8時半にオープンする太地町のくじら博物館に立ち寄ることにしました。宿で100円引きの割引券をもらいましたので有効活用します。

P_20180506_084149

古式捕鯨の模様から近年までの歴史をこまかく展示してあり、非常に見応えのある博物館です。
昔懐かしいホルマリン漬けも大量にあります。クジラは同じ哺乳類なんだなあと実感しますよ。男性のみなさんは覚悟しておいてください。巨大なクジラのチ〇チ〇があります(笑)
P_20180506_091610

太地組の捕鯨船だけがこのようなカラフルな色彩の塗装をしていたようです。
P_20180506_092315
残念ながら現存は一隻もしていません。

P_20180506_094152

しっかり展示を楽しんだあとは、クジラとイルカの餌やり(300円)をしました。
P_20180506_101225
奥の白い建物が博物館です。

太地の海で捕獲したイルカとクジラです。なお、クジラとイルカは同じ仲間です。体長4m以上をクジラと言います。(私も知らなかった!)

IMG_0093

餌(今回はシシャモ)の入ったバケツを持っていくと、くれクレー!と顔を出してきます。
IMG_0096


なんや、くれんのなら、もぉええわあ
IMG_0100

P_20180506_095437

P_20180506_095745

P_20180506_095913

10時過ぎからショーも始まりました。
IMG_0123

IMG_0120
偶然ですが、見事なジャンプが撮影出来ました。
P_20180506_101754

P_20180506_101804

前日にホエールウォッチングの予約をしておけばよかったなあと思っていただけにこの博物館でイルカとクジラを目の前で見ることが出来て大変満足です。

さあ、ここから神戸に帰ります。途中のすさみの道の駅で私は限定30食のイノブタ焼肉丼を食べましたよ。ここはたしか96年か97年に車でまっしーと旅行したときにイノブータン王国のパスポートを買った記憶があります。懐かしいなあ。途中の一般道で事故渋滞10キロに巻き込まれた以外は順調で、15時半に神戸の自宅に着きました。早速登山道具を掃除し、洗濯をして片付けをしました。
P_20180506_163029

紀伊半島を縦断した今回の旅。山も楽しみ、海も楽しみ、歴史も楽しんだ旅となりました。
心配された天候にも恵まれました。ありがとう。