ブログネタ
FX に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は92.79-94.59のレンジ。前回予想レンジ92.00−94.70は、下限予想がはずれ、上限予想は的中でした。
 さて、来週のFX為替ですが・・・
来週のFX為替相場予想のポイントは
(1)米雇用統計
(2)ギリシャ問題
(3)ゴールドマンサックス問題
(4)英国総選挙
の4点です。
(1)は、2ヶ月連続の非農業部門雇用者数増加が予想されており、米経済回復を期待される展開が予想されます。
(2)のギリシャ問題はユーロ圏財務相会合もあり、解決する方向で進んでいます。ただし、ポルトガル・スペインにもソブリンリスクが意識されており、ユーロ軟調地合が続くでしょう。
(4)の英国選挙で、どの政党も過半数に満たない「ハング・パーラメント」となる可能性が高く、政局混迷から英ポンド売りが起こるでしょう。これが、米ドル安円高につながります。
(3)のGDS問題の影響は、軽微でしょう。30日の海外市場で刑事捜査の観測、格下げと重要な材料があっても、為替市場の影響は1円程度の円高でした。
GWのFX為替相場は、例年動きが少なめで、(1)の材料による95円台突入がやっとでしょう。

来週のFX為替相場予想レンジは、93.00-95.09
2009年4月の高値の101.45から2009年11月の安値の84.81までの下げ幅の61.8%(黄金分割)戻しの水準

経済指標・イベント 5/2:ユーロ圏財務相会合、5/3:米ISM製造業景況指数、5/4:RBA政策金利、5/5:ADP雇用統計、米ISM非製造業景況指数、5/6:ECB政策金利・総裁会見、新規失業保険申請件数、英国総選挙、5/7:米雇用統計

「来週の為替相場予想」バックナンバーはこちら

GWのうきうきクリックをお願いします。→人気ブログランキング

ブログ為替レート
          
広告
                                            

                                                                                                                                  
最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。