高嶋じゅりあのじゃあ言わせてもらいますけど

客と付き合っていた元風俗嬢の本音と日常




「好きな風俗嬢がいて、結婚しようって言ってたのに、他の男のところに行ってしまった」と愚痴をこぼしている客がいた

最後に「●●さんはいつも正論しか言わないよね」と言われたのだそう

よくよく聞いてみると、「結婚するにあたり、風俗はいつ辞めるのか?」「いつまでもこんなことしていちゃいけない」などと嬢に話したそうな

たしかに、客の言い分は正論ではある

そしてそれは、こちらも重々にわかってはいること

相談されて言っているのであればわかるが、頼んでもいないのにアドバイスをしてしまうのは、ただのやかましい奴でしかないし、それはただのお節介

会うたびにそんなうるさい話しばかりされては、癒されもしないから、会いたくなくなるのは当然のことだろう

だから彼女はきっと、うるさくない男のほうへ行ったのだろう

風俗嬢だけに限らず、うるさく言われて好きになる人なんて1人もいないと思う




近頃出会いがSNSやアプリなんてのが、めずらしくない

風俗嬢やホストと付き合っている人もそうだけれど、あたしはスタートなんてどうでもいいと思う

出会いはどうあれ、結婚している人たちもいるわけで、出会いがないだのなんだのと言っている人は、ただ行動しないだけで、言い訳しているようにしかあたしは思えない

出会い系で出会って、付き合ったカップルをあたしは何組も知っている

現にあたしもネットで知り合った人に助けられたこともあるし、このブログの読者にも感謝している

じゃあ出会い系アプリを使ったことがあるのか?といわれれば、あたしは使ったことはないのだけれども、出会いがないから彼女(彼氏)ができないというのは、違うのではないかと思う



結局リアルで会うことになるから

リアルでもネット上でも、合う合わないは明確になると思う

ネットで意気投合をしたら、会いたくなる

これは自然な流れ

あたしは恋愛はないけれど、大昔facebookで知り合った人から仕事をもらったことがある

怖くないのか?という人もいるけれど、リアルでも道を歩いていても通り魔や交通事故に合う

ネットの人だからという概念を捨てて、1歩踏み出してみれば、ちがった景色があるのかもしれない






ブログの更新を放置していました
2月になってしまいましたが、2018年もぶっ飛ばしていきましょう

今年もよろしくお願いします


あたしは変わっているとよく言われるのですが、付き合うかどうかはセックスをしてから決めたいというビッチな思考を持っている


あたしのなかで、男の仕事は仕事だという考えがあって、セックスも仕事とおなじくらい重要なことだと考えている

昔、性の相性が合わない人と付き合って失敗したことがあって、それからそう思うようになった
中途半端なセックスをすると、あたしは性欲が逆に増してしまう
とことん満足するまでしてもらわなければ、終わりになれない
なぜなら満足していないから、満足するためにもう1度やりたくなってしまう

しかし男は射精すれば終わりなので、もうできない
あたしはムラムラを残したまま、翌日を迎える
彼の気分によっては、今日はセックスができないかもしれない
あたしはムラムラが継続中なので、やりたい、でも彼は気分が乗らないみたい
これが続くともういやになるし、なんのために付き合っているのかわからなくなる
こんなんなら、別れてセフレを作った方がいいと思うんだ

セックスが下手=男としての仕事ができない人となってしまって、いいなと思っていた人でもセックスが下手だと、いやになる
ピロートークもいらないし、もう触らないでほしいし、向かい合わせで寝たくなくなる


よく愛があればセックスなんてどうでもいいとかいう人をみるけど、すごいなと思う
人間の三大欲求であり、あたしは性も最高のものがほしいと思ってしまうから




 

↑このページのトップヘ