ブログネタ
なるほど!初めてのFX ブログ に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は88.14−90.57のレンジ。前回予想レンジ88.00−91.50は、「91円超え」こそ的中しませんでしたが、的中に近い結果でした。
 さて、来週のFX為替ですが・・・
来週のFX為替相場予想のポイントは
(1)日銀追加緩和策検討と為替介入枠拡大。
(2)ギリシャ問題一服。
(3)米国経済指標回復と日米金利差再逆転。
(4)本邦実需筋の米ドル売円買い
の4点です。
(1)90円台の水準では、為替介入もありえないし、日経平均が底堅いと日銀追加緩和策が延期となる可能性もあり、FX為替相場への直接の影響は少ないでしょう。
(2)ギリシャ問題は、10年国債も消化され一服した感があり、リスク回避の円買いは起きにくいでしょう。
(3)の件は、豪雪の影響で、本来はもっといい結果が出ていたのかもしれないのか、それとも今後の経済指標の結果を悪化させるのかが読めません。市場の空気は、実際よりも悲観的であった見方を修正する方向のようです。また、日米金利差逆転(LIBORベース円3カ月0.25063%、米0.25219%)は2009年8月21日以来です。ちなみに当時のレートは94円台です。日銀の追加緩和策見送りの可能性がなければ、強烈な米ドル買い円売り要因でしょう。
(4)年度末、待望の90円台ということで、実需の米ドル売りは週明けに殺到し、91円台が遠いでしょう。

来週のFX為替相場予想レンジは、89.00−91.00((3)の要因と(4)の要因の綱引き)


経済指標・イベント 3/11:新規失業保険申請件数、3/12:小売売上高



「来週の為替相場予想」バックナンバーはこちら

清き一票を是非→人気ブログランキング

ブログ為替レートにほんブログ村にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
          
広告
                                            

                                                                                                                                  
最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。