2007年12月18日

PhotoShopで自動比較(明)処理

デジタル一眼レフで星の軌跡を作る比較(明)処理、1枚1枚処理していくのはとても大変でした。雑誌のフォトコンで見かけるような5000枚を超える処理ともなると、考えるだけでも疲れてきそうです・・。^^;

でももう疲れる心配はありません。
星空研究会でお世話になった山田さんの手ほどきで、StarTrailsアクションを見つけ、ついに自動で多枚数の比較(明)処理が出来るようになりました。
冬枯れの北天

PhotoShopをお持ちの方は、まずはこちらでStarTrailsアクションファイルをダウンロードしてください。


ダウンロードした「StarTrails.atn」ファイルはPhotoShopのアクションフォルダに入れます。
アクションフォルダ
ProgramFiles>Adobe>PhotoShop>プリセット>PhotoShopアクションでフォルダを開き、その中にatnファイルを入れておきます。
そしてPhotoShopを起動します。

さて、ではさっそく比較(明)合成処理へ。使用しているのはCS2ですが、他のバージョンでもほとんど変わらないと思います。
まず比較(明)合成したい画像だけを入れたフォルダを作っておきます。

PhotoShopにはヒストリー・アクションの表示ウィンドウがありますが、まずはこのStarTrailsアクションツールをここに表示させないといけません。
アクション・ヒストリーウィンドウ

アクションウィンドウ
アクションウィンドウの右上の赤丸部分をクリックして、アクションの読み込みをクリック。
先ほどファイルを入れたPhotoShopアクションフォルダからStarTrails.atnファイルを選択し、OKをクリックすると、ウィンドウにStarTrailsアクションが表示されますので、三角印をクリックしてAction1を選択しておきます。

さて、アクションツールとバッチ処理で一気に片付けます。

ファイル>新規で新規に真っ黒なブランク画像を作ります。
新規黒画像
この画像は撮影した画像と同じサイズで作ります。
新規には真っ白な画像しか作れませんので、一例として・・イメージ>色調補正>色の置き換えを選択し、スポイトで新規に作った白い画像をクリックしてから明度を最小に下げると真っ黒な画像が作れます。
黒画像
はい、作れましたか?

アクションロード
さて、処理する枚数がそんなに多くない場合は、PhotoShop上に一気に開いてしまって、アクションウィンドウの赤丸部分を押してロードすると、少し待つと出来上がるのですが、枚数が多いとやはりバッチ処理が必要になります。

ファイル>自動処理>バッチを選択すると、以下のようなバッチ処理ウィンドウが表示されます。
バッチ処理
セットはStarTrails、アクションはAction1、ソースはフォルダを選択し、選択をクリックして比較(明)処理に使う画像ファイルを入れたフォルダを選択しておきます。
実行後はなしを選択しておきます。
そしてOKをクリックすると、自動で処理が始まります。

あとは待つだけ。
合成が終わると出来上がった画像だけが残りますので、お好みのファイル名を付けて保存しておきましょう。
出来上がり

いやぁ〜、これは簡単・便利。
あの面倒だった比較(明)処理が何百枚になっても待つだけなので楽々です。
それにこのアクション、1枚開いて処理すると、その画像を閉じて、また次の1枚を開く・・という行程なので、あまりメモリーを食わないようです。

では、皆さんもぜひお試しください。

宿舎に傾く秋から冬の星々


※2011年3月追記 検索でたどり着いた方へ。

このPhotoShopを使う自動処理、やってみるとお判りかと思いますが結構時間がかかります。実は僕はもうとっくの昔(数年前)に使わなくなった古い方法なのです。
今は比較明合成の処理をやってくれるとても便利なソフトが沢山あります。
中でも岡山アストロクラブのSiriusさんが作成されたSiriusCompをおススメしておきます。
比較明合成はもちろん、それらファイルを使用して動画(AVI)を作成したり、JPEGダークフレームを用意することでダーク減算ができたり、合成画像にExif情報を複写することができたりと、非常に有用な機能が満載です。
フリーですので、ぜひお試しください♪


天体写真PEOPLE Blog版 天体画像処理&フォトコン トラックバック
http://blog.livedoor.jp/astro_web/archives/20567853.html

トラックバックピープル 天体写真
TRACKBACK PEOPLE 天体写真

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 比較(明)自動処理  [ Gumbo Champroo ]   2007年12月31日 13:21
Fuuma-mfukさんのblogで比較(明)を自動処理する方法が書かれていたの

この記事へのコメント

残念ながらElementsではアクションが無いです。「複数ファイルをバッチ処理する」はあるのですが、実行項目が無く セット、アクションもありません。ちまちまとコピー、ペーストを繰り返すしか無さそうです(>_<)
CS買えば問題ないですが…(遠い目)
Posted by 凧tako   2007年12月19日 12:16
fuumaさん
同じ時期に同じような話題でしたね
やはりCS用のアクションあったのですかぁ
私はCSのアクション作るのを諦めて、バッチ処理出来るようにしてしまいましたが、今度アクションも試してみます

>>凧takoさん
私の方法ならフリーソフトで合成できますよ〜
Posted by asuka   2007年12月19日 21:33
僕もこれは便利と思い試してみましたがElementsなのでできませんでした。
ただasukaさんの情報だとフリーソフトでできるようで♪
週末に試してみます☆
Posted by starwalker   2007年12月21日 06:33
>凧さん
う〜ん・・そうですか、Elementsにはアクションがないんですね。
ステライメージでもバッチ処理はできますよ。でも遅いので・・CS買いましょう!(笑)

>asukaさん
拝見しました。こんな方法もあるんですね〜、さすがです。
フリーで出来るのが良いですね。

>starwalkerさん
starwalkerさんもElementsでしたか。
asukaさんの方法はフリーでできるのが手軽で良いですね。
Posted by Fuuma-mfuk   2007年12月22日 04:16

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 



Blogのご感想はこちらにもどうぞ
GuestBook
MailForm

トラックバックできない方へ


RSS URL
http://blog.livedoor.jp/fuuma_mfuk/index.rdf


EOS Kiss Digital N 改造

EOS Kiss DIgital Nのローパスフィルタを換装し、アストロカメラに改造するための手ほどきです。少しの道具と勇気をご用意ください。


天体写真Galleryと機材のカスタマイズ
Profile
My Site
Archives

 
記事検索

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright © Fuuma-mfuk. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.