隠居おやじの思いつくまま

秋のコンサートシーズンとなりましたが、中旬にいろいろあって、やむなくキャンセルしたコンサートもいくつかありましたが、一方では、ダブルキャストの二期会「ばらの騎士」を二夜連続で鑑賞することができ、とても充実したひと月となりました。

2017/10/2           18:45    
ヤマハH              ユルンヤーコブ・ティム氏と過ごす秋の夜   

バッハ:無伴奏ViS#1‐Ⅳ、無伴奏Vc組曲#2、フォーレ:エレジー、夢の後に、メンデルスゾーン:PfTrio#1 d op49     

ユルンヤーコブ・ティムVc、森典子Vn,菅原美枝子Pf            

 

2017/10/3           18:45     宗次       セドリック・ティベルギアン ピアノリサイタル      

リスト:調性のないバガテル、メフィストワルツ#4、悲しみのゴンドラ、死のチャルダッシュ、PfS b、ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」          

             

2017/10/6           18:45     市民会館 名フィル第450回定期 名古屋の歌声とともに・宗教改革500

メンデルスゾーン:Sym#5 D op107宗教改革、オルフ:セゾクカンタータ「カルミナ・ブラーナ」

小泉和裕Con、安井陽子Sp,藤木大地CT、トーマス・バウアーBr、グリーン・エコー、名古屋少年少女合唱団             

 

2017/10/7           18:00     NBK      加藤訓子playsクセナキス

クセナキス:プレイアデス、ルボン              加藤訓子:パーカッション

             

2017/10/8           19:45     熱田文化              VoceGalaConcert

ベッリーニ、トスティ歌曲、モーツァルト:主よ、誉め讃えよ、ビゼー:カルメン;何も恐れることはない、プッチーニ:蝶々夫人;ある晴れた日に          

金澤澄華Sp、伊與木慶子Pf           

 

2017/10/10         19:00     電文       ゲーデ弦楽四重奏団          

高橋幸代:SQ”ゲーデの情景、メンデルスゾーン:SQ#2 a op13 ほか*          

ゲーデSQ+青木沙耶花*Pf

 

2017/10/11         14:00     新国立    ワーグナー:神々の黄昏(楽劇:ニーベルングの指環第3日)

飯森泰次郎Con、読売日本so、ゲッツ・フリードリヒ演出     

ステファン・グールド、ペトラ・ラング、アントン・ケレミチェフ、Aペーゼンドルファー、ヴァルトマウト・マイヤー、島村武男、安藤赴美子、増田のり子、加納悦子ほか             

 

2017/10/12         19:00     電文       イブラギモヴァ&ティベルギアン   

シューベルト:ViS a D385A D574D D384、幻想曲 C D934         

アリーナ・イブラギモヴァVnセドリック・ティベルギアンPf

             

2017/10/13         18:45     宗次       クァルテットエクセルシオ             

ディーリアス:SQ#2去りゆくツバメ、グリーグ:SQ g op27、ブラームス:PfQuintet f op34      

クァルテットエクセルシオ、 近藤嘉宏Pf  

 

2017/10/17         11:30     宗次       生粋のポーランド人によるショパンの風      

前奏曲:雨だれ、幻想即興曲、ワルツ、マズルカ数曲、ポロネーズ:軍隊、英雄  

マレック・ブラハPf         

 

2017/10/24         14:00     宗次       林正子&中島康晴 ジョイントリサイタル

イタリア歌曲、Rシュトラウス:8つの歌op10、ばらの騎士より、他オペラのアリア集  

林正子Sp           中島康晴T

             

2017/10/28         14:00     県芸大    Rシュトラウス:ばらの騎士          

ラルフ・ワイケルトCon、リチャード・ジョーンDi 名フィル、二期会合唱団、NHK東京児童合唱団

林正子、小林由佳、幸田浩子、狩野賢一、加賀清隆、中島康晴 ほか

 

2017/10/29         14:00     県芸大    Rシュトラウス:ばらの騎士          

ラルフ・ワイケルトCon、リチャード・ジョーンDi  名フィル、二期会合唱団、NHK東京児童合唱団

森谷真理、澤村翔子、山口晴子、大塚博章、清水勇磨、前川健生  ほか

 

2017/10/30         15:00     電文       ヴァルト四重奏団             

モーツァルト:6つの前奏曲とフーガK404aより#1 d #3  FVnS#36 G K547PfQ#1 g K478#2 E♭K493

水村浩司Vn,臼木麻弥Va,西山健一Vc,水村さおりPf 

 

2017/10/31         18:45     宗次       テンペラ弦楽四重奏団      

ニールセン:SQ#2 f op5、シベリウス:モルト・モデラート~スケルツォJS134、アンダンテ・フェスティーヴォ JS34aSQ d op56親愛なる声               

いよいよ秋の音楽シーズンがやってきました。思いつくままにチケットを購入してきた結果、今月は20回もコンサート通い。さすがに月末は、疲れ切ってしまいましたが、素晴らしいバイエルン国立歌劇場引っ越し公演などオペラの充実した1か月でもありました。


以下に、今月の記録を


2017/9/1             18:45     宗次       西村尚也&高野麗音 デュオリサイタル      

バッハ:Vn&Ch S#1bBWV1014、イザイ:無伴奏VnS♯4 f op274、フォーレ:即興曲 D♭、サンサーンス:VnHp幻想曲op124、ピアソラ:タンゴの歴史          

Vn:西村尚也 Hp:高野麗音       

 

2017/9/8             18:00     HAL      シューベルティアーデ ♯19 ルートヴィヒのあしあと      

ベートーヴェン:「魔笛」の主題による12の変奏曲、VcS3 Aop69PfTrio♯4街の歌op11       

Pf:五島史誉   Vc:野村友紀   Vn:山崎えりか 

 

2017/9/9             18:00     宗次       辻 彩奈 ヴァイオリンリサイタル             

モーツァルト:VnS A K526、バッハ:無伴奏VnS♯2 a BWV1003、ベートーヴェン:PfVnS9 A op47クロイツェル   
Vn
:辻彩奈  Pf:伊藤 恵             

 

2017/9/10           13:30     宗次       タレイア・クァルテット   

ハイドン:SQ♯70 D op71-2、シューベルト:SQ#14 d D810死と乙女、ブラームスSQ5#1 F op88※

タレイア・クァルテット(山田香子、大澤理菜子Vn、渡部咲耶Va、石崎美雨Vc) 百武由紀Va※

             

2017/9/11           14:00     横浜   みなとみらい   

モーツァルト:ドン・ジョヴァンニ【演奏会形式】   

パーヴォ・ヤルヴィConNHKso 
ヴィート・プリアンテ、カイル・ケテルセン、ベルナール・リヒター、ジョージア・ジャーマン、ローレン・フェイガン、アレクサンドル・ツッィムバリュク、久保和範、三宅理恵      

 

2017/9/12           13:30     宗次       ヴァハン・マルディロシアン ピアノコンサート

ベートーヴェン:PS#17 d op31-0テンペスト、ブラームス:主題と変奏 dStrSex#1op18-2nd)、ショパン:ノクターンop9、シューベルトPfS#14 a D784op143

 

2017/9/12           19:00     宗次       男の歌、イタリアの歌      

トスティ:歌曲集より4曲、ロッシーニ:陰口はそよ風のように(セビリアの理髪師)、プッチーニ:星は光りぬ(トスカ)、マスネ:春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか(ウェルテル)、プロヴァンスの海と陸(椿姫)ほか             

笛田博昭T、中井亮一T、伊藤貴之Bs、岡本茂朗Br、石山英明Pf

 

2017/9/19           19:00     HAL      OnMusicProject室内楽:感謝        

ハイドン:PfTrio#25 G ジプシー・ロンド、ブラームス:PfTrio#1 B 1stMov、ベートーヴェン:PfTrio#1 E♭

Trio Katze(犬塚沙希Pf,中村真帆Vn,関根のぞみVc)

 

2017/9/23           13:30     宗次       コハーン・イシュトヴァーン クラリネットコンサート

ハイドン:SQ g op74-3騎士ー、ドビュッシー:Cl&Pfの小品、Cl&Pfの第1狂詩曲、サン=サーンス:序奏とロンドカプリチオーソ他   

コハーン・イシュトヴァーンCl 村田千佳Pf

 

2017/9/23           16:00     しらかわ 愛知室内オーケストラ 第19回定期-鮮やかなる才

モーツァルト:Sym#10 G K74PfCon#5 C K246リュッツォウ、Sym#1 E♭K16、ショスタコーヴィチ:PfCon#1 c op35   

新田ユリCon,秋葉敬浩Pf,藤田浩平Tp        

 

2017/9/24           15:00     豊田       ルドルフ・ブッフビンダー ピアノリサイタル

モーツァルト:ああ、お母さんに聞いてによる12の変奏曲 C 265

ベートーヴェン:PfS#23 f op57熱情、シューベルト:PfS#21 B♭D960

 

2017/9/25           11:30     宗次       トリオで楽しむ音楽の対話

アンダーソン:ワルツィングキャット他小品集          

Trio Katze(犬塚沙希Pf,中村真帆Vn,関根のぞみVc)

 

2017/9/25           18:45     宗次       ドビュッシーSQ 

ルクー:モルト・アダージョ(1887)、ドビュッシー:SQ g op10、ラヴェル:SQ F

 

2017/9/26           14:00     宗次       桜井万祐子&城宏憲

ビゼー:カルメンよりアリア、デュエット 他オペラアリア6          

桜井万祐子Sp、城宏憲T、釣 由美Pf        

 

2017/9/26           18:15     宇野病院 さくらH          ティム親子 チェロ コンサート      

ヴィヴァルディ:ソナタ#5 g RV40③、ボッケリーニ:S♯1②、メンデルゾーン:VcS#2 D op58①、クープラン:2Vcの王宮のコンセール、フォーレ:エレジーop24②、メノッティ:2Vc&Pfの組曲ー導入曲&アレグロ          

ユルンヤーコブ・ティムVc③①④、アンドレアス・ティム③②④、安藤真由美Pf①②③

 

2017/9/27           13:30     宗次       クレア・フアンチ ピアノコンサート

ベートーヴェン:PfS#14 # op27-2月光、ショパン:夜想曲#7 c##8 D♭op27、スクリャービン:PfS#2 g# op19幻想ソナタ、ショパン:24の前奏曲op28

 

2017/9/28           15:00     NHKホール         バイエルン国立歌劇場日本公演

ワーグナー:タンホイザー

キリル・ペトレンコCon、ロメオ・カステルッチEd
Gツェッペンフェルト、KFフォークト、Mゲルネ、Aダッシュ、Eパンクトラヴァ他          

 

2017/9/29           15:00     東京文化              バイエルン国立歌劇場日本公演 

モーツァルト:魔笛          

アッシャー・フィッシュCon、アウグスト・エヴァーディングEd
Mサルミネン、Dベーレ、HEミュラー、Mナジ、Eベノア他

 

2017/9/30           14:00     しらかわ              中部フィル#57定期 (名古屋公演第11)  

ブラームス:悲劇的序曲op81PfCon#1 d op15Sym#2 D op73        

秋山和憲Con、佐藤麻理Pf

 

2017/9/30           18:00     宗次       エリック・ホープリッチ ロンドン・ハイドンSQ

ハイドン:SQ D op64-5ひばり、SQ E op54-3、モーツァルト:ClQuintet A K581

エリック・ホープリッチCl, ロンドン・ハイドンSQ             

やっと、先月のコンサートの記録をアップします。さすがに少し回数が減りました。


2017/8/4 18:45     宗次       愛・知・絆チャリティコンサート   

ブラームス、シューベルト:歌曲、ディッタースドルフ:Va、&Cbソナタ、成本理香:987枚のプレートⅥ、ロドリーゴ、ロッシーニ:歌曲          

戸山俊樹Bs鈴木謙一郎Pf、百武由紀Va渡邊玲雄Cb、内本久美・成本理香Pf、森川栄子Sp廣瀬啓子Pf、桐山建志Vn花崎薫Vc北住淳Pf

 

2017/8/6 13:30     宗次       カルテット・ダモーレ&ロリエSQ

ベートーヴェン:SQ#9 C op59-3ラズモフスキー#3(カルテット・ダモーレ)

リゲティ:SQ#1夜の変容(ロリエSQ

メンデルゾーン:弦楽八重奏曲 E op20Qダモーレ+ロリエSQ

 

2017/8/8 13:30     宗次       萬谷衣里ピアノコンサート             

Dスカルラッティ:ソナタ集よりK474,475,322,323,135,245,427        

ショパン:練習曲 A♭エオリアンハープ、c大洋、ワルツ D♭子犬、PfS2 b♭、英雄ポロネーズ       

 

2017/8/13            14:00     電文       パルテンツァ・クインテット          

モーツァルト:Vn&Va二重奏#2BK42(米山、中村)

ベートーヴェン:PfTrio#6 E♭(平光、長谷川、長崎)

エルガー:Pf五重奏曲 c op84       

平光眞彌・米山誠一Vn,中村洋乃理Va,長谷川彰子Vc,長崎貴洋Pf

 

2017/8/10            11:30     宗次       可憐なイタリア・ベルカント~歌に生き、恋に生き~

ヘンデル:ジュリアス・シーザー/この胸に生きのある限り、~ 

プッチーニ:トスカ/歌に生き、恋に生き      など

横山奈穂Sp、重左恵里p

 

2017/8/26            17:00     HITOMIホール  

クラシックギターとソプラノの調べ             

モーツァルト・バッハ・シューベルト・パイジェッロ他、日本の歌曲   

藤田恵梨子Sp戸城孝啓G

 

2017/8/27            14:00     5/R         アンサンブル・クリッセ   

モーツァルト:PfQ1 g K478             

ブラームス:PfQ1 op25        

藤岡千架Pf、向井友紀Vn、矢崎裕一Va、野村友紀Vc

2017/8/28            13:30     宗次       クラシック音楽とパリジェンヌたち~憧れるのは、なぜ。~   

モーツァルト:アイネクライネナハトムジーク!stObQ F K370 1st、シューベルト:鱒、ビゼー:ハバネラ、フォーレ:シチリアーノ他   

山本直人Ob、矢口十詩子Vn、石橋直子Va、幸田有哉Vc

 

2017/8/31            18:30     東海市芸術劇場    沢田蒼梧Pリサイタル      

ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲#2 a op35-2、ショパン:練習曲 b おp25-10、スケルツォ#2 b♭、ドビュッシー:花火、ラフマニノフ:音の絵#9 op39-9、ベートーヴェン:PfS26E♭op81a告別         

10日、11日 712()13()

予定

7:30

 

ホテルで朝食

 

8:30

地下のモール・スーパーなどで

土産買い 

 

11:15

ホテルチェックアウト

 

 

11:30

空港チェックイン

出国手続き

 

 

 免税店買い物

ラウンジで昼食

 

13:35

ZurichAiport

CX-382

時間:11時間30

翌7:05

翌日 香港着

ラウンジで朝食


 

10:10

香港発

CX-536

時間:3時間50

15:00

セントレア着

機内で昼食

 

16:00

セントレア発

名鉄バス

 

16:50

藤が丘着

タクシーで自宅着

 

 

後は、お土産を買って、2日にわたる帰国フライトが残るのみ。最後のスイスでの朝食はホテルの朝食を追加料金を払ってたっぷりと食べて、空港のお店(主にスーパ―)であれこれ購入してから、荷物のパッキング(これは私は全く苦手で、いつも妻に頼りっぱなし)をして、チェックアウトして、ターミナルを確認して出国手続き、免税品店をサラッと眺めて、ゲートへ行くまでラウンジで休憩(といいながら、何かしら食べてしまいます)。

 特に大きな遅れもなく、香港経由で無事セントレア着。予定のバスで藤が丘着、予定通りタクシーで帰宅。長いようで、あっという間のようにも思えるスイス旅行

を無事終えることができました。

9日 712()

予定

 

 

ホテルで朝食

 

9:00

空港バス駐車場

 

 

9:15

駐車場発

ラインの滝半日観光

W17SS00494

12:45

解散

 

 

 

チューリッヒ市内観光

街中で昼食

 

16:40

Zurich中央駅

 

 

16:55

ZurichFlughafen

 

 

17:00

ホテルで着替え

夕食は軽食?

 

 

 

 

 

19:00

チューリッヒ歌劇場

セヴィリアの理髪師

 

22:37

ZurichHB

 

 

23:00

ZurichFlughafen

 

 

 

ラディソン・ブル・ホテル 

・チューリッヒ

エアポート

 

さあ、スイスの旅実質最終日だ。部屋で朝食後(料金に朝食はついていなかったので)、バス」乗り場で、事前にネットで頼んであった「ラインの滝半日観光」のバスを待つが、出発予定になってもバスは現れず、結局15分以上の遅れで到着。我々と後1組を乗せて、即発車。残念なことにこのバスツアーは日本語ではなく、英語だ。しかも乗ってみれば、他の言語(スペイン語?)の案内もあり、二か国語案内のツアーでした。しかも、滝つぼへ行くボートはオプションということで、途中のバスの中で追加料金も徴収された。昨年のツアー最終日にここは観光したのだが、気持ちが良かったのと、妻は初めてなので行くことにしたのだ。現地に到着してみれば、昨年とは雰囲気がだいぶ違う。
P1050078
なんと昨年の到着地の川を挟んだ対岸が、今年の展望地であったのだ。ということで、まるで、視角が違うので、二度目も楽しむことができました。

遊覧船に乗って、滝つぼまで行ったり(かなりしぶきを浴びます)して、滝を落ちる大量の水が作り出す轟音のなかで、水しぶきを受けて気持ち良かったこと。

P1050093P1050102P1050123P1050132
P1050092
船を降りた後は、いくつかのスポットへ移動してこの壮大な滝を異なる視点から堪能することができました。

帰りは、シャウハウゼンの街を車窓から眺め、一部ドイツ国境を越え、またスイス国境を越えたりして、お昼過ぎにチューリッヒ駅に隣接したバス発着場で解散となりました。帰りのバスでは、ガイドさんが主婦っぽい方だったので、スイスの物価とドイツの物価や、この国境付近のスイスの人たちは週末になるとドイツ領に入ってドイツのスーパーで食料などを買い込むなど、主夫業の私には、とても興味深い話題が続きました。

お腹もすいたのですが、まずは、チューリヒの街の地図と、夜行く、チューリヒ歌劇場の生き方を駅のインフォメーションで調べます。(なんといっても、地球の歩き方を紛失したので、駅のインフォメーションだけが頼りなのです。)

それから遅い昼食。駅にいろいろあるお店の中からNordseeという名のシーフードのお店で、シーフードパエリアとシーフードパスタを頼みましたが、相変わらずの大盛に、食べる前から気持ちは萎えてしまいます。結局半分近くを残しちゃいました。
P1050182P1050183

お腹が膨れると、もう疲れが出て、観光は打っちゃって、ホテルに戻って小休止することに。列車で空港駅まで戻って、部屋で少し休憩(昼寝)

昼寝の後、着替えていよいよスイス最後の大イベント、オペラ鑑賞「セビリアの理髪師」。

空港駅から、中央駅まで移動して、インフォメーションで教えてもらった市電に乗ろうと地図に書いてもらった地点まで行くも、その市電の停留所が見当たらない。あれこれ見渡していると、人のよさそうな青年が声をかけてくれたので、インフォメーションで教わった市電を探しているのだが、見つけられないというと、なんとその市電路線は大規模な工事中で、休止しているというではないか?あれこれチェックしてくれたが、結論20分程度歩くのが一番早くて確実。ということで、リマト川沿いをチューリヒ湖の方へ、歩くことにした。途中からは、少し中へ入って旧市街と思われるあたりを湖のほうへ歩き始めたのだが、雨が降り始めて、途中から一気に降りだした。今までは折りたたみ傘を常に携行していたのだが、今回に限りもう大丈夫だろうと荷物を少なくしたのが、運の尽き、びしょぬれになってしまい、最後は、アーケードのある場所でしばし雨宿り。

15分位過ぎて、雨もやみ、いよいよ、堂々としたチューリヒ歌劇場のある広場に到着。

P1050204

開場前は、あたりをぶらぶらしてから入場。歌劇場内部は,とてもこじんまりしたもので、とてもアットホームな感じでした。
P1050227P1050231P1050232

実際に有名な序曲で音楽が始まると、とても丁寧な指揮ぶりで、私には全く初めての指揮者(エンリケ・マッツォーラ)でしたが、安心して音楽の世界に溶け込めました。(後で、経歴を見ると、各地に有名オペラハウスで指揮をしている方で、日本が誇る新国立劇場でも「ドン・ジョヴァンニ」を2012年に振っていました。伯爵役のマクシム・ミロノフは真面目、一方フィガロ役のAndrzej Filncykは声も通り演技も板についてはまり役のように思えました。声量については、 バジリオ役のWenwei Zhangが圧倒的な存在感を示していました。脇役陣が芸達者なのも老舗歌劇場で、観客を笑わせたりしていました。

午後7時開演でしたので、終演は午後10時すぎていましたが、街にはかなりの人々が行き交っています。

P1050234
幕間で研究した地図で、別路線の市電に乗れば、乗り換えなしで中央駅に行けるはずと、電車乗り場に停車しているその路線番号の電車に飛び乗り、帰りは楽に中央駅前にたどり着けました。少し待ちましたが、無事空港駅までたどり着き、11時過ぎには無事ホテルに戻ることができました。



このページのトップヘ