2009年12月30日

サパ撮りの進化

数年前にここで書きましたが・・
サッと出してパッと撮れるカメラが欲しい。
僕のスタイルでは普段使いのカメラはそういう機動力が必要になると感じています。

サッと出してパッと撮る・・これを「サパ撮り」と言っておきましょう。
ちなみにこの「サパ撮り」、今はYahoo!で検索しても何も出てきません。明日当たりだと僕のブログしか出てきませんよ。(笑)

そのサパ撮りカメラが進化して帰ってきました。
サッと出してパッと撮れるカメラ


当時はサッと出してパッと撮れるカメラが欲しいということでIXY DIGITAL 910 ISを購入しました。
・・が、実は雨の日に動かなくなることがあり、防水カメラが欲しくなりました。
そこでPENTAX Optio W80を購入。でもちょっと高感度ノイズが酷い。
また動作が少し遅い気がします。撮影時のテンポとしてはやっぱりIXY 910 ISのほうが良かったのです。

そこでIXY DIGITAL 930 ISを購入しました。
IXY DIGITAL 930 IS
実は先日、撮影仲間のみやてつさんが某カメラの○本でEOS 7DとIXY DIGITAL 220を購入されたのですが、その場に同席させていただいたときに、そばで触っていてその進化の虜になってしまいました。(笑)

元箱。ちっちゃいですねぇ・・。
箱ちっちゃい

レンズは24mm〜120mm相当のIS付きズームレンズ。
レンズ
24mmからのズームというのが素晴らしい進化。

そしてこれが最も大きな進化。
タッチパネル式の背面モニタ
背面モニタはタッチパネル方式になっていて、指でモニタを押したりスライドさせることでカメラ操作をすることが出来るのです。
ピントを合わせたいところをタッチすると、その部分に四角い枠が出てきて、カメラを動かしてもその部分を追いかけてピントを合わせ続けてくれる・・タッチフォーカスという便利な機能も。
また、撮影画像確認時にはもちろんタッチパネル上で指をスライドさせて画像送りを出来ますし、カメラ自体を振ることでも画像送りが出来てしまう。
うーん、素晴らしい。まさにサパ撮りカメラの現在考えうる究極のカタチかもしれません。

お約束のようですが、予備バッテリーはどこのか判らないサードパーティ製を併せて購入。
サードパーティバッテリー
容量が同じなら、安けりゃ良いのです。(笑)

さて、さっそく撮ってみました。

プログラムオート。
プログラム
24mmの画角はやっぱりワイド感ありますね。28mmとは感覚が大きく違います。

夕焼けモードでも撮ってみました。
夕景モード
ちょっと色使いが派手になった気がしますね。

マクロは5cmまで近づくことが出来ます。
マクロ
まあこんなもんです。

僕の求めるサパ撮りカメラのイメージに限りなく近づいた930IS。
しばらく楽しい撮影が出来そうです。
いつか片手で振るだけで操作できてしまうようなカメラが出たら、また買い換えようと思います。(笑)

さて・・でもこれでコンパクトデジタルカメラが2台になってしまいました。
Optio W80とIXY DIGITAL 930 IS。
Optio W80とIXY DIGITAL 930 IS
普段撮りはIXY、山ではOptio W80・・という使い分けになりそうです。

fuuma_mfuk at 21:59│Comments(0)TrackBack(0)撮影機材 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 



Blogのご感想はこちらにもどうぞ
GuestBook
MailForm

トラックバックできない方へ


RSS URL
http://blog.livedoor.jp/fuuma_mfuk/index.rdf


EOS Kiss Digital N 改造

EOS Kiss DIgital Nのローパスフィルタを換装し、アストロカメラに改造するための手ほどきです。少しの道具と勇気をご用意ください。


天体写真Galleryと機材のカスタマイズ
Profile

Fuuma-mfuk

My Site
Archives

 
記事検索

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright © Fuuma-mfuk. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.