模型blog

浅く広く、作りたいものをそれなりに。

バンダイ(イマイ)クァドランロー(7)駐機台の塗装

さて、工作が終わったら次は塗装です。どうしようかといろいろなやみましたが、海上自衛隊の格納庫にヒントをもらい、クレオスの灰色(電車色)で塗装することに決めました。

黒立ち上げした上に艦艇色を塗り、部分的にダークアイアンを塗りました。乾燥後、離型剤を筆塗りします。
IMG_0014



















この上から灰色を塗り、ステインブラウンとラストオレンジで汚したあと、つまようじ等で塗装を剥がしていきますw これが楽しいんだなあ。
IMG_0106



















IMG_0107



















IMG_0109




















ここではたと気づきました。上に乗せるのはアニメに出てくるロボじゃん!こんなリアルに塗装してどーすんねん!つり合いとれない~(;´・ω・)

自分でハードルあげちゃいましたよ、アホ。続く...



田宮のセールで...

今日はLEDを買い足しに日本橋に出かけました。目的のブツを入手し、キッズランドによると、模型フロアではホビーショウをやっていますとのアナウンスが。各メーカーさんの新製品をウィンドウに並べてました。ふつうはそれで終わりと思うところですが、3Fのタミヤさんのコーナーではなにやらいろいろと物販がw

箱は無いキットが袋詰めの状態で置いてありました。キットとして買うよりも数百円ですが安いんですね。箱が無い分、作らないといかんのですが、なんだかちょっとムラムラしちゃいましてね。買ってしまいましたよ。

古いキットですが、2式水戦とスカイレーダーでございます。
IMG_0334



















2式水戦はね、作ったことは無いのですが、思い出がありましてね。小学校4年か、5年生のときにこずかいでオヤジのプレゼントに買ったのがこのキットだったんですよ。これを明灰白色に仕上げ、操縦席後部の無線装置の上にその年の誕生日の日付を手描きしていたオヤジの作品を見て、ああ、プレゼントしてよかったあと思った記憶があるんです。だから今度は自分へのプレゼント(笑) 中身はああ、旧キットという感じですがいいじゃないですか。作ってみたいと思います。ちゃんとつくりたくなったらハセのキット買えばいいだろうし。あっちのキットがいいのかわからないけど。

スカイレーダはですねえ、これもなんとなくムラムラきたんですよ。あまりこういうの作ったことないし、なによりも飛行機のクセにAFVみたいな迷彩ですからね。これも挑戦してみたいと思います。

静岡でも半額で48のマスタング買ったところでしたので、一気に飛行機の在庫が増えてもたー!

ちなみにフミナはどーしようかなあと思ったのですが、止めました(笑)このあと、PLAMAXのみのりちゃんやミンメイは買うだろうしねえ。ちょっと計画的にやらないと...(無理か)

バンダイメカコレ 牛魔王の車(いきなり完成w)

バンダイのメカコレシリーズからドラゴンボールのシリーズが登場です。今回は牛魔王の車を作ってみました。


フィギュアの成型色はなぜかブラックブラウン。え~驚異の成型色技術はどこいったん?と言いたいところですが、そこは実売600円台の低価格キット。文句言うたらあきまへんがな、兄さん。キットはパチ組みで30分で組めます。フィギュアも腕の部分に工夫がされてまっせ。これは手に取って確認してねw

このキットはフィギュアが3体も付いてくるんですわ、ええ、3体。しかもですよ、バニー姿のブルマですよ、ブルマ。あ、ブルマってのは女の子の名前ね。ブタはウーロンね、ちなみに。

ちゃーさんの塗装冶具で塗りました。イラスト見たら全然似てなかったんだけど、まあ練習ということで((;´・ω・)
ベースはラッカーで、そのうえからファレホとエナメルで仕上げてます。今回は油彩は使いませんでした。これも練習。フィギュアは練習あるのみですね。すこし間を置くと下手になります、ほんと。

20170528_155019



































車体はファレホで塗りました。途中の写真は撮っていないので、いきなり完成です(爆)
この車、風防つけるとフィギュアの顔が良く見えないんですよね。残念。
IMG_0408



















いちおう風防つけた完成系をUPします。
IMG_0422



















横からはこんな感じ。マークはシールですが、これが超薄々でしたw
IMG_0426



















バイクも組もうかな。ブルマの塗りはもちっとがんばるぞ。

珍しく新製品に飛びついてソッコーで完成させましたw

バンダイ(イマイ)クァドランロー(6)工作完成

クァドランロー用の台座が完成しました。静岡のハセガワブースで漁ったジャンク(特にSUZUKIのジムニーのパーツ)が大活躍です。他はホビーボスの48T-34フルインテリアキットも大変役に立ってくれましたw 電飾用の穴も開口しました。

IMG_0353




















IMG_0351




















本体の工作もほぼ終わりに近づきました。肩パットは開いた状態と閉じた状態の2つを選べるようにしました。全面カバーは残念ながら固定式です。
IMG_0340




















カバーを可動にするとどうしてもTOYっぽくなってしまうんですよね。↓説明図より
20170522_2243



































ちなみに肩パットの裏はこんなかんじの雑な感じで。ようは差し込み方を2通りできるようにしただけw
IMG_0343



















コックピットも出来ました。上から見るとこんな感じ。神経接続(たぶん)ケーブルは別途用意です。
IMG_0349




















本体を座らせてみました。こんなかんじです。どでしょ?旧キットだけどこれいいキットですよね。
IMG_0359


































そんなわけで、工作完了! これから塗装と台座の電飾配線を考えます。

バンダイキャラコレ セイラ・マス

GWに突入前にTLに流れてきた「旧キット無改造コンペ」。旧キットを改造厳禁、合わせ目消さない、段差そのまま、筆塗りでトライするというレギュレーションに心を惹かれたものの、十分な時間が取れそうにもなかったのでしばらく様子をみていました。しかし、流れてくる内容があまりにも面白かったので、短時間で仕上がる旧キットを在庫の中から探し、選んだのはコレ。バンダイのキャラコレセイラさん。いまの金型技術であれば相当なクォリティなものが出来そうですが、どういうわけかいまだにこのシリーズのリニューアル版は登場していません。

しかもですね、
1












































箱絵の塗装例がすごいんです。ラッカーで一生懸命塗ったと思われますが、80年代の日本にはまだプラフィギュアの塗装術は確立されていないのはおろか、そもそもフィギュアそのものがその存在を確立していませんでした。どちらかというと疎まれる存在で、模型屋にもずっと売れ残ってました。
4














まあ、出した瞬間にオチがあるという、いわゆる「出オチ模型」ですが、これで参戦することにしまして、ランナーから取り出してみました。
2




































足はガイドがないので、箱絵をみながら接着します。断面もガタガタなので、もちろん流し込み接着剤は効きません。
5























あっという間に仮組みできるので、ラッカーでサフも吹かず、塗っていきます。しかしですね、ラッカーの筆での肌色塗りはかなりしんどかったです。溶剤でひっぱられるので、4回ほど重ね塗りしました。続けて黄色い髪と制服正面のラインをキアライエローでこれもラッカー塗り。
6









































制服もラッカーで塗ります。これも引っ張られますね。
7



























ここでラッカー全塗装は断念しました。昔の小学生はえらいよ、ほんと・・・

取り出したるはファレホ。今回は僕もあまりやったことのない陰影の強い塗装にチャレンジしてみました。最初にハイライトを全体に塗り、シャドウ部分を塗ります。かなり大胆に塗りました。
9













これを中間色で補正していきます。間に塗料を置いていくかんじです。だいぶ自然な感じになったかとw
10





















さて、一番の関門の顔(笑)

ラッカーで下地を作っておいたので、ここからはエナメルで塗ります。まずは肌色に白をまぜた基本色を用意し、これにブラウンを混ぜてシャドウを作ります。シャドウを眼窩や鼻の横、唇の下、あごの下に塗っていきます。次に基本色に赤を微量足したものを頬と唇と目頭に塗ります。かなり軽めです。最後に目の下、鼻の頭、あごに白を置きます。

瞳はモールドされているので、今回はエナメルでそのモールドに沿って塗ることにしました。水色で円を描き、瞳は水色に黒を足し、最後に白でハイライトを入れます。白目は最後にエナメルで左右に入れます。これで目の大きさが調整できます。アイラインは黒とブラウンです。

髪の毛はシャドウはブラウンを混ぜて塗っています。
11-2-600











お、それなりになったような気がします。(似てはいませんが)
10-2







































14


































そんなわけで完成です。実質2日で塗りました。

私の旧キット無改造コンペはこんなお笑いアイテムでの参戦でしたが、最終的に300名ほど参加されたようです。一人で3-4つのキットを完成させる強者もいれば、斬新なアイデアと塗装で魅せる作品もあり、いまとなっては厳しいレギュレーションの中、旧キットというどちらかというと扱いに困るアイテムを媒介に模型をたのしんじゃえ!という参加者の気持ちがビシビシ伝わって来て、見ているほうもすごく楽しかったんですよね。

静岡に行く前に前夜祭を楽しんでしまった気分でしたw 

なお、この作品は静岡に持ち込みました。タケさんのアドバイスで箱も持っていきましたが、これもウケました









カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ