カテゴリ:



何のために歩くのか?
それは多分「自分と向き合う」ため。

何かを目的にして歩くことは何かに近づくとか向かい合うというスピリチャル的な意味があるとか。

この人もわざわざ日本に来なくてもヨーロッパにはサンチャゴ街道を筆頭に巡礼する場が沢山あるのです。

それでも日本に来たのは仏教でいう「ご縁」があったからでしょう。
そして異文化の地、四国の自然、日本の宗教観が彼女を内面に向かわせたのでしょう。

そして多分それは彼女の「魂」「スピリット」がそう囁いたんだろうと思う。

でもそこまで特別で無くとも、ただ熱心に歩くだけで内面に向かっていくことを多くの先人が説いています。

自分探しの旅は今から歩くこと…ということになりますか。

成長とは早いもので…

カテゴリ:
image子供の成長とは早いもので、ちょっと前まで次男みたいにベビーカーに座っていた長男が、いつの間にやら次男をあやす迄に成長しております。偏に妻と周りの方々と保育園のお陰。

父の役割なんてせいぜい大人の世知辛い世の中のイロハのイの書き始めを語るくらいで、勝手に彼等の人生を歩んでいくんだろうと思います。それも何となく尻すぼみの世の中で役に立つかどうか微妙です。まあ自己満足ですね。

気がつけば来年は小学生。そのうち声変わりして髭に臑毛、さらにエロ目覚めて中二病にかかるのかと思うと想像しただけでお腹がよじれそうです。

願わくば彼等には「生老病死」「愛別離苦怨憎会苦」に人生四苦八苦しながらもどこか楽しげな人生を送って頂ければよいなぁと思います。





カテゴリ:
1歳なのに生後3か月の体重しかなかった… ヴィーガンの両親が子供を栄養失調に
〈spotlightより〉


食の考えって宗教みたいなところがあるのですが、絶対にコレ!というものはありません。

僕は話のネタにわりと色々な食事のスタイルを試して今は高タンパク食に落ち着いてます…が!それが他の人に良いかというとそんなことはありません。

体質だって千差万別!隣の人が良いから自分が良いとは限りません。とりあえず気になるものをやってみて体調や皮膚の質、便の状態などをチェックして良さそうなものを続けるのがベターです。本当に合わないと1〜2週間で具合悪くなります。


セラピストのお仕事

カテゴリ:
鍼灸とかマッサージに限らずですが、べつに何かすごい事が出来るわけではありません。

血行を良くして身体の痛みを緩和して体が楽に動かせるくらい。ぶっちゃけ美味しいお茶でもして1日ゴロゴロしながら漫画でも読んでたほうが良い時もあります。

おまけに、どんな症状にも回復と改善には自力が必要で治療後に「運動してね」「食べ過ぎないでね」「水分よくとってね」「よく寝てくださいね」「仕事はほどほどに…」etc... という私の言葉はうちのお客様は耳にタコができるくらい聞いています。

たかがその程度、されどその程度。一つ改善するだけでも心身は驚くほど回復することがあります。

色々と重荷を背負って生きすぎですよ。
治療後の「少し重荷が取れた感覚」を味わって大事にしていただけるとセラピスト冥利に尽きます。

セラピストの仕事ってその程度。 

 

カテゴリ:
今日も暑くなってきました。

先ほど、お客さまからキャンセルのご連絡をいただいたのですが…

なんと「熱中症」!!

詳しくは⇨ 厚生労働省が公開している熱中症注意喚起のPDF 

そんな季節になってまいりました。

皆様、お気をつけて…

というわけで7月19日(火)4時〜6時までお時間が空きました。

ご希望の方はご連絡ください。

 

コーヒーブレイク

カテゴリ:

コーヒー無しでは生きられないかも…というよりコーヒーを飲む時間が無いと生きられない@ふよう です。

人間には「間(ま)」が必要です。
働きすぎず、サボりすぎず。
「間」を作ることでバランスがとれるんだと思います。

で、、、「間」を作らないとどかっと「間」がやってくることがあります。

「ま(魔)が差す」のです。


 

カテゴリ:
ちゃんと言わないと通じないことがあります。

例えば…

http://togetter.com/li/989901


手縫いの雑巾が子供が絞りやすい!って聞けば大抵の親御さんは手縫いの雑巾を喜んで作ると思うのです。
(縫いが緩くて良いという安心感も)

だからお互いに伝えたい事をつたえるのは大事だと思うのです。

カテゴリ:
この世にいる全ての人は君である。火星の人、アンディ・ウィアーの短編小説「卵」のユニークな生死観で心ふわっと軽くなる :
カラパイア http://karapaia.livedoor.biz/archives/52219136.html


東洋医学というか東洋哲学では全ての事象は形を変え廻っていると考えています。

そこには魂というものは存在しませんが、物質は形をかえ形状をかえ性質を変えていく…それこそが自然と捉えています。

そう例えそれが「あなたの意識」というものではも自然の一つの自然の形。

私たちの目の前に広がるもの全ては私に繋がるものであり私たちそのものが自然を廻る一つの形なのです。

カテゴリ:
人に優しくするのは自分のため。

と、電車で隣に座った高校生二人組が話していました。

それ本当だけど大人になると色々とね…

空気っていう見えない敵に負けないでね。
応援してます。

カテゴリ:
明日は次男の誕生日。

駆け抜ける様に一年が経ちました。

息子!無事に産まれてくれてありがとう。

ママ!無事に産んでくれてありがとう。

息子!無事に育ってくれてありがとう。

ママ!無事に育ててくれてありがとう。

明日から、また感謝して大切に1日1日を生きよう。



カテゴリ:
足裏マッサージはメニューにありませんが施術の代替(鍼の効果を促すためとか)で時々「軽め」のマッサージをします。

これが人によっては洒落にならないくらい痛いらしいのです。

注)ワタクシ撫でてる位です。
(第三者がみても。)

先日、香港のちょー痛いマッサージ屋さんより痛い!という不名誉なコメントを頂きました。

注)ワタクシ撫でてる位です。

なんで?

カテゴリ:

美容鍼灸キャンペーンのお知らせ

夏の美容鍼灸キャンペーン!!

6月1日(水)〜7月31日(日)まで。


北川流 健康美容鍼灸(全身の鍼灸治療 + 美容鍼灸100本)を…

¥13500 → ¥10000

北川流 美容鍼灸100本

¥10000 → ¥8000

でご提供いたします!

2か月の期間中に複数回の施術がおすすめ

初めての方もチャレンジしてくださいね!

*キャンペーン料金に割引は適用されません。

--------------------------------------

みたいな恒例のキャンペーンを行います。

100本というと三歩後ろに下がってしまう方もいますが…

こと皮膚質を改善しようとするなら本数は必要です!!

女性スタッフ(妻)の施術をご希望の方は火・金(11:00〜14:30)でお願いします。

http://www2.odn.ne.jp/fuyoh/qa.html




 

カテゴリ:
…と良くお客様に聞かれます。

最近、痛いマッサージはダメ!みたいな記事をネットでも散見しますから聞きたくなりますよね。

当院の答えとしては…

「力ずくでわざわざ痛いマッサージはダメだと思うけど、軽く触っても痛みが出る事はあるのでマッサージは痛い時がある。」

…です。

当院の場合はトリガーポイントと言われる筋肉の芯(パスタのアルデンテみたいなもの)を触るのですか、症状を明確に出すポイントほど痛みが出やすい傾向があります。
ただ同じ力加減でも全然平気!みたいな事がままあるので強さの感覚は個人差が大きいので同様のアプローチでも感想の差はかなりあるように思います。

確信をもって言えるのは不必要な力はダメってだけです。サラッとマッサージした方が良くなる場合もあるのでケースバイケースです。

自分に何が向いているか?と悩まれる方も多いと思います。セラピストとの相性や施術を受ける心理的な怖さと…いうのもあるので、ご自身が納得できる手法を探すには実際に受けてもらうことが一番です。幸い都内は選択肢が多いので幾つか受けてみるのは割と現実的です。


オルゴナイトというらしい

カテゴリ:
imageなんだこれ?

…と知らない人はいうはずです。

私も思います。

オルゴンエネルギーを集める装置だそうで。

知らないこと、沢山ありますねぇ。

カテゴリ:


唯一の女性スタッフである妻がお仕事復帰いたしました。

まともな初仕事が「」みたいな事をしておりますが治療院業務もするはずです。
(少なくとも僕はそう聞いています。(T T))

…と半ば愚痴を書いておりますが、長年ご来院の方々は「こんな人」であることは重々承知の事でした。

あの人が、二児の母になって更にパワーアップして(手が付けられなくなって)帰ってまいりました。

当面は火曜日と金曜日の11:00〜16:00(終了)までの勤務となっております。
祝日にあたる日はお休みさせて頂きます。

鍼灸、美容鍼灸、逆子のお灸、そして数秘術コンサルテーションを担当いたします。

水曜日、土曜日に勤務する場合は事前に告知いたします。
 
 

カテゴリ:

…と偉いお坊さんがおっしゃっています。


痛みに限らずですが感覚を言葉として理解すると、その感覚が増して感じるということが人間にはあるようです。


かなり痛みがある状態でも「それを超えるような刺激」が入ることで一時的にも忘れてしまうことを誰しもが経験があるのではないでしょうか?


生理学的な理由(例えばパブロフの犬)は別にして…言語は後付けで教育されたものです。それに感情や感覚が頭の中で紐づけされて記憶になっている部分があります。


この記憶が痛みの記憶を呼び起こす…なんて事が実際にあるそうです。極端な例だど暴力を振るわてていた人がカウンセリングでそのことを話していると暴力を受けた部分に無意識に手が言ったり実際に痛みを感じる事もあるそうです。その逆もあって特定の部分の痛みがでると、その記憶がフラッシュバックする…なんてこともあるのです。


そんな要素が無くても、酷い腰痛だったりすると原因を探し始めてイライラして…なんてことになることが多いのではないでしょうか?「痛みを見つめる」というメディテーション(瞑想)法のレッスンをカジッった程度に受けたことがあるのですが痛みを感じているだけでココロの奥から「言葉」が湧いてきてとても難しかった覚えがあります。


感想としては「はっきりいって無理」。
(当時、酷い腰痛を抱えておりました)


言葉でひどくなっているなら言葉で治せばよいので?
みたいな話になるとこんな本がありまして…




なかなか治らないときはフィジカル要因から離れてみることも大事ってことです。








 

自分を見つめる時間。

カテゴリ:
うちの長男君は電車が大好きでして…電車を乗るときは一番前。


そして降りるときは運転手さんにバイバイしてホームから電車を最後まで見送るのが定番の儀式となっております。


東急の運転手さんや車掌さんは業務の支障のない範囲で手を振ってくれたり「バイバイ」と声をかけてくれます。


いつか運転手さんになりたい…と思うかどうかは別にして兎も角として働くことへのポジティブな思いは育ってほしいなと思います。


今の世の中、選択肢がありすぎて逆に何になってよいかわからない…しかも選ぶのは悪い意味で自己責任です。


そんな世の中で自分が社会でどうありたいか?どう関わりたいか?と自問することが実は親(父親)としての仕事なんじゃないかなと思ったりします。例えば鉄道でも「運転手」「車掌」だけでなく駅員さん整備する人運営する人etc…沢山の人が関わっています。


そうして自分のフィットする職業を見つけてくれると人生楽しいかなあと思ったりしています。
だって人生の目的は自分の生き方を見つける事なんだから。








 

カテゴリ:
何時だったか…

「起こっていることは全て正しい。」

と故立川談志師匠が言っていと何かの本で読みまして…きっと痛みや病気もそうなんだろうなとココロの何処かで考えていたのですが。

「正しいなら治そうってのは変な話だよねぇ。」

と起こったことを肯定してみるとどうなるのかなあ…などと考えていました。

セラピストとしては絶妙な感じがしますが、諸行無常とお釈迦さまも説いていることですし、「健康」も「病気」も常にあるってことは無いものなんだなろうと思います。

実際体の中では小さな病気に罹ったり治ったり傷になったりそれも治ったりを自覚がないだけで延々と繰り返しているわけです。

病気になった時に「何で?」と問うことが間々ありますが、わりと「何で?」答えが無いものがあります。

予想できたり予防できたりするものありますが、ある日突然やってくるのことも間々ある病気。

こんな私も今パタッと倒れることだって何パーセントの確率であり続けるのです。

だからね。

病気になったからって「何で?」ってふさぎ込んでも解決できないんだから、前を向いてできることをしようよ。

大丈夫、なるようにしかならないから。

…とコレを見てくれているであろう友人に投げかけてみたいと思います。








 

休日散歩

カテゴリ:


春節で賑わうの横浜中華街に行ってきました。

文化は多少違えど同じ東洋…仲良くしたいものです。






 

カテゴリ:
最近、逆子のお灸をされる妊婦さんの御来院がぐっと増えまして…
HPに何も書いてない!とお怒りのメッセージをいただきました。
取り急ぎですがここにメモ書きですがアップしておきます。

まずは料金は¥2000です。

自費の鍼灸治療院としては安めの設定ですが実は回数が必要なためこの設定です。 
(二児の母たる妻に妊婦にはやさしくしろと言われている為)

使うツボは足の2穴、左右で4カ所が基本です。
至陰(第五足趾の先)と三陰交(内くるぶしの上のあたり)です。


お灸はその人の体質にもよりますが基本は直にお灸をします。
お灸といえばウズラの卵くらいのモグサがモウモウと煙を上げて燃える様を想像する方が多くてびっくりですが、そんな酷いことはしません。火災報知器がなります。

大きさは米粒程度。それに線香で着火するのですが燃えるのは一瞬。
熱いと思った時には消えています。
皮膚が弱い方は小さい火傷になる場合があります。
熱加減は調整できますのでリクエストがあれば調整も出来ますし、見た目が怪しいは当方でも調整します。
熱の感じ方は個人差が大きく何も感じない方もいれば敏感に感じる方もいらっしゃいます。

期間ですが…

一回でOKでした!という嬉しいご報告から何回も続けてやっとこさという感じの方まで様々です。

詳しいことはご相談くださいね。






 

このページのトップヘ

見出し画像
×