空を見上げて
トップページ » 旧岡田邸200年プロジェクト394

旧岡田邸200年プロジェクト394

雪見窓


静かに雪の降る日


久しぶりです

しずけさもまたよしです。











工業高校新聞1工業高校新聞2



工業高校の生徒さんから新聞が送られてきました。








岡田邸にいらして下さった時に
担当の先生とご一緒に、邸内のご案内をさせて頂きました。
一所懸命にメモを取ってらして。

第7師団が来て軍都だった時代の旭川市の歴史のテーマの中に
旧岡田邸を、取り上げてくれています。

軍都であった時代に、様々な産業が栄えて。
日本酒もその産業でした。

朝ドラの「マッサン」のウイスキーもそうでしたね〜

時を経て、わかる事もあって
戦時中を過ごしてこられた97歳の方の取材を丁寧にされています〜


高校の新聞部というのが
いい経験をされていると、そんな事を思いながら読ませて頂きました。








応接間、法事

先週ありました

ご法要のお席です。通常は2階大広間をご利用頂く事が多いのですが
足がご不便な方がいらっしゃるとの事で、

こちらの1階応接間にて

ご法要も、会食もされました。





10名様のお席でしたので、ゆったりとお使い頂けたかと思います。

90代でお亡くなりになられたお母様の一周忌とお聞きしていました。



「もう兄弟もいませんから、今日は、母のファンクラブの集まりです〜」

と、おっしゃっていらした通り

お母様のご遺影を囲まれて、和やかに、和やかに、あたたかく、過ごされていたと思います。




お帰りにお見送りさせて頂いた時



あ〜たのしかった〜

と、何とも穏やかにつぶやかれて。

大切な方とのお別れは淋しいけれど、ちゃんと大切なものを残してくださっているのだなぁと


気付かせて頂きました〜






トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星