空を見上げて
トップページ » 2009年07月
2009年07月

みのりのラーメンIN3,6祭り

minori昨日から始まった
旭川3,6(さんろく)祭り
千歳市のみのりのラーメン
石崎大将が今年も出店中
京都にもお店ができました!





自家製麺の緑幸麺(りょっこうめん)は
コシのある麺です。
つけ麺と、赤味噌、黒醤油がありました〜
明日までやっていますから、行かれた方は食べてみてください。


丸い大きな、やさしい顔をした大将がいますよ。
人がいっぱいで、ちょっとお疲れでした。
昨日は500杯作ったそうです。










明日は、池田町です!




『蒼き狼オーナーの会』を下記の内容で、開催いたします。


8月1,2日
場所: 中川郡池田町清美144  TEL 015−572−6000
ボーヤファーム  宿泊:まきばの家
http://www.netbeet.ne.jp/~boya/

時間:17時半ころにスタート  (羊牧場のお仕事が終わり次第ですので
早めにいらして、自然を満喫されてください)

夜はそのまま宴会に突入予定
プロジェクターで映画鑑賞予定

参加費: 宿泊    10,000円 (2食付)
     宿泊なし   5,000円


旭川から参加希望の方は、乗り合わせて現地まで行きます。
改めて、ご連絡をさせて頂ます。


参加申し込み ⇒FAX (0166)57−8010

参加します  (  宿泊  ・ 宿泊なし  )

お名前

ご住所

電話番号


(問い合わせ)有限会社 たいむあーと 高橋
        fuji.time-art@s7.dion.ne.jp









ふじちゃんfuzikofuziko  at 18:16コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

読書会

kinnkiこの夏は

これで終わってしまうのかしら

今日も雨でした








昨日はドラッカーの読書会
『プロフェッショナルの条件』が始まった


日本の読者へ    モデルとしての日本

(2000年春 カリフォルニア州クレアモント  ピーター・F・ドラッカー)


私の心の中で、日本は70年近くにわたって重要な位置を占めてきた。
1934年にロンドンの小さな銀行で働いていた私は、偶然、日本画展に
足を踏み入れた。当時ヨーロッパでは、日本はほとんど知られていなかった。
日本画にいたっては、何も知られていなかった。私自身、聞いたこともなかった。
だが、私の人生において、1934年6月の薄暗いロンドンの美術館で受けた
衝撃は、その後経験することのないものとなった。
私は日本画の虜になった。今もそれは変わらない。


私はさっそく、それらの素晴らしい絵画を生んだ国について調べた。
日本の文化、社会、歴史を学んだ。そこでもうひとつ驚くべきものを見つけた。
それは、当時、ヨーロッパでは同じように知られていなかった明治維新だった。


私は明治維新からヨーロッパが学ぶべきものを考えた。




私は日本の第2の奇跡を目にした。
それは、混乱と廃墟からの復興だった。今日の日本、世界第2位の
経済大国しか知らない人たちにとっては信じられないだろうが、
1940年代末の日本を見てその復興を可能とした者は、世界にひとりも
いなかった。ところが実際には、戦後10年、そこには新生日本があった。
驚くべきことに、あくまでも日本としての日本が生まれていた。
ここでも、人類の歴史上、戦後日本には似たものがなかった。



今日日本は、140年前と50年前の二つの転換期に匹敵する大転換期にある。
ただし前の二つの転換とは違い、今回のそれは失政、混乱、敗北の類がもたらした
ものではなく、主として成功の結果もたらされたものである。
成功のもたらす問題は、失敗のもたらす問題とは大きく異なる。



人と組織との関わりについての私の著作の精髄たる本書が、
明治維新と戦後日本から多くを学んだ者からの返礼として、
今日の日本のお役に立つならば、これに勝る喜びはない。



まさに本書は、大恩ある日本と、日本の友人、クライアント、教え子たちへ
の返礼である。なぜならば、私に対し、そして世界に対し、1860年代から
70年代、1950年代から60年代という二度の転換を通じ、いかにして
激動を好機とし、苦難を絆に結びつけるかを示してくれたものこそ、
他ならぬ日本だったからである。














『蒼き狼オーナーの会』を下記の内容で、開催いたします。


8月1,2日
場所: 中川郡池田町清美144  TEL 015−572−6000
ボーヤファーム  宿泊:まきばの家
http://www.netbeet.ne.jp/~boya/

時間:17時半ころにスタート  (羊牧場のお仕事が終わり次第ですので
早めにいらして、自然を満喫されてください)

夜はそのまま宴会に突入予定
プロジェクターで映画鑑賞予定

参加費: 宿泊    10,000円 (2食付)
     宿泊なし   5,000円


旭川から参加希望の方は、乗り合わせて現地まで行きます。
改めて、ご連絡をさせて頂ます。


参加申し込み ⇒FAX (0166)57−8010

参加します  (  宿泊  ・ 宿泊なし  )

お名前

ご住所

電話番号


(問い合わせ)有限会社 たいむあーと 高橋
        fuji.time-art@s7.dion.ne.jp




ふじちゃんfuzikofuziko  at 23:54コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

蒼き狼オーナーの会IN池田町で羊!

『蒼き狼オーナーの会』を下記の内容で、開催いたします。


8月1,2日
場所: 中川郡池田町清美144  TEL 015−572−6000
ボーヤファーム  宿泊:まきばの家
http://www.netbeet.ne.jp/~boya/

時間:17時半ころにスタート  (羊牧場のお仕事が終わり次第ですので
早めにいらして、自然を満喫されてください)

夜はそのまま宴会に突入予定
プロジェクターで映画鑑賞予定

参加費: 宿泊    10,000円 (2食付)
     宿泊なし   5,000円


旭川から参加希望の方は、乗り合わせて現地まで行きます。
改めて、ご連絡をさせて頂ます。


参加申し込み ⇒FAX (0166)57−8010

参加します  (  宿泊  ・ 宿泊なし  )

お名前

ご住所

電話番号


(問い合わせ)有限会社 たいむあーと 高橋
        fuji.time-art@s7.dion.ne.jp



ふじちゃんfuzikofuziko  at 13:32コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

他喜力

他喜力

今日届いたストラップ

それからすぐに札幌へ
会合先のビールパーティでは
隣の人がこのストラップを付けていた・・・






この春
学ばせてもらった『西田塾』
私は、北海道での5期になる。


他喜力は、西田文郎先生の造語だが
西田塾門下生にとっては、「アホ会」同様に会い通じる言葉です。



その北海道の門下生に希望を募って、出来てきたストラップ。
お互いに見せ合うだけで、なんとも嬉しいから不思議なのです。
見ただけで、親しく話すことができるなんて、凄い威力です。




帰りの22時発の電車は、とっても混んでいました。
不景気といわれながらも、どこかではそんなことに
関係なく生きているひとがいるのよね







ふじちゃんfuzikofuziko  at 00:16コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

蘇民将来之子孫也

長刀鉾
祇園祭りの粽(ちまき)
食べられません〜〜〜(あけてはいけない

届いたのは護符。

玄関にかけておくと、

子孫は無病息災、厄難消除。







その昔の昔の昔
八坂神社の御神 『すさのおのみこと』

旅をして飢えて宿をこうたのですが、
金持ちの巨旦将来(こたんしょうらい)は拒絶します。

貧しい蘇民将来(そみんしょうらい)は、
茅(かや)の床に粟(あわ)のご飯で歓待をしました。

神は、お礼に茅の輪と、護符を残して、これを持つものは
無病息災と告げたという事です。




長刀鉾は、一番良い護符らしいのです。


北海道は100年を過ぎたばかりですから
お祭りや、お正月の慣わしもそれぞれのように思います。


わざわざ、送ってくださった事に感謝して
さっそく玄関入り口横に、つるしました。

そして、ほんのちょっとですが調べてみたのです。





私はけっこうこんなことが、好きなんだと思います。






8月1,2日と、池田町ボーヤファームで
蒼き狼オーナーの会を開催いたします。

羊牧場で、夏と旬を満喫いたしますよ!



ふじちゃんfuzikofuziko  at 19:08コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

出張

そば看板看板につられて

この蕎麦屋さんに入った
週末は札幌出張。美味しそうな匂いのする(笑
お店に勘を働かせて・・・

正解でした!


看板にはやっぱり拘りが出ていると思う。



札幌では
紹介されたお店もありますが、勘によって入って
お気に入りになったお店もあります。








モエレ沼公園海の噴水










ビジネスランチをしたモエレ沼公園
美しいところでした。
彫刻家イサム、ノグチの構想を形にした札幌市もなかなかです。


『海の噴水』には、びっくりです。
海が噴水になってました〜

この言葉通りなんですよね、目を閉じて聴くこともお薦めです。
実際に感じてみてほしいところです。



レストランランファン・キ・レーヴは
美味しいレストランでした。
マッカリーナの系列らしく、お野菜も美味しかったです。
もちろん、甘い真狩村のじゃがいもが、付け合せてあります。



ここは、今度プライベートでも行ってみたいところです。










遊んでいたわけではなく、ちゃんとお仕事してます。
金曜日には、ブログ更新できないとは、わかっていたのですが。
ありがたい事に、お叱りのコメントを頂ました。
携帯からの更新はやったことがないので、火金で出せない時は
その前後で更新させて頂ます。
見に来て下さった方、ごめんなさい。そして、ありがとうございます。







ふじちゃんfuzikofuziko  at 15:32コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

ドラッカリアンの

尊敬している佐藤等先生のブログ

『ドラッカリアン参上/ドラッカリアン増殖計画』

が、経営者マーケッテイング ブログランキング

で2位です
  ↓

http://blog.livedoor.jp/pfd/






ケーキ何だと思います?

ケーキなの

昨日は佐藤先生のお誕生日でした





ちょうどナレッジプラザ旭川ビジネス塾の日だったのです。
なんてラッキーな旭川メンバーなんでしょう


先生に誉められたいなぁと思っている、仲間が沢山学んでいます。
今年は、インプットからアウトプットへがテーマです。

第1部は
【会議からみる企業経営】の3回目  中小企業診断士 清水祥行氏

 会議という道具を使って皆の英知を統合できないか


 何のための会議で何のために集まっているのか
 どのような成果を出したいと思っているのか
 共通の目的、目標
 弱みは補い合って共通目標を達成しよう




第2部
【経営の7つ道具】 3回目  公認会計士/税理士 佐藤等氏

 〜ドラッカー博士の贈り物〜


 今を生きるための7つ道具  −ポストモダンの作法ー
 1、見る(聞く)
 2、わかったものを使う
 3、基本と原則を使う
 4、欠けたものを探す
 5、自らを陳腐化させる
 6、仕掛けをつくる
 7、モダンの手法を使う



 欠けたものを探す

  見えていないけれど何かあるはずだ

  
  実際にそれを使うのは、人である。仕組み、顧客等は見えないもの


   :新しいものをやろうとする時
   :すでになっているもので、うまくいってないもの
   :上手くいっているものを、もっと良くするために欠けているものは何か



  (手段)反対意見から探す


  反証がないかぎり、反対する人も知的で公平であると仮定しなければならない
  したがって、明らかに間違った結論に達している人は、自分とは違う現実を見、
  違う問題に気づいているに違いないと考えるべきである。もしその意見が知的
  で合理的であるとするならば、彼はどのような現実を見ているかを、考えなけ
  ればならない。成果をあげる人は、何よりもまず問題の理解に関心をもつ。
  誰が正しく誰が間違っているかなどは問題ではない。








090713
次回は8月3日(月)

11月14日には旭川サミットを開催
西田文郎先生・植松電機 植松務氏をお迎えします。


 

ふじちゃんfuzikofuziko  at 21:20コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

雨の

7月の雨朝からの雨

4月から始めた朝の散歩
運動不足解消と、もちろんダイエットのため

窓を開けてちょと萎えている心







そんな事言っていたら冬は歩けないしね

雨対策の支度をして、いざ!(おおげさな〜〜)

何でもそうなんだよね
やってみると、やってよかったと思うことが多いの。
冷たい雨ではなく、今日はあたたかい雨を感じながらの散歩になった

いつも会う登校中の小中学生
散歩1週間目位から「おはよう」と、言えるようになった。

はじめはびっくりしていた子供達が
「おはようございます」

丁寧に答えてくれる。

だから私も

「おはようございます」と声をかける。


ひとりで歩いている女の子が
最近は先に声をかけてくれる。


朝から幸せな気分にさせてもらえる。




なんでも心持ちしだいなのよね。


今日も良い日に!





ふじちゃんfuzikofuziko  at 08:25コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

夏にあう

ゼリー寄せ今日のおやつ

打ち合わせ中に・・・

フルーツゼリー寄せ
涼しくて美味しかったです









岡田邸夏門

夏の日差しの旧岡田邸

日曜日
雑誌、クロワッサンプレミアムの記者さんがいらした。









前日の夕刻
準備の最中に、灯りが燈っているのと
中から音楽が聞こえるからと、品のある女性がいらしたんです。

「この建物が好きで、通るたびに気になっていました。
 突然にごめんなさい。」


お話を聞いてみると、岡田邸を本当に愛しく思ってくださって
いるのが、良くわかりました。


まだ、動き出す前、再生の命が入る前の岡田邸ですが、
このように思ってくださっている方にお目にかかれて、とても嬉しかったです。

岡田邸には、運と命があると勝手に思っていますが
そんな私に、勇気を与えて頂いたひとときになりました。
岡田邸でまた、お目にかかりましょう















ふじちゃんfuzikofuziko  at 21:06コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

点と線

方向音痴は、今に始まったことではない。
だから、初めて伺うところには時間に余裕を
持って出かけることにしている。(当たり前なんですが)


ところが、今日はなかなか見つからない。
あれぇ〜〜



移転していた。


移転先を聞いて、いざ!

見つからない。


農協のおじさんに聞いたらすごく無愛想に怒って教えて
くれたけれど・・・    ない。


ぐるぐる廻って、もう一度電話で確認。
やっとやっと、やっとこさ、やっと着いたのでした。

「説明しずらい場所なので、みなさん迷って来るんですよ」

と、言ってらしたけれど。
あれだけ迷えば、ある意味忘れられないです。
結局、農協のおじさんが教えてくれたとこは、まるっきり違っていたんだけど。






クロワッサン


クロワッサンプレミアム8月

(株)リブアートの谷口一也代表が
P68から3ページに渡って、取材されています。







新築で取材されている、寺内様のお宅には
キャストロンのスピーカーを2セット
オーディオルームに納めさせて頂いています。



京都にご縁を頂いて
先日、伺わせて頂いたレストラン「よねむら」の米村シェフがくださった
キャストロンオーバルへの感想を聞いて、京都からご注文をいくつか
頂きました。こちらの寺内さまもそうです。


何処かで何かが繋がっている。

そんな事を感じている今日この頃です。


ありがとうございます。







ふじちゃんfuzikofuziko  at 23:16コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!