不動産屋探し。まずはホームタウンよこはま♪

今回からは、憧れの横浜に新築の一戸建てを購入する為に、さがしていた不動産会社、「ホームタウンよこはま」を調べていく上で、気になっていたことを書いてみなさんに伝えていけたらと思います。

横浜で新築かつ一戸建てを購入する為には、いろいろと調べないといけないことがおおくなりました。

そこで、「ホームタウンよこはま」さんに気になる質問をQ&A形式で紹介していこうと思います。

まず第一弾として、「お金」にまつわるQ&Aです。

Q.ボーナス払いを設定する人って、実際どのくらいいるの?

A.ボーナス払いを設定する方は、当社では住宅ローンを利用される概ね7割の方が利用しています。

また、設定金額は1回の平均ボーナス収入の約3分の1くらいが良いと言われています。ただし、あくまで一般的な目安でありボーナス払いを利用するかどうかについては、「収入と支出のバランス」を考慮することがポイントです。収入に対するボーナス比率の高い方、公務員等でボーナス支給が安定している方にはオススメですが、職種によってはボーナスの無い方(自営業や年俸制の報酬体系)、業績によってボーナス支給額が大幅に変わってしまう方もいらっしゃいます。このような方々は、「年2回のボーナス払い時の住宅費支出」と「給与収入」とのバランスが崩れてしまう可能性があり、家計にも影響を与えてしまいます。あくまで重要なのは収入体系に合わせた支出になるようバランスを調整し、無理のない返済計画を立てることです。尚、ボーナス払いを併用することによる金利ロスは殆ど発生しませんので、その点について考慮に入れる必要はありません。

今回からは、憧れの横浜に新築の一戸建てを購入する為に、さがしていた不動産会社、「ホームタウンよこはま」を調べていく上で、気になっていたことを書いてみなさんに伝えていけたらと思います。

横浜で新築かつ一戸建てを購入する為には、いろいろと調べないといけないことがおおくなりました。

そこで、「ホームタウンよこはま」さんに気になる質問をQ&A形式で紹介していこうと思います。

まず第一弾として、「お金」にまつわるQ&Aです。

Q.金利優遇ってなに?どんな人が受けられるの?

A.金利優遇制度とは各金融機関の住宅ローン店頭金利から、決められた金利幅を引き下げて借り入れができる制度です。ホームタウンよこはまの提携ローンにおいては最大▲1.6%の優遇金利がご利用いただけます。

変動金利(平成22年9月現在)      金利優遇幅     実質貸付金利

2.475%                     1.6%           0.875%

上記のように、実質借り入れ金利が1%を下回る形となります。また、この金利優遇幅は全借入れ期間中適用されます。

但し、金利優遇幅は、お借り入れをする方の「年収」「勤務先」「勤続年数」等によって総合的に判断され、貸出リスクの有無により、受けられる優遇幅に若干の差が発生します。ホームタウンよこはまでは事前審査を利用してご自身がどのくらいの金利優遇を受けられるかを確かめる事をお勧めしています。審査の結果、あまり金利優遇を受けられないことが判明した場合にはフラット35を、優遇幅が最大値まで取れた場合は変動金利を選択するというケースが多いのですが、いずれにしてもその他の条件も照らし合わせてプランナーと相談する事が重要です。

今回からは、憧れの横浜に新築の一戸建てを購入する為に、さがしていた不動産会社、「ホームタウンよこはま」を調べていく上で、気になっていたことを書いてみなさんに伝えていけたらと思います。

横浜で新築かつ一戸建てを購入する為には、いろいろと調べないといけないことがおおくなりました。

そこで、「ホームタウンよこはま」さんに気になる質問をQ&A形式で紹介していこうと思います。

まず第一弾として、「お金」にまつわるQ&Aです。

Q.変動金利と固定金利、どっちを選べばお得?メリットとデメリットは?

A.ホームタウンよこはまのお客様は「変動金利利用者が7割、固定金利利用者が3割」です。

・変動金利のメリット
・それぞれの時点における商品群の中では最も低金利(現在は優遇金利利用により1%以下にて借り入れ可能)にて利用可能であるため、固定金利を利用するよりも月々払いが安くなる。
・途中で他の固定商品に切り替えが可能。

変動金利のデメリット
・基本的には年2回の利率見直しがあるため、景気回復局面においては金利が上昇し、月々支払額が現在の金額よりも大幅にUPする可能性がある。

固定金利のメリット
・一定期間、又は全期間、金利が変わらないため、金利変動による返済額の上昇リスクを回避することができる。

固定金利のデメリット
・それぞれの時点における金利は常に変動金利よりも高く設定されており、固定期間が長ければ長いほど、当初から金利が高くなる。

変動金利・固定金利を選択する際は変動金利における「金利優遇制度を利用できるかどうか」また、「優遇幅がどの位か」がポイントとなります。(金利優遇については次項「金利優遇ってなに?どんな人が受けられるの?」にてご確認ください)変動金利は、金利優遇制度を利用する事により1%以下で借り入れ出来る可能性があり、今後低金利時代が長く続くようであればそのメリットを充分享受できる可能性があります。尚、ご利用になる場合には金利上昇時における対応策を充分にご理解いただいた上で選択することも必要です。

また、固定金利においては代表的な商品で「フラット35」という商品があります。その名の通り、借り入れしている間、金利が一定の商品なので金利上昇のリスクはありません。但し、一般金融機関の住宅ローンと違い、団体信用生命保険料は金利に含まれていないため「別払い」であること、また固定期間が長い分、変動金利よりも利率が高く、当初支払いが高額になってしまいます。

現在は物件により「フラット35S」という優良住宅支援制度に基づく金利優遇制度があり、この優遇制度が利用できる物件であればフラット35で借り入れをするメリットも十分考えられますが、物件によっては制度自体、利用出来ない場合も多々ありますので事前のチェックが必要です。

このページのトップヘ