別府は温泉街というよりも、市民の生活の中に温泉街があるという表現が正しいです。
市内には公衆浴場がありますが、朝6時から多くがOPENします。地元の人たちの社交場ですね。
最初に訪れたのは地獄原温泉。入浴料は100円。
扉を開けるといきなり脱衣所で、風呂との間に扉はありません。ちょっとこの構造は面くらいましたが、他の浴場も同じ構造でした。
P9050742
おおよそこんな構造です。
P9050741
2件目は熱の湯温泉。なんと無料です。
P9050748

P9050749
温泉宿には裏手にまわると必ずこのような設備があります。これをみるだけでも面白いですね。
P9050754
三件目は渋の湯にしました。
P9050757
誰もいなかったので撮影です。
P9050758
ここは入浴料=ロッカー代です。
P9050759
奥の山は鶴見岳。散策しながら吹きあがる煙を楽しみます。
P9050761

P9050762

P9050764

P9050765
こちらは散歩中に見つけた稲荷神社。
P9050768
旅の無事をお祈りしました。
P9050769
朝6時から温泉はしごして、しっかりと散策もしてきました。もう別府満喫です。
地元のスーパーで昨日買ったパンで朝食。
P9050771
ヨーグルッペを飲んだのは種子島に行って以来かな。これ好きなんだよねえ。
関西では売っているのみたことないけど。
P_20210905_094356
調子に乗って2本飲んだからか、たくさん出ました(笑)
P_20210905_095126
今回のADDressのお部屋はこんな感じ。網戸から虫が侵入して100匹ほど指で潰しました(笑)
P_20210905_095212
目の前のお庭も掃き掃除をしておきましたぞ。
ちなみに、こちらの施設も温泉が引き込まれています。なかなかワイルドな感じですね。
P_20210905_100627

別府満喫したので、これから嫁さんの実家に立ち寄って帰りたいと思います。