ブログネタ
なるほど!初めてのFX ブログ に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は85.88−90.76のレンジ。前回予想レンジ82.50−87.00の結果は、惨敗でした。
ドバイ問題沈静化・日銀量的緩和・米雇用情勢改善と材料満載でした。
 さて、来週のFX為替相場予想ですが
来週のFX為替相場予想の留意点は
(1)週明けの本邦実需筋の米ドル売円買。
(2)本邦企業増資に伴う海外勢の円買い。
(3)本邦政局混迷懸念により意思決定が遅れ、介入等がやりにくくなるとの思惑。


金曜日の米雇用統計は、雇用者数減少が続いていにもかかわらず、減少幅が縮小した事が材料視されました。誰も、米国経済が飛躍的に回復するとは思ってません。
84円台から88円台となった時点で、米ドル戻り売りを仕掛けていた投機筋や個人投資家が、週末で一旦、買い戻したい思惑とストップロスオーダーをつけて一気に上昇した感があります。
(1)の実需の売りですが、本邦企業で社内為替レートを90円としている先は、週明けに米ドル売円買に一旦動き、米ドル円の上値を抑制するでしょう。金曜のNY市場で90円台で取引はそう多くは出来ていないはずです。
(2)(3)の要因は、米ドル売円買につながります。
米国株価の上昇がさらに続くようだと、米金利上昇につながり、米ドルキャリーから円キャリー取引に投機資金がシフトすると米ドル高要因となります。
また、12/11の米消費関連の指標は、クリスマス時期でもあり注目度が高まり、予想を上回った場合、米ドル高要因となるでしょう。
FX為替取引では、ますます波乱要因が増えてます。

来週のFX為替相場予想は、米ドル円の上値が思い展開を予想します。


来週のFX為替相場予想レンジ 88.50ー91.50

経済指標・イベント 12/8:カナダ中銀政策金利、12/10:NZ準備銀行政策金利、英中銀政策金利、12/11:米小売売上高、ミシガン大学消費者信頼感指数。


「来週の為替相場予想」バックナンバーはこちら

清き一票を是非→人気ブログランキング

ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
応援の「ぽち」(クリック)をお願いします。→ にほんブログ村 サラリーマン投資家
                                   
広告
                       
最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。