仕事場まで片道15分のバイク通勤。

ただ黙って走っている時もあれば

耳に残っている懐メロなどを歌いながら

走っている時もある。

先日の朝はふと、ちあきなおみの「喝采が」

口をついて出た。

歌い進めていくうち、

その歌詞の情景が、ふわっと頭の中に映し出され

気がつくと、涙がポロポロと流れ出していた。

バイクを走らせながらの涙ぽろぽろ。

我ながら恥ずかしい光景である。

(自分の歌に酔って

泣きながら歌う美空ひばりならいざ知らず。)

しかし、音痴な私が歌っても泣けるくらい

ちあきなおみの「喝采」は素晴らしい歌だということには間違いない。



  
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村