2024年6月8日からスタートした「描く人 安彦良和」展の初日に兵庫県立美術館に足を運びました。

IMG_6698


IMG_6701

我々昭和40年代おじさんたちはこの人がかかわった作品と常にありました。ガンダムが有名ですが、意外と知られていないのが宇宙戦艦ヤマトとのかかわり。さらば愛の戦士たちのラストのカットは安彦さんの手によるものだと今回初めて知りました。青年期、革命へのあこがれ、逮捕、上京と決して順風満帆とは言えないスタートではありましたが、大学ノートに描いた漫画は手塚治、横山光輝の要素がミックスしたしっかりとして作品に仕上がっており、当初からとびぬけた才能を持っていたこと、これを提出してアニメータとして採用が決まったというのも納得の出来でした。努力だけではない、やはり天賦の才を感じてしまう画力でした。物欲と相談の上、図録とクリアファイル1枚を記念に購入し、会場をあとにしました。

会場は混雑していましたが、3時間かけてゆっくりと鑑賞しました。お昼を食べ損なったので帰路に石屋川で下車し、もっこすラーメンへ。なんと一杯1000円!餃子はあきらめました(笑)

IMG_6705

IMG_6704

IMG_6708

参考
阪神岩屋駅
昔は真ん中の幅の細いホームしかなかったような記憶があります。
IMG_6702