2016年06月26日

CANP2016に参加してきました。

6月25日・26日の土日、奈良で開催されたCANP2016に参加してきました。
・・手抜きですみませんが、画像の羅列で雰囲気を感じ取ってください。(^^;

13483306_929868443808310_324641580198375048_o

13475150_930880470373774_8342554133129592906_o
続きを読む

2016年05月24日

ご無沙汰しています。(^^;

すみませんん、2月以来更新が滞っていました。
ちゃーんと生きてますよ〜。(^^;

いろいろありましたが、割愛ということで。(笑)

さて、そろそろ子育ても少し落ち着いてきましたので、今年は奈良で開催されるCANP2016に参加させていただこうと思います。

先日、案内pdfが届いたのでプリントしました。
こういうの見るとかなり実感湧いてきますね、楽しみです。
13240028_909703489158139_3432268830215840003_n

参加者募集開始のその日の夕方、すでに満員で締め切りとなったCANP2016、天文人気は凄いですね・・嬉しいことです。
T-WAPからはRつさん、syoshi-さんと僕の3名で参加させていただきます。
参加される皆さま、当日はどうぞよろしくお願いいたします!

2016年02月28日

こども科学館で僕の写真を映像で観れます。

娘が科学館に行きたいと言うので、夕方お邪魔しました。
まあ僕にもお目当があって、Rつさんが書いている科学館の星空ニュースを貰いに行くことですが・・今回は来月の日食の話題ですのでこれは逃すわけにはいきません。
IMG_6809

冥王星小さいですね。
IMG_6804
でも惑星と呼んでも良いくらいの充分な存在感があると思うのですが・・

Rつさんの作品が壁に飾ってあります。
いつ拝見しても見事。
IMG_6810

で、今日初めて気づきましたが、一階の階段横にあるモニターが設置されているスペース。
IMG_6806

子供があれこれボタンを押して遊んでいたので一緒に観ていたら・・
IMG_6811

和歌山の星というボタンが。
IMG_6807

わかやまの星というと・・平成23年ですからもう5年ほど前になりますが、特別展「星を入れた風景写真展 〜わかやまの星〜」という展示で、和歌山県内で撮影した星景写真をプラネタリウム前でRつさんの作品に混じって僕の写真も所狭しと展示していただきました。
http://blog.livedoor.jp/fuuma_mfuk/archives/51858520.html

たまたま子供がその和歌山の星というボタンを押したら、以前Rつさんの作品と一緒に展示していただいた僕の写真も映像で観ることが出来るようになっていました。
IMG_6805
いやぁ、これは嬉しいサプライズ。

今日は子供を連れていたのでゆっくり観ることは出来ませんでしたが・・機会があればぜひ覗いてみてください♪

2016年02月24日

SAMYANG 14mm F2.8 ピント調整 その

調整前
_MG_8349-cs6-blackflame

調整後
_MG_8386-cs6-blackflame

うーん、こんなものかなぁピント。
もうちょっと調整が要るかなぁ・・。

2016年02月21日

SAMYANG 14mm F2.8 ピント調整 その

さらにピントを追い込むためにX4バラしてもっぺん調整ちう。
老眼鏡、もうちょっと度の強いの買ってこねば。。
X4分解

SAMYANG14mmがX4改で無限が出なかったので、レンズの無限位置を調整し、さらにX4のCMOSの位置も調整したので、無限でピントが出るかテストしてみました。
IMG_6706

紀ノ川河川敷で遠くに見える住友金属の煙突やタンク群に合わせてみました。
_MG_8378-cs6

GoogleEarthで見ると距離はだいたい6kmあるようですので、これだけ遠ければ星にもピントが合うでしょう。
map-samyang14mm-pint

samyang14mm-pint-tri
無限側にピントリングをカチンと止まるまで回し、ライブビューで拡大した像を見ながら約2mmほどずつ動かしてピントを確認。
ちゃんと無限遠でピントが合うことと、さらにそこからまだ余裕があることを確認出来ました。気温差によるピント位置のズレが起こっても、これなら大丈夫です♪

2016年02月20日

SAMYANG 14mm F2.8 ピント調整 その

SAMYANG 14mm F2.8、X6iでは無限遠が出るのにX4ではいっぱいに回しても出なかった件ですが、先日CMOSの距離を調整してみましたが、どうも他のレンズとピント位置がかなりずれているようで、距離の表示もずれていますし無限位置も本当にギリギリ・・ちょっとピント合わせをやりにくいので今度はレンズ側で調整してみました。
IMG_6706
グルグルーっと回して行くとカチンと止まる位置が∞マークよりかなり内側。SAMYANG14mmF2.8はEDレンズを使用しているので、気温の違いによるピント位置のズレがあると思いますから、無限遠の位置が本当にギリギリなのでちょっと心もとない感じがしますし、∞マークをカチンと止まる位置に合わせてピント位置もAFレンズのように少し余裕を持たせようと思います。

まずピントリングのゴム(シリコン?)を外します。接着剤で付けているわけではないので、簡単に外れました。
IMG_6703

ゴムを外すとピントリング可動部に小さなマイナスネジが周囲に3か所。これを緩めて内筒と外筒の位置を合わせる作業です。
IMG_6705

出来るだけ遠くの景色に向け、ライブビューで拡大しつつマクロ側に回して、ネジを緩めてリングを少し回してネジを仮止め、無限位置を確認。行き過ぎていたらネジを止めたまま無限側に回してネジを緩め、リングを少し回してネジを仮止め、無限位置を確認・・の繰り返しです。
IMG_6704

IMG_6707
無限位置とカチンと止まる位置が良い感じになったらネジを本締め。

距離目盛のリングも動かすことが出来ます。
セロテープで止まっているだけ(笑)なので、テープを剥がし、距離リングをちょうど良い位置に回して再びセロテープで止めるだけ。
ゴムリングを元に戻して出来上がりです。
ライブビューの拡大は、出来ればPCでやったほうが良いでしょう。
EOS Utilityを使うと200%まで拡大することが出来るので、よりピントが確認しやすいと思います。

僕はかなり老眼が進んで、カメラの背面モニタが見えなくて・・近づくと焦点が合わず星が全て2つに見え、遠ざけると小さくて見えないです。母の老眼鏡を借りてみたら、なんと丁度良かった・・ヤバいです。(^^;

まま、これで何とか撮影できるレベルにはなっていると思います。
SAMYANGで無限が出ないときは、恐らく他のレンズもこのような方法で調整出来ると思います。

2016年02月19日

メロディーライン

_MG_8157-cs6-03-blackflame
KissX4mod. SAMYANG 14mm F2.8 F2.8 15sec. ISO6400 / 2016年2月10日 和歌山県すさみ町

静かな冬の夜、尾根を見上げると木々が奏でる旋律が聞こえてきそうです。

2016年02月18日

デミオに映る大三角

_MG_8140-cs6-blackflame
KissX4mod. SAMYANG 14mm F2.8 F2.8 15sec. ISO6400 / 2016年2月10日 和歌山県すさみ町

先日のすさみ行での撮影中のワンシーンです。

2016年02月17日

フラットが合わん合わん合わん

IMG_6683

買って来た新しい電池に入れ替えてみましたが、どうも明るさが安定しないようです。
フラット用の光源に使っているのはHAKUBAのライトビュアー5700というフィルムビュワーで、インバータが付いているので明るさが非常に安定していてこれにポリエステルフィルムを貼り付けて明るさを調整すると使いやすかったのですが、残念ながら数年前に生産終了になってしまいました。
まあ調子が悪くなったら蛍光灯を交換すればいいかーと軽く思っていましたが、事はそう簡単に済むものではないようです・・
このビュアーの光源は蛍光灯ではなく、冷陰極管と言う特殊なものらしい。
http://sejii.blog.fc2.com/blog-entry-506.html
通販に頼るしかないこの片田舎では、このような代物は手に入るのだろうか・・ただ、光源の寿命は1万時間と長いものなので、僕のものほど使い込んでいるものも少ないだろうと中古を探すかなぁ。
あるいは汎用性の高いLEDで作られたフジのものに買い換えるか・・でもやっぱり出来るだけ安くあげたいものだなぁ。

2016年02月16日

M78&LDN1622

m78-160210-04-blackflame
BORG45ED + Reducer×0.66DGT KissX6i mod. ISO3200 150sec.×90(Total 225min.) SWAT-200 / 2016.2.11 Susami-Town Wakayaka Pref.

すさみで撮影したM78とバーナードループを挟んで反対側にある暗黒星雲LDN1622です。
フラットが合わずフラットなしで処理したので、周辺減光の処理が行き詰まり4時間弱の露光とはとても思えない仕上がりになってしまいました。
フラットを撮りなおして処理しなおさねば。




Blogのご感想はこちらにもどうぞ
GuestBook
MailForm

トラックバックできない方へ


RSS URL
http://blog.livedoor.jp/fuuma_mfuk/index.rdf


EOS Kiss Digital N 改造

EOS Kiss DIgital Nのローパスフィルタを換装し、アストロカメラに改造するための手ほどきです。少しの道具と勇気をご用意ください。


天体写真Galleryと機材のカスタマイズ
Profile
My Site
Archives

 
記事検索

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright © Fuuma-mfuk. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.