約2年のコロナ禍、ふうには“おうち時間”がたくさんあった。
夏休みはどこにも行けず、6年生なのに学校行事も多くが中止になり、ちょっと寂しい最終学年に。
その代わり、山ほど名作映画を観た。3時間超えの超大作もいっぱい。
コロナ以前に観た映画も含め、積もり積もって200本を鑑賞したので、その中から選んだベスト100を
6年生なりにまとめ、本人がコメントをプラス。
黒澤、スピルバーグ、ジブリ、チャップリンetc。映画を通して様々な国、いろんな時代を旅し
小学校生活最後の年に記録した映画讃歌です!
---------------------
★ふうシネマパラダイス ベスト100★(文章・ふう)

1.リメンバー・ミー(2017米国/105分/リー・アンクリッチ)
人は、忘れられない限り、死んだ後もいつまでも生き続けるという優しいメッセージがグッと来た。「たとえ別れても心は一つ」と歌う主題歌も素晴らしかった。
---------------------
2.ベイマックス(2014米国/102分/ドン・ホール)
2分に1回は笑うシーンがあってすごく楽しかった!「皆を健康にできるロボットを作りたい」というお兄さんは優しい人と思った!
---------------------
3.七人の侍(1954日本/207分/黒澤明)
悪者から農民を守る侍たちがカッコよかった。七人の中では、無口な剣豪・久蔵とゆかいな菊千代が好き。3時間半があっという間で、あんなに迫力のある映画を撮れる黒澤監督は天才と思った。
---------------------
4.トイ・ストーリー3(2010米国/103分/リー・アンクリッチ)
この物語を観て、おもちゃを大切にしようと思った!大ピンチになったおもちゃたちが、お互いに手を繋ぐシーンが心に残った。(お父さんは泣いていた)
---------------------
5.E.T.(1982米国/120分/スティーヴン・スピルバーグ)
仲間全員が自転車で空を飛ぶシーンにワクワクした!E.T.が酔っ払うと主人公も酔っ払ったり、理科室がカエルだらけになって面白かった。
---------------------
6.火垂るの墓(1988/日本/93分/高畑勲)
一番はじめのひとこと「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」に、まずビックリした。節子があまりスイカを食べなかったときにもう虫の息だと分かり、おかゆを食べないうちに死んで悲しかった。ジブリなのにとても暗かったけど、観て良かった。
---------------------
7.ドラえもん・のび太の太陽王伝説(2000日本/91分/芝山努)第21作
個人的にドラえもんの最高傑作と思っている映画です!のび太が途中で王様と入れ替わっているシーンがけっさく!
---------------------
8.ラストサムライ(2003米国/154分/エドワード・ズウィック)
主人公のほうが兵士が少ないのに、作戦をくふうして頑張っていた。最後、勝元が負けているのに「パーフェクト」といったのがジーンときた。敵側の大将のオオムラに僕はめっちゃ怒っています!
---------------------
9.アナと雪の女王(2013米国/102分/クリス・バック&ジェニファー・リー)
アナが真実の愛に救われたり、エルサが「レット・イット・ゴ-」を歌いながら城を作るシーンが良かった。のんきなオラフや、サウナつきのお店のやり取りも大笑い!
---------------------
10.スターウォーズEP4新たなる希望(1977米国/121分/ジョージ・ルーカス)
ライトセーバー、ファルコン号、Xウィング、最初のテーマ音楽、全部カッコよかった!ドジなロボットC-3POが大好き。フォースが便利すぎる。ルークが若い!
---------------------
11.ブルース・ブラザーズ(1980米国/133分/ジョン・ランディス)
カーチェイスに興奮!行儀の悪い食べ方と、悪党の車がワルキューレの音楽と一緒に空を飛ぶところがおかしかった。
---------------------
12.タクシー運転手~約束は海を越えて(2017韓国/137分/チャン・フン)
ケガをした市民をタクシーの運転手が助けたり、みんなで協力して新聞記者を脱出させるところに感動した。
---------------------
13.シャーロック・ホームズ/シャドウゲーム(2011米国・英国/128分/ガイ・リッチー)
モリアーティ教授との知恵比べや、推理をしながら戦う格闘シーンがとても良かった。音楽も名曲。
---------------------
14.ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003NZ・米国/251分/ピーター・ジャクソン)
サムが良い奴でよかった!サムがいなかったら冒険は失敗していたかも知れない。ゴンドール城の戦いがド迫力。
---------------------
15.レディ・プレイヤー1(2018米国/139分/スティーヴン・スピルバーグ)
やっぱスピルバーグは天才!アキラのバイクとかガンダムとか、知っているものばかり出てきて楽しかった。
---------------------
16.ルパン三世カリオストロの城(1979日本/110分/宮崎駿)
前半のカーチェイスや、ニセ札工場を見つけた銭形警部の「どうしよう」っていうシーンがサイコー!
---------------------
17. KANO 1931海の向こうの甲子園(2014台湾/185分/馬志翔マー・ジーシアン)
ピッチャーが苦しんだとき、守備の仲間が「俺たちが受け止めるから投げろ」と言ったシーンがよかった!
---------------------
18.チャップリンの独裁者(1940米国/126分/チャールズ・チャップリン)
ヒトラーがどんなに危険かを笑いで伝えるチャップリンはすごい。音楽にあわせてヒゲをそる場面がゆかい。
---------------------
19.スタンド・バイ・ミー(1986米国/89分/ロブ・ライナー)
線路を歩いてて列車がきたり、夜にキャンプしたり、冒険の途中で起きることの1つ1つが面白かった!
---------------------
20.スター・トレック(2009米国/129分/J・J・エイブラムス)
転送装置とか知恵を絞ってどんなピンチも切り抜けていき、夢中になった。エンタープライズ号も美しい。
---------------------
21.ジョーズ(1975米国/130分/スティーヴン・スピルバーグ)
ジョーズを爆破で倒したときの血しぶきがヤバかった。この映画、PG12っていうけど、R15並みなんだけど・・・
---------------------
22.キャスト・アウェイ(2000米国/144分/ロバート・ゼメキス)
無人島での生き方の勉強になった。諦めないという心も大事。ウィルソンとの別れは泣きそうになった。
---------------------
23.スターウォーズEP6ジェダイの帰還(1983米国/136分/リチャード・マーカンド)
ダースベイダーが最後にルークを守ってくれたから嬉しかった!
---------------------
24.ギャラクシー・クエスト(1999米国/102分/ディーン・パリソット)
この映画を観る前にスター・トレックを観ていたから、ギャグがめちゃくちゃツボに入った。
---------------------
25.シャザム!(2019米国/132分/デヴィッド・F・サンドバーグ)
体は大人なのに、心が子どものスーパーヒーローで、何度も笑いながら観た。後半の全員シャザムは想定外!
---------------------
26.フォレスト・ガンプ(1994米国/142分/ロバート・ゼメキス)
親友がベトナム戦争で死んで悲しかった。「人生はチョコレートの箱と同じ。何が出るかお楽しみ」を覚えておこう。
---------------------
27.ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011英国・米国/130分/デヴィッド・イェーツ)
ホグワーツのすべての先生が、生徒を守るために戦って胸にきた。最後のハリーのどんでん返しに拍手!
---------------------
28.ゴッドファーザー(1972米国/178分/フランシス・フォード・コッポラ)
コルレオーネ・ファミリーの良いところは、麻薬だけは絶対に手を出さないこと。暗殺シーンに緊張した。
---------------------
29.北北西に進路を取れ(1959米国/136分/アルフレッド・ヒッチコック)
わざと警察に捕まるためにオークションをめちゃくちゃにするシーンで涙が出るほど笑った。
---------------------
30.バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985米国/116分/ロバート・ゼメキス)
過去を変えると自分が消えるので、ハラハラした。マーティのパパがビフをやっつけて、よっしゃ!ってなった。
---------------------
31.風の谷のナウシカ(1984日本/117分/宮崎駿)
ナウシカと虫達が心を通わしてるところで温かい気持ちになった。
---------------------
32.ニューシネマ・パラダイス(1988伊・仏/124分/ジュゼッペ・トルナトーレ)
映画館の場面で、観客がみんなで笑ったり泣いたりしていて、映画はいいなって思った。
---------------------
33.アマデウス(1984米国/180分/ミロス・フォアマン)
モーツァルトの音楽がたくさん聞けてよかった。でも馬鹿にされたサリエリはかわいそうだった。
---------------------
34.銀河鉄道999(1979日本/129分/りんたろう)
永遠の命より、限られた命の方が、人は精一杯生きるし思いやりが生まれる。キャプテン・ハーロックが超クール。
---------------------
35.未知との遭遇(1977米国/135分/スティーヴン・スピルバーグ)
宇宙人と音楽や手話で会話するのはグッドアイデアと思った。
---------------------
36.ドクター・ストレンジ(2016米国/130分/スコット・デリクソン)
何回も何回も時間を繰り返すシーンに笑った!世界が逆さまになったり、すごい映像の連続だった。
---------------------
37.チャップリンの街の灯(1931米国/87分/チャールズ・チャップリン)
目が見えない女の人のために、チャップリンがボクシングしたり頑張ってて、いっぱい応援した。
---------------------
38.大脱走(1963米国/173分/ジョン・スタージェス)
脱走用のトンネルが敵に発見されないかめちゃくちゃハラハラした。逃げて捕まった人の運命が悲しい。
---------------------
39.2001年宇宙の旅(1968英国・米国/164分/スタンリー・キューブリック)
50年以上前にリアルな宇宙の映画を作ってて驚いた。コンピューターの反乱が怖かった。ラストわけわからん…。
---------------------
40.サマーウォーズ(2009日本/115分/細田守)
まさかインターネットが切れるだけで人が死んでしまうなんて、考えていなかった。
---------------------
41.この世界の片隅に(2016日本/168分/片渕須直)
どんな時も自分のリズムで生きている、すずさんを見習おうと思った。原爆は絶対にだめ。
---------------------
42.エデンの東(1955米国/118分/エリア・カザン)
父親と兄はもっと主人公の気持ちをわかってあげてほしかった。ジェームズ・ディーンは泣き方がうまかった。
---------------------
43.アベンジャーズ/エンドゲーム(2019米国/182分/アンソニー・ルッソジョー・ルッソ)
アイアンマンが大変なことになって悲しかったけど、世界が無事に元に戻ってホッとした。
---------------------
44.椿三十郎(1962日本/96分/黒澤明)
時代劇なのに笑うシーンがたくさんあった。でも最後の決闘のシーンで腰を抜かしそうになった。
---------------------
45.劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2019日本/120分/外崎春雄)
煉獄さんにはもっともっともっと生きて欲しかった…。
---------------------
46.燃えよドラゴン(1973英領香港・米国/110分/ロバート・クローズ)
ブルース・リーの攻撃が超スピードで仰天した。「アチャー」「アチョー」の声とヌンチャクが痛快だった!
---------------------
47.仁義なき戦い(1973日本/99分/深作欣二)
菅原文太の「弾はまだ残ってる」が渋かった。本当に仁義がないドロドロの世界だった。※残酷な場面は観てない。
---------------------
48.となりのトトロ(1988日本/88分/宮崎駿)
メイが初めてトトロと出会うシーンと、空を飛ぶシーンが楽しかった。ネコバスに乗ってみたい!
---------------------
49.ローマの休日(1953米国/118分/ウィリアム・ワイラー)
王女の秘密に気づいたジョーの慌てぶりが面白かった。真実の口の手品にビックリした!
---------------------
50.風と共に去りぬ(1939米国/238分/ヴィクター・フレミング)
スカーレットは最初はわがままだと思ったけど、本当の気持ちになかなか気づけない人だとわかった。
---------------------
51.ベストキッド(1984米国/127分/ジョン・G・アヴィルドセン)
準決勝では卑怯な方法で足をやられたけど、決勝では鶴の構えで勝って良かった!
---------------------
52.メリーポピンズ(1964米国/139分/ロバート・スティーブンソン)
大好きなチムチムチェリーの曲で煙突そうじ屋が踊るところがお気に入り。
---------------------
53.ワンダーウーマン(2017米国/149分/パティ・ジェンキンス)
「俺は今日を救う。君は世界を救え!」、そう言った人は天国に行ったけど、言葉は心に残っている。
---------------------
54.君の名は。(2016日本/112分/新海誠)
「入れ替わってる!?」って言ってからの大騒動に爆笑しました(笑)
---------------------
55.新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち(2011日本/109分/寺本幸代)31作
最後にリルルが消えてしまって悲しかったけど、正義の心になって帰ってきてくれたからとても良かった。
---------------------
56.天空の城ラピュタ(1986日本/126分/宮崎駿)
シータを守ったロボット兵を助けてあげたかった。呪文の「バルス」が衝撃的すぎる!
---------------------
57.スターウォーズEP5帝国の逆襲(1980米国/127分/アーヴィン・カーシュナー)
スノーウォーカーが敵なのにカッコいい。ルークはもうちょっとまわりの意見を聞かないとアカン。
---------------------
58.少林サッカー(2001香港/113分/チャウ・シンチー)
現実ではありえない大技を敵も味方も使うから楽しかった!ゴールキーパーのお尻に笑った。
---------------------
59.ラーヤと龍の王国(2021米国/117分/カルロス・ロペス・エストラーダ、ドン・ホール)
敵を信じるというのは難しいことだけど、そこからしか始まらないことを教えてもらった。
---------------------
60.ウエスト・サイド物語(1961米国/153分/ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンズ)
戦いのときもパーティーのときも、ずっとダンスしながらで驚いた。なんでもっと仲良くできないかなぁ。
---------------------
61.翔んで埼玉(2019日本/107分/武内英樹)
埼玉と千葉の対決や、群馬県の入口の「これから先、命の保証なし」っていう看板がおかしかった。
---------------------
62.カメラを止めるな!(2017日本/95分/上田慎一郎)
最初はとても怖いゾンビ映画やと思ったけど、種明かしが分かったら、怖いのが消えて笑ってばかり!
---------------------
63.ウエスタン(1968伊・米国/175分/セルジオ・レオーネ)
音楽がすごく美しい西部劇で、見終わってからもメロディーが頭からとれない。でも子どもは撃たないで…。
---------------------
64.インサイド・ヘッド(2015米国/102分/ピート・ドクター)
人間にとって、マイナスな感情の「悲しみ」だってとても大事なものだとわかった。
---------------------
65.シャーロック・ホームズ(2009米国・英国/129分/ガイ・リッチー)
ホームズとワトソンは最強のコンビ!けんかをしても息がぴったり。スリル満点だった(^^)
---------------------
66.ある日どこかで (1980米国/108分/ヤノット・シュワルツ)
古い絵の女性に恋をして、会うためにタイムトラベルする行動力がすごい。最後が切なすぎる…。
---------------------
67. Mr.インクレディブル(2004米国/116分/ブラッド・バード)
ヘンテコなヒーロー家族で、笑いもいっぱいあったから大満足。
---------------------
68.タイタンの戦い(2010米国・英国/110分/ルイ・レテリエ)
ギリシア神話の勉強にもなったし、メデゥーサとの対決が忘れられない。
---------------------
69.ピーター・ラビット(2018米国・豪州・英国/95分/ウィル・グラック)
かわいいウサギの話と思ったら、けっこうワルがしこいウサギたち。人間との知恵比べが面白かった。
---------------------
70.タイタニック(1997米国/210分/ジェームズ・キャメロン)
逃げなかった音楽家や、船が真っ二つに割れるところ、「僕を信じて」の言葉が印象に残った。
---------------------
71.パシフィック・リム(2013米国/132分/ギレルモ・デル・トロ)
主人公の巨大ロボットが仲間を助けるシーンや、タンカーを持って怪獣をぶん殴るバトルが熱かった。
---------------------
72.ボーン・アイデンティティー(2002米国/119分/ダグ・リーマン)
記憶を失った主人公が、格闘になると超強くて、「こいつは何者なんだ?」とどんどん興味がわいた。
---------------------
73.ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002NZ・米国/223分/ピーター・ジャクソン)
城壁の夜の戦いや、動く大木が塔を攻めるシーンがものすごく迫力あった。
---------------------
74.シン・ゴジラ(2016日本/120分/庵野秀明、樋口真嗣)
ゴジラを応援していたから、冷凍されて可哀想だった。第1形態と、第2形態は意外とダサかった。
---------------------
75.アンネ・フランク(2001米国/191分/ロバート・ドーンヘルム)
隠れ家の生活は音を出せないし大変。収容所のアンネは悲惨で、あと一ヶ月で自由になれたのに残念…。
---------------------
76.グーニーズ(1985米国/115分/リチャード・ドナー)
海賊船とか冒険とかワクワク。発明王の少年の“ひみつ道具”がいろいろ楽しかった。
---------------------
77.ハリー・ポッターと賢者の石(2001英国/159分/クリス・コロンバス)
トイレで戦ったトロルのシーンがドキドキした。空飛ぶホウキで戦うクィディッチが面白かった。
---------------------
78.ズートピア(2016米国/110分/リッチ・ムーア、バイロン・ハワード)
どんなときも努力し続ける新米警官ジュディにエールをおくりたい。ニックの大逆転、お見事!
---------------------
79.チャップリンの黄金狂時代(1925米国/112分/チャールズ・チャップリン)
雪山の山小屋の戦いと、靴を行儀良く食べるところが、おかしかった。
---------------------
80.ゴジラVSコング(2021米国/113分/アダム・ウィンガード)
ゴジラとキングコングが戦うなんておったまげた。4DXで観たら、水がいっぱいかかった!
---------------------
81.道~白磁の人(2012日本/118分/高橋伴明)
自分の信念を貫いた浅川巧さんは勇気があると思った。ソウルにお墓参りにいった。
---------------------
82.ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009日本/120分/庵野秀明、鶴巻和哉、摩砂雪)
エヴァを降りたシンジが、みんながピンチのときに戻ってきてグッときた。ゲンドウはもっとシンジに説明するべき。
---------------------
83.ゾンビランド(2009米国/88分/ルーベン・フライシャー)
生き残るためのルールが細かくて笑った。弱い主人公が頑張るところがいい。 (怖くなかった!)
---------------------
84.続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(19661伊・西独・スペイン・米国/238分/セルジオ・レオーネ)
最後の「おれズルい奴」「おれ悪い奴」「おれ良い奴」に爆笑した!この西部劇もモリコーネの音楽が魅力的。
---------------------
85.コマンドー(1985米国/92分/マーク・L・レスター)
娘を助けるために、そこまでやるかと大暴れするところが痛快だった。
---------------------
86.2分の1の魔法(2020米国/102分/ダン・スカンロン)
お兄ちゃんの車が空を飛ぶシーンと、透明の谷を渡るところがまた観たい。優しい空気の映画。
---------------------
87.我が輩はカモである(1933米国/70分/レオ・マッケリー)
透明の見えない鏡を使った2人のモノマネが最高に面白かった!
---------------------
88.アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018米国/160分/アンソニー・ルッソジョー・ルッソ)
たくさんのヒーローがラスボスの指パッチンで消滅してショック・・・。みんな最強クラスだったのに!
---------------------
89.チャップリンの殺人狂時代(1947米国/133分/チャールズ・チャップリン)
「1人を殺せば殺人者だが、100万人を殺せば英雄だ」というチャップリンのセリフが衝撃だった。
---------------------
90.ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017日本/119分/三池崇史)
スタンドがリアルだった!途中で終わっているので、続編が楽しみ。もう本当に、僕は続きを待ってます!
---------------------
91.あしたのジョー(1980日本/153分/福田陽一郎、出崎統) 今のアニメよりも絵に迫力があった。ジョーのクロスカウンターも、力石徹もカッコよかった。最後は絶句。
---------------------
92.時をかける少女(アニメ)(2006日本/104分/細田守)
僕はタイムリープは使わない。過去に戻らなくても良い!なぜなら、過ぎ去ったことはもうしょうがないからです!
---------------------
93.ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(2001NZ・米国/228分/ピーター・ジャクソン)
ガンダルフが怪物バルログと戦いながら谷底へ落ちるシーンがやばい。
---------------------
94.ボヘミアン・ラプソディ(2018英国・米国/133分/ブライアン・シンガー、デクスター・フレッチャー)
クイーンの曲がたくさん聴けたし、曲が出来るまでがよく分かった!フレディが病気にかかってかわいそうだった。
---------------------
95.スターウォーズEP9 スカイウォーカーの夜明け(2019米国/142分/J・J・エイブラムス)
レイと敵のカイロ・レンが協力したので胸熱だった!さよならスターウォーズ。
---------------------
96.アーロと少年(2015米国/100分/ピーター・ソーン)
学童保育の映画会で観て、僕が初めて泣いた映画です。
---------------------
97.弱虫ペダル(実写)(2020日本/113分/)
山道で他のライバル全員を抜いたシーンが豪快だった!
---------------------
98.ねこねこ日本史~龍馬のはちゃめちゃタイムトラベルぜよ! (2020日本/73分/河村友宏)
弥生時代から幕末までの歴史を楽しく勉強できた。映画館でお母さんは気を失っていた。
---------------------
99.シン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版(完結) (2021日本/155分/庵野秀明、鶴巻和哉、前田真宏)
綾波に稲刈りさせたかった・・・。
---------------------
100. TENET テネット(2020米国・英国/150分/クリストファー・ノーラン)
理解不能!理解不能!理解不能!
---------------------
次点シュガー・ラッシュ/万引き家族/1917 命をかけた伝令/ソウルフル・ワールド/アリータ:バトル・エンジェル/天気の子
---------------------
第1回フウデミー賞
作品賞 リメンバー・ミー 「音楽もセリフもストーリーも全部最高!」
監督賞 スティーヴン・スピルバーグ 「スピルバーグにはずれなし」
主演男優賞 リチャード・ドレイファス 「ジョーズと戦い、UFOで宇宙に行ったから」
主演女優賞 オードリー・ヘップバーン 「真実の口での驚き方がかわいい」
助演男優賞 川谷 拓三 「けたはずれの、みじめったらしいやられ方」
助演女優賞 エマ・ワトソン 「ハリーとロンをいっぱい助けたから」
主題歌賞 この星のどこかで(「のび太の太陽王伝説」より) 「メロディも声も頂点」

Fu Cinema Paradise
ふうシネマ1
ふうシネマ2
ふうシネマ3
ふうシネマ4
ふうシネマ5
ふうシネマ6