さあ、下山です。行きは6時間。帰りは5時間です。
P9190195

P9190200

P9190202

P9190208
ここまでくると小朝日岳は格好よく見えます。帰りに小朝日に登っても展望も効かないので素直に巻道を通ります。
P9190209

P9190211
嫁さんは買い換えた靴の調子がやはりいまいちのようで、下りが極端に遅くなります。
P9190222
私はゆっくりと歩いて写真撮影をしつつ、待ちます。
しんどそうなので、ストックを貸しました。
P9190223

P9190224
お、キノコ発見(笑)
P9190227
毒か食べられるのか判別不能ですが、おそらく毒でしょうね。
P9190228

P9190229
一服清水を過ぎたあとの下りが嫁さんが突然「痛い!ハチに刺された!」と叫びました。
なんと、前回はヒルにやられ、今回はハチ!
すぐにズボンの裾をまくり、傷口と思われる箇所をぎゅっとつまんで毒を出そうと思いましたが、出てきません。ポイズンリムーバーを用意していなかったことを後悔しました。とりいそぎ、ムヒを塗ります。たしかにスズメハチは飛んでましたが(;^ω^) まさかハチにさされるとは。今日は転倒したり、ハチに刺されたりと災難続きです。なぜ攻撃されたのか不明ですね。
P9190230
アナフィラキシーショックが心配でしたが、大丈夫そうなのでそのまま下山です。
P9190231
朝陽館跡が見えてきました。
P9190232

P9190233

P9190234

P9190235
案内センターも見えてきました。
P9190236
朝、嫁さんが転倒した木の橋のヨコにはこんな看板がありました。
P9190237
落とし穴もあります。
P9190238
中央部の濡れているところが嫁さんが転倒したところです。意外と高低差があり、下に落ちていたらケガをしていたと思います。本当になにも無くてよかったです(ハチに刺されましたが)
P9190241
翌日も快晴は確実なので、私は鳥海山に行きたかったのですが、嫁さんは足も痛いし、体力の限界ということでNO。嫁さんを置き去りにしてまで山登りをするほどではないので、今晩はどこかで宿を取って明日は観光することにしました。しかし、もう15時半ですので温泉旅館はたぶん無理。山形まで出るのがよいのではないか?ということになり、まずは風呂に入ってすっきりしてから考えることにしました。向かった先は大江町の湯ったり館。入浴料は300円です。
P9190242
露天風呂はありませんが、すっきりしました。
なお、コーラも売り切れていたので、いつもの下山の儀は出来ませんでした(笑)
残念ながらここは食堂はありませんでした。
休憩所で山形の宿を探して予約完了。滑り込みでしたが、なんとか1室確保出来ました。
さあ、ここから山形道を通って行きます。

途中で月山が綺麗に見えました。写真だといまいちですが、赤く焼けた月山は美しかった。
P9190244

P9190245

では、山形市内へ向かいます。