なんしよんの?←姑の口癖

敷地内同居の今までの話、姑、旦那とのあれこれ 日々の雑談などなど書いてます

バトルと土下座

バトル①の1

姑とのバ・ト・ル

ついにこの話を書くときが来てしまいました。

今では、ある意味
武勇伝
的な感じでいい所取りで友達には話していますが、
やはりここに書くとなると
詳しく書くことになり、
少々思い出すことでブルーがはいるかも。。。(笑)
かなりお目目汚しの言葉も書きなぐることがあるかもしれません。。。。
どうぞ、ご了承くださいませ。。。。

では、本題へ。。。。。

おこちゃま1が7ヶ月の頃、時期は真冬。
おこちゃま1風邪をひいてしまいました。 
気管が弱い子らしく、いつまでも、咳き込みます。
熱はない。でも、咳がなかなか止まらなかったんです。

最初、当然、咳がひどいから病院へ。
3日分の薬が出ました。
それでも治らず、また病院へ。
様子見に、同じ薬がもう一度でました。
5日目すぎても、まだ咳止まらず・・・・・・・・・・・

この頃です。
姑は言い始めました。

「一週間もたつのに、咳が止まらんねえ。
 病院の先生はなんていってるんかぇ?
 その病院だいじょうぶかい??」

ひょおお~~~
いきなり病院批判っすか???
ってか、まだ5日たっただけで、一週間たってないしい!!!!

それに。。。。。10日くらいは、咳続くっしょ。。。。。
すぐにはとまらないでしょ。。。。。。

そうは思いつつも、あんまりうるさいんで、
とりあえず、もう一度、病院へ行ってみました。
でも、やっぱり、ひどい原因って見つからず、
多少薬の内容を変えてみようかってことで、
別の薬をもらってきました。

やっと、風邪ひいてから一週間たったころ。。。。

すこしは日中の咳は落ち着きだしましたが、
まだまだ、激しく動いたり、笑ったりしたら
咳が続いていました。
夜中も咳き込んで眠れないって続いていて。。。。
でも、私的には、食欲もあるし、元気いいし、
あとは時間の問題。
ただ、夜中が眠れないのがつらいので、
まだ薬はほしいなあ。。って思って程度の症状でした。

そうは思いつつも。。。。
姑が大丈夫か大丈夫かあってうるさくって
私も、「大丈夫」って言うしかなく。。。。。。
でも、あんまりうるさいし
やぶ医者扱い発言がひどくなってきたので、
しょうがなく、姑の親戚が行ってる小児科へ
1時間もかけて行きました。
私もかなりストレスたまっていたと思います。
すがる気持ちで初めて会った先生に、
今までの処方箋を見せ、
その先生も同じ薬しか出せないって言われたときに
「先生。。。。すみません。。。
ひょっとしたら、姑を連れてくることがあるかもしれません。。。
そのときに、同じ説明してもらっていいですか?」
そう聞いてる自分がいました。
いくら私が言っても姑は聞いてくれない。
今まで行っていた病院は悪くない。
この子が抵抗力つけるまで
辛抱強く付き合うだけなんだ。

自分の考えが正しかったこともわかり
ますます姑への怒りが募っていくのが自分でもわかりました。

帰ってきてすぐに
「どうだった?」
と聞く姑にキチンと説明。

しかし。。。。。

姑は納得のいかない様子。

私のイライラはマックスに高まりましたが
「そういうことだから、時間たつしかないみたいだよ。 
 とりあえず、大丈夫みたい」
そういって家へ帰りました。
このあとに嵐がやってくるとは知らずに。。。。。

つづく。。。。。

          
二世帯同居 ブログランキングへ

バトル①の2

バトル①の1
この記事の続きです。

とにかく、私の中には
日ごろは年長者年長者って
偉そうな態度とって
偉そうなこと言ってるくせに
こういうときは頼りになるところか
「時代が変わって私たちのときとは違うけん
 よくわからんな。。。
 もう忘れたなあ」

とケロ!!!っと言い放ち、
おまけに全然役に立たないことばっかり言いやがる姑に対して

もう!!!!!いい加減にしてよ!
あんた子育てしていたんでしょ!!!!!!
初心者の私だって不安なのに、
なんで、私があんたに根拠もないけど
大丈夫大丈夫って言わなきゃいけないんだよ!!!!!!
なんで、私の不安ばかりあおる事しかいわねえんだよ!!!!!!!

って、かなり怒り心頭。。。
ストレスがたまっていました。
そのストレスが知らず知らずの間に態度や言動に出ていたかもしれません。
~~~~~~~~~~~~
今思い返すと、このときに姑に
「大丈夫」
と突き放した言いかたをせずに、
「ほんと、大丈夫かなあ??私も不安だけど、
病院の先生も時間かけるしかないって言ってたしねえ。。」
と姑の意見に同調する言い方すればOKだったんだけど
なにせ、この頃の私は、まだ姑対策がまったくできていなかったんですよね。。。。
それに、姑に甘えることで、
姑に我が家に立ち入る隙を与えたくなかった
そんな拒否感もたくさんあったんです。
ちなみにこの頃の姑は
とにかく家族家族って
主導権を握ろう、こっちの生活に入り込もう
必死な感じがアリアリでした。。。

対して、姑もこの頃はきっと
若い嫁が何偉そうに強がってやがる!
素直にあまえりゃあかわいいものを!
なんて思ってたかもしれませんね(笑)
~~~~~~~~~~~~
そんな中、かなり短い時間の中で
恐ろしいことに・・・・・・・
私の気がつかないところで
姑のイライラがヒートアップ
していたらしいんです。。。。。。

その時は突然やってきました。
いつもは「シルバちゃ~ん」って言いながら入ってくる姑ですが、
このときは無言のまま
がちゃ!
っていきなりドアが開いて、姑が急に入ってきました。
そして

「ちょっとシルバちゃん!!大丈夫なんね??
咳き止まらんから心配で心配でたまらんわ!!」
 
鬼の形相とはまさにこのこと。。。。。。
語気荒く、鼻息荒く。。。。。
姑乱入っす!!!!
続く。。。。。

            
二世帯同居 ブログランキングへ

バトル①の3

バトル①の1・2の続きです。

 鬼の形相で乱入の姑

  「ちょっとシルバちゃん!!大丈夫なんね??
咳き止まらんから心配で心配でたまらんわ!!
本当に大丈夫なんね?????


はあ??
私医者じゃないから
そんなん
知らんわい!!!


思わず心の中で怒鳴ってしまった私。
とりあえず、しょうがないから腹立つのを抑えながら
もう一度医者からの説明を繰り返した。

しかし、姑
「そんなん、さっきの聞いたわ!
でも、本当にそれで大丈夫なん???
あんた大丈夫大丈夫しかいわんけど¥:」;@p4.;」
なんか、わめいている。。。。。

おこちゃま1が姑のすごい剣幕に泣き出す。
あわててダッコしながら
もう、私頭に血が上ってしまって
後半の言葉キチンと聞き取れていなかった。。。。。。

おこちゃま1をあやしながらも。。。。

わめく姑の言葉さえぎって
考えるより先に口が開いていた。。。。。。。。

『お義母さん!私、3度病院いきました。
 それに、お義母さんがあんまり心配するから
 別の病院にも行きました。
 でも、先生の説明一緒だったでしょ!!!
 これ以上私にどうしろって言うんですか!!!
 私だって心配してるんです!
 夜眠れないのは私です
 子供が咳き込んでるのを見て辛いのも私です
 でも、こればっかりは先生の言うとおり
 時間がたつのを待つしかないんです!!
 そんなに言うんなら、お義母さんが
 病院へ連れて行って
 先生から直接説明聞いて納得してください!!
 私はこれ以上、なにもできません!!!!」

思いっきり姑にらみつけながら怒鳴っていました。。。。

すると姑。。。。。。

「そこまで言うんならわかったわ!
 なんね!その言い方!!
 私もう、しらんけんね!
 人が心配してるのに!!」

捨てセリフを残し
鼻息荒く出て行った。。。。。。。。。。。。。。。。。

まだまだ続く。。。。。。。

            
二世帯同居 ブログランキングへ

バトル①の4

バトル①の1・2・3の続きです。

姑が出て行った後。
言ってやったっていう爽やかな爽快感
に浸ったのはわずかに10秒
えへへ小心者です。。。。。

すぐにハっと我に返り
おろおろと泣き喚くおこちゃま1をあやしながら
部屋をうろうろうろうろろろろろ。。。。。。。。 
一緒に泣き出したい気分でした。。。。。

ここで、私が何を考えたか。。。。

まず、こんなことがあっても
これくらいで、ここから出て行くことはない。
一生ここであの人たちと住む。
腹をくくれ!!腹をくくれ!!!


悲しいかな、現実認識をすることで自分を追い込むことでした。

やっちまったもんはしょうがない!!!!
実の親子だってよく喧嘩するじゃないか。
そしてキチンと仲直りをするじゃないか
赤の他人が喧嘩しないわけない!
 
私が言ったことは間違っていない。
でも。言い方はまずかった。
怒鳴ったことはまずかった。
まず、これを謝ろう。
でも、言ったことは間違っていない。
この信念はまげねえぞ!!!

30分くらいの間に、ここまで気持ちを持ち上げた私。
自分の背中を押すために
実家の母へ電話した。
心配かけるかな。。って思ったけど
泣き言を言うんじゃない。
前向きに進むためにアナタは間違ってないって言ってもらうため
他に何かいい知恵があったら授けてもらうため。

この電話は大正解。
母も同じ考えで、とりあえず、言い過ぎたことを謝ったほうがよい。
ここで落ち着いた。

おこちゃま1も、私の気持ちを察したのか寝てくれた
腹くくって、母屋へ。。。。

ギロっと泣きながらこっちをみる姑。。。。。

もう、何も言わずにとりあえず

土下座いたしました!

まだ続く

          
二世帯同居 ブログランキングへ 



バトル①の5(最終話)

バトル①の1・2・3・4の続きです

とりあえず、土下座作戦
べたとは思ったけど、これが一番と考えた私です

案の定、何か言おうと口を開きかけた姑、
とりあえず、姿勢を正してこっちに向き直ってくれた。

私「お義母さん、
  さっきは、怒鳴ったり
  すごい言い方してしまって。。。
  ごめんなさい」

これだけ言って、とりあえず、土下座続行。

「ほんとやわ!!あんな言い方ないやろお。。。
  私傷ついたわ!!」
まだまだ語気が荒い姑です。。。。

私「うん。。。本当にひどい言い方したと思う。
  でも、私も疲れてて。。。。
  なんかあんな言い方しちゃって
  本当にごめんなさい。。すみません。
  本当に悪かったと思ってるんで、、、、、、」

とりあえず、ひたすら謝る私。

すると、珍しく素直な私の態度に
一瞬にして気を良くしだした姑。
はい、単純な姑です。
以下姑の弾丸お説教トーク開始
「まあな、私も悪かったとはおもってるんよ。
でもね、心配してのことなんだから、そこはわかってほしかったわあ。
なのに、なんね?あの言い方。
物事には言い方ってもんがあるんでしょ??
大体、あんたは前から言い方きついんよ。
大体、日ごろから、いらないとかきつく言うやろ??
言い方が悪いんよ。。。
お義母さん、ごめんねえ。。とか
なんか甘えた言い方してくれたら
こっちだって、どんどんいろんなことしちゃるのに
最初から、スパーンときついこと言ってから」
とまあ、こんな内容のことを
30分ほどず==っと聞かされ。。。。
私、正座のまま、何も言わずに黙って聞きました。
確かに、私が言い方きついのもあるけど。。。
でもでもでも。。。。。。。
あんたがしつこいから、私も最終的に言い方きつくなるんだよ!
と反論したいこと山ほどだけど、
ここでまた言い返すとやばいのはわかっている。

グっと我慢の子で、下向きながらはいはいって、
嵐が通り過ぎるのを必死で待ちました。

そうこうしてると、姑もとてもスッキリしたのか。。
最後にミラクルな発言をしてくれました。

「まあ、私もちょっと冷静になるべきだったかもね。
  悪かったと思ってるんよ」


この一言にすっごい救われた気がした。
そう。悪い人じゃない。
きっと私にもあんなこと言わせる言動があったんだ。。。。。
私が一瞬にして素直にそう思える一言でした。

そして、おこちゃま1が寝てるから
早くお帰りって言ってくれ。

私も
「これから言い方とか気をつけていくけど
 そう簡単に治らないから
 チョコチョコ叱ってください。」
そう素直に伝えることができ。。。。

このバトル、無事に終了しました。

この日を境に、姑、言いたいこと言えたからか。。。
少し、こちらへの干渉もダウンの気配が出てきた。
(まだまだ信用ならないから、干渉はなくなることないけど
私のやり方を暖かく見守るって雰囲気が出てきだした気がします。
あくまで雰囲気が出てきたですよん

でもまあ、
キチンと向き合ってよかった。
そして、キチンと受け入れてくれる姑でよかった。
そう思える出来事でした。

嫁だけど、ギリギリまで頑張ったら
後は我慢しないで、言いたいことを言おう!
吐き出してしまおう!カラッポにしてしまおう
そして、あとは素直に謝ってしまおう。
自分がすっきりしたら
相手の言葉も素直に聞き入れる余裕ができる。
そうすると、自分がこれからどうするべきか
キチンと考えることができる
このバトルを通して、私の心構えの根本の部分ができました

            
二世帯同居 ブログランキングへ 

バトルその後の日常生活

バトル①の12345の後日談です。

バトルした日は、結局その後会わないままに過ぎて行き。。。。

問題は次の日の朝。

さあて。。どうしましょうかねえと考えてみたものの
結局私は悪いこと何もしてないし、
こっちが下手に出る必要もなしと自分に言い聞かせ
何も無かったふるまいをしようと自分を奮い立たせ
 
思い切って日課の朝のご挨拶へいきました。

私 「おはようございます~ 今日は別に何も用事無いけど、
  お義母さんたちも大丈夫ですかあ?」
姑 「ああ~おはよう~(何気に明るい声でごわす)今日は特に何もないわあ」
私 「はあい。じゃあ、今日もいつも通りでお願いします」

・・・・・・・・・・拍子抜け・・・・・・・・・・
何も言われなかった・・・・・

で、おこちゃま1をいつも通りに10時に母屋へ連れて行ったとき。
姑 「あんなぁ、よ~く昨日のこと考えたんだけど。。。」
うわ・・・出た!!何いわれるんだろう・・・
一瞬身構えましたが、なるべく顔に出さないように笑顔で
私  「はい??」
とだけ一言。
でも、何か理不尽なこと言われたら、バトル再戦!って何気に腹くくっていました

姑 「よく考えたら、ほんと、
   私わりい(悪い)ことしたなあ。。って思ってなあぁ」

なんですとお
今悪かったとおっしゃいましたか???
めちゃくちゃ焦りました。
予想外の言葉です。
でも、このまま黙ってるわけにもいかず
しかも、これ以上姑に話をさせてはいけないって気がして。

私  「いや、お義母さん!私も悪いところあったんです。
    お互い様なところもあったと思うし。。。。
    もう、昨日のことはなしってことで。
    ね。ね。もういいじゃないですかああ。。」

などと、あわてながら半笑いしながら・・・・・・・
おこちゃま1を渡して、そのまま、後ずさり。。。
姑がおこちゃま1に話しかけてるチャンスを逃さず、
すかさずダッシュで母屋を出ました 

予想外のことで頭の中は混乱しつつも。。。。

急に自分を責める感覚に襲われ始めてしまい
どうしようもない自己嫌悪に涙が出てきてしまったんです
                             続く
            
二世帯同居 ブログランキングへ  


バトル後の私の心境の変化

バトル①の12345  バトルその後の日常生活の続きです

家に帰ってから。。。。。。
すごく自分が嫌になりました。
急に自己嫌悪に襲われてしまったんです

ここ数日、自分の中で勝手に姑を責めたててたけど。。。
でも、自分はどうよ??
自分ばっかり大変ってことに
甘えてなかったかい?
自分のことしか考えず
姑がどんな気持ちだったか
少しでも考えたことあったかい???

そんな思いが出てきちゃって。。。。。

姑が素直に悪かったって言ってくれた。
そのときに急に見えてきた
自分の小ささと、自己中ぶり
今まで目をそむけていた事実が
急に目の前に出てきてしまって
それから逃げる気も起きず。。。。

ある意味、自分にとってターニングポイントの日でした。

相手に立場に立つ。
私が旦那に求めていたことです。
でも、自分はどうなんだろう??

この日を境に、私が常に第3者の目で物事を見ていこうと 
気をつけるようになりました。

姑に立場になって物事を考える。
でも正直、私一人では無理。
どうしても、感情的に無理。
頭ではわかっていても、なんか拒否感が出てしまう。
受け入れられない。。。。。
葛藤の感覚でした

そこで旦那登場です。

旦那を捕まえて、こういうとき姑はどう判断するのか?とか、
こういうことを言ったときって、姑どういう気持ちで言ってるのかなあ?
など、姑を理解する努力をすることも始めました。
もっとも、旦那も最初の頃は
「さあ?何も考えてねぇんじゃねえ?」とか
「そんなん俺もわからんわ!」とか
まったく役に立たずって感じでしたが、
それなりに協力をしてくれたので、
時間をかけながらも夫婦で義両親のことを見つめることができたと思います。

同時に、私のことも理解してもらおうって思って、
姑に対して、私がどう思ってるか、どう考えてるか伝えるべきだとも思い、
その伝え方も旦那に協力してもらって
台本なるものまで書いて、事前に自分で練習して
姑に伝えたこともあります(笑)
この努力は数年かかったと思います。
気がついたら、姑とスムーズに話せるようになった。
姑の言うことに心が揺れなくなった
そんなふうになったのは、ここ5~6年ですから。。。。
おかげで、今ではスムーズに姑とコミュニケーションが取れています。

あのバトルのおかげで今がある。
必要な出来事だったと振り返って思う今日この頃。。。。
            
二世帯同居 ブログランキングへ 

負けないんだ!二度目の土下座

このお話は長男チビあにきが1歳5ヶ月くらいの頃の話だと思います。

男の子を育ててるお母様がた。
怒鳴る日々が多い方もいるのではないのでしょうか???

私は多かったんです。。。
正直、さすがわが息子。
とてもやんちゃで、意地っ張りでした。
ので、言っても言っても聞かず、
結局「だめでしょ!」って怒鳴ってたなあ。。。。(涙)

しかも、私声大きいんです。
で、止められないんです。頭に血が上ると。。。。

当然 母屋に丸聞こえの怒鳴り声。

自分でも、
あちゃ~~
ちょっと怒りすぎたかな・・
暴走しちゃったな~
なんて反省し始めた頃を見計らったかのように
すかさず

奴(姑)はやってきます
く~る~~きっとくる~~きっとくる~~~
しかも、狡猾なことに
私を責めるような直球は投げません。
姑「そろそろチビあにきも反省してる頃やろ~
 あんまり大声で怒鳴りすぎるとむげねえでぇ
 子供もキチンとわかっちょんちゃ」

などといいながら
手には しっかりとおかしが握られています。

もちろん、姑のほうへ行くチビあにき。

でも、私ここで負けませんでした。

どうして怒られたのか?
説明をしっかりとしていません。
自分が何が悪くて怒られたのか。
わかっていない状態です。
まだごめんなさいを子供は言っていません。

一度バトルをした強み。( バトルと土下座 (7) ←記事参照してくださいね
ドキドキしながらも、ここは引けない踏ん張り所
私「ちょっと待ってくださいお義母さん。
 まだ、途中なんです。
 これから、しっかり言い聞かせをする大事な部分なんで、
 ちょっと待ってもらえませんか???
 今しっかり話さないとわからないままなので!」

子供を怒ってた流れなので、多少語気荒かったと思います。

姑の顔色がみるみる変わっていきました。

が、私も負けじと姑を見つめ。。。。
ついでに
「ちょっと子供と二人にしてもらませんか?」
まで言ってました~~~

過去バトルや日ごろの言動から悟ったのか
怒りオーラを発しながら
母屋へ足音荒く無言で去っていく姑。

 とりあえず、ここは勝った!!!!
でも、姑怒ってる!!絶対怒ってる!!
ドキドキしてます。。。。

とにかく、子供にしっかりと言い聞かせ
子供もごめんなさいと素直に言って終了。

はい!お察しの通り
速攻母屋へ直行しましたよ
二番煎じですが、土下座しましたよお~~
 「さっきはまたまたきつい言い方しちゃってすみませんでした~~」って

さすがに二度目です。
姑も もういいわって感じで
姑「はいはい。わかっちょんちゃ。もういいで」
ってな感じでした
やはり、今回も姑が悪いわけだし
口出ししたのがわかると
息子である旦那から怒られるからもあったのかな?? 

前回ほどの緊迫感もなく、無事に済みました
よかった~~と思ったのと同時に
育児に関しては自分の信念は曲げない!負けない!
そして、これでいいんだ!!!!
強く強く誓った出来事です

    よかったらポチっとお願いします
二世帯同居 ブログランキングへ  

豆乳でヤセ体質を手にいれろ!

「たった200mlのアレ」を朝飲むだけでヤセ体質になれる方法


この記事を発見!!!!!!!!!

なんと!!!
月経1週間前から 毎朝 豆乳を飲むと
月経後のヤセ期の効果が
高くなるですと


でもって、ここで大事なことは
月経が始まったら飲むのを止める

ほほ~~
つまり、月経前7日間だけ
豆乳を飲むと
痩せやすい体になるわけだ!!!

あと、寝る前にぬるま湯を飲むと
体が痩せやすくなるってのも
どこかで読んだぞ

なんとか自己流ストレッチと
自己流ロングブレス そして
この猛暑にて多少の夏ばてが出たのか
最近一週間マイナス1キロできてます

なので、ある意味今がチャンス!!!!

これを逃したら
恐怖の秋が待っている~
く~る~きっとくる~きっと来る~食欲の秋~~~~~~~~~

月経・・・・・一週間前・・・・・・

よかった~今年から10年ダイアリー書き初めて
なんとなく豆乳飲み始めるタイミングはわかるぜ!!

ってことで、さっそくこの豆乳始めてみようと思ってます。
豆乳飲料 フルーツミックス豆乳飲料 バナナ
ここらへんだと飲めるもんね


163.5センチ
58キロ

お腹 背中 の贅肉のみ!
最低2キロ落としたい!


とっても我侭な願いと共に
ちょっと頑張ってみようかなって言い続けて早十〇年・・・・・
新たに誓いを立ててみる今日でござんす。
 ↓同居嫁の本音を書いています よかったら読んでください
目次    クリックしたら記事へ飛びます
ランキング参加してます よかったらポチっとお願いします 

人気ブログランキングへ
楽天市場
プロフィール

シルヴァーナ

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ