日米の金利差が縮小すれば、金利が安い円を調達して外貨で稼ぐいわゆる円キャリー取引が縮小しドル安円高がやってくる。こんな展開が来年以降いつかおこるであろうといった予測を最近よく耳にします。本当でしょうか?個人的には少し疑問です。米シカゴ通貨先物市場の円売り越しが10月に過去最高の13万7290枚であったものが2万枚台まで急激に縮小した時期がありました。この時の相場は118円台から114円台になっただけ。このように円キャリー取引解消がもたらすドル安円高はたかがしれているのです。110円割れのドル安円高予想をする市場参加者は多いようですが、130円台到達が先かもしれません・・・                                                     いつもご覧いただきましてありがとうございます。ランキングサイトのクリックをお願い致します。 人気BLOGランキング                               比べて納得!比較.comで外国為替取引(FX)【無料】資料請求             
広告
                                          最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。