いよいよ、明日は子供の高校の卒業式。
毎日勉強に付き合った中学受験の日々が昨日のことのようです。
子供の成長はあっという間です。

大嫌いだった英語が大好きになり、奨学生試験を受けて留学する未来が待っていることは想像だにしませんでした。帰国後はいろいろと苦しんだようですが、部活も楽しんで先輩同期後輩にも恵まれてなんとかクリアしたようです。

毎年ホールには部活の後輩たちが沢山来て、卒業する先輩たちを見送ってくれるのですが、今年は密になるという理由で中止。親の参加も1名のみとなかなかの厳しい設定です。前期試験が終わっているとはいえ、まだ受験を控えている学生も多いですから仕方ないとはいえ、緊急事態宣言下で卒業式を迎えるのはなかなか稀有な体験でしょう。

明日の式には、写真を沢山撮るには父親のほうがよいという理由で私が列席することになりました。現在カメラのバッテリーを充電しながら、学校に提出する書類に目を通しています。夕食時には、部活の後輩たちから前倒しで花束とメッセージの書いた色紙をもらった話を嬉しそうに子供から聞きました。メッセージを読みながら、充実した高校生活だったと振り返る子供の台詞を聞いて、こちらもうれしさがこみあげてきます。明日はこっちが泣いてしまうかもしれない(;^ω^) 持ち物にハンカチを忘れずに追加しておきましょう。

P2270153
部活の後輩たちが色紙と共に用意してくれたお花。