先週からカウントすると3回目のトレーニング登山は城山&荒地山にしました。なんていうたら、計画的っぽく聞こえるけど、実は日曜日の昼に我慢できなくなって「やっぱ山行ってくるわ〜」と出かけただけです(笑)

しかし、今日は暑かった、尋常じゃないくらいの暑さです。やばい。

阪急芦屋川より。マンションの向こうに見える前衛が城山、その奥が荒地山です。

IMG_5684














住宅街を歩いて右に分岐していくと城山の登山口があります。ぐいぐい登っていくと最初の展望台に出ます。ここからの眺望がこれまたいいんです。心地よい風も吹いてあー来てよかったなーという気分に。


IMG_5689


















この展望台からは10分ほどで頂上に着きます。登山口から20分で登れました。ちょっと拍子抜け。しかしこのあと、バテが来ました(はやっ)頂上にはサンテレビとNHKの中継アンテナが立っているので、目印になります。

さて、次のピークは荒地山です。樹林の間から見ると聳え立ってますね(汗)

IMG_5704


























稜線に出ると照りつける太陽の暑さでちょっとバテ気味です。普段あまり飲まない水も、熱中症を意識して採りすぎたためか、逆にしんどく感じます。岩はしごにつくまでにちょいバテ状態(汗)

先週有馬まで歩いて体力も戻ってかなあとやや取り戻した自信が粉砕(涙)。岩を掴んでぐいぐいのぼっていくと眺望も開けてくるのが荒地山の醍醐味かな。誰とも会いませんでした。

IMG_5714

























頂上は残念ながら展望ゼロです。

IMG_5718





















今日の昼はおにぎりちゃん。またも手抜き。ごめんなさい。もしかしてバテたのはシャリバテだったかもなあ。
IMG_5720


















さて、下山ルートは谷を通ることにしました。しかし、下り始めてすぐに自分が荒地山に通っていたころとずいぶんと谷の様子が違うことに気づきました。岩場が崩落したのか、それとも途中で道をはずしたのか、ちょっと分かりません。しかし、暗い光の届かない谷への効果は心理的にかなり不安になりました。今日はヘッドランプもビバーク装備も置いてきたので、捻挫や怪我でもしたら、ちょっとピンチです。しかもあまり人が通らないルートですから、ちょっと後悔もしたりして(汗)

谷の底に下りると見覚えのある景色が。あ、ここは奥高座の滝の上部だ。以前たどったルートをとおり、滝の上部に下降。どんぴしゃでした。ひさしぶりに奥高座の滝と再会です。
IMG_5721



























帰りはキャッスルウォールの基部を通るルートを選びました。私がよく来ていたころは道標は一切なかったのですが、遭難者でも出たのでしょうか、真新しい道標があちこちに沢山設置されてました。読図しながらここのルートかな?とプチ探検気分を味わえる貴重なルートだっただけに少々残念な気もします。

キャッスルウォールには誰もいませんでした。いいホールドがいっぱいです。下部をフリーですこしだけ登りましたが、グランドフォールしたらシャレにならんので、火遊びは今日は禁止です。

IMG_5727
























無事、高座谷の上部に出てきました。高座の滝は一般観光客がビールを飲んでいたり、登山者が下山後にジュースをがぶ飲みしていたり、いつもの風景でした。

MTBの停めてある公園までてくてく下ります。なんだか秋になったと思ったら、また夏に逆戻りみたいな暑さでしたね。

IMG_5733



















帰宅後、シャワーを浴び、ぶったおれました。

午前中は模型を触っていたのですが、やはり廣田神社で模型の神様も一緒に祓ってしまったようで、ちっともダメでした。いい季節になってきたので、山トレーニングは続けます。しかし、この程度でへたってるようでは新人以下だあ(汗)