空を見上げて
トップページ » 2008年08月
2008年08月

カラー研究会

水晶
遠い昔

父が私に買ってくれたネックレス

すっかり忘れていた・・・。





20日、ナレッジプラザの研究会は
株式会社カラーディア 吉田麻子代表の最終講座。

この日は、それぞれに似合う色を診断して頂きました。

自分の事はわからないけれど、人の事は見ているだけで
その方に映える色が良くわかりました。

色が春、夏、秋、冬の4分類に分かれていましたが
私は、夏と冬に似合う色が。


その中でも、なでしこ色、ピンク系、ラベンダー、紫系、水色が合うとのこと。
知ると楽しいもので、さっそく探してみると・・・


父に買ってもらいながら、玉の大きさと、長さに気後れして
一度も身につけた事のないネックレスが。


今の私なら、身につけられそうそうです。
何にたいしてなのか・・・


ありがとう

と、言いたい。






ふじちゃんfuzikofuziko  at 18:27コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

初盆

初盆

お盆ですね。

皆さんもそろそろ

お墓参りでしょうか









昨日、昨年の暮れに亡くなった祖母のお墓まいりに。

来てくれたんだね・・。
とおばあちゃんは言っていたと思う。

お墓の前でお線香が、綺麗にあがっていきました。

生かされている者に、時間はありがたいです。





今年は初盆がふたり。
もうひとりは、大好きだった友人。
今でも、会えなくなってしまったのが信じられないでいる。

後悔することばかりだ。



色々な事がありますが
色々な人と関わらせてもらって、色々な思いを抱えて
生きております。




お気遣い頂いた方々にとても感謝しています。
ありがとうございます。


私なりに、誠実に頑張ります。
また、お盆明けに!











ふじちゃんfuzikofuziko  at 09:25コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

当たり前のこと

仲間いい笑顔でしょ


私が尊敬しています

学びの仲間です。






昨夜は、ナレッジプラザ旭川ビジネス塾。
昨夜の一部は


小田島友一氏


アフリカ・ウガンダにて青年海外協力隊として
野球を通じて、ウガンダの少年達に生きるビジョンの種を植え付けてきました。


中学校教師だった小田島さんが
青年海外協力隊になるために挑戦したのは
何と8回。(2年に1回のチャンス)

8回目に、夢を叶えますが・・・。


現実のウガンダの少年達は
時間、約束を守らない(2時間遅刻は当たり前)
掃除がまったく出来ない(何処でもゴミはポイ捨て)
言い訳、嘘を言う(でも・・からはじまる)


夢がない(夢がもてない)


周りに尊敬する大人がいない。(高校生にリベート要求する公務員)



そんな環境の中での
小田島さんが少年達に言ったビジョンは


野球を通じて



ジェントルマンになる



時間を守る。
礼を正す、話の聞き方を身につける
整理整頓、掃除を徹底的にする。


全く環境の違う、少年達と本気で関わっていきます。


小田島氏の話した
当たり前の事を、なんのことなく出来ている日本人
子供達の見本になれる文化を持っている日本人の祖先は偉大だったのだと思う。


現地で感じた生きた言葉だと思いました。


最後に流れた
夢を語っている少年達の映像には、泣けてきます。



そしてウガンダの少年達は
北海道札幌ドームで野球試合を昨年したのです。


ここには
小田島さんが、自ら門を叩いた


本2
この方が

大きく関わっていきます

来月は遠藤友彦氏をお迎えします。




















ふじちゃんfuzikofuziko  at 11:54コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

盛夏

なつまつる


花火大会で

久しぶりに生花火









夏祭り2


ホテルのテラスから

山車を見ながらビール






夏祭り3

「みのり」のラーメン

あほに徹していられる経営者

すごい!(3日の間に2回も行ってしまった)










北国も夏祭りの盛りです。

大混雑の中
知り合いの経営者が(女)が、
堂々と恋人と手を繋いで歩いていた。


ちょっといいなぁ〜と思うふじちゃんでした






ふじちゃんfuzikofuziko  at 22:57コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ!