食い倒れBlog

管理人の日々の生活、登山、その他思いつくままをぬるくつづってます。 ※模型関係は移転しました。

2018GWの旅(3)大峰山系 大普賢岳

昨年11月に初めて大峰山系の弥山と八経ヶ岳に登った際に頂上から見て格好よかった大普賢岳に今年は行きたいと思っていました。東吉野村に宿を取ったのは大普賢岳の周回コースを通りたかったからでしたが、私が想定していたより宿は台高山脈寄りのため、移動時間と今日の天候から往復でギリギリかなと考えました。

まずはふるさと村で朝食。
P_20180504_073348
しっかり食べてから宿をあとにします。宿泊料3000円、夜が2200円、朝800円 (一人)これに温泉500円でひとり6500円ですよ、奥さん!こんなこと書いていたら、嫁さんから「これって大人の旅行なのかな・・・」とつぶやかれてしまいましたが、どうなんでしょ。

大普賢岳はふもとの和佐又キャンプ場からアプローチします。途中で日本オオカミの像を見つけました。ふるさと村には何も情報がありませんが、高見山で出会った奈良のおっちゃんのおかげです。1905年にこの地で捕らえられたのが、日本での最後の捕獲記録だそうです。

P_20180504_083714

大英博物館にどうやら日本オオカミのはく製があるそうですよ。この下に英語の表記があるのですが、木で全くみえません。
P_20180504_083650

和佐又までは2時間ほどかかりました。トンネルを抜けるとすぐに左側に入りますが、なかなか急な坂道でほんとにこの先にキャンプ場があるのかなあと不安になるくらいでした。我々が到着したときはまだテントも少なかったですが、風が強かったので設営には時間がかかりました。ペグを持参したほうがよいですね。
P_20180504_102631
こちらが和佐又小屋。一泊二食付きで約7000円だそうです。
P_20180504_102648
天候はすこし大気が安定しないかんじで、晴れたり曇ったりころころ変わります。最悪天候の激変も考えてその際は登山中止をすることをあらかじめ意識合わせしておきました。

登りはじめはゆるやかなブナの原生林の中を歩きます。新緑が今日もまぶしい。
P_20180504_105704

修験者が利用してであろう岩窟跡を過ぎていくとだんだん山容が変わってきます。
P_20180504_112818

谷をぐっと詰めると日本岳の稜線に出ます。ここまで不安を感じたら引き返すほうがよいでしょう。
P_20180504_114945
この先は以下のようなはしご登りの連続です。よくぞこんな登山道を整備したなあと本当に感謝です。が、だんだん太ももが上がらなくなってきました。下半身の鍛え方が足りませんね。
P_20180504_121337

稜線に出て左側に戻るような形でひとのぼりすると、大普賢岳の山頂です。
山頂はこれまた360度の大展望!
P_20180504_130507

P_20180504_130529

最高です!山頂でソーセージを炒めているグループが居てちょっとうらやましかったなあ。

周回コースも考えましたが、テントサイトに着くのが17時くらいになるので止めて往路を戻ることにしました。
すっかり天候も回復し、太陽が新緑をさらにまぶしく演出してくれます。
P_20180504_144339

P_20180504_150223

テントサイトに戻ってきたのが15時過ぎでした。テントサイトでカップラーメンを食べようと当初考えていましたが、早めに夕食にすることにしました。

今日は会社で引き取った五目御飯のアルファ米と麻婆春雨にソーセージと豆腐を入れたスープです。
P_20180504_155646

豆腐のおかげでするすると食べることが出来ました。
P_20180504_162217
夜は大変寒くて、ダウンジャケットがあってよかったです。朝方はテントが飛ぶかと思うくらいの強風も吹きました。シュラフカバーを持っていけばよかったなあと反省しました。

2018GWの旅(2)東吉野村 ふるさと会館

高見山登山で体を動かしたあと、向かった今日の宿は東吉野村のふるさと村。今日はこの施設を利用します。東吉野村は人口約1900名の村。今年の中学の卒業生はなんと5名だとか!今回の施設は明治時代の学校を利用した施設です。昭和54年に過疎化で廃校になったものを平成元年に再生したとのこと。キャンプ施設もあり、目の前の川も綺麗で横には温泉もあり、アウトドアを楽しむにも、登山の基地にするのもよさそうです。

IMG_0032

IMG_0030

IMG_0031

こちらは隣接する温泉。綺麗で気持ち良かったです。しかもふるさと会館の宿泊客は2回目の入浴は無料になります。(1回目のときに言わないといけないですけど。ただし、温泉のおばちゃんは愛想なし)

P_20180503_181255

学校ということで当然二宮君がいました。今日はこの小学校の校舎で夕食です。
P_20180503_181444

正直なところ、食事はあまり期待していなかったのですが、これが大変おいしくて(^^)アマゴや季節の天ぷらもウマウマでしたwww
P_20180503_183433

P_20180503_185431

部屋は18畳の宴会場?布団はもちろん自分で用意する、アメニティグッズは無いという簡易宿泊所ですが、我々はこの手の施設はしょっちゅう利用しているのでまったく問題ありません。ビール飲んであとは寝るだけですしね。隣はお子さん3名の家族さんでしたが、消灯時間になるとうそのように静かになり、しつけが行き届いているなあと感心しました。さあ、明日は大峰の大普賢岳に登頂予定です。

ちなみに東吉野村は明治維新の5年前の天誅組事件で首謀者たちが最後に逃げこんだ場所でもあり、あちらこちらに碑があります。歴史好きにもいいかもしれませんね。

2018GWの旅(1) 台高山脈 高見山登山

今年は嫁さんと二人で過ごす初めてのGW。これまでは子供中心だったけど、今回は大人の旅をしよう、というわけではありませんが、計画するのも遅かったのでとりあえず近いけど、なかなかいけない和歌山の勝浦の休暇村を予約しました。空いている日が5月5日の夜のみだったので、この日に合わせて旅行計画を組むことにしました。4日を大峰の大普賢岳に登ることに決め、そのためのアプローチを兼ねて東吉野村のふるさと村を予約。天気が良ければ宿泊施設に行く前に高見山に寄ろうと計画していました。


GW後半は天気が悪いと想定していましたが、3日は朝からうす曇り。これなら朝から行けたなあと思いつつ、準備をして早めの昼食を取り神戸を出発しました。高見山へは奈良県側からアプローチをします。下から見ると格好いい山容なのでだれが命名したか知りませんが、「関西のマッターホルン」だとか(;^ω^)
P_20180503_133634
おおお!なかなかカッコイイじゃないか。高見峠には林道を行かねばならないのですが、すこし林道に入ると早速の通行止め。まじか~!( ;∀;) しかしよく見ると三重側からは行けると書いてあるので、高見トンネルを抜けてすぐに右手から林道に入り、峠を目指しました。
P_20180503_134936

峠には数台車が止まっていました。これから縦走に向かうであろう4人組もいました。
P_20180503_161111
鳥居をくぐって高見山には向かいます。奥の建物はトイレです。27年前、このトイレのあったところでテントを張った思い出があります。新人の頃、雨の降りしきるなかここから台高山脈を縦走しました。雨の中で覚えているのは前の人の靴のかかとだけ。こういう登山は二度としたくないなと思ったこともあり、永らくトラウマのようになっていた山でした。

ちなみにこんな看板がありましたが、注意と言われてもね。
IMG_0001

登山道は大変整備されていて歩きやすいです。
P_20180503_145557

新緑のまぶしいブナ林の中を高度を稼いでいきます。
IMG_0027

振り返ると、台高山脈がばっちり見えますね。いつかリベンジするか、早いほうがよさそうだな。
P_20180503_155603

山頂が見えてきました!
IMG_0022


P_20180503_153543
あ、あの祠!記憶にある!みんなで腰かけて記念撮影した記憶がある...

P_20180503_152105
ちなみに頂上直下のアプローチはこんな感じ。
IMG_0021

山頂からは360度の大展望!!!うわああああ、これを最初に見ていたら印象が変わっていただろうなあ。
IMG_0011
曽爾高原の山々も青年自然の家もばっちりみえます。

兜岳、鎧岳も見えます。
IMG_0013

山頂で一緒になった奈良から来られた方としばし談笑させていただきました。樹氷の時期はバスが下の登山口まで運行されて素人もたくさん来るとのこと。今日我々が泊まる東吉野村は日本オオカミが最後に捕獲された山深いところだということ、最後に天気が良かったら大台ケ原は一度行った方がよいとお勧めしていただきました。

大展望を楽しんで下山し、東吉野村に向かいました。












ガラスの仮面展

嫁さんと一緒にそごうで開催されているガラスの仮面展に行ってきました。会場は女子(40過ぎ)率99%でかなり恥ずかしかったのですが、勇気を振り絞ってチケットを買いましたよ。

我が家は家族全員ガラスの仮面(ガラかめ)のファンでして、たぶん私が一番読んでいると思います。その証拠にパネルを見てもこれは何のシーン、これは〇〇さん、とかなり役名も場面も正確に解説できました。セリフはさすがに書きなおされたバージョンになっていました。昔は「キチ〇イ」とか普通に書いてましたしね。

Db_4eYmV0AEcDvZ

これ嫁さんの戦利品。
DcA1z9-VAAA_jUF
また漫画読みたくなってきました。

昼は「順」と嫁さんと一緒にこれまた15年ぶりにカウンターで寿司を食べました。
大人になったのにね、カウンターで妙に緊張しちゃったよ。情けねえなあ、俺(;^ω^)

機動戦士ガンダム 哀戦士編、めぐりあい宇宙編

塚口サンサン劇場で期間限定で公開された劇場版機動戦士ガンダム「哀戦士編」を4月19日に見てきました。仕事を終わってさっさと会社をあとにし、アングルでカレーを食べて鑑賞です。いやあ、かなり忘れていましたけど、いいですねえ。もう頭の中でしばらく「哀戦士」の歌が再生されています。
P_20180419_182310_preview

P_20180419_183434_preview

そして4月21日の土曜日はめぐりあい宇宙編です。この映画は1982年にオヤジと見に行った思い出の映画ですが、オヤジは忘れていました(笑)
P_20180420_220616_preview
当日劇場ではパンフは売ってなかったので、当時のものを持って行きましたw

またもや、アングルでカレー。でも今回はすこし高級バージョンにしたよ。
P_20180421_133320_preview

なおさんと一緒に行きましたw
P_20180421_140358_preview

鑑賞後に近所の喫茶店でお茶して帰りました。こういう企画はどんどんやってほしいですね。
次は「愛おぼ」か、「ナウシカ」あたりを上映してほしいなあ。
P_20180421_172142_preview





Archives
訪問者数

カテゴリ別アーカイブ
BlogModelers
Blog Modelers
記事検索
  • ライブドアブログ