食い倒れBlog

管理人の日々の生活、登山、その他思いつくままをぬるくつづってます。 ※模型関係は移転しました。

地震で出社困難顛末記

福井プラホビーコンテストに土日に参加したので月曜日は会社行きたくないよねえと一緒に参加した仲間とお話しをしていたことがまさか現実になろうとは。


6月18日月曜日。土日に遊びまくったこともあり、いつもより早めに家を出て一本早めの電車に乗る。いつもの電車に乗っていたら駅で足止めだったのにこういうことってあるのよね。甲子園を過ぎたあたりで満員電車の中で一斉に警報音が鳴り響く。一瞬地震とは思わず、え?チカンブザー??と思ってスマホみたらメッセージが。そのすぐあとに縦揺れが襲ってきました。恥ずかしながら、おわわわわわ!と声出してしまいました(;´・ω・)

電車は停車し、点検しますのアナウンスがすぐに流れました。かなり長時間の揺れでしたのでこれは容易に復旧しないだろうとおもいつつもしばらく車内に留まっていました。が、いっこうに回復の兆しは見られなかったので、9時に会社に電話をし、徒歩で自宅まで戻ることを決意しました。

幸い靴は歩きやすい革靴、バッグは昨年からリュックタイプに替えていたので、途中のコンビニでお茶だけ補給してあとは「さあ、歩くぞ」と気合いを入れて43号線を西へ向かいました。雨もパラついてきました。道はわかるので不安はありませんでしたが、スマホにはたくさんの情報と友人たちの状況が入ってきます。幸い友人たちは全員無事でした。ほっ。家にもメールを入れて安否を伝えました。すでに電話はつながらなかったのでこういうときはメールですね。

途中の西宮駅でトイレを借りましたが、駅前には難民のように人が座り込んでいました。さっさと帰ればいいのになあと思ったのは私だけなのでしょうか。ドライすぎるのかな。まあ、あんまり会社なんぞは信用していないしね。

途中から暑くなってきました。帽子はリュックに入れておいたほうがいいかもしれませんね。すこしこれからの装備を見直そうと思います。無事2時間歩いて家にたどりつきました。やれやれですが、駅で足止めされるよりもめったに経験できない地震と徒歩帰宅の両方を味わえたのでヨシとしましょう。しかし3名の方がこの地震で亡くなられたとのこと。ご冥福をお祈りします。

阪神も阪急も15時に点検完了して運転再開をしていました。インフラ点検整備の方々お疲れ様でした。ほんとこいう不眠不休の努力で支えられていることを忘れてはいけないですよね。動いているのが当たり前と普段は思ってしまいますけどね。


梅雨の晴れ間を狙って伊吹山登山

金曜日は休暇をもらって国際免許の取得とマイナンバーカードの手続きに。思いのほか早く終わったこともあり、ひさしぶりに会う後輩と一緒にインドカレー屋さんで食事。明日は篠山方面の山に行くという話を聞いたからだろうか、この土日は模型三昧の予定だったが、夜中の0時すぎに急に山に行きたくなって装備を準備し、1時に就寝。


6月2日土曜日。早めに起きるつもりだったが寝坊したものの5時前に車に乗ることが出来た。目的地は伊吹山。しかし、ナビに登山口の情報を入れても検索にヒットせず、温泉の場所を入れても見当違いの場所を示すので想定以上に時間をロス(;^ω^)諦めてgoogle先生にナビをお願いしたら、一発OKだった。スマホホルダーを買ってこよう。西宮IC手前のセルフのスタンドでガソリンを入れるが、これまた現金のおつり清算の仕方が分からずすこし手間取りました。さて、高速乗るぞーとナビを見ると地道を案内するじゃありませんか。あれええ、おかしいなあと高速の看板を見ると、まさかの工事通行止め!吹田から先は工事通行止めと書いてある。うわー!まずいなあ、もうやめようと思ったけど、とりあえず行けるところまでいこうと車を進めました。途中の案内で朝6時からは土日は開通することがわかったため、5時45分に到着した吹田のSAでサンドイッチを食べながら開通を待ちました。寝坊したおかげで助かったわけです。

6時に吹田SAを出て7時40分に三之宮神社(登山口)に到着です。車は神社を過ぎた民家の駐車場に入れさせてもらいました。着替えや車庫入れのことを考えると神社の上まで上がらない方がいいですね。代金は400円でした。ここで準備をして8時に登山口からいざ出発です!
IMG_0

ゲートをくぐってから右側から登山開始です。
IMG_0001

こんな看板ありますが、距離書かれてもね。時間ですよ、時間。まあ、個人差あるからこっちが無難なのか。
IMG_0002
1合目まではすこし薄暗くてじめじめとした道を歩きます。ここで登山モードになるのをペースを保ちながらまちます。最近は15-30分ほど歩くと私はスイッチが入るようになりました。若いときは5分でしたけど(;^ω^)
IMG_0003

1合目はかつてのスキー場の末端になります。ここまでは別ルートで車で上がってこれます。
IMG_0005
自販機もあるので飲料を買い忘れた人はこちらで。ちなみに伊吹山は給水ポイントが無いので注意です。
IMG_0007
スキー場横を直登してきます。
IMG_0009
振り返ると、霊仙山が。今日はガスってないですね。またリベンジしたいな。
IMG_0011
IMG_0013
伊吹山がどーんと見えます。この稜線の上まで上がることが出来るのかなとちょっと不安になりますね。
IMG_0016
3合目はかつてのゴンドラの終点です。2006年に廃業となり、リフトも撤去されています。
IMG_0017
ここからがいよいよ本番かな。
IMG_0018
奥のコンクリートの構造物のところが4合目です。
IMG_0021
ここからぐんぐんあがっていくと、5合目。
IMG_0025
山を見上げてみると、次の目標は避難小屋がよさそうですね。
IMG_0026
IMG_0027
どんどん高度を稼ぎます。
IMG_0028

IMG_0029

青と白と緑の世界。サイコー!と心の中で何度も叫びながら登ります。
IMG_0033

IMG_0034
振り返ると
IMG_0035
こんなかんじ。

山のほうはいよいよ急登になってきます。
IMG_0036

IMG_0037
ここから足の膝の裏が痛くなってきました。息切れはしませんが、足がすこし疲労がたまったかんじです。うーん、やはりトレーニングが足りませんね。

前を見ると、稜線には人が見えます。よーし、山頂着いたらソフトクリーム食べるぞー!と気合いを入れて前に進みます。
IMG_0038
IMG_0039

稜線にあがってひと踏ん張りすると見えるのはコレ(笑) いきなりコレか〜!
IMG_0043
ではありますが、まあいいでしょう。山頂のオアシスですね。

IMG_0040

山頂から反対側を覗くと駐車場が見えますが、今日は少ないみたいですね。なんでだろう。
IMG_0041
今日は当初はスパゲティを考えていましたが、暑いし、汁気のあるもののほうがいいだろうとカップヌードルに切り替えました。行きのセブンイレブンで調達。ちなみに今回の行動食は焼きそばパン1個とチョコビスケット。
IMG_0044
山で食べるカップヌードルはほんとうんまい(^^)
IMG_0045
そのまま昼寝でもしたかったが、さっさと下山することにします。
IMG_0046
今日は天気もいいので、どんどん人も登ってきます。ふふふ、この優越感はたまらんぞよ。
IMG_0050
IMG_0053

振り返る。さらば伊吹山!
IMG_0068
12時に下山を開始しましたが、さすがに午後になると暑い。しかも伊吹山は南面なので余計に暑いし、日陰がない!
IMG_0069
5合目の自販機でコーラーを飲むぞーと思っていたけど、缶コーヒー以外まさかの売り切れ!
山頂はあんなに茶店があるんだからこっちでやればいいのにね。商売のチャンスなのにもったいないなあ。
途方に暮れているおっちゃんが居たので、もう使わない水を上げました。おっちゃん、頂上までいけたかなあ。IMG_0070
そんなわけで1合目まで頭のなかはコーラに支配されたので、パラの拠点になっているお店の自販機でコーラを購入。ひがげのベンチでパラの練習の様子を見せてもらいながらまったりさせてもらいました。
IMG_0079

無事下山したあとは伊吹の里(薬草の湯)に向かいます。昨年霊仙山の帰りに寄って大変よかったので今回も行くことにしました。登山口からは5分です。この建物の入り口からは伊吹山が望めます。風呂の中からも山が見えるので、なかなか感慨深いものがありますよ。

IMG_0080

伊吹コーヒー飲んですっきりしました。帰りは道の駅にでも寄ろうかと思いましたが、15時半で営業が終わることをgoogle先生がナビをセットした時点で教えてくれました。なんと優秀なのでしょう!
Deqn4tNUwAI3eHf

今日はくたくたになったけど、おなかは空いたのでリクエストをして焼肉にしてもらいました。涼しい我が家の庭でアウトドア焼肉です。21時には寝てしまいました(笑) 
DerktguUEAESYrY

来週はもう梅雨でしょうね。貴重な晴れ間を利用していい登山が出来ました。ありがとう。

与謝野晶子短歌フォーラム2018で母が表彰されました

60歳から短歌を始めた母が産経新聞社が主催する短歌大会で入賞したとの知らせが!これは行かねばならんと表彰式に同席をしてきました。場所は南海堺駅直結のホテルです。
IMG_2509

P_20180520_122719
与謝野晶子って堺の人やったんやあ、知らんかった(;^ω^)

最後に大先生から短歌の好評を頂き、母も満足げな様子でした。車で新大阪まで行き、新大阪の蕎麦屋で夕食。母は寒かったからかトイレが近くてちょっとしんどそうでした。私も会場の寒さで翌日から風邪気味でした。
P_20180520_182954

2018GWの旅(6)太地町くじら博物館

8時半にオープンする太地町のくじら博物館に立ち寄ることにしました。宿で100円引きの割引券をもらいましたので有効活用します。

P_20180506_084149

古式捕鯨の模様から近年までの歴史をこまかく展示してあり、非常に見応えのある博物館です。
昔懐かしいホルマリン漬けも大量にあります。クジラは同じ哺乳類なんだなあと実感しますよ。男性のみなさんは覚悟しておいてください。巨大なクジラのチ〇チ〇があります(笑)
P_20180506_091610

太地組の捕鯨船だけがこのようなカラフルな色彩の塗装をしていたようです。
P_20180506_092315
残念ながら現存は一隻もしていません。

P_20180506_094152

しっかり展示を楽しんだあとは、クジラとイルカの餌やり(300円)をしました。
P_20180506_101225
奥の白い建物が博物館です。

太地の海で捕獲したイルカとクジラです。なお、クジラとイルカは同じ仲間です。体長4m以上をクジラと言います。(私も知らなかった!)

IMG_0093

餌(今回はシシャモ)の入ったバケツを持っていくと、くれクレー!と顔を出してきます。
IMG_0096


なんや、くれんのなら、もぉええわあ
IMG_0100

P_20180506_095437

P_20180506_095745

P_20180506_095913

10時過ぎからショーも始まりました。
IMG_0123

IMG_0120
偶然ですが、見事なジャンプが撮影出来ました。
P_20180506_101754

P_20180506_101804

前日にホエールウォッチングの予約をしておけばよかったなあと思っていただけにこの博物館でイルカとクジラを目の前で見ることが出来て大変満足です。

さあ、ここから神戸に帰ります。途中のすさみの道の駅で私は限定30食のイノブタ焼肉丼を食べましたよ。ここはたしか96年か97年に車でまっしーと旅行したときにイノブータン王国のパスポートを買った記憶があります。懐かしいなあ。途中の一般道で事故渋滞10キロに巻き込まれた以外は順調で、15時半に神戸の自宅に着きました。早速登山道具を掃除し、洗濯をして片付けをしました。
P_20180506_163029

紀伊半島を縦断した今回の旅。山も楽しみ、海も楽しみ、歴史も楽しんだ旅となりました。
心配された天候にも恵まれました。ありがとう。

2018GWの旅(5)休暇村南紀勝浦でまぐろ三昧

熊野本宮から一時間で、勝浦の本日の宿「休暇村」に到着です。
P_20180505_173834

P_20180505_160830
部屋からは海が望めます。山から下りてきて海を楽しむ。いいじゃないですか。
P_20180505_170131

食事までの間、海岸を散策しました。引き潮になっていましたね。この向こうはもう太平洋。
P_20180505_171810

18時から夕食です。
P_20180505_180830

こちらはマグロのカツ。思った以上においしいです。
P_20180505_181259

こちらは中トロとマグロの刺身。冷凍をしていない近海ものということもあり、美味しい(^^)
P_20180505_181736

天ぷらのバイキングもあり、デザートもたくさん食べてすっかり満腹に。部屋に帰るとふたりとも寝てしまい、目が覚めたら22時半でしたので、風呂に行くことにしました(笑)やはり、疲れが出たかな。風呂は綺麗な大浴場。露天風呂もあり、漁火が見えました。朝は日の出が拝めそうです。

翌朝5月6日。すこし雲は多いですが、晴れです。朝風呂に行きました。
P_20180506_055710

朝食はバイキング形式ですが、なんとなんと朝から勝浦の「びんちょうマグロ」の刺身が!!!
これがまたおいしいのなんの。朝から大量に食べてしまいましたwww
P_20180506_073340

今日は太地町のくじら博物館に寄る予定です。
Archives
訪問者数

カテゴリ別アーカイブ
BlogModelers
Blog Modelers
記事検索
  • ライブドアブログ