強風注意報涙 ①

2018年03月13日

バイクの乗り心地

12年前、結婚記念20周年で

夫からプレゼントしてもらった原付きバイク。

過去2台は10年も持たなかったが

今回のバイクはこまめにメンテをしているおかげで

今でも現役で、毎日走っている。

(今回も、そろそろオイル交換をしておこう。)

そう思い、いつもの愛想のない整備士さんがいるバイク屋へ出掛けて行った。


無事、オイル交換が終わったのだが、

私のバイクの座席を上下に手で押しながら

「普通、クッションが効いて弾むんだけどリアショックが壊れているから、

ガクンと沈んだままになっているんです。今まで走りづらかったでしょ?

車体が沈んでいるから、スタンドを立てるのも力いったでしょ?」

とその整備士さんがボソボソと説明をしてくれた。

あぁ、そういうことだったんだ!

その一言で全て合点がいった。

ずっと前、走っていて急に後輪がガクン、ガタガタになったことがあり

一瞬パンクしたのかと慌てて、タイヤを確認してみたのだが

みる限りどこも悪くなく、そのまま家まで乗って帰ったことがあった。

その後、その話を夫にして、確認のため乗ってもらったのだが

「乗り心地ってこんなもんだろ。」で終了。

スタンドの事も「あんたのやり方が悪いだけ」の一言。


P_20180304_161018


結局、12000円の修理代でリアショックを交換してもらい

また快適な乗り心地が復活したという訳だが

やっぱり何でもかんでも

夫の云うことを鵜呑みにしてはダメだな、と反省した。

やっぱり餅は餅屋だということだ。

愛想のない整備士さんだったが

「これからは乗り心地も抜群に良くなりますよね~

と言った私に、初めてにゃっと笑ってくれたし、

これからはちょっと良いふうに見る目が変わるかもしれない。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ
にほんブログ村






fuyunokaze at 11:32│日記・コラム・つぶやき 
強風注意報涙 ①