2005年03月02日

冬の夜空の秘密兵器始動!

デジタルカメラでの冬の夜空の撮影には、電源の確保が重要だ。
冬の撮影では寒さで電池が冷え、数分の撮影で電源さえ入らなくなってしまうからだ。

銀塩ならカイロなどでボディを温めることで電源の問題は解決するが、デジタルだとそうはいかない。
一般的なデジタルカメラはやはり銀塩と同じく本体あるいはバッテリーグリップなどに電池を挿入して電源を得る仕組みになっているが、ボディを温めるということはCCDをも温めてしまうことになり、温度が上昇したCCDはノイズを発生してしまう。デジタルカメラはボディを直接温めてしまうと画質が劇的に悪化してしまうということだ。
要するにデジタルでは冷えた電池が入ったボディを温めることもできないのだ。

これを克服するため、低温に強いリチウム電池を使うのだが、リチウムはとても高価でコストがかかりすぎる。コストダウンを望みデジタルを使うユーザーには、これは撮影を続けていく上でとてもつらいところだろう。

しかし、それを解決する素晴らしい機材がついに始動したっ!

秘密兵器始動!
クモハさん作 *istD用外部電源レギュレーター

前置きながっ・・^^;
続きも長いですよ。



クモハさん作のこの*istD専用外部電源レギュレーターは、ニッケル水素電池を8本使用し、アダプター端子に接続して使用する。
これぞ秘密兵器
電池ボックスを単独で温められるので、常に温めておくことで常温時と同じ条件での撮影出来る。
しかもCCDは冷やすほど画質が良くなるので、寒ければ寒いほど常温以上の好条件で撮影結果が得られるわけだ。
まさに冬の夜空の秘密兵器といえよう。

さて、前置きが長くなってしまったが(笑)・・GPガイドパックで追尾しつつ実際に撮影してみた。
星野撮影機材
下の保冷ボックスには、この秘密兵器の電池ボックスと赤道儀の電池ボックスを入れて、沸かした湯を入れたペットボトルで保温しています。

馬頭星雲とM42オリオン大星雲
馬頭星雲とM42
PENTAX *istD SIGMA 70-210mm F3.5-4.5 APO MACRO
F4.5 バルブ合計620.7秒+ダークフレーム186.3秒 ISO800 WB:auto
20:10-20:32の3枚をコンポジット、ダークフレームを減算100%

3分を超えるカットを3枚コンポジットすると、ようやく馬頭星雲も顔を出し始めた。

M45 プレアデス星団
M45 プレアデス星団
PENTAX *istD SIGMA 70-210mm F3.5-4.5 APO MACRO
F4.5 バルブ合計489.5秒+ダークフレーム186.3秒 ISO800 WB:auto
20:45-20:54の2枚をコンポジット、ダークフレームを減算100%

かなり北に傾いたプレアデス。撮影地からは北の空に街明かりが反射し、状態が良くない。

300mm(450mm相当)で撮ったM42オリオン大星雲
M42を300mmレンズで(450mm相当)
PENTAX *istD SIGMA 70-300mm F4-5.6 DL MACRO
F5.6 バルブ301.4秒+ダークフレーム221.3秒 ISO800 WB:auto
ダークフレームを減算100%

これは少しトリミングしました。
*istDのファインダーではマグニファイヤーを使ってもさすがにピンとは合わせ辛い。

約2時間の撮影だったが、バッテリーはビンビン!
まだまだ撮れるが奇しくも時間切れで撮影終了。
う〜む・・秘密兵器の威力は凄い。

電源のストレスを感じずに撮影できれば、夜空の撮影がさらに楽しくなりますよ。


TRACKBACK PEOPLE 天体写真

fuuma_mfuk at 19:31│Comments(7)TrackBack(0)天文機材 

トラックバックURL

この記事へのコメント

おお!ついに秘密兵器の登場ですね。
成果もバッチリのようで、よかったですね。
これでバッテリー同様ますます星見に熱が上がりそうですね。(笑)
Posted by ich   2005年03月02日 20:45
ichさん、こんばんは。
ついに始動です!
いやぁ〜・・届いてから撮影できる日がなかなか来なくて・・^^;
秘密兵器には完璧なまでの威力に惚れ惚れしています。
デジタルですと、数分の露光を何枚にも分けて撮影してコンポジットするのがベターのようですね。そのたびにNRかけるわけですし、ピント合わせにも時間がかかります。総撮影時間は露光時間の3倍近くになるので、リチウムでもちょっと不安がありました。
電池を温めて常温と同じ状態を保てるのは、冬の撮影では理想条件を得たと言えるんじゃないでしょうか。
クモハさんに拍手です。(^^ゞ
Posted by Fuuma-mfuk   2005年03月02日 21:07
お役に立てたようで、なによりです。(^^)
おおっ、*istDで赤い星雲が写っている!
青い星雲もいい色が出てますね。
デジタルだと、やはり画像処理もポイントですね。
私は、コンポジットの勉強を始めたところです。(^^;)
Posted by クモハ169−1   2005年03月02日 22:18
M42、すっごーい!!
秘密兵器バッチリで良かったね〜^^
やっぱり、簡易赤道儀いいね。
欲しいな〜・・・でももうすぐ車の税金(>_<)
Posted by あいこ   2005年03月02日 23:55
>クモハさん
レギュレータのおかげで電源に関する全ての問題がクリアできました。理想条件下での撮影が可能になると、ますます写欲も湧いてきますね。
いやぁ〜、もう最高です!ありがとうございました!

*istDのNRは思うにあまり芳しくありませんです。ノイズをどうやって取り除くかが当面の課題になりそうです。
コンポジットは今のところフォトショでやっていますが、Registaxだと基準点を設定できるので回転ズレ画像も綺麗に合成することができますよ。欲を言えばステライメージが欲しいところですが・・^^;

>あいP
まいど!秘密兵器は完璧なまでの威力です♪
GPガイドパックは軽くて極軸合わせも迅速に出来て良いのですが、精度は少し不安があります。今はGPDガイドパックなんて言う、ひとクラス上の高精度なセットも販売されていますよ。
ケンコーのスカイメモもかなり精度が高い簡易赤道儀ですが、普通の三脚に専用のアングルを用いて据え付けるので、極軸合わせのときにガイドマウントがないと結構手間取りそうな気がします。
簡易赤道儀は後からシステムを充実させようとすると結構高くつくんですよ。できれば最初からガイド鏡などの機材も揃えておきたいところですね。
http://www.skygrove.co.jp/eyebell/BGP-E.htm
高いように感じますが、後から買い足すよりかなり安いですよ。僕もこれを狙っています。

さあ、満天の星空があなたを待っています!(笑)
Posted by Fuuma-mfuk   2005年03月03日 00:57
見たらめっちゃ欲しくなってきたよ〜

よーし、9月に今やってるプロジェクトの結果が出るから、
達成したらご褒美に買おう^^

ちなみにどんなんかというと、社員の80%に、自分の会社を「好き」と言ってもらう為のプロジェクトです^^
Posted by あいこ   2005年03月03日 23:20
おお、それはまた豪勢なご褒美ですな・・。^^;
ガイド撮影は楽しいですよ♪

しかし自分の勤める会社が好きだというのは素敵なことですね。がんばってくださいね。
Posted by Fuuma-mfuk   2005年03月09日 19:22

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 



Blogのご感想はこちらにもどうぞ
GuestBook
MailForm

トラックバックできない方へ


RSS URL
http://blog.livedoor.jp/fuuma_mfuk/index.rdf


EOS Kiss Digital N 改造

EOS Kiss DIgital Nのローパスフィルタを換装し、アストロカメラに改造するための手ほどきです。少しの道具と勇気をご用意ください。


天体写真Galleryと機材のカスタマイズ
Profile

Fuuma-mfuk

My Site
Archives

 
記事検索

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright © Fuuma-mfuk. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.