ブログネタ
FX に参加中!
今週の米ドル円FX為替相場は76.31-77.48のレンジ。
前回予想「レンジ切り上げ」、予想レンジ「76.50-78.00」は、イメージする程切り上げとなりませんでした。
さて、「来週のFX為替相場予想」ですが・・
FX為替相場の3つのポイントは、以下のとおりです。
(1)欧州債務問題
(2)米経済指標と米企業の決算発表
(3)為替介入の行方

(1)国際通貨基金(IMF)の資本基盤増強期待から、ユーロの復活が続きいてますが、抜本的な解決案が確定した訳ではありません。
今週末のユーロ高はショートカバーが中心のようで、反落には注意が必要です。
それでも、リスク回避姿勢がやや弱まる流れは維持されているようで、、 FX為替市場の底固めに入っております。
(2)FX為替市場は、米国経済指標に対する感応度が少しずつ戻っているようです。
一方で、米企業の決算発表が不調に終わると、株安、米ドル安となる展開に注意が必要です。
(3)「日本政府が来週初にも新たな円高対策を発表」とのダウジョーンズニュースのヘッドラインが米ドル高円安を引き起こす等、介入警戒感は根強いようです。
76円台中盤でのサポート要因となるでしょう。

FX為替相場は、方向感が定まらない状態が継続


来週のFX為替は、「こう着」を予想します。
来週のFX為替相場予想レンジは、76.50-77.50


経済指標・イベント 10/17: NY連銀製造業業況指数、10/19:米消費者物価指数、米地区連銀経済報告、10/20:米中古住宅販売、米景気先行指数、フィラデルフィア地区連銀業況指数
決算発表 10/17:シティGr.、10/18:IBM、アップル、インテル、GS、バンカメ、ヤフー、10/19:アメックス、10/20:マイクロソフト、モルガンスタンレー、10/21:アマゾン
欧州経済混乱の早期解決を祈願して
是非クリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
「来週のFX為替相場予想」バックナンバーはこちら

 広告
 
             
                                            

                                                                                                                                 最終の投資判断はご自身でお願い致します。まず、ありえないと思いますが万一このブログの情報を元に投資をされて損失が発生したとしても責任は負いかねます。