ブログネタ
FX投資 に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は82.40-83.49のレンジ。
前回予想「新春の米ドル高円安基調継続」、予想レンジ「82.50-85.00」は、レンジ予想の下限は的中しましたが、予想全体としては読み違いとなりました。
 さて、「来週のFX為替相場予想」ですが・・
来週のFX為替相場予想のポイントは
(1)欧州債務問題
(2)米企業決算と経済指標
(3)中国の動向
(1)EU財務相会合で、欧州金融安定基金の規模や役割の拡大の議論があれば、投資家のリスク回避志向が後退し、低金利通貨の円売りにつながるでしょう。
ただし、米ドル・円共に低金利通貨であるため、米ドル円の変動へのほとんどなく、市場参加者の注目は米ドル円相場から離れるでしょう。
(2)今週同様、企業の好決算による米株価上昇により、債券売りが進み、米金利上昇が米ドル高円安をもたらすでしょう。
逆に、12月に市場予想を上回る事が多かった米国経済指標は、事前予想がやや高水準となっているため、事前予想を実績が上回る事は難しくなっているようです。米経済指標は米ドル安円高をもたらすと思います。
(3)人民元は2005年7月の切り上げ以降の最高値更新が続いているだけに、訪米前に人民元高を容認する姿勢をみせた場合、アジア通貨である円が買われ、米ドル安円高をもたらすでしょう。また、中国経済指標にも注意したい。

来週のFX為替は、「米ドルの上値が重い展開」を予想します。
来週のFX為替相場予想レンジは、81.90-83.40


経済指標・イベント 1/17;EU財務相会合、1/18:胡主席の訪米、1/20:米新規失業保険申請件数、米中古住宅販売件数、中国GDP、
米企業決算 1/18:アップル、シティ、1/19:ゴールドマン
米国経済回復継続を祈願して
クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
「来週の為替相場予想」バックナンバーはこちら
    広告
         
                                            

                                        
                                                                                        最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。