mappu400 今年も、3月なのに早くもブルベの400kmに挑戦です。
 アタック銚子といっても、コースは、ご覧の様に茨城を二度も横切って行こうという酔狂なもの。なお、PC1、4、5は微妙に位置が違っております。詳しくはキューシートでも参考にしてください。
 さて、詳しいレポートの始まり始まり。
キャリア 今回は川口の神根運動場のスタートは9:00と遅め。ブルベ400初挑戦となるシンザカヤさんが迎えに来て頂けるということなので、お言葉に甘えさせて頂きました。
 野田からは24km位なのですが、車でも1時間近くかかりました。自転車とあまり違わないのね。

スタート 今日も参加者はたくさん。毎度の野州さんカッチンさんばっちゃん等々としばしおしゃべりしながら、スタートを待ちます。
 天気予報だと、今日明日と気温は高めのようなので、上は厚手の半袖アンダーに長袖ジャージ、下はレーパンロング、シューズカバーはナシという出で立ちで臨む事にしました。スタート前はちょっと肌寒いかなーという感じでしたが、走り出したら暑いくらいでした。
 スタートが遅いと、土曜日でも車が多く、野田を過ぎるまでペースが上がりません。信号は3つに1つは引っ掛かる感じです。
6人 利根川を渡り茨城県に入ると車もまばらになってきます。ちょうど、ばっちゃん達の多摩川組?の皆さんの列車に乗せてもらいます。何回か逃げを打ってみますが、田舎道でも信号はあるので、すぐに吸収されてしまいますね。 (^^;
 あと、不思議だったのは、ローテーションしないで集団が進むという事。それぞれのポジションに暗黙の了解事項があるのかしら?
LG21 良いペースで進んでおりましたが、朝、十分出すものを出していなかったので、ちょっとコンビニにお立ち寄り。
 出すものを出したら、ヨーグルトのコンクを補給しておきます。内臓の状態が悪いと走るどころの騒ぎじゃなくなっちゃうものね。

今日の筑波 一人旅になると、良い景色が眼に入ったときに止まりやすくなる長所があります。
 下妻あたりから見る筑波山は良い形しているんだよねえ。

 PC1の手前で、今回1回目のミスコース。まあ、なんかヘンだなあと思いながら入っていった道なので、すぐに間違いに気が付きましたけど。場所は、キューシートの29番のところです。狭い方の道と言っても狭すぎました。(笑)
PC1 程なく、PC1に到着。時刻は12:30過ぎといったところ。ココまでのAVは29km/h、なんとなく追風基調とはいいながら速すぎかも。
 カップ焼きそばのお湯をきっているときにカッチンさん、野州さん、シンザカヤさん到着。皆さん良いペースです。
 今日は個人的に一応タイムアタックをしているので、13:00過ぎに一足お先にリスタートします。
 ところが、ココから銚子に向かうまでほとんど向い風。特に筑波山の裏手を抜けるまでがキツかったなあ。
集団 石岡の街中で大集団に追いつきます。大型車の交通量も多く狭い国道なので、集団を切ろうとしたんだけれど、どうも主旨がうまく伝わらず車2〜3台分空けたら、中切れしたと勘違いされて追い越されていく始末。危ないので、ちょっとペースを落とすことにしました。

北浦 そうこういているうちに、北浦の鹿行大橋に到着。
 明るいうちに走れる中で、唯一の観光スポットかな?




橋の上ですれ違い可 橋の上から見ると、北浦の雄大さが良く分かります。
 が、橋は途中で一部すれ違いができるようになっている1車線の道。これでも、大橋?
 近くに新しい橋を造っているようなので、この風情ももうすぐ見納めかもね。

PC2 PC2には16:00過ぎに到着。さすがに、向い風区間が長かったので、AVも27km/hまで低下しました。
 ここでは、レシートの他に、スタッフがチェックに入っていました。スタートから173kmあまり、通過者を待つのに6時間程。お疲れ様です。



折れた 銚子までは後55kmほどです。風向きもモロ向い風からサイドウインドになり、ペースを上げようかと思っていたとき、リアからバキッといういやな音と、トルクが抜ける感じが。・・・チェーンが切れたかと思いきや、リアホイールのスポークが1本ハブ側から折れておりました。(泣)
 スポークは20Hなので、振れが出ていないか不安でしたが、どうにか走れそうなので、応急処置。
 ココからは、急加速、過剰なダンシング禁止で様子を見ながら走ります。結果としてはコレが良かったかも。無理をすると出てくる左膝の痛みも出ないで済みました。

鹿島スタジアム 明るいうちに鹿島スタジアム脇を通過して、
夕日 鹿嶋市内で綺麗な夕日が落ちました。





銚子 銚子大橋を渡れば、千葉県です。
 銚子のPC3には19:00前に到着。ココまでのAVは26.5km/h。
 PC3の後の犬吠崎灯台は残念ながら闇の中でした。月夜でしたので、肉眼では白波がわかりましたけどね。


飯岡 銚子からはしばらく千葉県サイクリング協会の銚子センチュリーランのコースを反対に走ります。
 で、屏風ヶ浦から飯岡の町に入るところで、今回2度目のミスコース。刑部岬の道のほうに行ってしまいました。良い登り道だったのでヘンだなーとは思ってたんですけどね。戻ろうと思っていたところ、思いもよらず飯岡から九十九里浜の夜景が堪能できました。写真を撮っていたら、もうひと方ミスコースをされた方が迷い込んでいらっしゃいました。60番のところです。
 PC4には21:00頃到着、すぐに出発しました。
埴輪道 PC4からPC5は再び内陸に入って、北西に進路を取る感じです。
 成田手前の県道62号線に入るところで、3回目のミスコース。68番のところを手前の埴輪道という新しい方の道を曲がっちゃいました。すぐに気が付いて修正しましたが、同じ道路番号でも新道と旧道があるところは要注意ですな。

 利根川を渡ると再び茨城県です。このあたりまで来ると、気温も下がってきたのがわかります。おまけに靄まで出てきたし。このあたりが一番辛かったかな?
 PC5には日付が変わってからの到着になりました。ココまでのAVは26km/h。

 PC5からは走りなれた道です。岩井の町あたりから一緒になった方とどうせなら3:30にはゴールしたいねという話になり、ローテーションをしながら走ってみますが、信号に引っ掛かりまくりで残念ながら不発。ゴールは3:31になりました。
うどん まあ、出し切るものは出し切りましたので、寒くなーい。スタッフが用意してくれたうどんをすすりながらも、大汗を掻いておりました。(笑)
 スポークを折りながらも、目標の20時間も切れましたので、言う事はありません。
 さて、汗が冷えないうちに、野田までコースをノンビリ自走で戻ります。何台か煌々とLEDランプを輝かせた自転車とすれ違いましたが、なかなか綺麗なものでした。

 サイコン上では、走行距離410.35km、AV25.7km/h、15時間54分30秒動いていた事になるようです。自走分の24km余りを足すと435km走ったのか。スゲー。
 参加の皆さん、お疲れ様でした。