空を見上げて
トップページ » 旧岡田邸200年プロジェクト382

旧岡田邸200年プロジェクト382

アゴラ2アゴラ3









JALの雑誌AGORA10月号に
記事として載せて頂きました。




取材にいらしてくださったのは7月。

建築写真家の増田彰久先生が、どこの写真を載せてくださるか
楽しみにしていました。


そして楽しみにしていた通りになりました。









アゴラ編集部の水崎彰子副編集長と、ご一緒にいらしてくださったのですが。

「建物が大切になれているのが良くわかります」

「生花をいけているのも、いいですね。」と言ってくださって。

大切にしたいと思っていることを、認めてくださったのは、嬉しいことでした。

建具と、玄関のステンドグラスなど、質と全体の品をお褒めをいただいて。



昭和8年建築の建物が、使ううちに、時と共に、当時よりも価値が増してきているように感じます。

誰でもがいらして、居心地を楽しめる、そんなお時間を提供したいと思います。



今朝のミーティングで

あるスタッフが、お客様を邸内ご案内後に

邸内を案内してくれるのは、いいですね。と言われて、お帰りの玄関では

とても楽しかったです

と、言って頂いた事を、話してくれました。


おもてなしは、まだまだ勉強途中ですが、シンプルに「楽しんで頂く」箏を
大切にしてくれている、スタッフに嬉しくなりました。






記事取材は

TBSの玉手義朗氏が、別日程で、7月にいらしてくださいました。

先に、旭川図書館で、岡田邸の当主でした岡田重次郎氏の事を丁寧に調べてきてくれていました。
図書館で、すぐに出てこなくて、こんなに旭川市に貢献している人なので、
もっと、わかりやすく調べられると思ってました。

と、おっしゃってまたから、時間をかけて調べてくださったようです。

私の持ってました資料も、とても喜んでくださって。


記事を読んでみますと、丁寧にまとめてくださっていて、保存版になる内容です。

旭川市民の思いとして書いて頂いているのが、なんとも嬉しいです。







アゴラ1



ファーストクラスの機内誌と
エグゼィブティブな会員さんの80万人の方にお届けされています。


店内でも、ご覧いただいてますので、いらしたらぜひ読まれて欲しいです。








紅葉26年10月3日


今年は例年になく紅葉が早くなりそうです。

いつもなら、まだ色づかないのですが、始まりだしてます。
これから、随時、情報をお知らせさせて頂きます〜

トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星