あと、どれくらい・・・

群れるのが不得手な人間。

2016年01月

あちらの思う壺

あんなにピカピカだった新築のマイホームも

 

27年も経つと・・・見るも無残な姿になる。

 

賃貸物件と違い、メンテナンスは全部自己負担。

 

そして、それらのメンテ業者を探すのに

 

普通だったら、何件もの業者を呼び見積書を作成。

 

そして、吟味を重ね、納得した上での契約。

 

それが我が家では、ほとんどない。

 

めぼしい業者に電話を掛け、来てもらう。

 

一応、見積もりを出してもらう。

 

薄ぼんやりと

 

(これくらいまでの予算だったら、頼もうかな)というラインがあり

 

そのライン内に収まっていること、その営業担当者がいい人っぽいこと、

 

その2つが決め手になり、それでオッケー、契約となる。

 

要するに、見積もりを何件も取るという行為が面倒なのである。

 

その結果、

 

何もかもが終わった後になり

 

「あれ? ちょっとボラれたかも?」と気づき、後悔するパターンが多い。

 

今日は、これからトイレ交換の工事が入ってくる。

 

コレも昨日、一発オッケーで決めた業者である。

 

トイレ交換だけで、

 

壁紙や床クロスなどのリフォームは頼んでいないのだが

 

この見積もりに記載されている金額・・・・

 

この金額だったら、リフオーム代も含まれていてもおかしくないくらい・・

 


パソコンで「トレイ交換費用」を検索しようとしている自分。

 


いやいやいや、検索は駄目だ。

 

後の祭り、後の祭りだから、ヤメておこう。







にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

自治会も入っていない

我が家は、自治会に入っていない。

 

入っていた時期もある。

 

それは、上の娘が小学校に入学した月から

 

下の息子が小学校を卒業した月、7年間だった。

 

その間に、班長になったこと一回。

 

交通安全部長になったこと一回。

 

その7年間で、

 

自治会の無意味さを実感し、

 

子供が子供会を卒業すると同時に

 

自治会も卒業という名の脱会をした。

 

その後、なんの不自由も無く過ごしている。

 

したがって、近所づきあいも殆ど無し。

 

煩わしさが無い代わりに

 

将来的にゲートボールのお誘いもなく

 

敬老の日に敬老のお祝いに呼ばれることもない。

 

下手をすれば

 

孤独死なんてことも考えられる。

 

まぁ、それはそれで良しとしているのだが。


にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村




庭も心も荒れている

インターポット
風さんの庭を見に行く


ココログのゲーム。

長い間、ほっとらかしにしていたので、ご覧の有様。

でもリアル我が家の庭は、こんなものではない。

干乾びた雑草が、訳の分からないゴミ箱があちこちに転がっている。

あぁ、恐ろしや。



ところで、さっき

朝の情報番組で、ママ友の恐ろしき受験戦争の話をやっていた。

ママ友というキーワードだけでも、ホラーのようで恐ろしい。

プー太郎の息子が


「ママ友の付き合いって大変だね。
母ちゃんも経験したことある?」
と聞いてきた。


「ママ友なんていなかったからね。
いないから、そういう恐ろしい経験もしたことなかったもんね~。」


あ、そうだね。
ママ友どころか、トモダチさえいないんだもんね、母ちゃんは。」



さすが、我が息子。よく分かっているではないか。


・・・・・だったら、最初から余計なことは聞くなよ。( ̄Д ̄;;



にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

職場での立ち位置

何の資格も持たない私は

今までやってきたパートと言えば

ファミレスの調理補助、ファーストフードの接客調理、

おこわ屋の接客調理など、ほぼ飲食店の仕事だった。

それらは忙しいけれど

従業員同士無駄話をする事も少なく仕事ができた。

今の職場では、接客業ではあるけれど

お客さんが居ない時は、従業員同士

いくらでも無駄話が出来る、そんな環境下にある。

これがなかなか・・・やっかいなのである。

仕事に集中したいのに、

一人だけ黙々と仕事をしていると、変な空気になるのである。

協調性がないだの、暗いだの、気難しいだの、

直接言われることはないのだが

そう言われていることくらい承知している。

だから時には、そう言う無駄話にも参加してみるのだが

・・・・・・無理だ。話が続かない。

帰宅後、どどどどっと疲れが出る。

こんな思いまでして、人に気を使わねばならぬのか。

やっぱり、私は・・・人が苦手だ。










にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

カラスを肩に乗せた少年

カラスが大群で「カアカア」とうるさく鳴いている。

カラスは賢い鳥であり、人にも懐く。

まだ小学生の頃、

肩にカラスを乗っけて歩いている少年を見かけた。

まさしく、ゲゲゲの鬼太郎似の少年だった。

35年以上経っても、未だに彼は

カラスを肩に乗せたりすることがあるのだろうか。


カラスの鳴き声を聞きつつ、ふと感慨にふけった。



にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村

プロフィール

ギャラリー
  • オマケに弱い
  • オマケに弱い
  • オマケに弱い
  • バックナンバー
  • 猫の写真でしょ
  • バイクの乗り心地
  • バイク通勤中
  • 灯油代の誤解
  • 雑な生き方
ブログ村参加中
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード