僕が、現役の中で一番好きなプロ野球選手、山康晃投手の新刊を読みました。

彼のことを一言で言うなら、
「たくさんの子供たちに夢を与えられる選手」
です。

彼が入団する前、ベイスターズの中で、ファンのために一番長い時間サインを書いてくれたのは、
三浦大輔でした。
(ちなみに、二軍にはかつて赤堀大智という選手がいて、横須賀球場の人気者でした。現在、セガサミー)

その"ハマの番長"の、ファンを大切にする精神を継承してくれたのが、
山康晃(以下、ヤスアキと略します)
でした。
彼は時間が許す限りサインも写真も期待に応えてくれます。「神対応」と呼ばれる所以です。それは、彼がスランプに陥っている時でも何ら変わりません。
ヤスアキは言います。
「沢山の子供達に沢山夢を与えたいと思うし、きっかけを作る場所であって欲しい。たった1枚のサインが、その子供達にとって大きなきっかけに・・・何故なら、僕がそれでプロ野球選手になれたから」
「自分のプレーで褒めるところはファンサービス。僕はそれを、れっきとしたプレーの一部だと思っている」

ヤスアキと言えば、
「ヤスアキJUMP」がハマスタの名物になり、昨年の日本シリーズ進出を経て、全国的にも知れ渡りました。

僕が、ヤスアキJUMP以外で、個人的に注目してほしいのは、

“爐蓮▲螢蝓璽侫ーから降りる時に、リリーフカーの運転手に肩を叩いて「ありがとう」と一声掛けてから降ります。彼はファンから裏方さんにまで(クルーや警備員にも)分け隔てなく神対応しています。

彼は、内野ゴロの際に一塁の方までカバーリングに走ります。疲れるので一般的に他の投手は捕手に任せます(古田敦也が、オールスターの解説でこのことを褒めていた時は嬉しかったです)。

H爐蓮∋邱腓終わった後でベンチのゴミ拾いをします。

なども挙げられます。
僕はこんなプロ野球選手を見たのは初めてだったので、彼の大ファンになりました。
もちろん、彼の原点である、真っ向勝負する強気な気持ちも魅力です。
プロ1年目からクローザーを任され、9回表には相手チームから次々と代打の刺客が送られます。
中日の小笠原道大、巨人の高橋由伸らとの真剣勝負は今でも目に焼き付いています。
その真っ向勝負する熱い気持ちと同時に彼はマウンドでは冷静です。
「考えて投げていい日」と、「無心でポンポン自分の球を投げ込んでいい日」を意図的に使い分けているのです。

また、
ツイッターでたくさん情報発信してくれるのも、野球選手を身近に感じて、もっともっと野球を好きになってほしい、という、彼ならではのファンサービスです。フォロワー65万人はプロ野球選手ナンバーワン。彼はDeNA球団へ多大な経済効果をもたらしているだけでなく、日本プロ野球界全体を盛り上げる選手にまで至りました。わずか3年で。

本書のタイトルは、「約束の力」。
亜細亜大学の名将・生田監督は、入部したヤスアキにこう言いました。
「俺が必ずドラフト1位にしてやる。これは男の約束だ。辞めるなよ。俺についてこい」
生田監督は、インステップを修正したらヤスアキの良さが消えると判断しました。そして、野球の技術だけではなく、父親代わりに厳しく英才教育しました。
「東浜にツーシームを教えてもらって、芯をずらす投球をしろ」と言ったのも生田監督。
中畑監督に対して、(先発ではなく)抑えの起用を助言したのも生田監督でした。

「楽しむことと結果を求めることのどちらも欠かせない。というより、2つは連動している。楽しんでいるうちにうまくなりたいと思い、結果が出ればもっと楽しくなる」
ヤスアキが常に笑顔である所以だと思いました。彼は野球を楽しんでいます。クローザーという痺れる場面の仕事を楽しんでいます。

しかし、楽しむ裏にはプロの厳しさも同時に本書には綴られます。
ストレスからくる十二指腸潰瘍と診断されても、休むわけにはいかない。周りに弱みを見せるわけにもいかない。ただ、投げ続けるしかない。
いつも仲良くしているチームメイトにさえ、本音や弱みを見せるのは嫌だった。唯一、感情をぶつけられるのが母でした。

ヤスアキが小学校3年の時、両親は離婚しました。母は、子供2人を育てるため、それまでの朝9時から夕方5時までの仕事に加え、夜8時から深夜まで、飲食店での仕事も始めました。

彼の根底にある強さは、母子家庭に育ち、高校からプロに行って、家族を養いたいという強い気持ちがあったこと。帝京高校時代に「プロ野球選手になって、家を助ける」と目標を定め、覚悟を決めました。ただし、彼はドラフトで指名漏れをしたときのために、柔道整復師になるための学校の資料請求をしていた、という裏話が本書で披露されています。
ちなみに、
彼は亜大経営学部時代に高校社会科の教職員免許も取得し、東京・岩倉高で教育実習も行った経験もあります。かりに教師になったとしても生徒の人気者になっていたことでしょう。

彼の支えが家族。
母は帝京高校・三原監督に言いました。
「この子が野球を辞めたら、私は生きていく目標がなくなります。この子がいるから、私は頑張れるんです」



■ヤスアキ豆知識
・ヤスアキが最初に投げられるようになった変化球がナックル。

・50M走は5.8秒で高校時代にランニングホームランを4本(通算9本)打っている。
「身体能力は高いが、打者として起用されなかったのは、インステップでドアスイングしてアウトコースが打てず、低めを振ってしまうから。その原因は足首と関節の固さ」(亜大・生田監督)

・甘い物大好きで、スターバックスではホワイトモカのホイップ多め。アイスも好き。甘めの炭酸飲料も好き。決して筋肉美の体形ではない。

・亜細亜大学経営学部の卒論は、
「これからの横浜DeNAベイスターズの行方」
集客率の増加などをもとにDeNAの未来像を描いた論文。
南場智子オーナーの著書を参考に1万5000字で書き上げた。

・入団1年目のオフに、米国ロサンゼルスで約3週間、単身で英語とトレーニングを学んだ。
外国人選手とは積極的にコミュニケーションをとり、英語を学んでいる。
侍JAPANでも他のチームの選手と積極的にコミュニケーションをとり、質問をしている。最近も、楽天・則元投手の隣でスライダーを教わっていた。

・山康晃とクルーンは一度も牽制球を投げたことがない。


■次回作への期待
本書では、帝京高校・三原監督、亜細亜大学・生田監督のコメントが特に良かったです。

次回以降に期待したい対談は、
ヤスアキ×井納
ヤスアキ×中畑清
ヤスアキ×森本稀哲
ヤスアキ×亜細亜大学出身(東浜、薮田、嶺井、松田など)
ヤスアキ×外国人選手(パットン、エスコバーなど)
ヤスアキ×ダレノガレ、稲村亜紀