模型blog

浅く広く、作りたいものをそれなりに。

イマイ リン・ミンメイ(6)愛は流れる【完成】

てなわけで、油彩も乾燥しましたのでささっと撮影してみました。
イメージはですね、マクロスブリッジに出前するミンメイです。
「ひかるっ!出前もってきたよ、え?まだ帰ってないの? もぅひかるのバカっ!」という感じ(爆)
IMG_0935-600 










































右目はもう少し大きくてもよかったなと反省。今後の糧にします。
左右から撮影してみると、旧キットらしさが垣間見えますね。基本的なフォルムは少し削ったくらいなので、そのまんまです。
Clipboard1-600

 
























こちらはフルスクラッチした岡持とベース。マクロスブリッジの破片が役に立ちましたw
IMG_0159-600


 
















そんなわけで、中古屋で偶然見つけた懐かしの旧キットですが、無事成仏できました。これで2017年4月時点で最高傑作と言われるPLAMAXのミンメイちゃんと、1980年代の珍キットを並べることが出来ます。ネットで探しても完成させている人はほとんどいない(当たり前)ので、出オチ模型ですけどね。旧キットは現代のモノと比べるとなんじゃこりゃが基本ですが、その当時資金や時間などの様々な制約を受けつつも精一杯の努力をして生み出されたものでしょうから、先人たちの苦労を忍びつつ、手を入れるところは最低限に楽しむのもこれまた現代における旧キットの楽しみ方なのではないかと思うのでした。 

というわけで、タイトルは事実上の最終回「愛は流れる」から持ってきました。このあと、ダラダラと手を入れて先延ばししないよという自戒も込めて(笑) 

GWCに行ってきました

今日はGWCを覗きに行ってきました。会場には9時過ぎに到着しましたが、整理券番号は115番でした。うほ!みんな気合い入ってますね。クリ坊さんとばったりあったので一緒にお茶して時間をつぶしてから10時に会場入り。

今回の戦利品。また在庫増やしましたw
C70RjHTVwAAXniH 




















昼前に会場を後にしてなんばの天天酒家さんでちょうぎさんとランチ。
マーボ豆腐がおいしかったですw
C70D4WpVMAAH8K1
 



















さて、そろそろガレージキットも作っていかないとねw 

イマイ リン・ミンメイ(5) ファンタズム

まず、服の色を朱色に塗りなおしました。
C7WDJ4vU8AEhZYw 




































さて、せっかくなのでベースを作ろうと思います。ネタはいろいろ考えましたが、今回はあくまでもミンメイが主役なので小物はちっこいものを作ろうと思います。

パンチコンパスとアルティメットカッターでの楽しい工作♪ はてなんでしょう、これ。
C7xJRcGV4AIhJwF



































はい、岡持でございますw
C700PlFVMAEr4XY



































写真で見ると結構傷がついて痛んでるのが一般的のようなので、サフは吹かず、粗めのペーパーでなでてからウィノーブラックを下地にクレオスのステンレスを塗り、乾燥後綿棒でこすって磨きました。持ち手部分はアクリルのバフで塗装後、油彩のバーントシェンナを塗って伸ばしてます。
C71xBbfV4AAKCOH



































さて、顔のほうも塗り進めます。ここからは油彩です。GWCでGETした蟹倶楽部さんの塗装冶具を使います。
C71aRKAUwAE2xpP




































ひととおり塗って乾燥ブースにいれました。今週は乾燥タイムですね。
C7111yRUwAE9ztC




















 














TV版マクロスの17話は負傷した輝が見る夢の話です。マクロスに出前してくれるシーンは入っていなかったと記憶していますが、こんなシーンも妄想してもいいんじゃないかなと思って完全オレ設定の情景です。

というわけで、今回は「ファンタズム」。

続く。

 

イマイ リン・ミンメイ(4) ミス・マクロス

さて、あまり設定画はみないつもりでしたが、パッケージの絵と指定色があまりにも違うなーとすこし気になりだしました。そんなわけでテレビ版をすこしおっかけてみることにしました。いや~、それにしてもミンメイのこの顔(笑)毎回別人ですね。
15 






















































やっぱり服の色は朱色に近いなーと感じたのでこれはあとで修正することにします。

まずは顔塗りに着手です。アイラインをまず取ります。
11



































このキットは最初から瞳がモールドされています。正面から見て左側に視線が行っているのでそれに合わせることにします。

眉毛を描いてから、さらに下地となるグリーンを入れました。
12



































ここから髪の毛の基本色を塗ります。指定はインディブルーですが、濃すぎるのですこし明るめに塗ります。さらに瞳にシャドウとハイライトを加えます。
13



































お?とりあえず、ミス・マクロスに出場できるレベルにはなったような気がするのですが(笑)

続く。

イマイ リン・ミンメイ(3) バイバイ・マルス

サフ吹きました。あ、書き忘れたのですが、ここに至るまでサフ吹き⇒表面処理を3回しています。あと、ボディーですが、下腹部のラインと腰を一回り削っています。
8 



































クールホワイトで下地を作ったあと、顔と脚をラッカーで塗ります。
9



































さらに服を指定色のシャインレッドで塗装しました。
10



































続けて顔の塗装に入ります。赤い部分の塗装が終わりましたので、「バイバイ・マルス」ということで。ちょっと強引だな(汗)
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ