The Bluetones のセカンド。1998年。


 


これは去年の秋頃聞いたのだけど、 その時までブリットポップはどれも似たような曲ばかりで退屈なのでしばらく敬遠していました。
それでたまたまお店で見かけて、そういえば If... っていう曲だけは有名だしたまに聞きたくなるなと思って例外的に買ったのですが。


 

ド直球のブリットポップですよね。
The Verve の Sonnet とか Ocean Colour Scene の Huckleberry Grove とか Hurricane#1 の Only The Strongest Will Survive とかもなんだけど ブリットポップバンドは、こういうキャッチーだけどもの悲しくさせるような曲をどれも1曲持っているのがいいですね。
この曲は徐々に展開していくギターがいい。


それで他の収録曲が、Menswear とか Pulp みたいな感じの地味な曲ばかりだと予想していたのですが、聞いてみると案外派手ですね。
派手というか、華やかな訳ではなく荒く豪快なサウンドで録ってあり、やや渇いた感じのノイズギターとかボーカルの声質もあってブリットポップというより Smashing Pumpkins あたりのUSオルタナに近くも思えます。


 


ローファイで埃っぽいところは ドアーズとかのガレージバンドらしさもありますね。


 


アルバム最後の隠しトラックのモンドミュージックもあります。

以上。オルタナティヴロックとして中々の佳作です。