山形グランドホテルの朝食はバイキング形式でした。
これで利益が出ているのだろうかと心配になってしまいますが、しっかりと山形名物が並んでおり、朝からモリモリと食べてしまいました。
P_20210920_071646
山形グランドホテルの駐車場はいまどき珍しい平置きの駐車場。
P_20210920_083149
さて、今日は松尾芭蕉が訪問したことで有名な山寺に行くことにしました。
山寺に行く途中から見える山は低山でも特長的な山ばかりで、山形はいいなあと少し憧れました。

山寺はお土産物屋さんが経営する無料駐車場がメインですので、下山口に駐車しました。500円なり。
でも、お店で1100円の買い物をすると、500円は戻ってくるという仕組みになっています。うまいこと考えた商売だなと思いますね。登山用の帽子はすっかり汗で臭くなってしまったので、ここでまたもや嫁さんにそそのかされて笠を買ってしまいました。芭蕉と言うにはちょいと恥ずかしいので、弟子の曽良のつもりで本日は山寺を歩きたいと思います。
P9200273
この階段を登ると

目の前に現れるのは国の重要文化財でもある根本中堂
P9200274

山門 ここから奥の院までは800段の石段があるとか。
P9200281

P9200282
閑さや岩にしみ入る蝉の声。
元禄2年(1689)、おくのほそ道をたどり、今の7月13日に山寺を訪れた松尾芭蕉の有名な句です。このあたりでこの句をくちずさむのが最も適しているような気がしました。

というわけで、弟子の曽良の気持ちで石段を上がります。
1632100628161


P9200286

P9200288

P9200292
P9200291

今日のコスプレ(笑)
観光客が沢山いるので、すこし恥ずかしい。
1632100610721


P9200294

P9200295
仁王門を超えると急に上部は開けて、一気に俗っぽくなるちょっと残念なかんじ。

こちらが奥の院。
P9200298

P9200300

P9200303
日差しはきつかったので、笠は役に立ちました。
P9200304

このあたりは山寺といえばコレというくらい有名な建物ですね。
P9200308

笠はいいぞ!
1632186503574

1632186507787

帰りはソフトクリームでもたべようかと思ったが、お土産物屋には無かったのでそのまま米沢に向かうことに。義姉お勧めのお蕎麦屋さんは閉店していたので、お勧めの米沢牛のお店に電話。予約が取れたので、お店に直行することに。店のとなりのタイムズに到着予定時刻にばっちり着いたので、またずにスルリと入店です。

今日のお昼はミートピアというお店。肉の扇屋が経営するお店です。名前が昭和っぽいのでやばい店かなと若干心配でしたが、杞憂におわりました。
P_20210920_122802
注文したのはビーフカツ定食でございます。
P_20210920_124337
みてください。この肉厚を。ステーキ食べているのとまったく変わらない食感でした。
P_20210920_124442
満腹になった後は、車で移動し、上杉神社へ。ここは旧米沢城跡になります。
我がご先祖さまがお仕えした武田家の仇敵ですから、なんとも微妙な気分で参拝しました。
P_20210920_133057
課題図書で知った上杉鷹山ともご対面。
P_20210920_132818
みんな聞いたことあるけど、誰の言葉か意外と知らないですよね。
私も、忘れてました(笑)
P_20210920_133252

P_20210920_133309

P_20210920_133328

P_20210920_133405
さて、ここから会津へ向かいますが、せっかくなので裏と表の磐梯山を楽しみながらドライブすることにしました。なぜか逆コースの車は多いですね。途中でガソリン満タンにしたので安心です。
P9200322
明治時代に突如大爆発した磐梯山。その爆裂がよくわかりますね。
P9200327
某ホテルの駐車場からの眺めです。
このホテルは以前も通ったことがあり、非常に印象がよかったのでここの喫茶店でケーキでも食べようと思っていたのですが、コロナの影響で宿泊客のみとか。まっこと残念でした。
P9200331

P9200332

磐梯山の眺めを楽しみながら会津に向かいます。アッという間に兄の家に着いてしまいました。磐梯山は遠足で行く山だよーと兄嫁が言ってましたが、なるほどたしかにこの近さなら納得です。いいなあ。山が近くてウラヤマシイ。

到着してさっそく会津の東山温泉に入りに行きました。
P_20210920_180304
温泉があるのは知りませんでした(^-^;
P_20210920_175757
さて、こよいのお宿はピカピカのおうちです。まるで旅館じゃないかー。
P_20210920_181703

えええええ、なんかすごいんですけど(;^ω^)
P9200337

馬刺しにニシンに、会津の飛露喜まで登場~
P_20210920_184448
なかなか飲めない飛露喜の一升瓶です!
P_20210920_184651
会津料理を堪能しました。お茶とようかんも美味しく頂きました。
会津は蒲生氏の影響なのか、東海の文化が流れ込んでいますね。
P_20210920_200307

中秋の前日ということで、月が綺麗でしたので、食後は天体観測ショーです。
P9200344

土星や木星が見えましたよ。
P9200352

朝ごはんです。こちらも旅館みたいだー
P_20210921_070755

木のぬくもりが伝わる素敵な室内です
P9200358


玄関と茶室も素敵
P_20210921_090400

名残惜しいですが、明日は仕事なので一足先に私は公共交通機関で帰ることにしました。
P_20210921_094051

P_20210921_094111

P_20210921_094114
赤べこ
P_20210921_094125
まずは郡山まで向かいます。この電車は意外と本数がないので注意です。
P_20210921_095108
電車の中はどこにでもある車内ですが、
P9210361
車窓からの風景は見ていて飽きません。
P9210377

磐梯山がドカーンと眼前に広がります。
OI000681
きょろきょろしているうちに、郡山に到着。ここで弁当を買い、山形新幹線に乗換。
P_20210921_111741
東京に向かう車窓から、那須連山や日光、奥白根山が見えて、カメラが手放せませんでした。
東北いいなあ。東京いいなあ。関西はやっぱり遠いよ。
P_20210921_125538
会津のお弁当を食べて旅の余韻を味わいます。やっぱり、旅と駅弁はセットです。
P_20210921_130900

P_20210921_130925
お茶のお菓子にも喜ばれるのよと、もらった会津の五郎兵衛飴。素朴な味が好きです。
P_20210921_132559

というわけで、11時間運転して、11時間歩いて、温泉入って山形メシを堪能し、翌日も山寺や米沢観光し、最後に兄弟のいる会津に行き、2年ぶりの再会を果たすという盛りだくさんな旅でした。

お金はかかりましたが、東北は思っていたよりも近いですね。来年はもっと東北を攻めたいと思います。電車&レンタカーのセットがよさそうですね。