空を見上げて
トップページ » 2006年02月
2006年02月

義理の母

hana1
今日は義理母の誕生日。
午後になって思い出す嫁。おかあさんごめんなさい。
ははとは、私が23歳の時からのお付き合い。
エピソードを挙げればきりがない。


結婚して5年間、別々に住んでいたころは毎週末我が家にやってきた。
いつまでつづくかとおもいきや、一緒に住むまで欠かさず
やってきたので、仕舞いにはこちらも習慣になってしまった。

まだお互いにわかかったし、婦長さんのははのエネルギーに
付き合うのは、お嫁さんでいるうちは疲れることもあった。
まだ若い、未熟な夫婦家庭をサポートすべく、善意のかたまりの
行為が息苦しいときもあったし、夫に甘いのが嫌だったりと
まあ一通り(笑)


お互いに、義理母と嫁として少しづつ成長してきたとおもう。

こんなことまで、話してしまっていいのだろうかと、
思う時もあるが、多分に程よい距離の保てる間柄になったと思う。

hana2
おかあさん、73歳のお誕生日おめでとうございます。
初めての子を産んで、分娩室から出てきた時、
飛ぶように走ってきて「ふじちゃんえらかったね〜」と
私の頭を何度も何度も撫ぜてくれた。

おかあさん、いつもありがとう。

こちらもよろしく!→【セレクトショップ】







ふじちゃんfuzikofuziko  at 20:50コメント(7)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

POPORA届く

popora1
これは今日、函館の「ティーエムデザインワークス
ぽぽら編集室から届いた
「POPORA]


函館市内で毎月20日に発行している、
フリーペーパーです。
『函館にオシャレ感覚と可愛らしさをを届けたい・・・
それがポポラのポリシーです。』とうたっています。


今年のお正月明けに、函館まで押しかけて
佐藤たみ子代表と、MASA編集長様には大変お世話になった。
それがご縁で、発行されると送ってくださる。
ありがとう〜〜!

女性の感性、能力を生かせる、アウトソーシング・マーケティング・
コミュニティの事業を立ち上げ、精力的に活動されています。
お二人とも、大変な勉強家で、今ご一緒させて頂いてる読書会では
その力を存分に発揮されて・・すばらしいですよ。


会員になると、POPORAも送ってきてくれます。
函館の生きた情報を得たい方はぜひ見てほしい。

popora2
おいしい情報、便利な情報、ためになる情報、お得なこと、
おすすめ、そしてウイットも。
盛りだくさんに、編集長の思いが詰まっています。


こちらもよろしく!→【セレクトショップ】









ふじちゃんfuzikofuziko  at 17:39コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

イベリコ豚

イベリコ1
イベリコ豚。
左のお肉がそうです。
スペインが原産で、日本では一昨年に輸入が解禁されて

気のきいたレストランで食べられるようになりました。

私も去年の春に初めて食べたのですが・・・。

おいしい!
「これ豚肉?」イベリコ豚がインプットされた瞬間でした。

なにがすごいって、「どんぐりだけ食べて育った黒豚」なのです。
言い換えればどんぐりしか食べたことがない。

正確には
スペイン西部地方にのみ生息する、イベリア種のスペイン原産の黒豚。
ということらしい。

等級があって
べジョータ  樫の木の林で放牧されて、どんぐりのみで育った。
レセボ    樫の木の林で放牧されて、どんぐりを食べて、穀物飼料も補給。
ビエンソ   特別な飼育はなし。飼料を与えて育てた。

と育ち方によって違うことになっているんですね。

イベリコ2
ひろ〜〜い樫の木の林で、ストレスなく育った豚だから、
オレイン酸・ビタミンB群・ビタミンE・抗酸化物質が豊富で
悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして、
善玉コレステロールを増やして、血栓や動脈硬化を防ぐ働きがあるそうな。


なによりも、美味しい。
まだの方は、「イベリコ豚ある?」とぜひためしてほしい。

こちらもよろしく!→【セレクトショップ】














ふじちゃんfuzikofuziko  at 17:50コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

シクラメン

シクラメン
シクラメン。篝火草、カガリビバナとも。
サクラソウ科の多年草。葉はハート型に見える。
右の小さなシクラメンは、去年の私の誕生日にやってきた。もう1年。
左は来てから4ヶ月ほど。

ミニシクラメンは、一度は水が足りなくて、一度は直射日光に当たって
葉も花も枯れてしまったことがある。


誕生日にもらったものなので、とっても申し訳なくて
あきらめる気がしなく、毎日水を差し続けていると、

小さな茎が首をもたげるように、一本、一本出てきて。
花が咲いてから、葉が出てきてくれた。

小さなことでも、なんだか気持ちに答えてくれているようで、
私だけの小さな喜び。

しかし、こんなに繊細に見える花なのに、りっぱな生命力に
感心すると同時に、シクラメンのことをちょっと理解できた。

後からきた左の篝火草は、すくすく育って2回目の花を咲かせている。
失敗は活かされている。


こちらもよろしく!→【セレクトショップ】



ふじちゃんfuzikofuziko  at 15:43コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

弱み

パソコン
私は機械音痴。
これは私のパソコン。
去年私の元にやってきた。
パソコンなるものを使うようになって何年になるのか。
経理も入れると15年以上になるのだけれど。

お仕事というのはありがたいものだと思う。

家の電球を取り替えるのも、冷蔵庫も洗濯機も支障がでると
いつも誰かにしてもらってきた、音痴を当たり前のように生きてきた。

そんな私でもお仕事では、教えてもらい、助けられてパソコンを
使っている。たぶん人並みとは言えないかもしれないが。
思い起こせば、使い始めの頃から色々な人にお世話になってきた。

初めはワープロ。すごく時間がかかった。
経理。これは使ってみたら便利で便利で。早く使えば良かったと思った。

マックからウインドーズになって
ワード・エクセル・・これは使ってます程度。

そしてこうやってブログを書いている。

お仕事のお陰で、覚えることができたわけです。
今でも周りには迷惑をたぶんにかけているのですが。(許してね)

「パソコンは苦手なの」という方に
お目にかかると、すごくその気持ちがわかる。
「大丈夫、道具よ道具。私が使っているのだから誰でも使えるのよ」
などどなんとも説得力のないことを言ったりしている。

パソコンというのはひとつのことですが、
仕事というものを通じて、多くの方にめぐり合い、与えられ
そのことによって自分の与え方も
学ぶことができ、社会にも貢献できるとしたら、
やっぱりお仕事というのは、ありがたいものです。

なんだか偉そうになってしまった。

電子辞典
これは私愛用の電子辞典。
俳句をやるので3年程前に購入。
最近のお買い物で、一番買ってよかったもの。
広辞苑、百科事典、漢和、英和、和英、季語まだまだ・・
中学生の頃、重たい辞書を鞄に詰めて、
腕も手も痛かったのに、
今では小さなバックに入れてどこにでも持って行ける。

これは、使いこなしていますよ。

こちらもよろしく!→【セレクトショップ】










ふじちゃんfuzikofuziko  at 11:31コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

旭川の美

ゆかりと箸
旭川は陶芸の街でもあるんですよ。
名だたる作家も数多くでています。

最近では女性の作家も多いですね。
京都の嵐山に風情がとても似ていて、
旭川で「嵐山」と呼ばれている里があります。
ここに窯元が工房を出しています。
「ちひろ窯」「大雪窯」「渓雪窯」「淳工房」まだまだありますが、
それぞれ趣きがあって良い作品ばかりです。

この器は私が昔から好きで愛好している「ゆかり陶房」さんの作品です。
嵐山の手前に、カムイコタンに流れる川があり、橋がかかっていて・・・。

その風景を望めるところに、陶房があってゆかり先生が
ここで10年来作品を作っています。
野の花をモチーフにした、暖かい作品ばかりです。

先程の橋を渡っていくと、嵐山の中に入っていけます。
北方野草園があって、季節の野草を楽しめる散歩コースが
あって、ここはけっこう私のおすすめです。

この野草園の入り口に、北海道の先住民であるアイヌさんの
昔の住まいを再現している「笹小屋」(チセとアイヌさんは呼びます)
が2棟並んで、公開しています。
4軒以上の家があつまれば「アイヌコタン」といって
村を形成していたそうです。
ちなみにチ=我ら、セッ=寝床 「我らの寝床」という意味です。

週末には炉に火を入れていて、見学することが出来ます。
アイヌさんは、自然と暮らしていたわけですから食べるもの、
道具、自然に神が宿っているとして、感謝してくらしていました。

日常の道具も美しいものばかりです。
器に載っている箸は、アイヌさんが愛用していたものです。

一本の木を鎖状にして、美しい創りになっています。
これは「いちいの木」北海道では「オンコの木」とも言います。

病気、怪我をしないようにと魔よけの意味があります。

実はこのお箸、初めて私が見たのは俳句の先生のお宅。
お料理上手の先生の手料理を頂いた折に
箸置きと一緒に置かれていて、おしゃれなのと、
先生の料理にとても似合っていたので、お聞きしたのが出会い。

旭川に住んでいても、アイヌさんのことはまるで知識がありませんでした。
恥ずかしいことです。
その後、ムックリ、口琴を聴く機会がありましたが、素晴らしいものでした。
音色が想いを伝える手段だったのですから、さまざまに変化した音色を
聴かせてもらいました。

世界に誇れるものが、旭川にもあります。
日々の暮らしを丁寧に、時を重ねてきた文化だと思います。


マグカップ
これは、日々・・私が使っているマグカップ。
持ち手に指が二本はいってとても持ちやしすい。
飲み口が、少し広がっているので飲みやすい。
重さが女の人が持つのにころあいの重さ。
なにより図柄が気に入って10年前に購入。

そうです、「ゆかり陶房」さんとの出会いです。


こちらもよろしく!→【セレクトショップ】





ふじちゃんfuzikofuziko  at 12:29コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

色・彩り

ビーズ
お気に入りです。
細い鎖に通すと、動くたびに微かに動き出します。

私の誕生日に、セレクトショップに出してくれている、
「ハーモニー」の和香子さんからのプレゼントです。

私は彼女の色の組み合わせのセンスが好きなんです。
小さな時から、美術品や良いものを自然に見てきたからなのかしら。
身につくとはこういうことかしら、などと彼女をみていると
思うことがあります。

ビーズも様々ですが、彼女の作品は身に付けて品がでるものと
勝手に思っています。
まだ、試作段階の頃私が付けていく先々で、いいわね〜と聞かれました。
友人が友人を呼んで
口コミで売れていって、今では随分人気になって問い合わせが来ています。

旭川美術館にも彼女の作品が出されています。
お近くの方は、美術鑑賞とご一緒に見てみてください。

努力している人が認められていくのを見るのは嬉しいものです。


お料理も上手で、よく手料理を持って嬉しい現れ方をしてくれます。
家庭料理のおいしい奥様がいるだんな様は浮気しないとか。
夫もそうかもしれないけど、
子供は幸せですよね。だって身につくものね。

あんまり話してしまうといけないかしら。
では、今日はここまでにいたします。

こちらもよろしく!→【セレクトショップ】




ふじちゃんfuzikofuziko  at 22:46コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

検査官のおでまし

かんてん本
この本は「いい会社をつくりましょう」
伊那食品工業株式会社の代表取締役社長、
塚越寛氏の著書。
友人のMAYさんが先日持ってきてくれた。

かんてんぱぱで有名な会社で、
私は長野県出身の彼女から
ここの会社を知り、消費者の立場でいます。



会社の理念としての社是が
「いい会社をつくりましょう」

【この社是をすべての出発点、原点にして経営をしております。
末広がりの成長を永続させることができれば、社員を幸せにすることができ、
社員の幸福を通じて社会に貢献できることができます。
経営というのはまさに、100年先の人々のために木の苗を
植えるようなものであると思います。】

につづいて、座右の銘の二宮尊徳先生のことば、

遠くをはかる者は富
近くをはかる者は貧す・・・で始まります。

わかりやすく、丁寧に、そして社長さんの思いの
伝わってくる本です。

そして、私のような立場には厳しい本でもあります。


さて、今日は昨年の創業から申請していた
助成金の検査官がいらした。
永い永い準備資料を、何度も手直ししてやっとここまで来た。

今回のことでは、資料つくりよりもそれにともなう
色々な現象に学ばされたと思っている。

「この資料を出してください。」
「0月0日の元帳のところを見せてください」
「通帳のここのところを見せていただけますか」

時間の無駄がないように、的確に質問と確認をしていきました。
こちらとしては、ありのままなので困ることはないですが、
やっぱりほっとしたというのが正直なところです。

この検査官が
「せっかく創業した会社ですから、利益を出して
いい会社をつくってくださいね」
と言って帰られた。

偶然ではない・・!

かんてんドレッシング
これは会社の冷蔵庫の中にいつも入っている
「かんてんぱぱドレッシング」
毎日遅くなってしまって、どうしても野菜不足になってしまう。
簡単にサラダを作る時にいつも登場してくる。
体の管理も大切と痛切に思っている。

「いい会社をつくりましょう」

ひとつひとつ、前をみて努力してまいります。


こちらもよろしく!→【セレクトショップ】






ふじちゃんfuzikofuziko  at 20:45コメント(2)トラックバック(1) この記事をクリップ! 

テラスが恋しい

terasu
今日はテラスが恋しい。時間を気にせずに、緑を見ながら過ごしたいとたま〜〜に思います。

寒いのが苦手なので、きっとそうおもうのかしら。
友人は今週から、ハワイ旅行に出かけていて、
今月でもう2回目のバカンスとか。

きっと、テラスでビールを飲んでいることでしょう。

今日の夜、エステの経営者のところで
化粧品の、デモンストレーションに参加させてもらってきた。
岐阜から来た女の方が、とっても上手に説明してくれて、

楽しくて、面白い時間を過ごしてきました。

私も初モデルで、メイクしてもらいましたが、
周りの反応の方がおもしろい。

「ちがう〜〜、すごい!」(エッ・・・なにが・・)

確かめてみて納得。

効果をお見せしたいけれど、それはまた今度。
お許しくださいね。


こちらもよろしく!→【セレクトショップ】



ふじちゃんfuzikofuziko  at 23:26コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

プライベート

演劇
PTAのメンバーとは、形を変えながら、いくつかのグループとつき合わせてもらっている。友人とはありがたいもので、人が人を呼んで輪がひろがっていく。

昨日はその中のひとつ。「○○中学校演劇同好会を勝手に応援しちゃう会」
一年に一回、応援する側でありながら旭川の隣町の鷹栖町で催している
「3分間劇場」に参加。


演技の出来より、出るまでのプロセスと終わった後の
打ち上げのためにやっているかもしれない。

根がまじめな人のあつまりだから、遊ぶ時は遊ぶけれど、
子供たちの支援の仕方の話になってくると、
熱い、熱い話になっていく。

二次会ではワイン、日本酒、それぞれ好きなのを飲みながら、
ず〜〜とそんな話になったのです。

社長に役員、教師に薬剤師。会社員、公務員、主婦。
お父さんとお母さんで、男で、女で、
そして、人として。ありがたい仲間です。

余談:ワインはフランスブルゴーニュの赤、白。日本酒は久保田、万寿。
   いつもお酒を差し入れてくれる人は決まっているのよ。


こちらもよろしく!→【セレクトショップ】





ふじちゃんfuzikofuziko  at 18:06コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ!