが
ちょっと、焼き物のネタ考えようぜ~
と言いたかったが、なにせ・・・・
おごって貰う立場。
黙ってお付き合いいたしましたわ~

は~疲れた疲れた。

今日は、ゆっくりできるといいな=
何も起きませんように・・・・・・・
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

中学3年のはかない恋

中3母たちの噂話
この記事の存在を思い出しました

彼女ができたんじゃないの?疑惑。
実際彼女できていたみたいです~~
しかも、同級生だった(汗)

↓↓↓以下の情報は
一連の出来事の現場にいて
策略の片棒を担ぎ あにきに告白させ
その後の二人を見守ってくれた
同級女子(ちなみに同じ高専生になった)のお母様からのネタなので
確実性100パーセント!!

時をさかのぼること
体育祭の後、10月半ば。
実はお互い両思いだったらしく 
同級生の女子達の策略の下
あにきが告白をさせられた模様(笑)

で、実際2ヶ月くらい付き合ってたみたいですが
(学校帰りに一緒に帰るってなことだけで
 週末はお互い塾で会う時間はなく私はまったく気がつかなかった)
それも12月に破局を迎えたみたいです

そういや、10月11月と帰宅遅かったのに
12月 この頃から、すっごい早く帰宅するか
いつも近所の男子と一緒に帰ってきて長話をしていたな~~
と、思い出してみる・・・・・・鈍感な母です

破局の理由はずばり
ザ!受験!!!!
あにきは試験の結果が上がったり下がったりばかりだったので
私はあまり変化を感じなかったのだが
彼女さん、めちゃくちゃ成績下がった模様
親がおかしいと思い彼女さんを追求!!
彼氏の存在が発覚し、成績に影響するのなら、
今はそういうことをやめなさいと諭され
彼女から一旦白紙にしてほしいと言われ
あにき あえなく玉砕

こういう経緯だったみたいです。

いやいや・・・・私、結局何も知らないまま
こんな面白いお話から疎外されてたのね

この話を聞けたのが年明けて2月半ば!!!!

息子の初の彼女の存在も知らず
破局も知らず・・・・・・・・・・・・・・

ケ!
息子って やっぱつまらねえ!!


って一瞬思っちゃった出来事です

ほとんど学校のことは話してくれないもんな~

そして、そのまま女っ気のないまま
女子の少ない高校生活。

ふ・あ・んじゃ==!って思いつつも
なるようにしかならないもんね。。。。。。

バイト先での出会いとか そのうちあるでしょう。

いつか、彼女を家に遊びに連れてくる日が来るのを
楽しみに待っていたいと思います
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

浮気対策

ブログネタ
夫婦生活 に参加中!
夫婦のことについて書いてみようと思う。

私の考えている 浮気の定義
私が知った時点でアウト! 
この一言に一環しております

で、どこからが浮気か??
私が不快に思ったら!

例えば、電話で連絡取ってる
飲み会や食事にいく
などなどありますが。
相手によりますよね??
許せるな~って思う女性と え??って思っちゃう女性

つまり、その女性についての情報を
しっかり私に伝えるってことが前提になります。
私が知らない人と連絡やお出かけがあり
その人について、隠そうとした時点で
浮気です!!
隠そうとしたってところでアウト。

ここはお互い同じ認識をもっている部分です

私は旦那にこの言葉しか言っていません
「基本、私が知らなかったら浮気にならないわけで。
だから隠し通せるならずっと死ぬまで墓場まで隠し通してごらん。
それは浮気にならないから。
ただし、ちょっとでも、ほんとちょっとでも怪しいと私が感じた時点で
追求すっごいし、結果によっては浮気ね。

でさ、もし、浮気した場合、ここから出て行くのは君一人だから!
私 即君の荷物浮気女に送りつけるから。
ちょっとした火遊びなんて思ったら
失うものは非常に多いと覚悟しましょう
その女に世話してもらう覚悟で浮気しなよ!
そうそう!離婚しないし、給料差し押さえもするから
身一つで女の世話になる覚悟も持っておいてね!!
ついでに、その女とずうずうしく 母屋に帰ってくるときは
もれなく、隣に住んでる私と子ども達に絶対に会う。
浮気相手の女にそこまで腹くくらせなよ!
追い出される原因は君が作る以外ないし
母屋にも文句言わせない。
子供だっていまさら引っ越しできないでしょ。
だからここから追い出されるのは君ね

ま、小さな嘘すらつけない君が
一生私に浮気を隠しとおせるなんて
みてみたいものだけどね!」




超 上から目線の
    鬼嫁宣言


旦那顔がひきつっています(笑)

でもさ~同居して 義両親と仲良く生活できている時点で
絶対に私が離婚の原因になるなんてありえないでしょお!!

ここまでの苦労を泡にするような浮気なんてばからしいこと
私にはとても考えられません!(エッヘン!)
もし、離婚を考えるのならば、子どもが全員独立し
家族ってやつを守らなくてもよくなったとき・・・・・・
旦那と一緒に住む理由が自分になかったときだな~~

旦那との絆が素敵な関係だったら
今の状態をキープでしょう

将来、どうなってるのか、楽しみです

でも、それまでは、今の生活はしっかり守り通します!
その為には鬼嫁だろうがなんだろうが
容赦しませんって態度はきっちり通しぬいてやる~

↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ

親が子どもに伝えてあげられること

今日はこの言葉を書きたいと思います

子どもは批判されて育つと
人を責めることを学ぶ 

子どもは憎しみの中で育つと
人と争うことを学ぶ
子どもは恐怖の中で育つと
オドオドした小心者になる

子どもは励まされて育つと
自信を持つようになる
子どもは褒められて育つと
人に感謝するようになる
子どもは存在を認められて育つと
自分が好きになる
子どもは努力を認められて育つと
目標を持つようになる

長男あにきが高専に合格し
この言葉がとても身にしみる一年でした

去年は受験を経験した私たち親子
あにきは 決して優等生ではなかった。
  →参考記事です高専合格までの成績の道のり
だから、あにき自身
ず~っと自信がないままに受験の前半を過ごしていたと思う。
正直、夏休み半ばあたりまでのあにきは
子どもは恐怖の中で育つと
オドオドした小心者になる
成績の話になると こんな感じだったかもしれない・・・・・・
結構 罵倒したこと多かったもんなあ・・・・・・・・

そんな時にこの言葉に出会った。。。。。
グーの拳で殴られたって感じだった


子どもは励まされて育つと
自信を持つようになる

あにき自身が自信を持てば大丈夫って確信があったから
自信をもってほしかった
だから私は 
罵倒することを止める努力をした。
「あにきはやればできるし、その努力は絶対に現れる。
 そのことは今までも練習したら勝てたって経験があるし
 勉強だってやったらいい点を取れた。
 その思い出はあるでしょ?
 だから、今回も自分を信じてやってごらん。
 絶対に点数上がるから!」

できるだけ励ますこと
そのことに集中するようにした。

そしたら、一ヶ月後のテストで点が上がり始め
その後、どんどん点数が伸び始めた異様に素直なところがあにきの良い所と思っています(笑)
(途中調子に乗って手を抜き、一気に点数が下がるという
 エレベーター状態をちょくちょくしでかしてくれたが

姑は褒め上手。
  →参考記事です受験生の祖母 ブラボーな発言

子どもは褒められて育つと
人に感謝するようになる

だから、あにきは姑への気遣いは欠かさないのが見ていてわかる
感謝の気持ちが大きいのだろうなあ


子どもは努力を認められて育つと
目標を持つようになる

高専受験後、発表までの一週間。
もし、不合格だったとしても私は、この半年のあにきの努力はすばらしかった!
特に この数ヶ月の努力はこれからの君にとって
絶対にいい経験になったはずだと思う。
そういい続けたので、もし落ちても次はどうするか?
不安な気持ちの中、第2案も考慮しながら(県立高校受験のこと)
落ち着いて過ごすことができていたあにき。

幸いなことに合格した。

表には出さないけれども。
高専生になったあにきは
まだ一ヵ月半しかたっていないけど・・・・・・
胸に秘めてる目標がある感じだ。
自分の将来に向けて、教授の話や
先輩との良き出会いがあった模様。
着々と大人に向けて歩き出している気がする。

そうはいっても、まだまだ見切り発車状態。
これからどうなるのやら?
楽しみにしながら見守る
穏やかな自分がいることに感謝

あの言葉に出会ってから。
私は変わるための出口を見つけた。
自分では、責めちゃダメってわかってたけど
つい、成績を見ちゃうと責め続けてしまう自分がいた。
そんな自分を全否定してくれる言葉との出会い
これから、自分がしなくてはいけない
親として子どもに伝えなければいけないこと。
とても大切なことを教わった。
そして、この経験は第2子以降につながっている(笑)

たくさんの人に気がついて欲しいと思う。

自分の経験に絡めて記事にしてみました。

こういうわかりやすい言葉に出会うと
親としてどうすればいいか?ってなんとなくわかりますよね~
ありがたいありがたい。
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

結婚相手の呼び方どうしてます?

皆さん、結婚したら、相手のことをどう呼びますか?

40代半ばの私の周りには
20代、30代、40代。50代と、幅広い年代のママ達がいます。

結婚してから お互いのことをどう呼ぶか???? 
そういう話になりました。

どの年代を通しても
 その中で圧倒的に多かったのが。。。。。。。。

パパ ママ
もしくは
お父さん お母さん


じぇじぇじぇ(‘jjj’)と今流行で驚いてみる

私たち40代50代、もしくは30代後半までは納得しますが。。。。
20代でも、子どもが生まれたら
パパママって呼ぶ人多いんですねえ~~~
びっくり~
全国的にはどんなものなのでしょうか???

ちなみに、我が家では
私の個人的な方針で(笑)
お互い名前で呼んでいます

私の持論として
あたしゃ、旦那の子どもを産んだけど
旦那の母親になった記憶はないからね!

ってことで、おかあさんとか、ママとかって呼ばれるのはまっぴらごめん!

そういうわけで、名前で呼んでもらっています。

姑からは、やんわりと嫌味言われたことありますよ~
「おとうさんとかパパって言わないで
 名前で呼びよんな~
 私は、昔、姑から
 おとうさんって呼びなさいって言われたから
 ず~っとおとうさんって呼んでるけど
 今の若い人はそんなの関係ないよな~」

って(笑)
たぶん、おとうさんとかパパって呼びなさいって言いたかったと思うんだけど
私、その時笑って
「だって、私〇〇さん(旦那)の母親じゃありませんもの~うふふ」
こうキッパリと言い切り、その話題をシャットアウトしてしまったことがあります。
姑も「そうやな~」ってうなづくだけだった。

ひょっとしたら・・・・・・・
きっと姑も、舅のことをおとうさんではなく
名前で呼びたかった人なのかもしれない。

今この記事を書きながらそう思いました
あのとき、さっさと話を切り上げたくて
きつい言い方しちゃったけど
もうちょっと話に付き合ってあげればよかったかな。。。って
反省しています・・・・・

話ずれちゃったけど
とにかく、パパママもしくはお父さんお母さん以外の呼び方してる人が
ほとんどいないことに驚いてしまいました!!

ちなみに私たちは、とっても仲良し夫婦と世間では見られています
たしかに、実際仲良しのほうかな・・・とも思います。
私たちは名前で呼び合っているので
まだ、たぶん、お互いのことを異性として
意識する瞬間って持っている気がする。
そういう部分なのかしら????

やばい。。。ちょっと太ってきたかな。。。とか
最近では、お腹が出てきた・・とか
ほうれい線が・・・とか
白髪が・・・・・・とか(笑)
当然人目を気にしてもありますが、
夫婦でお互いに意識しあって、
やばいよ~って言い合っています。

でも、他のご夫婦は
「旦那からのダメ出しは痩せろ~って言われるだけかな?
 それもたま=に。
 あとはほったらかしだよ!」

ってな意見がほとんど・・・・・
皆様見事に、パパママ、お父さんお母さんと呼び合ってるご夫婦ばかりでした。

本当の意味で家族になっちゃって
異性としての意識がなくなってるみたいです。

少なかったけど
名前で呼び合ってる夫婦さんのところは
意外と、夫婦でダメ出しチェック 結構厳しいって
共感してくれました。
そして、その方たちも、仲良し夫婦と言われてるカップルです。

世の中の夫婦の呼び方に興味が出ちゃうお話だったので
記事にしてみました。
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

3人目を産んでやはりスクランブル状態になった

現在二世帯別棟同居17年目ですが
この記事は結婚7~8年目くらい
第一子チビあにきが6~7歳と 第2子チビあねごが4~5歳の頃のお話になります
今までのお話は<目次1 姑と子育て偏 
          <
目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
こちらを参考にしてください。

3人目妊娠発覚 周囲の反応
この記事にも書きましたが、3人目が生まれるまで
上二人は、なんとなくテリトリーが住み分けされてる感じがありました。
あにきは母屋
あねごは家
3人目が生まれたら、それに変化があるかも??

実際変化がありました

姑があにきのことだけでなく
あねごのことも気にかけだしたこと


幼稚園から帰ってきた二人に
平等にお菓子を用意し
今までなかったけど、
あねごの好きなものを用意したときがありました
(もちろん、あにきの好きなものも当然用意されてましたが)

私が末っ子に手がかかり、どうしても上二人に目が行き届いてない状態を
むげねえ(かわいそう)と思ってくれていたみたいで
姑なりに気を使ってくれていたみたいです

私自身、姑からもその話を聞いていました。
その時、ちょっと前だったら
余計なお世話だ!ってイラっと思ってた私。
でも、この時の私は
素直にありがたいな~
子供のケアしてもらって
本当に助かる

そう感じていました。

後、姑に対して
長年にわたる毎朝の報告が
役に立っていたらしく
記事参照→<私が二世帯で16年間欠かさずしていること
気がついたら 連携プレーが出来上がっていたみたいで
とてもスムーズに毎朝の報告と
一日どう動くかの打ち合わせができていていました

この頃は特に大きな問題を感じることなく
小さな不満を誤魔化しつつも(笑)
こんなもんだと開き直って過ごしていた気がします。

3人目を産んだことで
姑との距離感が縮む時期に入ってきたのかもしれません。

あねごも、姑が自分に気を使い出してくれたのがわかったのか
母屋に行く時間が長くなったような(笑)

3人の子供が入れ違いに母屋に出入りするようになり
気がついたら、誰かが母屋にいる状態。

近所から
いつも あそこん母屋には子どもがいる

そういわれ始め
あんた楽な嫁ができていいなぁ。。。なわけないでしょ!
         ↑この記事につながる流れとなります。。。。。トホホ。。。。

とにかく、この時期は
全員がなにやらバタバタと
毎日を過ごしていた。。。。
現在まで続いている
子ども3人に振り回される日々の始まりでした
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

母の日だっったわ

全国のお嫁様
母の日 ご苦労様でした!!!
お疲れ様でした!!!!!

一年のうちの面倒な行事が
これで一つクリア
ほっとされた方も多いと思います

私はというと・・・・・
いつもの週末と変わりませんでした~

末っ子いもうとのスポーツ関係のお茶当番で
一日がつぶれ
疲れた体で夜ご飯の準備やお風呂の準備をして
子どもと旦那は夜、ご飯食べながらテレビを見ていて
「あれ?今日母の日だったっけ?」
と とぼけられ
とりあえず、いつもありがとうって形だけの一言をいただき・・・・・

あ!そうそう!!子供3人に
洗濯物を畳んでもらいました


姑も昨日はお寺の関係で出かけており
夕方に<母の日 準備OK>に書いた
新茶を差し上げて
夕飯のおかずをちょっとおすそ分け。

結局、こういうちょっとした気遣いを
こういうイベントの日にすることで
日ごろ何もしていない分
感謝され度が非常に高い模様(笑)


いい加減、17年もたつと
母の日もあまり恐くなくなってきています
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

姑舅と一緒の3人の子育て

現在二世帯別棟同居17年目ですが
この記事は結婚7~8年目くらい
第一子チビあにきが6~7歳と 第2子チビあねごが4~5歳の頃のお話になります
今までのお話は<目次1 姑と子育て偏 
          <
目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
こちらを参考にしてください。

姑が頑張ってくれたおかげで
体調バッチリで産後明けを迎えた私。
すぐにいつもの生活に戻ることができた。

3人目を出産したときは 舅が丁度退職して
毎日家にいる時期でした。

舅は急に自由な時間ができてしまい
毎日何をしていいのかチョット戸惑っていたみたいです。

そこへあかちゃんがやってきました。

上二人の時は、舅は仕事をしていたので
帰宅後のほんの1~2時間遊び相手をして
休日は気が向いたとき孫の世話をするって感じで過ごしていた

が、今回は自分が暇で暇でしょうがない。
だから赤ちゃんが来て、かわいくてかわいくてしょうがないみたいで
とにかく、関わりたいって雰囲気バリバリ(笑)
この頃の舅は、一番目が生まれたの時の
姑みたいな雰囲気がありました。
(もっとも、何をしていいのかわからないので 
 まったく問題なしでしたが(笑))

産後明け直後から、幼稚園行事が立て続き
私も忙しい日々がやってきました。

3番目いもうとは、出来が大変よろしくて
母乳だったけど
一度おっぱいを飲ませると
次まではしっかり3時間もっていたので
幼稚園関係の行事も
懇談は出られませんでしたが
幼稚園参観程度なら 
その間いもうとを母屋に見てもらい
行くことができました

その間の子守は舅の仕事

そう仕向けたのは当然姑(笑)

姑自身、二人子育て満喫してお腹一杯って感じでしたし
舅が暇してるので、丁度いい感じ!!
子守しててよ!って
上手に仕向けていました
さすが!!姑!!!
操縦法を密かに学ばせていただきました

だから、買い物に行くときも全て舅に子守を頼み
ササっと短時間で買い物をすることができましたし
なぜだか??
私も舅に子守を頼むときは
姑に頼むときほどは気を使うことなく
割りと気軽に
「子守お願いしていいですかあ??」
っと言えていました(笑)


真正図太い嫁の出来上がり~

今までとガラっと変わった生活が始まった気がしたものです。
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

母の日 準備OK

今週末は
母の日

嫁にとっては
憂鬱な日ですね


自分自身も母であり、子どもから感謝されて感動する日のはずなのに
それよりも、姑に何を準備しようか?と
思案に明け暮れ、あれこれと悩み。。。。。。

私も数年前までそうでした。
母の日なんて
誰が考え出しやがったんだ!!

めちゃくちゃ悪態ついていたもんです(笑)

でも、これも、ここ数年は綺麗に解決

我が姑はお茶が大好き

幸いなことに、母の日の頃は新茶の季節

ってことで、ず~~っと新茶を差し上げてます。
毎日飲むものだし、好きな銘柄もしっかり押さえてるので
間違いない

実家の母には
ふちがかけていたのを前回見つけたので
妹と打ち合わせの上
ちょっと優しい色合いのマグカップを準備しました。

はっはっは~~
今年は完璧だぜ!!
と高らかに笑いながら週末を迎えたいと思います。

私への母の日はどうなるかなあ??
又「いつもありがとう」って子どもからの言葉だけかな?

ま、何も言われないよりはましだと思って
何も期待していません~

どうか、皆様、無事に母の日を乗り越えられますように。。。。。。。
念力を送りたいと思います(オオゲサっすか?
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

3人目出産後実家へ帰らず

現在二世帯別棟同居17年目ですが
この記事は結婚7~8年目くらい
第一子チビあにきが6~7歳と 第2子チビあねごが4~5歳の頃のお話になります
今までのお話は<目次1 姑と子育て偏 
           <
目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>

私にとっては3人目の出産
姑は はじめて
生後2週間目の赤ちゃんと
産後開けの母親を迎えます

入院中も相当気合の入ったセリフを言ってくれてました

「とにかく、帰ってきたらご飯は3食作っちゃんけんな!!
 産後は寝とくのが仕事。無理はしなさんな!」

どうやら、姑自身、二人目出産後
母親がすでにいなかったので
ゆっくりと寝ていることができず無理をして
結局おしめ洗っていて 倒れた経験があるらしい。
だから それはそれは しつこく 寝とけ!って言われていて・・・・・・

ありがたいことです
ご飯に関しては素直に甘えることにしました。

帰宅後、産後開けまでの2週間。

子どもも旦那も母屋へご飯食べに行っていました。
姑 毎日3食ご飯を作って運んでくれました
(しかも私が子どもと一緒に寝てるのは
 上二人の経験上 姑も周知してるので
 8時12時と決まった時間に
 ソっと玄関にお盆に乗せて
 置いておいてくれる配慮あり!!
食器を洗って返すと
怒られました(笑)

なので、食べたまま
そのまま母屋へ 食器を返していました
家の事も洗濯掃除だけしてたら
後は3人目のことだけ
お世話すればよかったので
快適な2週間
でした
3食作るって、本当に大仕事です!これがないと、本当に楽っすよ!!!

今まで、同居のことでいろいろ思うことあったけど・・・・
でも、頑張ってきてよかった。
いい関係を作りつつある気がする
 (この頃はまだ母屋との関係は
    手探り感満載時期でした)
今回は本当に本当に助かるな~~~
姑に対して 心から感謝の気持ちを持つことができた時間です。

素直に甘えることができる自分がいる。
自分自身に対しても 
こだわりを捨て
自分らしさを大事にしつつも
母屋に合わせることのできる柔軟性を
身につけることができたって
実感を持つこともできた頃でもあります

この2週間
母乳だったので とても、気合の入ったご飯を作ってくれた姑。
量が半端なかった!
私もついついお腹すいちゃって全部食べていたので
この2週間で一気に
太ってしまったってオマケつきでしたあ・・・・・・

そして、3人目はやはりすごい!!!!!!

上二人の時は首が据わる3ヶ月までダッコしなかった舅。
3人目は、すぐにダッコしました!!!!!
一気にめろめろになってるのがわかるくらい
鼻の下を伸ばしていたのを覚えています

実家に帰らない産後の経験
何も問題も起きず
なによりも、子ども達が日々の生活を
普通通りに過ごすことができていた。
この事実が 
これから私が大事にしていくべき場所はここである
何があっても守り抜いていかなければいけないものはここにある
それまでも漠然とは思っていましたが
本気で腹をくくり
母屋や旦那としっかり向き合う覚悟を
しっかりと持った瞬間だったと思います。
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

田舎で始まるさくらんぼ地獄

DSC_0027
今すさまじい勢いでさくらんぼが生っております
食べても食べても食べきれません。
小鳥がたくさん食べてくれています。
それでもあまり余るほど
豊作です

が・・・・・・

ごめんなさい
食べ飽きました


 でも舅は毎日
ざる一杯に摘んで持ってきてくれます。 


子どもも私もうんざりです。。。。 
ご近所に配っても 最初はありがたがられるけど
しょっちゅうだと
嫌がらせになってしまいます 

 田舎のいいところは
新鮮な果物や野菜が食べられること。

ちょっと困るところは
同じものが毎日毎日できること
 ああ~~バリエーションもそんなにないのよ~~~~
食べても食べても次の日には持ち込まれる・・・・・・

たけのこ地獄もすぐにやってくるぜ 

以上、田舎から弱音吐いてみました 
 ↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

同居嫁が長期休日で感じる時の流れ

ゴールデンウイークも終了。

同居嫁様の中には
義家族に振り回され 大変だった方・・・・
義家族の帰省で 大変な苦労された方・・・・ 

日常に戻りホっと一息されてる方が多いでしょう

本当に本当にお疲れ様でした!!!

私も、最初の頃は長期休日は憂鬱でした
基本、舅自身が次男だったので
親戚が我が家に集まるってことはありませんでしたが
子どもと一緒に出かけるとき
舅姑が「いいな~楽しそうね~」
って雰囲気満載だったので
どのお出かけに二人を誘うか。。。。。
私が実家に帰省するのはどのタイミングがいいのか
実家へ帰るのは何泊がベストなのか!
休日の数日前から
旦那との 綿密なスケジュール調整会議は
欠かせないものでした


正直、長男あにきが小学校高学年になるまで 
いや、スポーツを始めるまでは
長い休日は 舅姑 子どもの為に
すべての時間を使っていたと言っても過言ではありません
(唯一実家へ帰省できることが心の支えだった・・・・・)

舅姑と出かけるって
気を使う以上に 何が嫌って・・・・・・・
完璧に自分の存在を自らが殺し
自分自身が楽しむ感情を殺すこと

これにつきます。

●いつも 舅姑が子どもと一緒に
  ベストショットを撮れるタイミングを見逃さないようにしている

●ご飯を食べるとき、姑はできるだけ子どものそばに。
  でも、子どものお世話はしなくてもいいような席の配置を一瞬で考える

●歩き疲れていないか、休憩を取るタイミングを見計らう。

●姑と舅のお話にひたすら付き合い続ける。
      ↓↓↓↓↓
  常に口の端っこ持ち上げて頷きマシーンになる

私は舅姑と出かける間 ず~~っとここら辺のことしか考えていませんでした。
自分自身がどう感じたか?思ったか??
思い出すことができません。
っていうか・・・・・
とにかく疲れた
これにつきます。

しかあし!
長男がスポーツを始め 休日も練習や試合等で
お茶当番だ、応援だと私たち親が出かけ
その間、下二人の子守を頼んだり
私が子どもとお留守番。
旦那と舅姑が応援に出かけるなど
小さい子供がいるおかげで
一緒に出かけることが激減しました

2年後には、二人目あねごも別のスポーツを始め
二つのスポーツを旦那と手分けして
お茶当番、車だし、応援と忙しくなり
その間、3番目いもうとを舅姑に頼むことが増え
ますます 私が舅姑と一緒に過ごす時間はなくなりました。

この頃には、舅姑も年を取り
一緒に出かけるのも億劫になってきた模様。
食事に行くのも 子ども3人と一緒に行くと
「騒がしくてどこに食べ物が入ったかわからない」

こういって あんたたち家族だけで行っておいで
と、一緒に食事に行く回数も激減しました
(たぶん、舅が退職し収入が減り
 それと反比例して支払い金額が増えたのも大きな要因
 一緒に食べに行ったときは
 必ず姑の支払いが前提だった(笑)
      ↑旦那の策略)

こうやって、気がついたら・・・・・・
長期休日は子どもの為にすべてが使われ
私自身も、応援やお茶当番で 
ママ友たちから いろんな話をしたり
たくさんのことを教わり
気がついたら、大変だけど、楽しい時間に変わっていました。

時間の流れは偉大です。
もちろん、子どものスポーツに付き合うのって
本当に大変です
でも、舅姑と出かけることに比べたら・・・・・・・
もう。長期休暇は憂鬱ではありません
自分を殺さなくていいから

子どもの成長で、このことでも救われている私です
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

3人目出産 同居の利点

現在二世帯別棟同居17年目ですが
この記事は結婚7~8年目くらい
第一子チビあにきが6~7歳と 第2子チビあねごが4~5歳の頃のお話になります
今までのお話は<目次1 姑と子育て偏 
          <
目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
こちらを参考にしてください。

3人目妊娠が一番楽だったかも
      ↑この記事を経て
今回の出産、上の子どもがそれぞれ
公立幼稚園年長、私立幼稚園年小デビューだったので
実家に帰らないことを決断
姑にも、そのことを話し
協力をお願いしました。

姑なぜか とっても嬉しそう
そういや、生まれたての赤ちゃんを迎えるのは初めてだもんな~
やっぱり、上二人 私の実家へ一ヶ月お世話になってたのって
姑にとっては寂しいことだったんだろうなあ~

でもさ、でもさ、私の両親はいつも寂しい思いしてるじゃんか
今回は、実家の両親 平気なフリしてるけど・・・・・
寂しいだろうなあ・・・・・・・・・
しかし、幼稚園があるから
流石に私も家を一ヶ月近く開けるわけにはいかないし。。。

などなど、複雑な思いがちょっとうずまきましたが
3人目ともなると 全員が落ち着いたもので(笑)

そんな中
何事もなく、あっという間に出産を迎えました。

3人目は、ちょっと陣痛が出たり引いたりで長引き
辛い思いをしましたが、結果安産。

この出産による入院6日間
姑めちゃくちゃ張り切ったらしい


退院後 この6日間の
姑の報告話は力はいってました!!


「幼稚園は楽しいみたいやな~
 帰ってきてからお話聞くのが楽しみやわ
 でも、帰ってくるのが早いから
 おかしの準備とかご飯とか
 いろいろと気使って大変やわ~
 でも、おいしいおいしいって
 喜んでたくさん食べてくれるで!!」
等々・・・・・・・・・・・・

でも、なによりも。
同居で、生まれたときから一緒に過ごしてきたので
急に子どもの世話をまかされても
慌てることなく日々のお世話が
普通に対応できていた姑舅

私も安心して6日間お任せすることができました

これって、同居のいい所だと思います!

環境が変わることなく過ごせる子ども達。
(旦那もいつもと変わらない生活ができていたらしい)
母親がいない不安感もほとんどなかったみたいです。
子どもの性格、好み、毎日の生活リズム。
姑も舅も熟知できてるので
お世話するのにまったく不安はなかった模様

むしろ、母親である私がいない分
やりたい放題ができて
子どもも姑舅も楽しかったらしい6日間!!!!


親がいなくても子どもは育つ
なるほど、同居が当たり前だった一昔前
こんな言葉を言う人が多かったのも
うなずけることだったりします(笑)

とりあえず、結婚後初めて!!!
素直に同居で助かったな=って思った瞬間でした
(もっとも一瞬でしたが
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

役員決めでごり押しされた(涙)

役員好き でも困ったちゃん 
    ↑記事の続きです。

「シルバさ~~ん 一緒に役員しない?」
いきなりにこやかに話しかけてきたジャバザハットさん。
・・・????・・
一度もあなたと話したことないのに
なんて言えませんでしたが、
必死に抵抗を試みました。 
私「え~~無理です無理です!!
  まだ0歳児いるから、役員の仕事できませんよ~
  それに、私初めての小学校で
  何がなんだかわからないですし!!
  できません~!!」
 
普通、ここまで言ったら諦めてくれると思ったんですが。。。
ジャバザハットさん、普通じゃなかった・・・・・
「大丈夫!私が委員長するから!
 シルバさんは副でいいから!!
 それに、同居でしょ??
 おばあちゃん見てくれるんじゃないの??
 ほとんど、副は仕事することないから!!
 ほとんど、私が役員の仕事するから!!!!」


正直 すっげ======
    カチンときました

同居
をいいやがったな!こいつ!!!!!!
 姑に見てもらえばいいジャンって
   いいやがったな!こいつ!

預けれていいねって大嫌いな言葉
     ↑の記事で書いたのですがクリックしたら記事に飛びます
同居してないし、姑の苦労もあまりしてない人に限って
こういうことを平気で言ってくれます。
今回もそのパターンでした。

私 腹立つと 腹くくってしまうんです。

ほ~~~
そっかそっか。
私役員の仕事しなくてもいいんだな!!
小学一年生と幼稚園児と0歳児がいるのに
役員に誘ったところで、私何もできないぞ!!
それでもいいんだな!
何もしなくていいって言った言葉
覚えておけよ!!


思わず胸の内で 思っちゃったんですよねえ。。。タメイキ

正直、周りの人も、面白いことが起きてるって感じで
注目の的になってるのが苦痛だったし
いくら断っても引かないジャバザハットさん。

もう。腹くくりました!
「本当に!私何もできませんよ
 赤ちゃんいるし
 迷惑かけることばかりと思うけど
 それでいいんですか?」


そう聞いてみました。

「大丈夫!!そんなに仕事ないから
 ありがと~ありがと~~
 私委員長で
 シルバさんが
 副委員長しますう!!」

                   BYジャバザハット

まだ私やるって言ってねえよォ!!


と叫ぶ間もなく。。。。。。。

気がつくと拍手が起こり
私 副委員長になってました(涙)

これが事のはじまり。

後日。。。
同じ地区の他の方から
ジャバザハットさんについて
とんでもない事実を聞かされ
さ~っと青ざめ、タメイキついてしまいました。。。。

次の記事で書きたいと思います。
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

役員好き でも困ったちゃん 

小学校や中学校 地区関係の役員決めも
落ち着いた頃ですよね~~
ってことで、そろそろ(笑)
嫌な思い出箱の蓋を開けてみようと思います。

私のPTA役員デビューは最低な始まりでした。
今思えば、一番最初に最低な役員さんと一緒に
役員の仕事を経験したおかげで
その後のPTA役員活動に役にたったことも
たくさんあったわけですが・・・・・・・・・・・・・・

今でも、絶対に絶対に絶対に
その人と一緒には役員したくないです!!!!!!

その方のことを これから
ジャバ・ザ・ハットさん
と呼びます。
(だって体系そっくりなんですもの~~
 ちなみに ジャバザハットはスターウォーズに出てきます)

思い起こせば、約10年前・・・・・・
長男あにきが小学校入学。

初めての小学校で、ドキドキしながらの入学式。
ういういしかったわ私(笑)

で、我が小学校、当時は入学式の後に
そのままPTA役員を決めてました
PTA役員が決まらないと
  集合写真も取れないし帰れません


実は私 余裕かましてました
だって、4歳児と0歳児がいたんです。
生後10ヶ月の乳飲み子がいたんですよ

役員の仕事振られても、断れるかな~なんて思っていたんです。
それに、新参者の私のことを知ってる人もそんなにいないから
誘われる心配もなしと信じていました。

役員決めは難航し
  クラス委員長がなかなか決まりませんでした・・・・・・

そこへ、ススっと・・・・・・・
ジャバ・ザ・ハットさんがやってきました。
ジャバ・ザ・ハットさんの2番目の子どもと長男あにきは同級生でした。
同じ地区の人です。
顔は知ってるし、幼稚園も一緒だったのですが
話しかけられるほど親しくはないっていうか・・・・
会話した記憶がないんですが??????
え~っと誰だっけ?って思ってる私にですね。
ジャバ・ザ・ハットさん
すっごく親しげに
「シルバさ~~ん 一緒に役員しない?」
と言ってきました

冗談はよしこさん!!!!!!

驚きのあまり固まった私


そして、悲しいかな。。。。。。
新参者の私に救いの手を伸べてくれる親しい人は
このときは まだ誰も誰もいませんでした・・・・・・

続く
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

妊娠中はこの言葉で乗り切った

二人目以降の妊娠中 一番気になるのが
上の子が嫉妬しないか とか
下の子を可愛がってくれるだろうか 
そんな部分だと思います。

私も同じでしたが この言葉を知って言い続けてみたら
私自身も気持ちが落ち着いたし
子ども達にも効果絶大でした
   ↓↓↓↓↓
「あなた達(お兄ちゃん お姉ちゃん)の赤ちゃん」
この言葉を
二人目妊娠時も 三人目妊娠時も口癖にしました

お腹の子どものことを話すとき必ず
「あ!あなた達(あなた)の赤ちゃんがお腹蹴った!」
「あ!!皆が笑ったからかな?
   あなた達(あなた)の赤ちゃんが動いた!」
あなた達(あなた)の赤ちゃん早く出てきて
   一緒に遊びたい~って言ってるのかなあ~」
こんな感じで使っていました(笑)

この効果は抜群だったみたいで
生まれたら 僕の赤ちゃん、私の赤ちゃん状態で
しっかりお世話してあげるってやる気満々

とても可愛がってくれていて、成長した今でも
兄姉妹間の中はとても良い状態だと思います。
(もちろん、喧嘩もありますが、そんなの普通ですし
周囲から皆仲いいよね~って言われるので
多分、絆がしっかりできてると信じている私。

あなた達(あなた)の赤ちゃん

この言葉を言う度に 子ども達がパっと嬉しそうな顔をして
いとおしそうにお腹を撫でていてくれたことを
今でも思い出します。

く~~~!!皆 小さな頃は可愛かったなああ~~~!!!

今じゃあ 偉そうな態度をとって、むかつくけど・・・・・・
でも、あの小さな頃を思い出すと、
そんな むかつく態度も笑えてきます。
あんだけ甘えん坊だったくせに!とか
わがまま言って怒られて泣いてたくせに!とか
親ならではの 子どもにとってはブラック時代の思い出を
密かに取り出しては 懐かしい気持ちでちょっと癒されてる母・・・・・・

子育ては 自分育てであり 思い出育てである
そして、過去の思い出は今の自分をしっかり支えてくれる


今思い出に浸ってみて、再度痛感しています
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
楽天市場
プロフィール

シルヴァーナ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ