今年の母の誕生日は家族で京都で過ごしました。今回はちょいと奮発して(?)かの池波正太郎氏もよく利用したというミヤコホテル(現在はウェスティン都ホテル京都)を予約しました。しかも今回は数奇屋風別館の佳水園(かすいえん)の和室の部屋を予約。おもいっきり今年も「和」を楽しみます。

天気はどうやら雨か雪ということで着物は旅行バックの中に詰めてJRで移動。お部屋に案内されるとちょいと古いなあと感じるものの、木枠の窓ガラスなどにプチ感動。
お部屋











しかもこのお風呂。じゃーん。うわ、タイル張り&温度調節のない風呂ってひさしぶり。
おふろ





















食事前にどぼんと風呂に入り、急いで着物に変身。嫁さんは鏡台の前で着付け中。後ろからパチリ。
着物













こちらはわたくしでございます(汗)
男の着物






















今日の夜は「華頂」(かちょう)の湯豆腐懐石。なんで”かちょう”なんて名前なんだろーと思っていたのですが、翌日知恩院を訪れて謎が解けました。
華頂












目の毒ですが。。。豆腐はほかにもポン酢と水菜・みぶなと共に鍋で出てきました。夢中で食べていたので撮影し忘れました。
湯豆腐懐石



豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com