2012年01月15日

TREK 7.3FX 2010のカスタマイズ遍歴

TREK 7.3FX 2010。
買った当初はこんな感じでした。
買った当初

が、いろいろ気になるところを触っていくと現在ではこうなりました。
現在




ここに書くカスタマイズについては「自転車メンテ・カスタマイズ」カテゴリにエントリ済みのものばかりなので、気になる方はぜひブログ内を探してみてください。

まずフロントディレーラー。
フロントディレーラー
クロスバイク用のLXに換えてます。

リアも9速に。ディレーラーはDeoreのまま。
リア9速
元々の11-32Tでは11Tや32Tは全く使わなかったので、11-28T 9Sをちょこっとカスタマイズして取り付けています。

11Tを取り去って、15Tを入れました。
スプロケのカスタマイズ
12-13-14-15-16-18-21-24-28Tの9速。僕にはこれがとても合っていて走りやすい。

シフターはDeoreに換えました。
シフター
シフターとブレーキレバーが一体になっています。
操作性は非常にクイックでスムーズ。デフォルトのAceraのシフターとは付け替えた瞬間に操作性の違いが体感出来ます。
ワイヤーは摩擦抵抗の少ないXTRに換えています。

VブレーキはLX、タイヤはビットリアのランドナー。
ブレーキとタイヤ
元々付いていたハードケース32Cを28Cに変更。空気圧が低くなり、振動が和らいだおかげで手がしびれにくくなった。
でもこのタイヤ重いので、いずれ出来れば25Cに変更して少しでも軽くしたい。

VブレーキのLXはこのパワーモジュレータを使うことでロックしにくくなりブレーキング微調整がしやすくなる。
パワーモジュレータ

ペダルはneonのシングルケージ。
ペダル
ダブルケージが一般的だが、重いのでこれにした。
結果的にシングルケージのほうが靴底への食いつきが良いように思います。

ハンドル周り。
ハンドル周り
元はボントレガーのライザーバーが付いていましたが、上体を低くキープ出来るフラットバーに変更。以前乗っていたスペシャのハードロックのものを流用。
登りでポジションをフレキシブルにするために、またベルやライトのスペースを確保するためバーカットはしてません。

グリップはこれ。
グリップ
コンフォートタイプで疲れにくい。
白いので汚れが気になりますが、消毒用エタノールをカット綿に染み込ませて拭くと綺麗に汚れが取れ、拭きカスも付きにくいです。

バーエンドバーは乗り心地の硬いTREKには必須かも。
バーエンドバー
登りではこのエンドバーを持ってグイグイとペダリング。平地でもたまにポジションを変えながら乗ると手の痺れが改善されます。
2011モデルからはハンドルが変わり残念ながらバーエンドバーを取り付けることが出来なくなりましたが、アップダウンのあるルートではハンドルバーを交換してでもぜひ付けておきたいパーツですね。

TREK 7.3FX 2010に付いていたハンドルバーの内径がけっこう小さく、合うエンドキャップがなかなか見つからなかった。
バーエンドキャップ
odiのアルミエンドキャップ。アルミなのでとても頑丈、一生モノかも。
キャップネジを締めることで固定できる。

ステムは長くて上がり角の小さいものをセレクトすると、安定したフォームが取れる。
ステム
振動の軽減のためにITMのカーボンステムを付けた。効果はボチボチ。コラムは上に突き出した分、カットしました。
このステムは突き出し120mm、上がり角・・というか下がり角6度。欲を言えばもう少し突き出しが長いほうがより安定しそう。
僕はサドル後方からハンドルバーの中心まで経験上80cmを目安に調整していますが、このままだとまだ1.5cmほど短いのです。希望は135mm、下がり角6度のカーボンステム、あっても高いだろうな・・。(笑)
ステムに下がり角がついたので、サイコンはステムに固定した。バックライト点灯時にも画面が見やすくなった。

サイクルコンピュータはナイトモードでバックライトが充実しているCATEYEのコミューターモデル。
サイクルコンピュータ
温度計も付いているのがジテツー時のレイヤードには結構便利。

サドルはお尻にやさしいGEL入りのもの。
サドル
アセンシアのフォルティスオーラ。コンフォートサドルの中でもままスポーティなタイプだろうか。

サドルもアウターワイヤもグリップも白くしたので、ボトルホルダーも白に。
ボトルホルダー
サイクルボトルは一般生活上、汎用性がないしポリエチレン臭があるので僕はあまり好きではない。
近所をゆっくりポタするにはペットボトル用がやっぱり実用的。

そうそう、楽しく自転車を続けるために、これもぜひ欲しい装備です。
輪行袋
輪行袋。
オストリッチのL-100。軽い・強い・コンパクトで大定番ですねぇ。ボトルホルダーにも収まります。
電車に載せて走りたいところまで移動、疲れたところから電車で帰る。出発点に戻らなくても良いのがgoodです。

輪行袋に収納。
輪行袋に収納

中はこんな感じに。
収納状態

・・とまあ自転車いじりもこれくらいでもう終盤。
あとは必要に応じて軽量化がしたくなるか、快適性を求めたくなるか・・出たとこ勝負でやっていきます。

トラックバックURL

この記事へのコメント

いじり倒してますね。
手軽にパーツを交換したり、付けたりでるきるのが自転車の楽しみですね。
次はSPDペダルではないでしょうか。
僕はロードを乗り始めてもう普通のペダルが怖くて、しかもしんどくて乗る気になりません。
立ちコケしますけど(笑)
Posted by Phenil   2012年01月18日 22:26
>Phenilさん
こんばんは。
はい、気のすむまでいじり倒しています。(笑)
が、あまり¥のかからない程度に中古や廉価パーツを盛り込んでますが・・。
SPDペダルは前のMTBのときに付けていた時期もあったのです。踏む&引き上げるでとても効率が良いのですが、僕のような自転車との付き合い方だとやっぱり靴の選択肢が限られるのがネックですねぇ。数回使ってヤフオク・・でした。^^;
Posted by Fuuma-mfuk   2012年01月18日 23:44

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 



Blogのご感想はこちらにもどうぞ
GuestBook
MailForm

トラックバックできない方へ


RSS URL
http://blog.livedoor.jp/fuuma_mfuk/index.rdf


EOS Kiss Digital N 改造

EOS Kiss DIgital Nのローパスフィルタを換装し、アストロカメラに改造するための手ほどきです。少しの道具と勇気をご用意ください。


天体写真Galleryと機材のカスタマイズ
Profile

Fuuma-mfuk

My Site
Archives

 
記事検索

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright © Fuuma-mfuk. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.