不動産屋探し。まずはホームタウンよこはま♪

今回からは、憧れの横浜に新築の一戸建てを購入する為に、さがしていた不動産会社、「ホームタウンよこはま」を調べていく上で、気になっていたことを書いてみなさんに伝えていけたらと思います。

横浜で新築かつ一戸建てを購入する為には、いろいろと調べないといけないことがおおくなりました。

そこで、「ホームタウンよこはま」さんに気になる質問をQ&A形式で紹介していこうと思います。

まず第一弾として、「お金」にまつわるQ&Aです。

Q.変動金利と固定金利、どっちを選べばお得?メリットとデメリットは?

A.ホームタウンよこはまのお客様は「変動金利利用者が7割、固定金利利用者が3割」です。

・変動金利のメリット
・それぞれの時点における商品群の中では最も低金利(現在は優遇金利利用により1%以下にて借り入れ可能)にて利用可能であるため、固定金利を利用するよりも月々払いが安くなる。
・途中で他の固定商品に切り替えが可能。

変動金利のデメリット
・基本的には年2回の利率見直しがあるため、景気回復局面においては金利が上昇し、月々支払額が現在の金額よりも大幅にUPする可能性がある。

固定金利のメリット
・一定期間、又は全期間、金利が変わらないため、金利変動による返済額の上昇リスクを回避することができる。

固定金利のデメリット
・それぞれの時点における金利は常に変動金利よりも高く設定されており、固定期間が長ければ長いほど、当初から金利が高くなる。

変動金利・固定金利を選択する際は変動金利における「金利優遇制度を利用できるかどうか」また、「優遇幅がどの位か」がポイントとなります。(金利優遇については次項「金利優遇ってなに?どんな人が受けられるの?」にてご確認ください)変動金利は、金利優遇制度を利用する事により1%以下で借り入れ出来る可能性があり、今後低金利時代が長く続くようであればそのメリットを充分享受できる可能性があります。尚、ご利用になる場合には金利上昇時における対応策を充分にご理解いただいた上で選択することも必要です。

また、固定金利においては代表的な商品で「フラット35」という商品があります。その名の通り、借り入れしている間、金利が一定の商品なので金利上昇のリスクはありません。但し、一般金融機関の住宅ローンと違い、団体信用生命保険料は金利に含まれていないため「別払い」であること、また固定期間が長い分、変動金利よりも利率が高く、当初支払いが高額になってしまいます。

現在は物件により「フラット35S」という優良住宅支援制度に基づく金利優遇制度があり、この優遇制度が利用できる物件であればフラット35で借り入れをするメリットも十分考えられますが、物件によっては制度自体、利用出来ない場合も多々ありますので事前のチェックが必要です。

今回からは、憧れの横浜に新築の一戸建てを購入する為に、さがしていた不動産会社、「ホームタウンよこはま」を調べていく上で、気になっていたことを書いてみなさんに伝えていけたらと思います。

横浜で新築かつ一戸建てを購入する為には、いろいろと調べないといけないことがおおくなりました。

そこで、「ホームタウンよこはま」さんに気になる質問をQ&A形式で紹介していこうと思います。

まず第一弾として、「お金」にまつわるQ&Aです。

Q.変動金利で住宅ローンを組む予定ですが、当然金利の上昇もあると思います。
借入後は自分で対処しないといけないのですが、相談出来る場所ってあるのですか?

A.ホームタウンよこはまでは、購入後のお客様には住宅ローン相談の無料サービスを行っております。

これはご新居を購入される方皆様が不安に思われる事ですね。

弊社ではまず、ご購入前に過去の金利の推移表や、変動金利の仕組みについてご説明させていただきます。 そして購入後のお客様には住宅ローン相談の無料サービスを行っております。変動金利で住宅ローンを組まれるお客様には、金利の上昇前に短期固定金利への変更が必要な事をお話しておりますが、金利が上昇するのか?実際に上昇したらどのように対処すべきか?お引渡後には忘れてしまっている事もあると思います。

お客様には3月と9月に連絡をいただくようにお話をしております、実際にこの時期にご連絡をいただく事で、経済情勢や政策金利についての動向を説明し、4月、10月の金利商品変更のタイミングについてアドバイスをさせていただいております。


人生で一番高いお買いものだからこそ購入前だけでなく生涯にわたって資金面での相談が出来るパートナー選びも重要です。お引き渡し後も住宅ローンの相談が気軽に出来れば、より安心してお住まい探ししていただけると考えております。

今回からは、憧れの横浜に新築の一戸建てを購入する為に、さがしていた不動産会社、「ホームタウンよこはま」を調べていく上で、気になっていたことを書いてみなさんに伝えていけたらと思います。

横浜で新築かつ一戸建てを購入する為には、いろいろと調べないといけないことがおおくなりました。

そこで、「ホームタウンよこはま」さんに気になる質問をQ&A形式で紹介していこうと思います。

まず第一弾として、「お金」にまつわるQ&Aです。

Q.現在45才ですが、80才完済のローンを組んでも大丈夫でしょうか?まわりに相談すると、多くの人が75才や80才までのローンを組んでいますが、実際には定年退職後の支払い期間はどうなるのですか?

A.「繰り上げ返済」を上手に利用し、年金を利用しながらでも支払いが可能な金額まで月々払いを引き下げましょう。

住宅ローンは概ね75~80才を最終返済年齢と設定している金融機関が殆どです。しかし、実際は80才まで住宅ローンを支払い続ける事は現実的ではありません。

理想的なのは定年退職を迎える60才までに住宅ローンを完済する事ですが、実際は定年後も住宅ローンを払っている方が多数いらっしゃるのも現実です。
年金収入から住宅ローンを返済するのもひとつの方法ですが、日本の年金制度は基礎年金・厚生年金・共済年金・企業年金など様々な年金があり、サラリーマン、公務員、自営業者でそれぞれ何年勤めたか等によって個々人の支給額が大きく異なります。よって、年金を利用して住宅ローンを引き続き同水準で返済が可能な方はごく一部の方に限られてしまいます。

このような事態を回避する策としては、「繰り上げ返済」を上手に利用する方法が考えられます。
繰り上げ返済は「期間を縮める繰り上げ返済」だけでなく、「月々の支払額を軽減する繰り上げ返済」があり、定年までに完済できない場合は、後者の繰り上げ返済を有効的に活用します。
計画的な繰り上げ返済を元に月々払いを軽減し、年金を利用しながらでも支払いが可能な金額まで月々払いを引き下げ、収入と支出のバランスを保ちます。

ただし、気を付けなければならない事は、マンションを所有している方の「修繕費・管理費・駐車場代」の費用です。これらは住宅ローンを完済しても、マンションを所有している限り永続的に必要となる経費で、月々支払いは概ね約3~5万円となるケースが殆どです。もし、相談者様が年金のみで「住宅ローン」と「修繕費・管理費・駐車場代」の支払いを予定しているのであれば相当のリスクが伴いますので、専門家のアドバイスが必要です。

このページのトップヘ