空を見上げて
トップページ » 2010年08月
2010年08月

旧岡田邸200年プロジェクト23

yの4
22日旧岡田邸公開日

第3部夜の岡田邸の模様です。




yの3

夕暮れから

中庭に浮き蝋燭を灯しました。
ゆったりと時間が過ぎていきます。






yの2ght="120" border="0" alt="yの1" hspace="5" class="pict" align="left" />












お抹茶をたててくださったのは
表千家柳原先生


お菓子は、京都亀屋庵のお干菓子です。


いらしてくださった方々が、岡田邸の雰囲気を楽しまれていたと思います。



午前、午後、夜を通じて申し込み締め切りにて参加できなかった方
には、大変申し訳ありませんでした。

大切な岡田邸を丁寧に見て頂き、ご案内をしたいと考えます。
そして岡田邸を感じていただきたいと思います。



来月は
9月19日(日)詳細はまた。
前日は9時半からお掃除会を致します。
ボランティアを募集しています。

    お問い合わせ
   mail:fuji.time@ac.auone-net.jp
   






私たちは「動態保存」という考えで旧岡田邸を再生させるチームです。






あなたは旭川に旧岡田邸を残したいと思いますか?












ふじちゃんfuzikofuziko  at 19:54コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

旧岡田邸200年プロジェクト22

読売さん

今日の讀賣新聞さん
公開日午前中の「旧岡田邸の棟梁は父」の様子です。

岡田重次郎氏の写真も掲載されています。






お話は、棟梁の息子さんで現(株)山岡木材工業代表取締役山本宏氏。





岡田邸の棟梁だった山本繁氏は
まだ20歳の頃に、岡田重次郎氏に見込まれて岡田邸の棟梁に。


またどうして?


おじいさんが建築を学んでいて、職人を7人ほどを使っていたが
10代の頃に早世。大学までいくつもりでいましたが
幼い弟妹のために、大工になったそうです。


その父を、岡田さんのご夫妻は目にかけ可愛がってくださった。
仕事は入札という形をとったようだが
岡田重次郎さんが、父にさせてくれたのではないかと思う。
北の誉の本家や東京など、いろいろと連れて行って見せてくれたそうです。


材料は三菱商事に頼み、当時の輸入材を使い天然乾燥をさせた。
囲炉裏の縁の材料は、ヨーロッパの胡桃で、ウォールナットを使っている。


今、私も木材の仕事をしていて改めてすごいなぁ〜と思うが
自然乾燥の設備がない当時でありながら、
床板など未だにくるっていない。いったいどうしたのかと思う。


床下の部材にまで、カンナをかけて腐食防止に油紙をかけている。


父は昭和16,17年まで大工をしていましたが
戦争にとられてから、2,3年で辞め
4条15丁目に住んでいた頃、近くの岡島金物さんと一緒に
山岡木材工業を作りました。

苦労が多かったためか、結核にかかり亡くなりましたが
岡田さんのところでは、岡田邸に関してはずっと仕事をさせてもらいました。



今東京にいらっしゃる
岡田さんの奥様は、観音さまだと言われています。
昔、若い泥棒が入った時、説教をして帰したと聞いています。









見積もりのない建て方と言われる旧岡田邸
関わる人間模様もまた美しいです。





私たちは「動態保存」という考えで旧岡田邸を再生させるチームです。




あなたは旭川に旧岡田邸を残したいと思いますか?







そう讀賣新聞の石原支局長のページもお勧めです。

新おとな総研「最北支局長の見てある記」
http://otona.yomiuri.co.jp/trip/saihoku/
新おとな総研「知床記者の見てある記」
http://otona.yomiuri.co.jp/trip/shiretoko/


お花は草月流の皆さんにご提供頂きました。





ふじちゃんfuzikofuziko  at 16:18コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

旧岡田邸200年プロジェクト21

sinn

8月23日の夕刊。北海道新聞の記事です。
京都、谷口一也先生と見て歩く岡田邸内の模様です。








漆喰の壁や天井。
今ではありえないムク材をすべて使っている天井。
職人さんが丹精こめた障子の桟(さん)の細工。

襖。柱。床の間。
廊下。階段。窓ガラス。ステンドグラス。照明。シャンデリア。


お金をふんだんにかけながら、豪華さを見せ付けない品位。
静かに心癒される庭。



次回公開日は9月19日(日)
前日がお掃除会です。

お掃除ボランティアの参加を歓迎いたします。
あなたが、綺麗にしたいところを見つけてみませんか。
今回参加者は、愛着のある箇所を見つけていました。








私たちは「動態保存」という考えで旧岡田邸を再生させるチームです。








あなたは旭川に旧岡田邸を残したいと思いますか?







りんどう

りんどうの 籠の似合いし 心地よし   ふじこ

西日入る 窓の愉しみ 夏の果て     ふじこ





ふじちゃんfuzikofuziko  at 21:38コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

旧岡田邸200年プロジェクト20

きじ

今朝の
北海道新聞さんの記事

岡田邸の22日公開日の事が載りました



沢山の方にお申し込み頂き
午前の部に数名のゆとりがありますが
午後と夜の部はお申し込みを締め切らせて頂きました。







次回は9月19日(日)が公開日となっております。




さて、明日は午前中からお掃除会です。
岡田邸は広いので、お掃除のしがいもあります。

ハタキでほこりを落としてから、掃き掃除、そして拭き掃除です。
掃除をしていると、立っていると気づかない事にも出会います。

ボランティア有志で、綺麗にして22日を迎えます。
お待ちしております。






私たちは「動態保存」という考えで旧岡田邸を再生させるチームです。



あなたは旭川に旧岡田邸を残したいと思いますか?



ふじちゃんfuzikofuziko  at 22:08コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

旧岡田邸200年プロジェク19

袋
今週末の旧岡田邸公開日
前回セミナー参加者の方々へのご案内
色んな方々のボランティアです。




コアなメンバーでの活動です。
ですから

旧岡田邸200年プロジェクトに賛同している方々で。
本業以外でのボランィテアといえばそれまでですが
賛同しての奉仕活動です。


私には
奉仕の方が、判りやすいです。

準備は沢山あります。
案内の製作、名簿、発送。
前日の会場準備、備品借入、搬入搬出
美しい旧岡田邸のお掃除。昭和初期のお掃除会です。

受付、会場係り、担当依頼
片付け

皆、主体的に活動してくださり、私を衝き動かしてくれます。

そんな中、昨日は嬉しいお電話を頂きました。

草月流の生け花の先生方から
旧岡田邸の生け花を奉仕してくださるという。
お花まで持ち込みしてくださるとの、申し出に何とお礼を言ってよいやら。

前回のセミナーでお世話になったばかりですから、
こちらからは言い出せずにいました

正直
今回は、どうしようかと思っていました。
12月までの予定を見てくださって、

「させてください」

「200年までとの岡田邸に活けさせていただくのは光栄なんです」



と言うお言葉には

どれほど、私が勇気を頂いたでしょう。

岡田邸も活かされて、とても嬉しいです。



公開日のお花もぜひ愛でてください。










私達は動態保存という考えで旧岡田邸を再生させるチームです。


あなたは旭川に旧岡田邸を残したいと思いますか?







ふじちゃんfuzikofuziko  at 23:25コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

旧岡田邸200年プロジェクト18

okatyann



ただ今、財団立ち上げ準備中の旧岡田邸

今月から毎月、公開日を設けることにいたしました。
今月は21日お掃除会
22日(日)が公開日です。







私たちは動態保存という考えで、旧岡田邸を旭川に残し次の次の世代まで、
今年77歳の岡田邸が200歳になるまで、と思います。


色々な仲間が協力してくれています。
当日もお待ちいたします。








ふじちゃんfuzikofuziko  at 19:09コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

小樽アポロ計画にて

roke猛暑のこの日
8月6日小樽アポロ計画に初参加

今年で3年目
植松電気の植松努専務さんの講演と
ミニロケット造りをして飛ばします。





aoro夏休みの親子の時間
こんな共有時間はなんて素敵なんでしょう

植松さんは、お子さんだからと言ってお子さん向けには話されない。
淡々と、そして熱い思いを丁寧に伝えます。




子供達もそれが伝わるのでしょう
よく聴いています。

小さなお子さんには、ちょっと難しいロケット造りも
みんな真剣に、取り組んでいます。





「思いは招く」
どうせ無理という言葉を口にしない

やらないよりはやってみた方が、失敗したとしても前に進んでいます。
どこがいいのか、どうしたらできるのか、考えてみる。

辛い向こうに素敵なことが待っている。


実際に行動されている方の言葉。



このアポロ計画の中で
お子さんたちに、俳句を経験してもらうために
私は師である、坂本タカ女先生と参加したのです。

投句の時間になると
子供達は、早々と創り投句します。
今回は、大人も子供も同じ土俵で、タカ女先生の選を受けます。


お食事会の終盤で各賞と、タカ女先生の10選が発表されました。
私にとっての、お宝の時間がまた増えました。




大空に  大志の子等と  夏休み  ふじこ

猛暑日や ロケット飛ばし 熱中す  ふじこ






ふじちゃんfuzikofuziko  at 10:04コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

第二回暮らしのフェスタ終了

7月31日の暮らしのフェスタが無事に終了。

前後の雨の日にも関わらず、晴天に恵まれ
晴れ女の面目が保てました。

ほっと一安心です。


人出もまづまづ。
今年の課題であった、集客は見込めたと思う。
実行委員長ではあったけれど、このようなイベントは
ひとりひとりの力が、重なって大きくならないと成果は出ないし
達成感も味わえない。


何かをするとき
何かを起こす時の課題は、美味しいお酒を皆で飲むための
プロセスだと思う。



もちろん打ち上げのお酒は美味しかったのです。


参加された方、協力してくださった方
関わってくださった皆さんに感謝をいたします。


そして、暮らしのフェスタにご来場くださった皆様!
ありがとうございました!


第二回暮らしのフェスタ


HPで様子が見られます!





ふじちゃんfuzikofuziko  at 23:19コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

旧岡田邸200年プロジェク17

まどろうそく






8月1日旧岡田邸
夜の明かりも格別です。

庭にろうそくを灯しました。
写真で見るよりも、とてもとても素敵です。
お伝えできないのが、残念です。



財団設立説明会後の、「蒼き狼オーナーの会」
瀟洒なお座敷で、しゃぶしゃぶです(BY小滝畜産さん)
日本酒、ワイン、ビール・・・(byまるしん商店さん)


記念すべきこの日
お赤飯を朝、炊きました。


今月をめどに、財団を設立いたします。


8月21日(土) お掃除会開催
8月22日(日) 旧岡田邸公開日

詳しくは、またのち程お知らせさせて頂ます。






あかり


縁側の 庭より風の 夏座敷   ふじこ
程よきは 電球の影 夏の声   ふじこ






ぎぼうしの 葉の透かしをり 蝋明かり  ふじこ (ぎぼうしの花)





ふじちゃんfuzikofuziko  at 22:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!