風詩歌伝(ふうしかでん)

ゴッホやベートーヴェン、ジョジョに囲まれた部屋で“風(ふう)ちゃん”がどう成長していくか見守る日記。

祝!10歳

本日10月26日、ふうは10歳になりました。
この子が生まれた時、多くの方からオフ会やメールで祝福を頂いたので、無事に10年が経ったことを
ここに報告します。
彼がこの世に現れたとき、48.4cmだった身長は132cmに、3200グラムだった体重は26.2kgになりました。
思えばこの子は、僕の実父のお葬式当日に生まれて来るという(ちょうどお骨が焼けた時に出生)、
何とも不思議な星の巡り合わせの下にやって来ました。

子育てをしてわかったことは、自分が幼児期に「どれだけ親(大人)に守られていたか」ということです。
幼児は親がいないと、まず食べものを入手不可能。車道に飛び出したり、高所から転落したり、窒息、
水難、火傷といったリスクは日常生活の中に常にあります。とにかく、誰か守ってくれる大人
いないと、命が幾つあっても足りないのだと、それを育児で学びました。
僕はいろいろあって高2の夏から一人で暮らし始めましたが、酔っ払った実父と大喧嘩したとき、
“自分は愛されていないのだ”と恨んだりしていました。
ですが、どれほど衝突しようが、どんなに会話が減ろうが、最も命が危険に晒されていた幼児期を
生き延びることが出来たのは、常に気を遣ってくれる人、見守ってくれる人がいたからであり、
それは愛情がなければ絶対に不可能なことだと、育児を通して悟りました(ずっと見続けているのは
それくらい大変)。それだけに、親には本当に感謝しています。

ときに、墓マイラーの子として彼は少し風変わりな体験を順調に重ねています。3歳のときに最初に
お墓参りした外国人女性がマリリン・モンローというませっぷり…といっても本人はまだ誰に対して
手を合わせているのかわかりません。おそらく、最初に顔と墓が一致して「ありがとう」を言えたのは、
5歳のときの“面白い人”チャップリン、“いい音楽の人”ベートーヴェン、6歳のときの“ドラえもんを
描いた人”藤子・F・不二雄先生だと思います。
そして、彼が実体験から自分の意思で感謝を伝えたのは、乗り物の玩具にハマっていたときに訪ねた、
トミー創業者富山栄一郎氏&プラレールやトミカを開発した2代目社長富山允就(まさなり)氏、
そしてレゴブロックに夢中だった頃に訪ねた、デンマークのレゴ創業者オーレ・クリスチャンセン
お墓かと。
今や墓巡礼の際は完全にカジポン家の“戦力”となっており、広大な墓地を手分けして探すときに彼が先に発見することも増えてきました。これは漢字や英語が読めることになってきたのが大きいです。
また、独身時代は外国で墓地の管理人さんに「怪しいアジア人が墓地をうろついている」と警戒されていた
のが、親子連れだと「事務所に冷たい水があるよ。飴をあげよう、味は何がいい?」と対応が激変!
手描きの地図もくれるし管理人さんがめっちゃ親切になる。お陰で巡礼がどんなにスムーズになったか!

そういえば父子で兵庫の山中で宮本武蔵や安倍晴明の墓を探しているときに、車の左後輪が斜面で
脱輪して横転しかけ(携帯電話は圏外!)、窓から脱出した彼が近所の農家まで助けを呼びに行き
兵庫県警に救助されたこともあった。足をブレーキペダルから話せば横倒しになるという状況
だったし、彼がいなければどうなっていたことか…。
あと8年経てば彼も運転免許をゲットできるので、肉体的、精神的にハードな海外でのレンタカー巡礼
の際に、交代でハンドルを握ってもらえるのが楽しみ(「めんどくせー」って、ついてきてくれなく
なる可能性もあるけど…汗)。
とにもかくにも、今日、この日を迎えることが出来たことに、妻はもちろんのこと、育児をサポート
してくれた祖父母、こども園や小学校の先生、お友だち、墓マイラーイベントで優しく接して下さる
皆さん、すべての方に感謝しています。

俳優のクリスチャン・ベールが2011年のアカデミー賞授賞式で行った次のスピーチを10年目の今日、
しみじみと実感しています。
「これから教えるであろう以上の事を教えてくれた幼い子どもに感謝します」

以下、本年2019年の巡礼から。

  P5041754fuuP5041910fuu
(1)GWの韓国巡礼。映画『道~白磁の人』の主人公になった朝鮮民芸・陶芸の研究家、浅川巧さんと
兄で朝鮮古陶磁研究者の浅川伯教(のりたか)さんのお墓参り。2人とも韓国の土となり、
地元の人に大切に墓が守られている。後方の円墳が巧さん、ふうが触っている陶磁器型の墓が伯教さん
(2)墓地で出会ったお爺さん、キムさんが墓前まで案内して下さり、最後は鉄道駅までマイカーで
送って下さった!初対面なのに!ふうはキムさんにすっかり懐き、別れ際に駅前で抱きついてました

 IMG_1651(1)fuu IMG_2047(1)fuu
(3)台湾北部のテレサ・テンのお墓。海の見える墓地に眠っている
(4)八田與一(よいち)のお墓。大型ダムを作り不毛な土地を豊かな穀倉地帯に変えた

 IMG_2889(1)fuu2 (5)墓巡礼のあとの台湾ラーメンがおいしい!!


生後3332日目 9歳とサンタ

ふういわく「節分の鬼はうそだし、ウルトラマンの怪獣には人間が入ってるけど、サンタは本当にいる」。
9歳というのは“ギリギリ”の年齢という気がする。
親がいくら夢を守っても、学校でクールなクラスメートからショッキングな悲報を聞かされるから。
ふうも内心では信念が少しグラついていたかも知れない。

このタイミングで放送された、12月23日(祝)のお昼のNHKニュースがグッジョブすぎる。
フィンランド国営放送が撮影した、北極圏ラップランドからサンタが出発する激レア映像をオンエアしてくれた!
大雪原をサンタとトナカイは疾走し、それを圧巻の空撮。
アナウンサーの解説は実にリアルで、
「今年は大雪で交通が混乱する恐れもあることから、時間に余裕を持って例年より2日早く出発しました」
「旅が順調に進めばクリスマスイブの夜から翌朝にかけて、世界各地の子どもたちの元にサンタクロースが訪れます」
と迫真のレポ。
S__21012484bbS__21012486bb
(1)ソリに荷物を積み込むサンタクロース
(2)広大なラップランドの雪原を行く※素晴らしいドローン撮影
S__21012489bbS__21012485bb
(3)「今年は大雪で交通が混乱」と懸念
(4)「時間に余裕をもって例年より2日早く出発」と解説
ニュース動画 https://www.youtube.com/watch?v=nevFqpexab4 (1分)
※自動字幕、冒頭の「ソリ」が「それ」になってしまうのが残念…

ふうはテレビ画面を食い入るように見つめ
「すごい!ニュースで決定的瞬間を見た!サンタが出発してた!」と存在を確信!
そして「フィンランドは遠いからなぁ、2日早く出発する必要があるんやなぁ」と、納得の表情。
ありがとう、フィンランド国営放送!ありがとう、NHK!
S__21028866b
このニュースを見て、ふうは大慌てでサンタに手紙を書いた。文面はこうだ。
「サンタさんへ ぼくはロボットがほしいです。ラジコンでもいいからほしいです。がんばっておかずをたべる
ようにしました。メリークリスマス」
※彼にはおかずを食べることが最大のチャレンジだったようだ(笑)

祝!9歳!

10月26日に生まれたふうは今日で9歳になりました。
9歳にもなると自分の人生、将来のことを考え始める。
ふうと墓参した歴史上の偉人の墓は、50代で死んでいる人が少なくない。
僕は来月で51歳、妻はひとつ年下。信長「人間五十年」。
それもあって、ふうは将来1人ぼっちになることをすごく恐れ、
「兄弟が欲しかったな」「誰か結婚してくれるかな」とめっさ心配している。
そして一生懸命、いとこの数を数えたりしている。
妻は「100歳まで生きるから大丈夫だよ。ふうは友達を大切に、他人に優しくね。独りぼっちが嫌なら
それが一番大事」と励まし、僕は映画『万引き家族』を引き合いに、血が繋がってなくても強い絆を持てることを
説明した。
ふうは、かなり映画を見てるので、人の幸せは人の数だけ、いろんな形があることを漠然と分かっている。
誰かに必要とされる人間になってほしい。

生後3240日目 立山登頂!

富士山、白山と並ぶ日本三大霊山の立山。日本の3000m超級の山の最北端にして、北陸4県の最高峰(3015m)。
開山は701年というから飛鳥時代末期と古い。奈良時代には歌人・大伴家持が「立山に降り置ける雪を常夏に
見れども飽かず神からならし(立山の雪は真夏でも消えず、美しくて見飽きない。さすが神の山ですなぁ)」と
詠んだ。その立山に登ってきた!

昨日は登山口で一泊して高度順応、今朝7時から登り始めた。
山頂が近づくにつれ、「高い!怖い!」で心臓バクバクだった。ふうは全然怖くないという。何で怖くないん!?
「ゼーハーゼーハー」、僕は何度も休憩しながら午前10時に山頂に着いたが、ふうは平気な顔。途中で休憩
したいとか言わなかった。
思うに、子どもの方が小さい体でヒョコヒョコ登られラクなのだろう。僕は自分の重い体(70kg)を押し上げるのに
必死だった。ふうはずっと、一緒に登った妻や祖父母(妻の両親)、叔母に話しかけていた。よくあんなに喋りながら
登れるもんだ。

IMG_5689bCIMG5406b
(1)足下からせり上がってくる雲。雄大な景色に息をのむ
(2)立山は小さな岩が多く、もし踏んで足を滑らせたら命にかかわる。みんなは談笑しながら下山していた
けど、僕は登るよりも降りるときの方が怖かった※赤い服がふう

次に登る山は白山!3年以内に登って、5年以内にあの富士山に挑戦したいな。元気に身体が動くうちに。

生後3211日目 トーベ・ヤンソン巡礼

南欧から日本に帰国する途中で、フィンランド・ヘルシンキに12時間滞在。
フィンランドのみならず、午前中は北欧を代表する大作曲家シベリウスの住居とお墓を訪れ、
午後は『ムーミン』の作者トーベ・ヤンソンさんのお墓に御礼を伝えに行った!

図13b図12b
(1)緑豊かな自然の中で眠るシベリウス
(2)フィンランドならでは「トナカイ飛び出し注意」

トーベ・ヤンソン2b
CIMG5170c








(3)「トーベさん、ムーミンをかいてくれてありがとう。スナフキン、かっこいいです!」
(4)墓石の上にムーミン家、ミィ、スナフキンが集合!
図14b図15b
(5)「ふう、旅の最後の写真を撮ろう!」「やったぁあああ、日本に帰れる!ラーメンとたこ焼き食べに行く!」
(6)南欧とフィンランドの走行距離を合わせると、3週間トータル10468km!ちなみに青森から山口までの
本州の長さは1220km。その約9倍を走破!


生後3207日目 「ソウルトークしたい」記念日

スペイン・バルセロナにレンタカーを返却するため南仏を東から西へ一気に突破中。
途中、ニースの近くでシャガール、エクスアンプロヴァンスでセザンヌ、ピカソに墓参。
その過程で個人的に大事件があった。ふうが初めて自分から「ソウルトークがしたい」と主張したのだ!
一般的に、日本人は墓参りの際に両手を合わせて感謝の言葉を伝える。
でも、僕は墓に手を置いて、念を送るように感謝の想いを流し込んでおり、それを「ソウルトーク」と呼んでいる。
それを隣りで見てきたふうは、シャガールのきれいなブルーの絵を念頭に、合掌ではなくソウルトークがしたいと
希望した。ついに、ついに、この時がきたか!
(ただ、その後の墓参は合掌に戻っていたので、彼の中で選んでいるっぽい)

シャガールb図7
(1)シャガールの墓石に手を置いて「メルシー、シャガールさん」
(2)墓地の閉門2分前に駆け込んだ画家セザンヌの墓。管理人さんが日本映画の大ファンだった!

図9IMG_4564d
(3)ピカソの墓は彼の子孫が暮らす「ヴォーグナルク城(別名「ピカソ城」)」の中にある。つまり、インタホンを押して
中に入いれもらえないと墓参不可能。だが、僕にはピカソ家との人脈がない。あるわけない。
10年前に初めてピカソ城にきたとき、勇気がなくて押せなかったインタホン。だが、今回はふうがいる。
「子連れなら怪しさが少しは薄れるかも…」、わずかの希望を胸に、意を決してインタホンを押した。ボタンは
4つあり、2つは不通、ひとつは女性が出たけど、けんもほろろで取り付く島なし…。
ところが、ひとつだけ「即切り」されなかったボタンがあり、どうやら守衛さんに繋がったようだ。彼は英語を話し
「ウエイト」と言った。
(4)おお~!守衛さんが門まで来てくれた!彼にスペイン・マラガでピカソの生家に行ったこと、パリでピカソの
息子の墓参をしたこと、ゲルニカ市にも行ったことなど、ピカソ愛を叩きつけた。
守衛さんいわく「ピカソを好きなことはようくわかった。だが、この城は過去にたった一度しか公開されていない。
4、5年前にエクスアンプロヴァンスで初の“セザンヌ&ピカソ合同回顧展”が開催され、期間限定で公開された。
それっきりだ。完全非公開でメディアの取材すら受け付けていない」
なんちゅうハードルの高さ!だけど、かつて一度公開されたことが分かったのは大前進だ。
生きてさえいれば2度目の公開&墓参の可能性はゼロじゃない。それに、ピカソ家の友達の友達の友達の、
そのまた友達と出会える確率だって、墓マイラーを続けていれば0.00001%ほどあるかもしれない。
希望を捨てず、ピカソ墓参の道を探し続けよう。

IMG_4629b図10b
(5)プール付きなのにリーズナブルな値段の宿を発見!前日の「男の約束」を果たせた!ふうはドイツ人、
ハンガリー人、シンガポール人の旅人と一緒に泳いでいた
(6)「ああ~、にほんのあじ、さいこう!」。レンタカー返却まであと2日、虎の子のカップラーメンとカップ炒飯を
解禁した

生後3206日目 予定外の車中泊

交通渋滞に巻き込まれてモナコに着いたのが20時半。
当地には大好きなヴァイオリニスト、ヘンリク・シェリングが眠っている。墓地の閉門時間に間に合わず、付近の宿を検索。
「おとーさん、安いホテルあった?」
「…ふう、凄まじいことになってる。一番安いホテルで4万5千円、次が、はち、はち、8万円…」
昼間の巡礼と運転でヘトヘト、前夜に続いて2日連続の車中泊は避けたい。今日は体を伸ばして眠りたかった。
だが、金額が天文学的数字過ぎる…。

「ふう、男同士の大事な話がある」
「今日も車で寝るってこと?」
「結論からいうとそういうことだ」
「…いいよ。そのかわり、明日の晩、もし安くてプールがついてるホテルがあったら、一回くらい泊まりたい。
せっかく水着持ってきてるし。探すだけ、探してみて」
「お~し、わかった!探してみる、すまんな!」
予定外の車中泊で困ったのは、飲み水も生活水も乏しいこと。普段なら積載しているけど、前夜の車中泊で
使ってしまった。夏場だし、2晩洗髪できないのはつらい。
墓地の周辺には店舗がなく、かといって、もし車を動かしてお店を探せば、その間に他の車がここに駐車しそうだった。
せっかく見つけた駐車スペースは譲れない。
とりあえず、洗髪用・うがい用の水は2日前に噴水からペットボトルに入れたものがギリギリ1人分あるので、
それをふうに使った。僕は「あしたのジョー」の力石状態、墓地の水道を夢みて夜明けを待ち望んだ。

IMG_4338d
「ほんじゃ、先に寝るね。おやすみ」
だんだん勝手知ったるというか、テキパキと寝袋を用意して先に眠った彼
僕は男の誓いを果たすべく、プール付の安宿をネットで探しまくった。いくつか候補があったので、何とか約束は
果たせそう。

生後3205日目 野外オペラ「カルメン」&車中泊

素晴らしい体験をした。
イタリアのベルガモで作曲家ドニゼッティの墓参を試みたところ、教会の閉門時間に間に合わず、
また周辺に安宿もないことから、公営駐車場で夜間料金を払って眠ることに。
パトロール中の警官に「近くに安くて美味しい店はありませんか」と質問。
「200m先のピザ屋がおすすめ」と教えてもらい、そこで夕食。駐車場に戻る途中、町の広場から音楽が聴こえた。

「ふう、お父さんこの曲になんか聞き覚えあるぞ…」
広場の入口に立てられた看板に『カルメン』!キターーーーー!!
「カルメンやぞ、カルメン!」
「ぼくも知ってる!図書室で借りた、オペラの漫画にあった!ね、お父さん、これ見ていこう」
「おう、見るとも!見ないでか!」

図4図5

広場の野外劇場は、フェンスの内側は「有料&椅子あり」、外側は「無料&立ち見」。
有料席は既に満席、僕らはフェンスの外で舞台と音楽を楽しんだ。っていうか、フェンスの内側と外側は
2メートルしか離れてないので、無料で聴けるのはめっさラッキーだった。
休憩時間を入れて3時間を超える講演、終了したのは24時半!
ふうは疲れているはずなのにラストシーンまで見届けた。
「お父さん、あれ、本当は、ドン・ホセはカルメンをナイフで殺してないやんね。刺したふりだよね」
「そらそうや、劇やで劇。そういう“お話”。ふうも学校で劇をするやろ」
「うん。ちょっとだけビックリした」
野外オペラを観て、イタリアは人々の暮らしとオペラの距離がとても近いと思った。日常生活の延長線上に
オペラがある印象。いいなぁ。

車に戻ると、5分もせず助手席から寝息が聞こえた。旅はもうすぐ終わり。明日もがんばろう。

生後3203日目 ニーノ・ロータ巡礼&母との別れ

ローマ巡礼2日目。
早朝からヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂で歴代ローマ教皇を墓参し、サンタンジェロ城で歴代ローマ皇帝を墓参。
午後は映画関係者のお墓を訪れ、夕方に妻を空港に送り届けてお別れした。
その後、父子でナポリに向けて南下!
IMG_3131図3









(1)「ゴッドファーザー」「太陽がいっぱい」「ロミオとジュリエット」などで名曲を書いた映画音楽の神様ニーノ・ロータ。
同じ墓地にロッセリーニ監督やヴィットリオ・デ・シーカ監督、名優マルチェロ・マストロヤンニも眠っている。
(2)「ふう、元気でね!」「お母さんも!26日に会えるから!」

生後3199日目 ファーブル巡礼

南フランスのセリニャンでファーブル博物館(ファーブルの家)とお墓に行きました!
ふうは昆虫が好きなので、昆虫博士のファーブルを尊敬しています。

fuufablu
CIMG2197c

(1)「ファーブルさん、むしのけんきゅう、ありがとうございました」
(2)タイマー写真で撮ったファーブル先生との貴重な家族写真

生後3192日目 南欧巡礼スタート

今日から南欧の墓巡礼をスタート。
欧州では比較的に物価の安いイメージのあるスペインでレンタカーを借り、
いったん西のポルトガルに向かったあと、一気にイタリアまで東に向かう旅程。

図2














最後にレンタカーを返却するため、スペインまで戻る。
妻は仕事があるため8月17日にローマで離脱し、そこから父子の2人旅になる。
fuusagura







図1









(1)バルセロナにそびえる夜のサグラダ・ファミリア教会
(2)池に映った“逆さ聖堂”が幻想的だ。
地下に建築家ガウディの墓があるため、建物全体がガウディの巨大な墓標とも言える。
30年ほど前は「完成までまだ200年かかる」と言われていたけど、建築技術の進化もあって、ガウディ没後200年の2026年に完成するそうだ。
もうすぐだね!


生後3162日目 七夕・墓マイラー

近所のスポーツセンターの前に七夕の笹が置かれていて、子どもたちが「お願い」を書いていた。
「あ、かきたい!たんざく!」
ふうも混ざって書き始め、僕は彼から離れたところで知人と話していた。
すると、ふうのお友だちが
「ふうくんのおとうさん、なんか、ふうくんが、“おはか”とかかいていたよ」
ええっ?
ここはスポーツセンターだから、みんな「はやく25mがおよげますように」とか書いてるのに!?

彼が真剣に書いていたのは
『日本人で有名な人のおはかを全ぶ見たい。ふう』

ちょっと変わった子になってきたけど、ええよ!かまへん!(笑)
ただ、「見る」んじゃないんやで、作品や生きる姿勢に、“ありがとう”って御礼を伝えに行ってるんやで。
とにもかくにも、自分からこういうことを書くようになったんだなぁと、感無量。
早く高学年になって、歴史の授業を受けてほしい。会いたくなる人、いっぱい、いっぱい、出てくるで!!

fuutana1bfuutana2fuutana3

生後2968日目 真の人間誕生!

ふうが生物学的にこの世に誕生したのは2009年10月26日。
僕はふうの赤ちゃん時代からずっと、ひとつの大きな関心事を胸に抱いて子育てしてきた。
それは「人間は何歳になったら、映画や音楽に感動して泣けるのだろう」というもの。

お腹が空いたから泣くとか、オモチャが欲しいから泣くとか、どこか痛いから泣くとか、そういう
自分のことで泣くのではなく、“他人”の喜びや悲しみに心を重ねて泣く。
誰かの心を想像して涙が出たとき、人間にとって最も大切な「共感力」が備わったことになり、
初めてヒトは「本当の人間」になり、基本的な育児がひとまず完結すると考えている。
映画やアニメを見て泣く、音楽に泣く、そのとき人間として完成されるんだ。
他人の痛みに対する共感力・想像力の欠如が差別を生み、大袈裟でなく戦争まで生む。
7歳の段階では、『フランダースの犬』も『のび太の恐竜』もふうの涙腺を緩ませることは出来なかった。

そして今日、学童保育のクリスマス・イベントで市民会館の『アーロと少年』(ピクサー作品)上映会に行ったふうは
帰宅するなりこう言った。

「なんか、ないてしまったわ」
「えっ!ふう、映画を見て泣いたんか!?どんな場面で?」
「さいごの、アーロとスポット(少年)がわかれるとこ」

 aaro 恐竜アーロと少年スポットの別れ

「マジで泣いたんかぁ」
「きがついたら、めから、しずくが、ほっぺにこぼれとってん」
「うおお、ふう、でかした!おめでとう!っていうか、お父さんがおめでとう!赤ちゃんだった
ふうを人間に育てた!」
「おれはずっとにんげんやで」
「違うねん。人間の形はしてるけど、心がまだやってん。どういう意味か説明したるわ」
そこから共感力の話をしたけど、まだヤツにはピンときてないようだった。だが、いずれ分かる
だろう。いかにこの共感力が重要で、真の意味で今日が誕生日だったかを。しかもクリスマスと
いう覚えやすい日。これから、毎年クリスマスはふうのもう一つの誕生日として祝おう。
この世に出てきて8年2カ月(2968日)かけ、ふうは誰かのために泣けるようになった。
おめでとう、ようこそ人間社会へ!!

※『アーロと少年』予告編 https://www.youtube.com/watch?v=v_ZxDIyE__4 (2分20秒)

【追記】僕自身の子ども時代の記憶をたどると、偶然にも最初にテレビを見て泣いた思い出は
1975年にリアルタイムで見た「フランダースの犬」最終回。計算したら、ふうと同じ8歳のとき!
これはもう「8歳」が人間にとって重要な年齢と思うしかない!
イグノーベル賞で発表しようかな…。

生後2952日目 空手茶帯!

2014年の4月から空手を習い始めたふう。
本日3年半の歳月を経て茶帯になりました!茶帯の次はいよいよ「黒帯」!
ずっと“空手ごっこ”のような状態だったけど、最近になってようやくソレっぽくなってきた。

 3bbeaffc c89fd307 fuu8791
(1)生後7カ月の頃から道場の片隅でミルクを飲んでいた
(2)初めて師範に正拳突きを教えてもらう彼(3歳半)
(3)「ちゃおび、うれしすぎる!」
 
 fuu8793 fuu8792
(4)後屈手刀受け
(5)前屈逆付き

っていうか、僕は2006年1月から空手を始めて、いま11年目で茶帯なんですけど…。
まさか、ふうに追いつかれて同じ色になるとは…。このままでは父としての威厳が(汗)

★ http://youtu.be/8oG3hvqypeY  (43秒)こんな時代もありました、前掛けしたまま空手(*^v^*)

生後2914日目 ハロウィン余波

昨日のハロウィンが怖かったのか、今日も普段より早くベッドに入ろうとするふう。
僕「もう10月31日は終わったから、少しくらい10時過ぎても大丈夫やろ」
ふう「おれもそうおもってたけど、もんだいはゾンビ。がくどう(学童保育)で、ゾンビはゆっくりあるくから、
とうちゃくするのが、いちにちおそくなるって○○くんがいってた。それにゾンビはアホだから、
1にちまちがえるやつもおる。だから11がつ1にちは、まだきけん。ねんのためにもうねるから、おやすみ」
理にかなっていると言えば理にかなってる。
少しでも具体的な事実(ゾンビはゆっくり歩く)が入ると俄然真実味が生まれる。
子どもの噂って面白いなぁ。

生後2913日目 恐怖のハロウィン

子どもの世界は面白い。
夕方、学校から帰ってきたふうは
「きょうはハロウィンだから、ていがくねんは、9じまでにねないと、おばけにさらわれるらしい!」
と真剣な顔で報告。
僕も真顔でこれに答え
「あれ?お父さんは10時っていう噂を聞いたけど?」
と切り返したら
「それは、こうがくねんのはなし!こうがくねんは10じで、ていがくねんは9じが、さいしんじょうほう!」

そして、普段は10時ごろまで起きている彼が8時40分に布団に入った
「あと、20ぷんでねないと…」
と焦っていたが、そこは子ども、5分後にはスヤスヤ。
お化けにさらわれなくて良かったのう、ふう。

生後2910日目 8歳のちから

毎週土曜、水泳教室が終わった後は、仲良し3人組&その親でお昼ご飯を食べるんだけど、
今日は妻が出張、僕はPTAがあったので、ふうに財布を持たせて、他の親御さんにラインで
「すみませんが、ふうをよろしくお願いします」と頼んだ。
ところが、今日は他の2人が水泳をお休み!誰も親がいない!

僕が13時にPTAから帰宅すると、ちょうど彼も帰って来た。
クチのまわりに砂糖がついている。
「あれ?ふうは一人でお昼たべたんか!?」
「うん、ミスタードーナツにいった」
「自分で並んでお金も払って、全部できたんか。ビックリやな」
「そう、これが8さいのちから!」
ドヤ顔のふう。言うねぇ。(笑)

祝!8歳!

ちょっと信じられないんだけど、ふうがもう8歳になった。
8歳!ってことは8年も一緒に生活しているのか!
そう、いつの間にか「育てている」モードから「一緒に生活している」モードに。
いろいろ対等に会話しているし…。赤ちゃん時代は遠い銀河の彼方の出来事のよう。なんという神秘。

 S__14057479b S__14057481b
(1)毎年、誕生日は近所の店で「風プラン」を特別に食べている。これは出産当日に食べたのがきっかけ
(2)指を8本立てて「5たす3は、はち~っ」

生後2876日目 USJデビュー!!

2001年に開園したUSJは今年で16周年。
僕は大阪にいながらまだ一度も行ったことがなかったけど、期間限定のジョジョのアトラクションがあるため
初めて訪れた。想像していたよりも、はるかに面白かった!なぜもっと早く行かなかったのか~。
ふうも身長が120cmを超えたのでいろんな乗り物に乗られるようになった。めっさ喜んでいた。

「か~め~は~め~波~ッ!」「うぎゃあああああああ!!」

fuuusjfuuusj2

生後2839日目 2017豪州巡礼~エアーズロック

豪州パースのヒース・レジャー墓参後、中部のウルル(エアーズロック)に向かいました。

  

エアーズロックはその巨大さにただただ圧倒。これが1枚の岩だなんて信じられない!

生後2837日目 豪州巡礼~ヒース・レジャー

オーストラリア西海岸パースに28歳で夭折した名優ヒース・レジャーの墓参りに行きました!

  

パースの街中には、ヒースの映画活動を振り返る回顧展の告知が出ていた。秋から始まるらしい。

生後2794日目 祝!半熟卵制覇

卵アレルギーで、これまでよく火を通した卵しか食べられなかったふうだけど、
少しずつ火を通す時間を減らして胃腸を慣らしていき、
今日、ふうの大好きなラーメンに半熟卵を入れた結果、ついにジンマシンが出ずに食べることができた!
生卵はまだ無理だけど、すき焼きを美味しく食べるためには生卵は必須。
月見うどんも美味しいし、いつか将来、生で食べられるようになったらいいなぁ。

祝!7歳7カ月

10月26日に生まれたふうは今日で7歳7カ月になりました。
これまで自分のことを「ふうちゃん」→「ふう」→「ぼく」と呼んできたふうが
今月から「オレ」って言ってる。
ふうが「オレ」!
イメージが合わなさすぎる。すっかり男の子。もうオレで固定化されるのか…。

生後2690日目 レノン風呂!

連休中、ジョン・レノンが軽井沢で滞在した部屋に泊まりました!
ふうはジョンが入った風呂に浸かり、ショーンが寝たベッドで眠りました!

 P3190310 P3190386

この128号室(万平ホテル)は予約時に指定できないので、おそらく一生に一度の貴重な機会かと!

生後2609日 2016大晦日

アッという間の一年でした。健康で何より。

生後2500日目

本日、この世に生まれて2500日目。

生後2427日目 青春サッカー

サッカー教室、ミニゲームで負けて泣きながら続けている。
ふう、先月始めたばかりなのに、以前から習っている子に負けるのは当たり前じゃん!(汗)
今は日が長いので、お迎えに行くとちょうど夕陽に照らされて青春ドラマみたい。

 fuu8789 fuu8790
(1)ミニゲームで泣く子がけっこういるのでコーチは大変
(2)「それっ!」。コーチにドリブルシュートを教えてもらっている

生後2426日目 朝顔成長

5月21日に種を撒いた朝顔。
約1カ月半が経ち、順調に成長。ツルがてっぺんまで伸びた!

 fuu8786 fuu8787
葉っぱも大きくなり、開花するまでもう一息!

生後2423日目 ブラウンファーム

ふうが時々遊んでいるラインの農場ゲーム“ブラウンファーム”。
僕はまったく感心がなかったんだけど、妻も一緒に盛り上がっているのでちょっと遊んでみたら、
これがなかなかどうして上手く出来ている。主人公の熊ブラウンが、野菜や果物の種を撒いて収穫し、
乳牛から乳を搾り、鶏から卵を得ていく。
収穫物は、パン屋、中華料理店、イタリア料理店、和菓子屋、寿司屋、ハンバーガーショップなど、様々な店に
出荷して、美味しそうな商品に変わっていく。
アップルパイを作るためには、リンゴ、小麦、卵が必要だったり、海鮮丼はマグロ、鮭、米、醤油が必要
だったりと、世の中の食品が何を原料にしているか子どもにも勉強になる。
中には鉱山で金・銀・銅の鉱石を採掘し、溶鉱炉で延べ棒にして指環やネックレスに変えるなんてことも。
ふうは海釣りで魚をゲットするのを特に楽しんでいる。戦闘や暴力の要素ゼロ、実に平和なゲームだ。

fuu8780 fuu8781 fuu8782
(1)「じゃあ、アイスと、イチゴと、こむぎと、なまクリームで、イチゴアイスクレープつくるな!3じかん40ぷんで
できるって!」
(2)小麦なら1分で収穫できるけど、イチゴは6時間もかかる
(3)収穫物を店舗に置くと、他のプレイヤーが購入してくれる。そのコインでリンゴやコーヒー豆の木を購入

fuu8783 fuu8785 fuu8784
(4)「よっしゃあ!レベルアップきた!」とガッツポーズ

(5)倉庫の中にはふうが生産したポップコーンやキャベツ、ホットドッグが並んでいる
(6)
「はたけが、ふえた!あたらしいおみせも、だすことができる!レベルアップさいこう!」

このゲームは無課金でもかなり遊べる。課金しないとクリアーできないゲームと異なるので、のんびり長く遊べ
そうだ。
※このゲームは35カ国に配信されており、アメリカ人、台湾人、タイ人、シンガポール人など、いろんな国の
人がフレンド登録してくれる。日本人よりも圧倒的に外国人が多い。その意味でもなんか新鮮!

生後2422日目 梅雨の収穫

この時期は畑の野菜がグングン成長する。畑にGO!

fuu8777 fuu8778 fuu8779
(1)巨大なジョウロで水まき
(2)ハサミを使ってトマトをチョッキン。ハサミだから子どもでもどんどん収穫できる
(3)「みて!こんなにおおきなキュウリやで!」。バットのようなキュウリ!

生後2421日目 梅雨晴れ

梅雨ということもあり、日曜は雨降りが重なったけど、今日は3週間ぶりに公園遊びが出来る天気に。
地面は完全に乾いていないけど、久々に子ども同士で遊べて楽しそうだった。

fuu8774 fuu8775 fuu8776
(1)シャボン玉が大ブーム。バドミントンとかいろいろ持ってきたけど、シャボン玉の時間が一番長かった
(2)おとーさんが4人もいるので、親同士でサッカーやりました。身体動かすのはいいね
(3)ふうとA子ちゃんの絶対不可侵領域。こんな子ども時代の思い出、僕にはこれっぽちもありません(笑)
メインサイトにGO!
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

fuu2009

  • ライブドアブログ