カテゴリ:
…と良くお客様に聞かれます。

最近、痛いマッサージはダメ!みたいな記事をネットでも散見しますから聞きたくなりますよね。

当院の答えとしては…

「力ずくでわざわざ痛いマッサージはダメだと思うけど、軽く触っても痛みが出る事はあるのでマッサージは痛い時がある。」

…です。

当院の場合はトリガーポイントと言われる筋肉の芯(パスタのアルデンテみたいなもの)を触るのですか、症状を明確に出すポイントほど痛みが出やすい傾向があります。
ただ同じ力加減でも全然平気!みたいな事がままあるので強さの感覚は個人差が大きいので同様のアプローチでも感想の差はかなりあるように思います。

確信をもって言えるのは不必要な力はダメってだけです。サラッとマッサージした方が良くなる場合もあるのでケースバイケースです。

自分に何が向いているか?と悩まれる方も多いと思います。セラピストとの相性や施術を受ける心理的な怖さと…いうのもあるので、ご自身が納得できる手法を探すには実際に受けてもらうことが一番です。幸い都内は選択肢が多いので幾つか受けてみるのは割と現実的です。


オルゴナイトというらしい

カテゴリ:
imageなんだこれ?

…と知らない人はいうはずです。

私も思います。

オルゴンエネルギーを集める装置だそうで。

知らないこと、沢山ありますねぇ。

カテゴリ:


唯一の女性スタッフである妻がお仕事復帰いたしました。

まともな初仕事が「」みたいな事をしておりますが治療院業務もするはずです。
(少なくとも僕はそう聞いています。(T T))

…と半ば愚痴を書いておりますが、長年ご来院の方々は「こんな人」であることは重々承知の事でした。

あの人が、二児の母になって更にパワーアップして(手が付けられなくなって)帰ってまいりました。

当面は火曜日と金曜日の11:00〜16:00(終了)までの勤務となっております。
祝日にあたる日はお休みさせて頂きます。

鍼灸、美容鍼灸、逆子のお灸、そして数秘術コンサルテーションを担当いたします。

水曜日、土曜日に勤務する場合は事前に告知いたします。
 
 

カテゴリ:

…と偉いお坊さんがおっしゃっています。


痛みに限らずですが感覚を言葉として理解すると、その感覚が増して感じるということが人間にはあるようです。


かなり痛みがある状態でも「それを超えるような刺激」が入ることで一時的にも忘れてしまうことを誰しもが経験があるのではないでしょうか?


生理学的な理由(例えばパブロフの犬)は別にして…言語は後付けで教育されたものです。それに感情や感覚が頭の中で紐づけされて記憶になっている部分があります。


この記憶が痛みの記憶を呼び起こす…なんて事が実際にあるそうです。極端な例だど暴力を振るわてていた人がカウンセリングでそのことを話していると暴力を受けた部分に無意識に手が言ったり実際に痛みを感じる事もあるそうです。その逆もあって特定の部分の痛みがでると、その記憶がフラッシュバックする…なんてこともあるのです。


そんな要素が無くても、酷い腰痛だったりすると原因を探し始めてイライラして…なんてことになることが多いのではないでしょうか?「痛みを見つめる」というメディテーション(瞑想)法のレッスンをカジッった程度に受けたことがあるのですが痛みを感じているだけでココロの奥から「言葉」が湧いてきてとても難しかった覚えがあります。


感想としては「はっきりいって無理」。
(当時、酷い腰痛を抱えておりました)


言葉でひどくなっているなら言葉で治せばよいので?
みたいな話になるとこんな本がありまして…




なかなか治らないときはフィジカル要因から離れてみることも大事ってことです。








 

自分を見つめる時間。

カテゴリ:
うちの長男君は電車が大好きでして…電車を乗るときは一番前。


そして降りるときは運転手さんにバイバイしてホームから電車を最後まで見送るのが定番の儀式となっております。


東急の運転手さんや車掌さんは業務の支障のない範囲で手を振ってくれたり「バイバイ」と声をかけてくれます。


いつか運転手さんになりたい…と思うかどうかは別にして兎も角として働くことへのポジティブな思いは育ってほしいなと思います。


今の世の中、選択肢がありすぎて逆に何になってよいかわからない…しかも選ぶのは悪い意味で自己責任です。


そんな世の中で自分が社会でどうありたいか?どう関わりたいか?と自問することが実は親(父親)としての仕事なんじゃないかなと思ったりします。例えば鉄道でも「運転手」「車掌」だけでなく駅員さん整備する人運営する人etc…沢山の人が関わっています。


そうして自分のフィットする職業を見つけてくれると人生楽しいかなあと思ったりしています。
だって人生の目的は自分の生き方を見つける事なんだから。








 

カテゴリ:
何時だったか…

「起こっていることは全て正しい。」

と故立川談志師匠が言っていと何かの本で読みまして…きっと痛みや病気もそうなんだろうなとココロの何処かで考えていたのですが。

「正しいなら治そうってのは変な話だよねぇ。」

と起こったことを肯定してみるとどうなるのかなあ…などと考えていました。

セラピストとしては絶妙な感じがしますが、諸行無常とお釈迦さまも説いていることですし、「健康」も「病気」も常にあるってことは無いものなんだなろうと思います。

実際体の中では小さな病気に罹ったり治ったり傷になったりそれも治ったりを自覚がないだけで延々と繰り返しているわけです。

病気になった時に「何で?」と問うことが間々ありますが、わりと「何で?」答えが無いものがあります。

予想できたり予防できたりするものありますが、ある日突然やってくるのことも間々ある病気。

こんな私も今パタッと倒れることだって何パーセントの確率であり続けるのです。

だからね。

病気になったからって「何で?」ってふさぎ込んでも解決できないんだから、前を向いてできることをしようよ。

大丈夫、なるようにしかならないから。

…とコレを見てくれているであろう友人に投げかけてみたいと思います。








 

休日散歩

カテゴリ:


春節で賑わうの横浜中華街に行ってきました。

文化は多少違えど同じ東洋…仲良くしたいものです。






 

カテゴリ:
最近、逆子のお灸をされる妊婦さんの御来院がぐっと増えまして…
HPに何も書いてない!とお怒りのメッセージをいただきました。
取り急ぎですがここにメモ書きですがアップしておきます。

まずは料金は¥2000です。

自費の鍼灸治療院としては安めの設定ですが実は回数が必要なためこの設定です。 
(二児の母たる妻に妊婦にはやさしくしろと言われている為)

使うツボは足の2穴、左右で4カ所が基本です。
至陰(第五足趾の先)と三陰交(内くるぶしの上のあたり)です。


お灸はその人の体質にもよりますが基本は直にお灸をします。
お灸といえばウズラの卵くらいのモグサがモウモウと煙を上げて燃える様を想像する方が多くてびっくりですが、そんな酷いことはしません。火災報知器がなります。

大きさは米粒程度。それに線香で着火するのですが燃えるのは一瞬。
熱いと思った時には消えています。
皮膚が弱い方は小さい火傷になる場合があります。
熱加減は調整できますのでリクエストがあれば調整も出来ますし、見た目が怪しいは当方でも調整します。
熱の感じ方は個人差が大きく何も感じない方もいれば敏感に感じる方もいらっしゃいます。

期間ですが…

一回でOKでした!という嬉しいご報告から何回も続けてやっとこさという感じの方まで様々です。

詳しいことはご相談くださいね。






 

カテゴリ:
自分に優しく…は施術を受けた方全てに、時にストレートに、時に言葉を変えお伝えしている事です。

体が治る最短の近道は自分に優しくする事です。

「なんで?」と責めてはいけませんよ。

問答

カテゴリ:
imageもうすぐ咲く気満々の蕾み。

周りも膨らんできて春の息吹を待っている様子。

自らの存在の有り様のままに生きる植物。

しかし本来は動物も有り様のままに生きています。

それ以外のものにはなれません。

東洋哲学は変わりゆく世界を俯瞰して理解する学問です。

それを理解するには変わらない「私」がなければいけません。

はて私とは?
人が私と思っているモノは本当に私かな?

カテゴリ:
謹んで新年のお慶びをし上げます。
皆様のご健勝とご多幸をお祈りしております。

治療院は本日より、あらかじめご予約を頂いた方のみ営業しております。

明日は営業時間を変更して営業しております。

1月4日、5日はお休みです。
 


 

カテゴリ:
「あっ!もう年末だ!」

という感じの年末を迎えている@ふようです。 
バタバタと慌ただしく過ぎた一年でありました。。。

そのせいか…おやすみに入ってから風邪で寝込みました。
ただいま病み上がりでブログを更新しております。

そういえば、こんなに寝たのは久しぶり。
子育ては若いうちにというのは金言だとつくづく思います。

もう体力勝負です。。。

今年は妻のピンチヒッターで「美容鍼灸」をたくさんの方に受けていただきました。
耐えに耐えて頂いて感謝感激です。

私と言えば原点回帰な一年。
来年も基本に帰る一年にしたいと思います。

寝込んだ分の雑用をこれから一気にこなしたいと思います。

良いお年をお迎えください!








 

カテゴリ:
気がつけば12月。

思い返せば去年の今頃から妊娠中の妻の体調が思わしくなく怒涛の半年を過ごし無事に出産したのが今年の6月。

それかや育児やらなんやらで、さらに忙しく過ごし今に至ります。

うっかり子供絡みの行政の人がこのブログを見ていたら一言言いたい。単純に半世紀前と比べれば育児に直接関わる人が明らかに減っているのです。

「マンパワー必須」

現場でサポートする人が足りないのです。

例えば乳児期の家事サービスとか…以前はおじいちゃん、おばあちゃんの仕事であったものを全て子育てする親(特に母親)が担っているのですよ。

なにかドーンと根っこから変えないと現行のままでは難しいかなぁ…と思ったりなんかしております。

明日は勤労感謝の日。

カテゴリ:
image絶賛子育て中の@ふよう です。

前回のお休みな電車好きの長男のために鎌倉経由で江ノ電に乗り、そのまま新江ノ島水族館に行ってきました。

今回のお休みは妻子共々親戚の家に遊びに行ってしまったので久しぶりの一人!!

ゆっくり、寝ようかと思います。
( ̄ー ̄)

イベント的なお知らせ

カテゴリ:
image鍼灸…どこか東洋医学のうやうやしさを感じる響き。笑

髭を蓄えた重厚感のある先生が難しい顔をしながら鍼をする様。

チョーかっこいい!そんな姿に憧れます。

しかし!

うちの治療院に鍼灸をうけにきた方はものの3分で、うちがそういうのでは無いことに気がつく方が大半。

いやー、頑張ってるんですよ。

これでも。

そんな頑張っている@ふよう からお知らせです。

昨年、好評だった健康美容鍼灸(鍼灸治療+美容鍼灸 鍼100本)\13500のコースを10月2日(金)〜11月29日(日)まで、なんと\10000でご提供いたします。

鍼100本、痛そうですが内側から皮膚が蘇るような感覚を体験してみてください!







おはようございます。

カテゴリ:
imageおはようございます。

子育てに思いの外、体力を消費しまくっている@ふよう です。

唯一ぼんやりできる時間は時間の余裕がある日の朝スタバ。

自分の事は後回というかほぼ出来ず。

ばったばったと日々が過ぎていきます。
あれ、夏がもう終わった…みたいな感じで。

メキメキと成長する兄弟。慌ただしい毎すぎて中年街道まっしぐらな鍼灸師は毎日イッパイイッパイ。

ま、なんとかなるかな…と日々過ごしております。

近況まで。



カテゴリ:
治療院の看板メニューは相も変わらず鍼灸ですが、それとは別にトリガーセラピーというものをしております。

トリガーセラピーは元鹿島アントラーズ トップチームトレーナーの小池謙雅先生が行っているトリガーポイントに対する徒手アプローチです。

トリガーポイントとは筋肉などの軟部組織にできる「コリ」のようなもの。
詳しくはこちら

それに対して徒手で効率よくアプローチするのがトリガーセラピーです。

元はといえば小池先生がサッカーのハーフタイムの間に選手のコンディションを万全にするために行い始めたもの。

短時間で効率的なのが最大の特徴です。

治療院では鍼やマッサージを補完する形で取り入れています。

既にご来院いただいている方はよくご存じかと。

最後にしている「ちょっぴり痛い」アレです。笑

興味にある方はお問い合わせください。



  

すっかりご無沙汰な更新。

カテゴリ:

image
気がつけば梅雨本番、南の海に台風が3つも発生しているこの頃ですが…

我が家では次男誕生以降、慌ただしい日々が続いております。

あれ?もう1ヶ月検診?みたいな空気の中、無事な成長を見守ってというか慌ただしく時間が流れています。

To Doリストの買い物カテゴリーには(オムツ、ミルク、ゴミ袋、お尻ふきetc...)が羅列され、ウチでも仕事場でも洗濯親父として働き、休みの日には地味に赤ちゃん返りな息子をつれて外出する毎日。

慢性的な寝不足と休息不足のなか、きっと僕は充実しているに違いない!という事にして過ごしております。。。

もうちょっとしたら、まともな記事がかけるかな。



 

ご報告

カテゴリ:
image少しおそくなりましたがご報告です。

6月3日に妻が男児を出産いたしました。

ワタクシ、うっかり二人の人の親になってしまいました。

全く子供には縁のないものと思っていたので…人生、何が起こるかわかりません。

今回の妊娠は妻にとって大変なものでしたが、良くがんばってくれました。

妊娠期間中、温かく見守ってくださった方々に御礼申し上げます。



カテゴリ:
台風一過で爽やかな青空が広がる二子玉川…って、ちょっと気が早くないか?


と思ったりしている人も多いはず。


まだ5月ですものね〜。


それでもまあ、青空と輝く緑に "おいちゃん” 癒されてますの。


話を本題に…


私事ですが6月前半をガッツリとお休みを頂きます。


当院唯一の女性スタッフの奥さんが6月に前半に出産予定でございます。


保育園時を抱えるワタクシ…息子の顔を見ながら色々と頭を抱えて悩み抜きましたが、お休みを頂くことにしました。


とういうわけで以下のとおりです。

----------------

6月1日(月)定休日
  2日(火)臨時休業
  3日(水)臨時休業
  4日(木)定休日
  5日(金)11:00〜16:00(最終15:00)
  6日(土)10:00〜13:00(最終12:00)
  7日(日)臨時休業
  8日(月)定休日
  9日(火)11:00〜16:00(最終15:00)
 10日(水)臨時休業
 11日(木)定休日


*12日(金)以降は平常営業の予定です。



----------------

一応、ノントラブル希望ですが何があるかわからないので期間中とその前後は「予約の変更やキャンセル」のご連絡を差し上げることもあるかもしれません。

ちなみに母子、とくに子供は健康です。


おかげさまで無事でなによりの毎日を過ごしております。
ありがたやありがたや。


ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。





 

 

このページのトップヘ

見出し画像
×