なんしよんの?←姑の口癖

敷地内同居の今までの話、姑、旦那とのあれこれ 日々の雑談などなど書いてます

高専

涙↑喜↑長男高専合格ですう!

お久しぶりです!!!

一ヵ月半ぶりのブログ。

実は、高校受験合格に向け 願掛けをしてまして
ネット禁止を自分に課しておりました
他にもたくさんの願掛けしてましたのよ

おかげさまで
約2.4倍という高倍率の中
見事に高専合格を勝ち取った長男あにき

偉いぞ!!見直したぞ!!!!


応援してくださっていた皆様、本当にありがとうございます!

で、今月初め 無事合格が決定したのですが
合格フィーバーに浮かれつつ 受験疲れがでてしまい
合格後の周りの反応に驚き
その対応で これまたとっても疲れ果てまして(笑)
こちらの田舎では高専ってネームバリューってすごいっす

加えて卒業、学校説明会やら、なにかとバタバタして
気持ち的にも、体的にもやっと落ち着いたのが今現在。

これから、長男の合格までの成績の遍歴とか
(250点満点の中
  この一年で55点も上げたってすごいと思う!)
母屋と私のやりとりとか
記事にする予定です。

まだ、不定期アップになると思いますが
改めてよろしくお願いします!
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

長男あにきの塾遍歴

見事に高専に合格した長男あにき。

正直・・・・・一年前までは、とてもとても
志望校は高専だなんて
 恥ずかしくて言えない成績でした
 

後輩達には、勇気と希望を与える結果を出した人だと思います(笑)

塾に関して 
小学校時代は学習塾は行ってません。
  基本宿題をするのみ。
  春休み、夏休みなど、長期休みのときに
  復習ドリルを買ってきて 私が〇付けをすることで
  理解度を確認する程度。
  でも、それも、小学校5・6年の間だけです

  外人さんに教わる英会話だけしていました。

中学校時代は部活三昧
  中学校一年2学期の期末テスト
  170人中90番台まで成績を落としたので
  強制的に冬休み講座に送り込み!
  しかし、たった一週間でどうにかなるレベルではなく・・・・
  でも、本人は何をわかっていないかを明確にしてもらえたので
  その情報を元に、
  家で、問題集を最初のページからやり直しを課し
  3月までの3ヶ月間に、5科目一年分をすべてやり直しさせました
  このとき、本人も毎日問題集するのはきつかったと思うけど
  〇付けを毎日した私もきつかった・・・・

  3学期は無事に40番台まで戻ってきたので
  そのまま、この成績をキープする間は何も言わないと約束をし
  様子を見ることに。

  中学校2年生
  一年の最期の3ヶ月間がよほどつらかったのか(笑)
  とりあえず、170人中30番後半~50番台前半をキープはしていたので
  何も言わず、好きにさせることにした。
  たまに60番台まで落ち込んだが
  「塾に行かせるぞ!」と一言 言うことはしてました(笑)

  中学校2年の冬休み前
  自ら英語と数学がやばいと言い出し
  近所の個人塾の方にお願いして
  週一回 通いだしました。

  中学校3年生 7月に部活が終了
  7月末から大手学習塾の夏期講習に参加
  
  9月から
  その大手学習塾に週一回。
  近所の個人塾に週一回。

  冬休み
  冬期講習に参加  
  正月特訓も参加しました。

塾に関しては、こんな感じです。

基本、塾に行っていない間
塾に行かず、部活やってる状態で
5科目目標平均80点!
と私は言ってましたが・・・・・・

実際は、部活と遊びに夢中になり、
でも、一時期の成績降下以外は
平均70~75点ほどは
取っていたので。。。。。。。。
塾に行け!と強くも言えず、
本人が塾に行くと言い出すまで
何も言わずに様子を見ていました。

結果、中学校2年生の一年間はとても楽しかったらしく
先日
あにき
 「俺さ~中学2年は
  母さんが何も言わなかったから
  本当に楽しかったなあ~」


とつぶやいてました。

それを聞いたとき、黙っているのって辛かったけど
何も言わないことを頑張った自分を褒めまくり

充実した中学2年の一年間があったから
気持ちを切り替えて、受験に向き合えたみたいです
私の勘が当たってよかった・・・・・・

遊びたかったって未練を残したら
受験勉強にも身が入らないだろうって予感があったんです。

3年生後半の集中力はほんとうにすごかった!!

こんな感じで無事に終えた
我が家の高校受験事情でした

 ↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ 

高専合格までの成績の道のり

正直、高専を受ける人達って
中学校でもトップクラスの成績を誇る人々ってイメージがこちらではあります

長男あにきの学年は約170人でした。

そのうち、高専を受けた人は
あにき以外  全員 中1の時から
悪くても20番台 
ほぼ一桁から10番台常連組
ばかり・・・・・・・・・・・・

一方、あにきはというと
中1は 最初は50番台スタート
     途中90番台まで降下
     最後なんとか40番台まで持ち直し
中2は 一年通して40~60番台前半を行ったりきたり
    
こんな状態で、正直、高専を受けるなんて想像もできず
もっと偏差値的には5ランクくらい下の
普通科の進学校も行けるかどうか・・・・・
そんな状態で中3を迎えます。

中3は 定期的に学力テストがあったので
50点満点の5科目 250点満点で
点数的に振り返ると・・・・・・・
ちなみに、高専の合格ラインは最低180点と言われてます

第1回・2回テスト1学期間
     130後半から150点前半点台     

ここで、部活終了を迎えます。

ここから、やっと夏期講習に参加。
ひと夏を終え

第3回学力テスト以降2学期間
     150点後半~170点前半

約1~2ヶ月の間に一気に20点上げてきました。
この20点アップに自信を持ったのか
9月終わり頃
  急にあにき高専を受けると言い出します

もうビックリ

しかし、彼の覚悟は揺るぐことなく3者面談の時も
私も先生も何も言えないくらいキッパリと高専と言い切るので
彼の頑張りを信じ、ギリギリまで見守ることに。。。。
手遅れかもと思いつつ 高専過去問題を買い
塾にも ソッと高専を考えてることを伝えておきました。
      ちなみに長男あにきの塾遍歴>←記事参照

しかし 相変わらず気分にムラがあり
試験のたびに 成績はエレベーターのように行ったり来たり。。。。

親としては、かなり振り回されました

やっとあにきもちょっとやる気が出たみたいな気配を感じた頃・・・・
11月終わり頃のテストでは180点台をたたき出しました

これはちょっといけるかも!
そんな喜びもつかの間。。。。
12月のテストでは160点台まで戻り。。。。。

相変わらず 気分にムラがあるのが気になりましたが
本人もたった2週間ちょっと手を抜いただけで
この160点台だったのがショックだったらしく
冬の冬期講習から雰囲気が変わりました
必死さがでてきたんです。

一気にやる気が出たのを感じた私は
あにきに何も言わない事にしました。

2月最後の学力テストでは
なんと!190点台を出しました

しかも、来週には高専入試のタイミングです!

今昇り竜の状態じゃないか!
このまま突っ走れ!!!!

家ではこんな激が飛び
本人も 自信を持って当日に向かっていっていた。
そんな感じでした(笑)

そして、見事合格

一年間で250点満点の中
50点ちょい成績を伸ばしたことになります。

すごい頑張りだったぜ!!あにき!!

部活をしてた子は 部活を止めて受験勉強に入ると
30点は軽くのびると聞いてましたが
ここまで伸ばしたのには周囲もびっくり。

こんな感じの中学生活でした。

高校生活はどうなるんでしょうねえ~
いろんな意味で楽しみであります。

ゆったりと見守っていくつもりです。

なんてったって、時代が時代なら、すでに元服して成人している年齢。
私もそのつもりで接して、大人の準備を手伝っていきたいですね
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ 

新高専生の驚きのつぶやき

さて、長男あにき
高専生活も一ヶ月がたとうとしています。

初めての電車での通学にも慣れ
一回定期を忘れ、非常に精神的に疲れたなど
新しい経験もしています(笑)

で、高専での感想は何かあるかな?と質問してみました。

長男あにきの答え
    ↓↓↓↓↓↓
「なあしっちょった(注 知ってた?)
 高専って職員室 ねぇ
んで注 ないの)
 研究室って言って
 先生それぞれバラバラの部屋なんや」

そうなんです!
高専って、すでに大学みたいな感覚の学校です。
ですから、まだ、あにきは先生と言ってますが
正式には
教授
と呼ぶはずです。

で、それぞれ、教授には、研究室があるんですね。

あにきには、それがとても驚いたことみたいです(笑)

あと 通学では他の高校の友人達と一緒になるみたいで
情報交換もしているらしく

「高専いいわ~
 このまえ第一ボタン外れてるの気がつかなくて
 ホームルーム受けていたんだよね。
 先生がめっちゃ俺見るな~って思ってたら
 ボタン外れてたんだけど、何も言われなかった。
 これ、他の学校だったら
 即怒られてるけどさ~あはは~~」


あはは じゃねえよ!!
   様子見てんだよ!!


と きつく注意指導しましたが・・・・・

でも、笑いながら、これから気をつけるわ~と
余裕でお話できる余裕のある学校みたいです。高専は・・・・
ほんとに、こんな余裕でいいのか??
先生言わないだけで、きっとメモされてっぞっっっ!
そう思いつつ、高専の世界わかりません~~

どこまで許されて、どこから許されないのかな??

あにきの観察力がどれほどのものか
親として、多少楽しみにしている部分です
なんて余裕ぶっこいて 留年なんてことになったら恐いなあ。。。
高専って、留年普通にあるんですよ(汗)
頼むぞ~あにき~~
5年で卒業よろしく!!
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ 

人気ブログランキングへ

新高専生の4月のぼやき

さて<新高専生の驚きのつぶやき
     ↑記事でかわいい驚き話をしてくれた
      ピッカピカの高専1年生あにき

実は こんなぼやきも連発してくれています
「中学校の頃はよかった。
  言われたことだけやってればよかったけんなあ。。。」
「自分で全部考えて動くってきちいわあ
(注 きついわあ) 

教授は生活面において
うるさいことは何も言わないけど
その他のことも最低限必要なこと以外は
   何も言わないらしいです(笑)


私も驚いたのが チャイムが鳴らないこと。
朝 始まるときに一回チャイムが鳴って
次はお昼。
そして、夕方何時か知らないけど一回なるだけみたいです。
(たぶんすべての授業終了時)

なので、時間になったら授業が終わり
     時間になったら授業が始まる。

自分で時間管理をしっかりしておかないと
その授業は遅刻してしまいます
(ちなみに3回遅刻で一回欠課扱い
中学校でチャイムに合わせて動くのに慣れていたので
しばらく、精神的にきつかったことの一つみたいでした。

ま、すぐに慣れたようですが

最近、あにきのこの一言に感動しています
        ↓↓↓↓↓
「自由の代償って厳しいな」

そこに気がついたあにき
             すげえ!!!!!

自己管理、自己責任の辛さを
高校生でひしひしと感じることができる。
高専のいい所の一つに思います。
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 二世代同居へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

高専を目指す そこで親が確認しておくこと

我が家は旦那が工業高校土木科出身です。
高専のように頭の良い高校ではなく
普通の県立高校出身です。

私は旦那のおかげで
工業系の世界を知ることができました。

そして、息子が去年受験。
我が子が高専を受けると言い出し
その時に、旦那から聞いていたおかげで
本当に工業系の世界で一生生きていく覚悟があるのか?
しっかりと確認ができ 親子でぶれることなく
受験に向かうことができました。

11月半ば中学のPTAで
一緒に高専を受ける子の母親と
お話する機会がありました

その人は
成績や、就職が良いという理由で
高専を薦めたと言っていました。

とても危機感を感じました。

高専って、工業の専門学校です。
エンジニアリング養成の場です。
15歳という若さで、一生工業系の世界で
生きていくってことを決めちゃうわけです。
機械や電子科だとその道以外の就職は
ありえないと考えたほうがよいのです

 
ちょっと大げさに書いちゃいましたが
普通科とは違い、今後の変更がとても難しい学校なのです。

やはり、物作りが好き。
何かを作り上げることが好き。

そういう思いが根底にないと、
ただ理数系が好きってだけで高専に受かり
実際授業を受けてるうちに 何か違う。。。。
そんな思いを抱えながら
5年間 興味のない授業を受け続ける
そんな可能性もあるわけです。
(実際留年してる人もいますから・・・・)

このお話を そのお母さんにしました。

そこまで考えていなかった・・・・・
そのお母さんは そういいました。

数ヵ月後、又PTAで会った時
感謝されました。

お子さんとなんとなく話してみたみたいです。

で、お子さんは同じ高専を受ける子達とも話して
工業の世界に入り、こういう勉強をするんだ
こんな仕事があるんだ
その感じの仕事に就くための勉強をするんだ
そんな話を家庭内でするようになったみたいです。

結果、今、高専に受かり、楽しそうに息子と通っています。

高専は確かに就職率がとてもよい学校です。
大学に進学するのも、センターを受けることなく
編入試験で大学3年から編入できるので
親としては是非進めたい学校であったります。

ですが・・・・・・・・・・・・・・・
その道のプロを育成する専門学校であることを忘れないで下さい。
編入だって、工業系の大学が有利に決まっています。

15~18歳という多感な時期。
いつ興味が変わるかわかりません
普通科の高校で、大学に行くほうが
まだ 進路の変更の可能性があります。

高専に入り、ちょっと進路が違った・・・・
そう思ったとしても。。。。
3年間は我慢して過ごさないと
高卒資格もらえません。

3年たって、大学受験をしようとおもっても・・・・
大学受験勉強してないので難しいでしょう。
高専の勉強は特殊な専門性の高い勉強だからです

高専は、単位制の大学に近い感覚の学校ですので
勉強しなかったら留年します。
留年しないため 高専の勉強をし
さらに、大学受験の勉強をする

両立はとても難しいものになります。

結果、自分の中で何か違う。
そういう思いを抱えながら5年過ごす可能性もあるんです。

15歳という若さですが
ある程度の覚悟は必要な学校という感じを私は持っています。

どうか、子どもさんとしっかり確認してください。
専門性の高い学校に進むんだ
その認識をしっかりと親子で持つことは
とても大事だと思います。
 ↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

実は高専 前期中間試験中

高専の中間試験期間中です。

前期後期の2期しかないので
大きな試験も中間 期末は2回づつ
年4回の試験です。

欠点ライン60点です 

留年するかしないか
この4回の試験の結果が
影響するわけです


で、驚いたんですが・・・・・・・・・・・・・

中間試験1週間あります
     土日はさみます

基本午前中で終わるみたい。

お弁当いらないのね~って喜んでたのですが

長男あにき、留年の恐怖におびえ
「午後から学校で勉強して帰るからお弁当作ってください」
と頼んできました


中学校時代のあにきからは想像もできない
 お勉強に前向きな発言

親ばかな私は二つ返事で作っております。

でも、高専ってやっぱり大変みたい。
11~12教科もあるらしい。(詳しくはわからないけど

それだけで驚く私(笑)

頑張れ!あにき!
欠点の恐怖に打ち勝ち
60点ぎりぎりでいいから!!!
なんとか点数取ってこい!

合格発表以来、遊んでる姿しか見ていなかったのですが
さすがに 今は目の色変えて
受験勉強していた頃のあにきに戻っている姿を見ると
応援オーラを送ってしまうんだな~

周りの人たちも、レベル高い人たちが多いらしく
かなり触発されてる感じを受けます。

これくらいでいいや~って
そこそこで満足していた
中学時代のあにき。
記事参照↓↓↓クリックしたら記事に飛びます
高専合格までの成績の道のり

受験で変わり
高専に通いだして
いろんなことに貪欲さが出てきた気がします。

このまま、暖かく見守っていきます
 ↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

高専居心地いいんだって

高専1年16歳あにき。

小学校低学年の頃はどちらかっていうと
クラスで暴れまわる集団の一人だった。。。。。

ただ、小学校2年生の時、担任の先生から
「ただ一人大人の雰囲気をかもしだしています」
そう言われた子でもあった。
クラスでいざこざが始まったとき
大抵クラスは二つに分かれるらしいのだが
あにきは、どちらからも一歩引いて
お互いの言い分をジっと聞いていたらしい。
そして、絶妙なタイミングで
「俺は、こうじゃないかと思う」
そう言うと、その騒動はなんとなく静まっていく。
そんなことが何度かあったらしいのだ。

嫁姑のバトルを見て育つと
小学校2年で、すでに、ちょっと引いて冷静に見る
そんな技が身につくのだろうか・・・・・・・・
親として複雑な思いを持った記憶がある。

いつからかなあ??
たぶん5年生くらいだと思う。

ただの騒がしい集団から一歩引 いて
でも、気がついたらクラスの中心にいるような・・・・・
そんな子達と仲良くなりだした
6年のときは応援団長をしたり
卒業の絵画制作でチーム長したりと
先生も何かと引き立ててくれた。

中学に入り、クラスのムードメーカーN君と
部活が一緒というのもあり
3年間とても仲良かった。

そのムードメーカのN君。
彼を中心にN君軍団(7~8人)というのが
2年生の最初の頃に出来上がった
(皆クラスは別々なんだけどね)
あにきは そのN君の相棒。
ちなみに、N君軍団は 中3になった頃
生徒会長 副会長 その他 各委員会の委員長などなど
そうそうたるメンバー集団になってたことに驚いたもんだ

N君軍団。
あにきの最大の誇りは
「バカとか死ねとかって言葉を 激しく嫌う集団である!」
ってことだったらしい。

やはり、今の中学校は
バカ 死ね きもいなど平気で言う子が多いそうだ。

あにきは、そんな風潮にうんざりしていて
N君軍団をこよなく愛していた。

そして、高校では皆バラバラになり。。。。。

高専に入ったあにき。
にこにこしながら言い切った
高専最高!
バカとか死ねとかくだらんこと言う奴皆無だし
先輩も優しくって尊敬できる人ばかり
威張り散らすようなのもいない。
皆 穏やかで 超居心地いいんだ


頑張ってよかったね。あにき。
心からそう思ったし
自分の進路に自信と誇りを持って歩んでる
あにきの姿が眩しく見えます

って親ばか炸裂記事でした~すみません
 ↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

廃人 暇人 ・・・うう=邪魔だぁ~~

高専一年生あにき。

高専は申請すればバイトOKなので
あにきバイトしたがっていたのですが
旦那が、高1はまだ早い
バイト先に迷惑かける

そういう理由で却下。

でも。。。しかし・・・・・・
絶対にバイトさせるべきでした!!!!!
後悔の嵐。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

同級生の友達は、皆
補講だの部活だので忙しく 
平日はなかなかスケージュールが合わない模様

高専は補講もなく
あにき所属の部活は 夏は活動はないらしく。。。。
7月一杯学校に行くこともなく
ダラダラと過ごしておりました

唯一の救いは、個人的に習っていた空手
 復活しました
この練習が週に2回あり
夜、キチンと空手には行ってくれている事だけ。

あにきがダラダラと家にいる
      ↓
ず~~っとパソコンしている
      ↓
日々の暮らしでだらしない所が目に付きだす
(洗濯物片付けないとか ドアがちょっと開きっぱなしとか)
      ↓
私の機嫌が悪くなり 小言が増える
      ↓
あにきも機嫌悪くなる
      ↓
私が切れて怒鳴ることが増える

もう 最悪ですう~

と、行き詰っていたところ 空手の師範が
地方の大会に行くのに一泊でお誘いがありました

もちろん、喜んで送り出しましたとも!!!!

それがこの週末の出来事。

この一泊で、私もだいぶストレスが減りました。

今、同級生の友達達も やっと補講がなくなり
短い夏休みをエンジョイできているらしく
あにきも 精力的に出かけております。
家にいないので、やっと私の小言も減りました

ただ。。。。この一言は大きく膨らんでます

「・・・・・夏休み明け
     すぐに高専 前期期末テストあるんだけど・・・・・

    だいじょうぶ  なの????」

ただいま飲み込んでいる言葉です
ゴクンゴクン
頑張って飲み込んでます。

しかし、あにきに関しては 
中学時代 部活で家にいないことが多かったし
去年は受験で塾に行ってたので やはり留守がち
そんな状態に慣れていたので
急に 183センチが このくそ暑い中
毎日家でゴロゴロしてるって状況
慣れません

お盆を過ぎるあたりから 少しは生活態度変わるかしら???
部活 始まってくれるかしら??

多少の期待を抱えつつ・・・・・

うう・・・・まだ小学4年のいもうとの夏休みのほうが
ストレスたまりませんわ・・・・・・・・

こんなに高校生のいる夏休みが地獄感あるなんて
知らなかったぜ~~(滝涙)
 ↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
    クリックしたら記事へ飛びます
<
目次1 姑と子育て偏 > <目次2 16年間の同居嫁 そして 母の思い>
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 
にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

高専 前期期末試験中

夏休み中は一ヵ月半 補講も何もなかった高専。
クーラーの効いた家にて
廃人生活を送っていた長男あにき。

前回初めての中間テストにて撃沈し
引きつる笑顔が出る結果を残していました。

でも、まあ、学校から呼び出しがなかったので
まだ セーフの域だった模様です。
よかった・・・・親子でホっとしました(笑)

その結果 今回、絶対に落とせない教科が何科目かあり
夏休みの過ごし方を見ていて大丈夫かあ??
っと思ってましたが
さすがっすね。
先週から 帰宅が9時くらいになり
何してるのか聞いたら、皆で図書館で勉強してるらしいです。

もう、高校生だし。親がいろいろ言うことじゃないし。
「頼むから留年だけはしないでくれ。」
「欠点は取るな。」
これ以外言う言葉はありません。

彼自身も自分でいろいろ考えているのでしょう。

試験も半ばを過ぎ
調子はどうだい?と聞いたら
あにき
「今のところ引き分け試合」
とのお答え
あはは~そっかそっか。
まあ負け試合じゃないだけいっかと
笑い飛ばしてあげました。

ある教科については
過去問してれば大丈夫って先輩から聞いてたのに
今回はその神話が崩れかけて
崩壊しかけてやばかった

ってな出来事もあったらしく。

高専のテストは 教授と生徒の
見えないバトルがあるみたいですよ(笑)
たぬきときつねの化かしあい
楽しそうなテストですね
  ↑所詮ひとごと

週末をはさんで、来週もまだ試験が続くそうです。

頑張れ。あにき。

高校生になると、親の手を離れた感じがとても心地よいな~
シミジミと思っている今日この頃です。

ところで、姑さま
私に
「あにき勉強大丈夫なんやろ?」

と聞かれても
私にもわかりませんです~~~  
とりあえず、学校から呼び出されていないから
大丈夫でしょうとだけ答えておきました

これで納得してくれたらいいんだけどな~
親の私も、年度末になってみないとわからないんですけど
何度説明しても 心配のあまり 忘れてしまうんでしょうね

たぶん、試験のたびに聞かれるだろうなあ・・・・・・・
と すでに想定しながら腹くくっておりまする
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
目次クリックしたら記事へ飛びます
ランキング参加しています 
ワンクリックで順位が上がると嬉しいです 
よかったら↓ポチっとお願いします


人気ブログランキング

たぶん 今一番きつい時期の受験生の母

ふと、去年の今頃を思い出した。

初めての高校受験。
しかも高専という 超難関を目指すと言い出した長男あにき

 高専合格までの成績の道のり
  ↑のこの記事でも書いたが
本当に エレベーターのように上下する成績。
やる気があるんだか ないんだか・・・・・
見ていてイライラする態度のあにきに
私が一番イライラしていた時期だったことを思い出す
 
夏休みから始めた塾。
受験勉強。
本当に 来年2月末までに間に合うのか?

そんな不安をあおるような長男あにきの日常生活。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
〇部活を引退してからは
 学校から帰ってきてから晩御飯まで
 ゲームやパソコンに向かっている
〇そもそも帰宅時間が遅くなった(6時過ぎはいつものこと)
  学校やら 下校途中で友達と話し込んでるらしい
    (ママ友目撃談より入手情報)
〇ご飯が終わってから テレビを楽しみ
  勉強にとりかかるまで 時間が結構かかる
そもそも部屋で本当に勉強してるのか?

母として かなり モンモンとしちゃうんです。

でもね、思春期の男子です。
母親がごちゃごちゃ言うのも違うかな。とか
私以上に 
本人が一番不安で
モンモンとしているのかな

とか いろいろ思っちゃってました。

だから あえて あえて!!!

「君を信じてはいるけど
 テストの結果で全てが出てくるわけだからね!
 君がいろいろ親に言い訳してたとしても
 テスト結果ですべてがわかるんだからね!」

この言葉だけ言い続けていました。

なので、テストの結果次第では
パソコン禁止令をテスト前一週間に出してみるのが精一杯。

結局 なんだかんだ言っても
やるのは本人。

周りが何を言っても 本人がやる気を出さなければどうしようもない。

だから・・・・・
どうやったらやる気が出るのか?
もしくは だらけっぱなしにならないか??

言葉のかけ方に四苦八苦したのを思い出します。

よく言っていた言葉は
上の方に書いたセリフですが
もうひとつ ありまして。
「君はやればできるんだから。
 やらないと点が取れない。
 やればいい点数が取れる。
 こんなに結果がハッキリ出るのも
 ある意味すごいんだよ!
 2月まであと数ヶ月。
 たった数ヶ月。
 一度騙されたと思って真剣やってみな!
 絶対にいい結果が出るはずだから自分を信じてみなよ。
 私は君を信じてるし、死ぬ気で頑張れば
 合格は絶対に手に入るって思ってるからさ!」

ある意味、子供にはプレッシャーだったかもしれないけれど

でも親が信じているから、安心して 自分を信じてやってみろ!
そう伝えたかったんです。

それに、いつもいつも 神経とがらせていろ とは言わないけれど
ここぞって踏ん張るときは踏ん張って 
トコトン頑張る経験を この受験でして欲しかったんです。

人生これから。
きっといい教訓を得られるはずだから。

私の この プレッシャーと 戦ってたあにきは
とっても きつい半年だったと思います。

私も ミテミヌフリをする所
 ここぞって押さえるところ。
あにきと怒鳴りあうこともある中
手探りで探す日々は きつかった
結構12月くらいまで 四苦八苦していた記憶があります。

振り返ってみると 親子で 
いい経験をしたな=とは思いますが
二度としたくないかもしれない。。。

来年は あねごの受験。
彼女は 今のことろコツコツと続けるタイプみたい
どんな受験の一年を迎えるのだろうか?

私も二度目だし、もうちょっとドッシリ構えて
一緒に受験を乗り切りたいな
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
目次クリックしたら記事へ飛びます
ランキング参加しています 
おかげさまで上位!
やる気でております ありがとうございます!!
よかったら↓ポチっとお願いします


人気ブログランキングへ

体育祭2013

先日 あにき(高専一年)が帰宅しての第一声
「俺 今日聞いたんだけど 明日体育祭らしい」



慌ててホームページ開いて
年間行事スケジュールみると・・・・・・

あはは~書いてある!!

すっかり 小中学校の プリントが来る生活に慣れてたし
体育祭前の練習とかあって
家でそういった話で なんとなく
体育祭へのムードが高まるって思ってたから・・・・・

まったく 体育祭への練習もなく 
クラスでも そういった話せず。
あにき本人も 明日体育祭って気がつかなかったらしい。

私も まったく気がつきませんでしたぜ

さすが 高専・・・・・・・
体育祭への盛り上げ感 熱意ゼロ!
(4~5年生は 盛り上がってたらしいけど)

話に聞くと 見に来ていた保護者は 20人ほどいたらしい
私も あにきが4年生になったら
ネタ探しと 嫌がらせをかねて
友達と見に行ってやろうかしら?と
ちょっと 思いつきつつ・・・・・・

ここで 素朴な疑問がわいてきた。
明日体育祭って聞いたくらいだから
誰がどの競技に出るってどうやって決めるの?

まず 2週間前くらいに 15分ほどで
サクサクっと出る競技を決めたらしいが
兄貴を含め クラスほとんどの子が
そのことを忘れていたらしい

それに、皆 体育祭の練習があると思い込んでて
まさか、まったく何もなしに 
いきなり体育祭とは想定外!!

しかし さすがネット社会の子供たち。
さっそく ラインで打ち合わせ。
リレーで走る順番とか 
騎馬戦で上に乗る人とか
クラスのラインで前日の夜にスムーズに決定


私達の時代との違いを
まざまざと 見せ付けられた一瞬でした

競技は 普通にレリーとか騎馬戦とかあったらしいが
徒競争がなかった!
と あにきは 驚いていた。

私が高校の時も 徒競争はなかった記憶があるから
高校は そんなもんじゃない?かなあ??

しかも、高専の体育祭。
体育祭中 座る場所とか決まっておらず
自由に プラプラしながら 応援できたらしく
とっても楽しかったみたいです。

他の県立の高校の体育祭は 
体育の時間に練習があったり
クラス毎に応援席が決まっていたりってお話を聞いていたので
あまりにもの自由さに 軽いカルチャーショック

ビバ フリーダム!!
自由という名の自己責任を
しっかりと勉強させてくれてますね

同じ高校生でも 
高専生は 一年生にして 
すでに大人扱いされる
ってことを感じさせてくれるエピソードでした

ちなみに あにきたっての願い
「頼むからばあちゃんには体育祭って言わないでよ 
 親が来ても恥ずかしいのに
 ばあちゃん達来たら 俺隠れるわ~」

親離れならぬ ばあちゃん離れができたみたいだね(笑)

分かってますよ 母はお口にチャックしてます

しかし この会話 姑が聞いたら 
ショックで倒れてしまうだろうなあ・・・・っと
なにかしら??複雑な思いがうずまいて
ちょっと 動揺しております
 ↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
目次クリックしたら記事へ飛びます
ランキング参加しています 
おかげさまで上位!
やる気でております ありがとうございます!!
よかったら↓ポチっとお願いします


人気ブログランキングへ

寒くなってきたら 嫁の出番 &結果来た(汗)

急に 朝が 寒くなってきました

朝と昼の気温差10度以上です!
北海道の方々の雪生活に比べたら 
何甘えたこと言ってるか~って
申し訳なく思うような気温ですが。。。
しかし。。。。寒い。。。。。。。
さっそくエアコン始動です!

昨日の朝 いつもの通り 
ゴミ捨てがてら 日参となっている 
母屋参り(朝の挨拶運動ともいう)にて
  日参してる理由はこちらの記事を読んでください
       ↓クリックしたら記事へ飛びます
私が二世帯で16年間欠かさずしていること


 「おはようございま~す 今日寒い~~」

 「おはようさん ほんとさみぃ(寒い)な~」

 
<よし。今日も姑は元気に起きている。>
と 確認。
姑が80才が近づいている今
毎朝 挨拶にいくこの日課があって
よかったと思っています。
昔は 本当にめんどくさかったけど・・・・・・

でも、姑たちが年取ったからって
わざわざ母屋へ様子を見に行きだすっていうのも
ちょっと変な感じしそうですもん。

昔から毎朝必ず挨拶する。
この習慣のおかげで
今は自然に毎日姑たちの様子を確認できる。

そして、このときについでに 用事をよく頼まれます。

急に寒くなった このときの朝の用事

 「シルバちゃん。エアコンを暖かくしてちょうだい。
  じいちゃんに頼んで変な風にされたらたまらんもんなぁ。
  今朝は暖房が欲しいわ」


 「はあ~い」

即 リモコンを暖房に切り替える。
たったこれだけのことなんだけど
姑や舅にとっては 時間のかかる作業らしいのです。
ここ数年、暖房と冷房の切り替えは
私の仕事になっています(笑)

姑「ありがとな~
  これでやっと着込まんですむわ~」


たったこれだけで 
良い嫁ができるのなら 
おちゃのこさいさい でござるよ


この作業と会話をすると
季節の変わり目を実感するのでございます

急な寒暖の差が激しくなってる今日この頃
皆様 ご自愛ください~

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

恐怖の手紙 高専前期期末結果

我が家に届きました
結果 まあ 負け試合でしたって所でしょうか。

今回は 欠点ゼロを目指しておりましたが
目標達成ならず。
しかし、とりあえず他の提出物等で
なんとか単位は稼いでいる模様です
(本人談)

各中学より 優秀な人が集まっている
その中で クラスで一番下じゃないだけでも
すごい!って褒めてあげる部分なのかなあ・・・・

いやいや、奴はおだてるとすぐ調子に乗るから
褒めると 後期は確実にクラスで一番下になるかもしれない
(今でも手が届きそうです・・・・・・)
何も言わず 褒めるのは無事に進級した時かな?

何かと 揺れる親心です

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆
びっくりニュースで本日3本目っす。
いいともが3月で終了
Σヾ( ̄0 ̄;ノ
1982年より 30年以上
継続は力なり
まさに その言葉を 
タモリさんの姿勢で見せてもらった
そんな番組の一つだと思います

タモリさんは 土日以外
毎日毎日 同じ事を続ける。
でも毎日同じではない。

主婦の日常と同じように考えるのは
失礼にあたるかもしれないけれども・・・・
私達の毎日も、毎日同じことをしている。
でも、必ずしも毎日が同じではない。

そんな部分が 私達主婦の心を掴んだ気がします。

番組の終わりは 専業主婦の減少もあるのかな・・・・
お昼12時きっかりに テレビの前に座れる人が減ってますよね。

タモリさん!あと半年!!
おもいっきり 弾けてほしいな~って思うけど
たぶん、 今まで通り たんたんと過ごすんでしょうね~
同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
目次クリックしたら記事へ飛びます
ランキング参加しています 
おかげさまで上位!
やる気でております ありがとうございます!!
よかったら↓ポチっとお願いします


人気ブログランキングへ 

親の欲はどこまでも・・・

今年高校受験の子に会った。

で ふと、又 去年の今頃を思い出した。

高専を目指していたあにき
その割りに そんな勉強態度でいいのか?と・・・・・・
やきもきしていた頃である
たぶん 今一番きつい時期の受験生の母>←参照記事です

私がこの頃 言っていた言葉を もう一つ思い出した。

「今 この半年頑張って 高専に受かれば 
 ある意味、母は荷が下りるんだ。
 高専に受かったら それから先は5年という時間を 
 受験ではなく 君自身の人生を考える時間に変えることが出来るから。
 エンジニアとして 何を目指すのか
 自分自身で探せる場所だと思うんだよね。
 だから 高専に受かったら 
 もう 母が君にいろいろと言うことは少なくなると思う。
 でも もし、高専がダメだったとき。
 そのときは まだ その先に大学っていう受験が待ってるから
 まだ 母が口出しすることは多いかもしれない。」

この頃の私は 高専に受かってくれれば 
何も望まないと思ってたはずだった
もう、彼は 私の手を離れ 自分の道を歩くのだから
ただ 見守ればいい。
そう思ってたはずだった・・・・・・・

だけど・・・・・・・・

欲って恐ろしい・・・・・・・・・

今 高専一年の前期中間期末試験を終えて・・・・・・
気がついたら 成績の事を言っていた。

高専には 5年で卒業した後 就職と進学の二つの道がある。

進学の場合
国立理系の大学に編入で3年から入ることが出来る

思わずこの事実が頭をよぎってしまうのだ。

ただ、この進学を選ぼうとしたら・・・・・
やはり、クラス40人の中で10番台前半の成績を取っていないと難しいのも事実

就職にしたって 成績のいい人から 就職先が斡旋されていく

送られてきた成績表を見たときに
どうしてもこの事実が頭をよぎってしまうのだ。

でも、今日知り合いの高校受験生の子と話したとき
思い出させてもらった。

身に染みる冷たい風に吹かれながら
思わず反省猿状態


もう 親は口出ししちゃダメ!

高専に合格してくれたのだから 彼自身を信じ
どういう道を選ぼうとも 親の欲をすて
暖かく見守っていこうと

それに まだ一年生。
とにかく留年さえしなければok
この姿勢を貫き 暖かく見守っていこう。

親の欲を封印する

今後の私の課題であり
あらたな 試練 修行の道に入った気がします。

しかし、欲って恐ろしいですねえ~
上を見だしたら キリがないわ
 ↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
目次クリックしたら記事へ飛びます
おかげさまで上位!
やる気でております ありがとうございます!!
ワンクリックで順位が上がると嬉しいです 
よかったら↓ポチっとお願いします


人気ブログランキングへ 

引き寄せ法則の親の一念

去年初めての高校受験を経験した私。

本人も頑張ってくれたので
高専 (14)クリックしたら 高専関係記事へ飛びます
1月からは 何も言わない方向で 受験までの日々を過ごした。

ただ 1月から 私は 無意識
引き寄せの法則を行っていたらしい。
 
引き寄せの法則の基本ポイントです
  1. 1回に1つの「望み」に集中する
  2. 現在形または現在完了形にする
  3. 「欲しい」は使わない
  4. 否定形は使わない
  5. 望む結果を鮮明に、具体的にイメージする
  6. 手に入れた喜びを思い切り味わい、感じる
  7. 必ず感謝する
私は このポイントは去年は知りませんでした。

でも、家で まず「落ちたら」っていう話は一切とりあいませんでした。

旦那は もし落ちたら・・・という話をしようとするのですが
私立高校の受験(すべり止め)が終わった時点で
私は一切拒否。
だって落ちたときは落ちたとき。腹くくってます。
県立の試験を受ければいい
で そこも落ちたら??
私立高校に行くのか?
県立2次試験を探すか?
2度も挫折した息子のフォロー???
結果が出たときに考えればいいこと。
今する話じゃない。
(だって 一応想定内ではあるから)

今は ただ ひたすら 合格する
妄信的に信じるのみ!!!
精神世界の強さを信じるのだ!!!!

ってことで、1月から受験の日まで
「高専受かったら なんの部活に入りたい?」
「通学方法どうするよ?寮って手もあるらしいぞ」
などなど 合格したら・・・っって
【たられば】話をよくしていました(笑)

そして、息子にも 部屋の入り口に
高専合格しました
と自分で書かせ その紙を部屋の入り口に貼り付けさせました。

自分で書いたこの言葉を毎日眺める。
効果があるって聞いたんです

私自身も 高専に受かった後の生活をできるだけイメージしました。

幸い、近所に高専生がいたので
電車の時間を聞き その電車に乗って通学する息子の姿や
高専構内を楽しそうに歩く息子の姿などなど。。。
かなり いたい妄想にふけっていたものです(笑)

今思うと この引き寄せの法則って 
本当にあったのかも・・・です!

もちろん本人の努力が本当にすごかった。
だから 無事に合格してくれた。

でもね。。。恐ろしいほどの親の一念。
神頼みもしました。
ここらへんも 少しは合格を引き寄せた一因かも。。。。
などと、自画自賛気味に思っている私です(笑)

きっと来年の2回目の高校受験も
同じように 思い込み 神頼みになるでしょう
↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
目次クリックしたら記事へ飛びます
おかげさまで上位!
やる気でております ありがとうございます!!
ワンクリックで順位が上がると嬉しいです 
よかったら↓ポチっとお願いします


人気ブログランキングへ

なんとか進級できたものの・・・(汗)

我が家には高専生がいます

中学時代 成績優秀者ではなかったのですが
何かスイッチが入ったのか
一気に追い上げ 高専生になりました。

しかし。。。。
やはり高専に来る皆様はすごい
中学時代も成績優秀者ばかりが集まる高専。

一方 合格しちゃったら 気が緩み。。。。
本来の のんびり ダラダラが大好きな長男あにきは
高専一年間 なんとか単位を取ることのみを目標とし
成績は二の次。
結果 成績はすそっこを漂っております(笑)

担任の助教授の励ましのおかげで
なんとか無事進級できました
(高専は単位制なので容赦なく留年しちゃうのです)

よかったよかった・・・・・

しかし 成績を考えると
今度は2年から3年に上がれるのか。。。
留年してしまうのではないか。。。。

と 親としては気が気ではないスタートです。

先日 二者面談があった模様。

そこで 担任から言われた言葉を
笑いながら あにきは 私へ報告してくれました

担任助教授のお言葉
「そろそろ 
 帰宅後 
 家で 
 えんぴつ
 持つ癖
 つけようか?」



高校2年生が言われる言葉でしょうかああ?????


親として 穴があったら飛び込みます!!ってな心境でした

やはり 一年間様子を見ようと思った私がバカだった。
放置していいはずがない。
そう思い 高校2年生と言えども
夜一時間 居間に出てきて
とりあえず 一時間 復習するくせをつけろ!と
小学生レベルのお話をしたところです!

は~まったく。。。。。
高専に合格してくれたときは
親の手を離れた~って喜んだのですが
ちょっと手を放すとこれだ・・・・

自分の子育てを反省中であります

教授 ご迷惑をおかけしてすみません!!!

ただ今 大きな穴を掘っております~
一年後 この穴に入って反省しなくてもいい状態になっていますように。。。。
↓居嫁の本音を書いています よかったら読んでください↓
目次クリックしたら記事へ飛びます
おかげさまで上位!
やる気でております ありがとうございます!!
ワンクリックで10ポイント入ります 
よかったら↓ポチっとお願いします

ゆるゆると高校生活

無事に進級できた高専2年生のあにき

今年はクラス全員 
誰も脱落することなく
無事に 2年へ進級できました。
担任の教授も変わることなく
落ち着いた一年が過ごせそうです

先日 担任教授と親の個人面談がありました。
何せ成績がすそっこギリギリのあにき。
2年生についていけるのか?
親としては大変不安な気持ちで面談に向かいましたが
担任教授的には
「何が不安ですか?」的な(笑)

確かに成績を見ると 不安に思う順番ですが
単位を見ると 一つも落としていないし
ギリギリ60点で なんとか合格教科は
いわゆる社会などの 一般教科。

数学や物理など
これから専門分野において重要な教科は
割と余裕で単位取得できてるから
お母さん 今年一年 見守っても大丈夫でしょ
と 頼もしいお言葉

ちょっと ホっとしました~

しかあし!!
やはり就職は 成績順!
彼もそれは がってんしょうちのすけ のはず!

去年一年間は 高専という環境に慣れるための一年間
そう思って見守りました。

今年2年生は 来年3年に向けて
そして その後 進級が難しいといわれる4年に向けて
どう過ごすのか?
自分の将来についても 考え始める一年と
私は思っています。

今年も 彼自身の決断に任せつつ
ちょ~~っと成績については
チクチクっと言ってみようかな?
幸いなことに 我が家には高校受験の子もいるし
親的には 口うるさくなる一年で
とばっちりだよ~って笑いながら言えそうな環境

あんまり いい気になるなよ

ってな 
親としては持ってはいけない
気持ちを抱きつつ(笑)

進学校に進んだ同級生皆様
その親御さんたち・・・・・
周囲は 成績のお話 テストのお話 進路のお話 大学のお話
殺伐としております。
皆頑張れ====!!!!
なのです

そして そんなお話を聞いてると
あまりにも のほほんと過ごしすぎてる気がするあにき。
喝を入れてやりたいぜ!
グっと我慢なのです
 ↓居嫁の本音を書いています よかったら読んでください↓
目次クリックしたら記事へ飛びます
おかげさまで上位!
やる気でております ありがとうございます!!
ワンクリックで10ポイント入ります 
よかったら↓ポチっとお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 敷地内同居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ユルーイ水泳

小学生と中学生の水着を洗いながら
ふと 気が付いた。
そういえば 今年は 
まだ あにき(高専2年)の水着は洗っていない。

もしも 水着を持って帰ってきておらず 
使ってそのまま放置だとしたら・・・・・・

考えたくない~

そういえば 去年 あにきの水着洗ったっけ??
2回くらい洗ったような
水泳の時間ってあるのかなあ???

滅多に高専の生態については聞かないのだが
今回は別問題
洗濯する方の身にもなっていただきたい!!


「なあなあ 水泳の時間ってあるん?」

あにき
「あ~あるで~明日あるんや~2回目が

私「2・・・2回目???
  一回目はどうした??
  水着洗ってないぞ」(ドキドキ)

あにき
「一回目は 寒かったけん
 風邪気味って言って休んだ(笑」



「そうなんや・・それで大丈夫なん?」

あにき
「2回目入れば大丈夫やろ~
  それにたぶん最後やし」



「え??高専って水泳2回しかないん??」

あにき
「たぶん。。。だと思う 
 大体高専生運動苦手なやつ多いから 
 水泳の時間もほぼ遊びやし~」


ここでちょっと興味の湧いた私 
思わずこんな質問してしまった



「ところで あんた 泳げるん?
 クラスでも泳げない人いるの??

あにき
「俺はバリバリ泳げるで=
 クラスは 皆 取りあえず泳げるけど 
 得意じゃない人多いかな」

私「どんな授業なん?」

あにき
 「ま~大体先生が10分くらい話して~ 
  で 10分くらいかけてダラダラ柔軟するやろ 
  で、とりあえず25メートルを何往復かして 
  あとは遊びやな

私「なんなん?その何往復ってアバウトな感じは~(笑)」

あにき
 「基本3~4本泳げばいいんやけど 
  一人 25メートル泳いだ時点で
  「先生 もう死にそうです=」って
  本当にやばそうな奴がリタイアするんや 
  続いて50メートル泳いだ時点で 
  5~6人離脱するんや~
  残りもダラダラ泳いでって感じやな~
  やけん 早く泳ぎ終わる俺たちは遊び放題なんや」



「楽しそうな体育の授業やな~~」

あにき
「まあ 高専はこんなもんやろ」



・・・・・・・・・・・・・・らしいです
なんてユルユルなんだろう

知り合いの進学校に通ってる子のことを聞いてみたら
雨で流れたとはいえ 
すでに 4回水泳授業があり
しかも 前回は
大雨の中泳いだらしい
(濡れれば一緒って原理か?
9月に入っても数回予定があるとかないとか・・・
で、 平泳ぎで200メートル泳がされて
さすがにきつかった~
ってな感想だったそうです。

これが正しい高校生の体育だと 私も思うぞ

まあ 高専生は 運動部に入ってる数パーセントを除けば
日に当たったら溶けそうだ
などと たわけたことを言う奴が普通にいる。
我が息子も 中学まで野球やってたのに 
高専に入った途端 
日に当たったら溶ける部族になったらしい

だから 体育の時間も 想像できるような気もする

やっぱ 高専は 私の知ってる普通の高校と
ちょっと違う異世界で たまに話を聞く分には 新鮮ですな~
↓居嫁の本音を書いています よかったら読んでください↓
目次クリックしたら記事へ飛びます
おかげさまで上位!
やる気でております ありがとうございます!!
ワンクリックで10ポイント入ります 
よかったら↓ポチっとお願いします

にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

楽天市場
プロフィール

シルヴァーナ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ