LJL観戦勢SupのLOL考察

主にLJLの感想、予想をつらつら書いていこうと思うブログ。 選手への敬称は略、ご容赦を。御用等ありましたらTwitterに。

2017 Spring Split Round5 RJvsDFM Preview

無敗のDFMに挑むのはRJ
この試合を予想していきたいと思います。



-Draft-
RJ
側は最初の青側でDraftをどうするのか。
DFMとしては赤側の安定3BANになるような気がしますが。
恐らくですが抑えに行くのはBotレーン。
マルザハールとザイラをBANしてヴァルスを抑えに行くのか、
またはヴァルスまでBANをしてカジックスを抑えに行くのか
王道な流れとしてはそんなところだと思います。

個人的に見たいと思うのはDFM側がカミールを開けて
Yutaponがレネクトンを当てるという展開。
TANK系のファイターが得意なイメージのある
Yutaponのレネクトンは脅威になるのではないかと。
もう一つのTopの候補として怖いのはガングプランク。
TopにTANKを置きたいのですがそのカウンターになり、
Ultによるグローバルのゾーニングができるガングプランクは
RJの脅威になりえるでしょう。


-試合展望-
RJ側が勝つポイントを見出すとすれば、Shrimpを捕まえることだと思います。
前回のSZ戦を見たところでもキャッチアップの起点にされていた印象がある。
特にADCのジン、アッシュ、ヴァルスの場合積極的に狙うポイントなのかな、と思う

DFM側が有利なのは間違いがない。特に今のLJL上位陣との差である
ローテーションの速度にRJがついてこれるのか、というのがある。
特にYutaponのTPはかなり脅威で、
Topの1v1でAtyamomoがTPの差を作られた時のBotレーンの状況が悪くなる。
TopレーンのAtyamomoの負担は非常に大きいものになるだろう。

WyverNが爆発的なパフォーマンスを未だに見せることができていない。
今シーズンのJgは助っ人が多く、レベルが高いのもあるだろうが、
RJがこれから勝利を狙うためにはWyverNの活躍が必要不可欠であり、
今日の対面のShrimpが狙い目というところもあり、
今日のRJの中心はWyverNになっていくのではないだろうか。


KeyPlayer  DFM Shrimp
両者の勝敗を握っているプレイヤー。
この1週間でチームコミュニケーションを改善していた場合
RJ側が狙えるポイントがほぼ無くなる。今日のパフォーマンスに注目したい。

2017 Spring Split Round5 USGvsSZ Preview

もう優勝するには負けられないUSG。2勝目が欲しいSZ
USGSZの試合を予想していきたいと思います。


ロースターの変更はSZ
TopのArfoadに変わってKazuがスターターに。
SupのMeiに変わりAirがスターターになります。


-Draft-
SZとしては勝つためには赤側のDraftで仕掛けていかないといけない。
しかし上記の通りロースターの変更があり、無理なDraftを仕掛けていけるのか。
USGとしては特に攻めるDraftが必要ではないのかな、と
カミールは空ける可能性が十分にあるでしょう。
SZはジャックスを当てられてもKazuが勝てるのか、という不安がある。
青サイドでもジャックスかカミールをBANしないといけない状況が生まれてしまう。

1stPickは今まで通り注目したい。特にOPなのが明らかなヴァルス。
空いた場合はカジックスより最優先で取られるのは明らかで、
BANされなかった場合どちらのチームがヴァルスを使うのか、
そしてヴァルスをしっかり生かしてBotレーンで押し込むことが出来るのかを注目したい。

なんといってもUSGはライズを空けることはないでしょう。
Searchは今までのRoundを見ると一番パフォーマンスが良かったのはライズだ。
ロースターの変更もあり、Midの重要性が上がっているので
REMINDSearchのPickには非常に注目が集まるだろう。

Supはかなり絞られてきた感があります。
マルザハール、ザイラ、カルマが非常に強力で、
そのカウンターのフォーチュンという構図が多いのですが、
LJLではフォーチュンが有利を確実に取っている展開が非常に少ない。
マルザハール、ザイラはBAN候補なためカルマの重要度は高いのではないでしょうか。


-試合展望-
この試合の注目点は間違いなくMidです。
USGNeoREMINDを育てる展開が多く、
重要視しているのは過去のRoundをみても明らかで、
USGNeoがMidにGANKしてくるのは間違いない。
今回は対面が前回の試合で素晴らしい読みを見せていたDayDream
このDayDreamの立ち位置がSZの考え方の中心になっていくのかなと
もしMidのカバーを重視するならREMINDを警戒しているということ
それ以外の場所のカバーをするならSearchREMINDを抑えれるということです。

DayDreamは今のLJLの中では稀有なタイプのJgです。
時間を止めるタイプというか、相手のJgのゲームへの介入を妨げるタイプだと思います
ゲーム全体が安定するのですが、各レーンの勝敗がゲームの勝敗を分けることが多い。
そういう意味ではロースター変更したTopやBotの勝敗は大事になり、
特に視界のコントロールが増えることでDayDreamの影響力が上がることを考えると
Botレーンは2番目に重要なレーンになるでしょう。


KeyPlayer SZ Air
対面はEntyという屈指のSupだが、SZが勝つにはBotレーンでの勝利が求められる。
Draftで優位を作った場合、その優位をしっかり生かせるかどうか、注目したい。

2017 Spring Split Round5 7hvsRPG Preview

初勝利を手に入れた7h。登り調子のRPG
7hRPGの試合を予想していきたいと思います。


-Draft-
大分Draftも固まってきたと思いますBAN候補はいつも通り。
その中でターゲットBANになりそうなのはShinmoriのシンドラ。
前回の試合でGameを一人で壊したといってもいいRokeniaのジェイス。
同じく前回の試合で脅威のパフォーマンスも見せたYutorimoyashiのヴァルス
最近TANKで恐ろしいパフォーマンスを出しているEviのマオカイ辺りでしょうか。

Pickとまず1stPickに注目ですよね。
恐らく今一番空いたら取られるのはヴァルスでしょう。
ヴァルスがBANだった場合はカジックス、というのが定石になりつつあるように思います。
Round4でシェンがBANやPickに上がってきたように、
LJLは世界のリーグの動向にかなり敏感なように思います。
その中で面白くなりそうなのはTopのレネクトン。
もしかしたらこのRoundでの登場はあるのではないか、と思っています。

両チームのDraftで注目したいのはTopとBot。
恐らく7hとしてはRokeniaを生かすために確実にEviのカウンターを当ててくると思います
対するRPGは今BotのYutorimoyashiがダメージの中心になっている。
恐らくBotで有利を作るようなDraftを展開してくるでしょう。


-試合展望-
生かしたいポイントは7hはTop、RPGはBotになるでしょう。
その際に重要になるのはTopレーンのTPの介入ですよね。
過去2Roundを見る限り、介入という形のTPの使い方はRokeniaの方が上手い印象。
TPのタイミングでEviが反応で追いつくのは容易く、反応も早いですが
先手を取られる、というのは少し面倒な展開になりそうと考えると、
TopとJgはどちらのチームもTopレーンを中心に作っていくのではないでしょうか。
勿論ShinmoriRamuneに押し込まれる展開は非常にまずい。
Midは必ず均衡を保たないとTopが勝ったとしてもプレッシャーが減ってしまう。
Midレーンの行方も注視しないといけないが、
大きい集団戦は恐らくBot側で起きるのは間違いないでしょう。
その前段階としてのTopレーンのJgを含めた攻防がどちらが抑えるのか。
同時に大きな差を作らせることなく、
7hのBotレーンが耐えれるのかというのが試合の行方を左右するのではないでしょうか。


KeyPlayer 7h ThintoN
Botレーンから崩してくるであろうRPGの猛攻からNaeMisaを守りきれるのか
今日の最重要レーンになるかもしれないBotレーンの行方を握っているのではないか。

Rank
RSS
大会予定
  • ライブドアブログ