朝の朝礼を済ませ、朝食ももりもり食べていざ、新緑に囲まれた男三瓶山へ!すこし霞がかかっているようですが、暑くもなく寒くもなく絶好の登山日和です。サヒメルの駐車場まで歩いておりると登山道(姫逃コース)があります。今回は登山の様子をビデオカメラにも収録しました。また編集しなくちゃ。
男三瓶への道












頂上直下でのぶなの木立を楽しみながら、約2時間で男三瓶山頂へ。頂上は風が強かったです。ランチは自家製のカレーコロッケサンド。実は予約した際にお昼ご飯を予約していたのですが、とても戻れないだろうと朝にささっと作ったのでした。といってもはさんだだけですが・・・。避難小屋でまったり休息しました。
三瓶ランチと女三瓶







たった二時間なのに日ごろの運動不足からか体全体がだるーいかんじ。ゆっくり下山し、サヒメルにたちよりました。このサヒメル三瓶自然館も大変広く、縄文時代の埋没林や石見銀山の歴史の展示など幅広い展示構成で子供も大人も楽しめる施設でした。もっとゆっくり見たかったなあ。

さて晩ご飯。きょうのごはんはカレーです。カレー大盛りを頼んだら特盛状態ででてきました。食べましたけど(笑)ちょうど柔道連盟やサッカー少年たちの合宿を宿ではやっていたので、同じ感覚でどっかり盛ってくれたのでしょう・・・。腹いっぱいになったのでもう寝ようかとおもいましたが、ぐるぐる凧というビニール凧を作る企画に申し込みをしていたので、3人でひとつずつ凧を作成。明日の朝、早起きして凧上げをすることにし、早々に床につきました。
登山後の晩御飯









ちなみに翌朝の朝礼前に凧をあげてみたら私の凧がみるみるうちに上昇気流にのり、あっという間に糸がすべて出てしまう状態に。ふと気を抜いた瞬間に手から離れてしまい、あやうく三瓶の空に凧が消えてしまうほどでした。幸い木にひっかかってたすかりましたが。自分の凧を操作するのに必死で娘の凧まで面倒を見切れませんでした。実は・・・凧あげするのも20年ぶりくらいで、しかもあんなに上空に凧があがった経験がなかったので「夢中」になってしまったのです・・・(反省)一番あんたが楽しんでるやないの!と嫁さんにつっこまれました・・・(笑)